4K・8Kテレビがスタート! テレビ本体&アンテナ工事の問題

テレビのイメージ
テレビのイメージ

テレビは4K時代に突入し、さらに8Kの時代が来ようとしている勢いです。4K・8Kの時代、テレビ購入の時点でも注意をしなければならないことがあります。

新しい時代はひょっとしたら今まで通りすんなり行かないのかもしれません。同時にアンテナはどうすればいいかということも考えているでしょうか。

アンテナは普段の生活であまり目にしない場所にあります。おそらく多くの方は、4Kや8Kのテレビを交換さえすればいいと思っているでしょう。

購入したはいいけどテレビが全然映らないということがないよう、あらかじめアンテナに対してもどうすればいいかノウハウを持つようにしましょう。

4K・8Kとは

なんだか、時代だけが先に走って行ってしまい、時代になかなかついて行くことができない方もいらっしゃるようです。4K・8Kと言われて、何のことだかちんぷんかんぷんという方も少なくありません。

別に、時代のめまぐるしい変化に対応しないでも生きて行くことができるかもしれません。

時代は確実に進み、機能が進化した商品が次々と登場して来ているので、その時代の中にいるのですから、やはり体験してみるべきではないでしょうか。4Kがわからないと、次の8Kの時代に対応出来るはずはありません。

4Kとは

いま、40型を超える大型テレビは、4Kがメインになろうとしています。時代は、確実に進化しています。ほんのちょっと以前では、32型テレビでフルHD(1,980×1,080)のような高解像度は、本当に必要かという論議がなされていました。

必要ないと言えば必要ないのかもしれませんが、一度私達は、そのような体験をしてしまえば、ハイスペックでなければなかなか満足出来なくなってしまうでしょう。それが、時代の波に従い安心感がもたらされる生活であるのかもしれません。

フルハイビジョンという呼び名もまだ古さを感じさせる訳ではありませんが、4Kテレビは、フルハイビジョンの4倍の画素数、画素の粗さの問題を解決しています。

フルハイビジョンテレビの画素数は、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080なのですが、4Kテレビの場合は、横3840×縦2160で合計829万4400です。

8Kとは

フルハイビジョンテレビと比較して、4Kの段階で既に革命は起きています。多くの方が、フルハイビジョンから4Kに乗り移り、その進化にまだ驚きを持っているのかもしれませんが、時代は8Kの時代に。

4Kと比較しても、8Kはどの程度凄いのでしょうか。8Kの映像は、横×縦の解像度が7,680×4,320画素ということになります。そして、この画質に対応することができる放送を8K放送とい、受信できるテレビを8Kテレビと言います。

8Kはその呼び名通り、ほとんど4Kの4倍という凄さになります。2kからは、16倍もの進化であり、画素の密度について言えば16倍もの広い面積の映像を、面積が現状維持なら16倍濃い映像表現をすることができます。

8Kの根本的考えには、究極の映像の臨場感にあります。まさに、そこに存在しているのは本当の景色と間違えてしまうほどの臨場感です。
テレビでそのような体験をすることができれば、海外旅行なんてしなくていい時代が来てしまうかもしれないですよね。私達は、テレビとともに、いろいろな場所へトリップすることができます。

しかし、問題はテレビ本体のことであり、同時にそれほど意識をしていないであろうアンテナの問題です。テレビは進化して、アンテナがなくても受信出来ると思っているのではないでしょうか。もちろん、それは間違いです。

4K・8Kを見るためのテレビ

結論をいえば、2018年の9月時点で発売されてる4Kテレビを購入して来ても、3機種を除き4K放送を観ることができせん。4Kテレビを観るには、専用のチューナーとアンテナなどが必要です。
実際にそのような問題があまりにも認知されていないため、総務省が周知する活動をスタートしたということです。

米ネットフリックスなどがインターネットで配信する4K動画は、多くのテレビで対応することができていますが、スタートしようとしている4Kの衛生放送は、現行とは放送のメカニズムが違います。4Kテレビだけ購入しても、東京オリンピックは見ることができません。

4Kは地デジにはならないということであり、BS、CSでしか行われないため、BSは綺麗に観ることができても地デジはそのままの状態です。
4Kテレビとは、BS、CSテレビを観る人たちのためのものであり、更に4Kで撮影した映像を見るための限定なのです。ここは4Kに触れるために大事なポイントです。

4Kテレビを観るために何が必要なのか

2018年から、放送がスタートして、2020年には、8Kも試験放送がスタートすると言われています。8Kの話をしているので、当然4Kの時代は既に来ていると思っているのではないでしょうか。
しかし、4Kも正確に言えばまだ準備状態であり、番組を放送スタート(実用放送開始)するのは、2018年12月からの予定です。

外部チューナーなどを取り付ければ視聴できるようになるのですが、発売はもうそろそろと言ったところでしょうか。チューナー内蔵と謳っている4Kテレビがいくつかありますが、注意しなければならないのは、それらはインターネット映像配信サービスなどを視聴するためのものであり、実用放送が開始される番組について未対応です。

チューナーの次の問題はアンテナです。4K・8K放送は、いままでのBS・CS放送とは周波数が違います。衛星放送という意味では同じですが、BSとCSの周波数が違うのと一緒で、4K・8Kも、専用の周波数で電波を送信することになり、いままでのアンテナでは、使用することができません。ですからアンテナの交換が必要です。

現在、BS・CSと、4K・8Kの放送を、全部カバー出来る共用アンテナは販売されているので、それを使用すれば問題はありません。

更に、アンテナだけではなく、周辺機器の用意も必要になります。本来、私達がテレビを観るためには、放送塔や衛生から送られて来る電波をアンテナで拾う作業をします。
ケーブルで送電が行われて電波は、ブースターでテレビに映るようにパワーを高め、分配器でそれぞれの部屋へ分配をし、それぞれのお部屋で配線をテレビに繋いでようやく観ることができます。

ここでいう周辺機器とはブースターと分配器のことです。いままで存在しているものは、2400~2600mHz近辺までを保証の帯域としているため、4K・8Kでは周波数は3224MHzを実現し、そこまで対応することができないものがほとんどです。

現在、試験的にスタートしているものは、CS放送の周波数帯を利用しているから、いままでの周辺機器でも問題はありません。
しかし今後のことを考えると、チャンネルもどんどん増えて行くでしょうし、対応しなければならない周波数帯が増えて、動作保証外の帯域に入り動作不具合も起こる可能性があります。

どの程度費用がかかるのか

お話しした通り、テレビを家電量販店で購入して来ただけでは、実際に4K・8K放送を見ることができません。
まず、テレビ本体の価格ですが、一番肝心な部分は情報が入りやすいところであり、かつ、テレビの価格は今後フレキシブルに変化し、値崩れも大幅に起こすことが予測出来るのでここでは省略します。

ほとんどの方々がアンテナを、工事まで業者さんにお願することになるでしょう。その時ある程度知識を持っていないと、工事の方にいいように言いくるめられてしまうこともあるので注意が必要です。

アンテナにかかる費用は、基本、工賃とプラス、部品の代金です。
テレビは視聴することができるけど、4K・8Kを観られるようにしたいという場合、アンテナ本体10,000円~。ブースター20,000円~。分配器8,000円~が相場です。新築で立てる場合、地デジ用のアンテナなどもプラスα加算されることになります。ここに工事費用は含まれておりません。

DIYで自分自身でアンテナを取り付けてやろうと思っている方もいるかもしれません。しかしよっぽど詳しい方ならいいかもしれませんが、やはり業者に工事を依頼するのが無難でしょう。大体、業者さんに工事の依頼をすれば、既存のアンテナから4K・8K対応への切り替えの場合 65,000~75,000円あたりの工事費用がかかることになります。

4K・8K切り替えへのタイミングはいつ

いま、私達が考えるべき一つの視点は、2020年にスタートする東京オリンピックでしょう。ここが需要の頂点として、今後、ゆるやかですが、テレビ本体は下落も予測することができます。

テレビ本体に対しては、新しい機種が次から誕生し、その都度、一気に下落も起こす水物のような相場の性質があります。
東京オリンピックをなんとしても4Kで観たいというのなら話しは別になりますが、もう少し市場の動向をうかがってもいいかもしれないですよね。まだまだ4Kの時代はスタートしたばかりです。

一方でアンテナ工事は東京オリンピックを過れば安いのかと言えば、こちらはそうではありません。業者さん曰わく、どのような状況下において、もともと部品は価格の変動が少ない分野なので、大幅に価格が動くことはないということです。

ただし、今後工事のスケジュールもたてこむ可能性があり、東京オリンピックまでなかなか工事してもらうことができない可能性があります。2018年に入りアンテナ工事に対してもニーズはかなり高まっています。
アンテナ工事を考えるなら、出来る限り早くというのがいいでしょう。親身になって対応してくれる業者さんに依頼をすれば、多少値引き交渉にも応じてくれるかもしれません。

SHマーク対応のBS/CSアンテナ

4K・8K衛星放送を視聴するために、準備しておくものが、SHマーク対応のBS/CSアンテナです。再度SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)とは、BS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応する機器の中で、一般社団法人電子情報技術産業協会で審査・登録し、一定レベルの性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アンテナ、受信システム機器に与えられる証明です。

アンテナからテレビへの出力周波数を3224MHzという高い周波数まで対応させる必要があるだけでなく、これまでの右旋円偏波だけでなく、左旋円偏波という新方式の電波を利用するチャンネルがあるため、SHマークのついた右左旋対応(右左旋共用)のBS/CSアンテナの設置が必要です。最後に、4K・8Kにおすすめアンテナを紹介します。

4K8K BS/CSアンテナ SP-SHV100D

4K8K BS/CSアンテナ SP-SHV100Dは、現在放送中の124/128度CS「スカパー!プレミアムサービス(スカパー!4K放送を含む)(有料)」の受信にも対応することができます。ただし、その分だけ価格が高くなってしまうのでよく考えて購入してください。

DXアンテナ BC453SK

別に、124/128度CS「スカパー!プレミアムサービス(スカパー!4K放送を含む)」は観ないという方々は、DXアンテナ、BSアンテナ【2K 4K 8K 対応】45cm形 BS・110°CSアンテナセット(同軸ケーブル+取り付け金具)BC453SKでいいでしょう。

口コミなど調査しても、一番バランスの取れたアンテナだという評価が高いです。アンテナに対しては、それほど性能の違いはないものの、それでも時間のあるときにじっくりいろいろな商品を比較するべきではないでしょうか。

2018年12月から開始の110°CSを利用したスカパーの4Kチャンネル(有料)は、こちらでも視聴することができます。

BS/CSアンテナからの同軸ケーブルが古い場合では、モザイクのようなノイズが発生することがあります。高い周波数を使用して観る4K・8Kの場合、新しいものに交換するのが良いのかもしれません。BC453SKは、取付金具と同軸ケーブルもセットとなっているので、とてもリーズナブルです。

2Cケーブルという細いケーブルを使用している方は、これを機会に4Cケーブルに交換をおすすめします。
同軸ケーブルは4C程度のものを既に使用しているという方々は、あえて、ケーブルがついたものを購入することで割高になってしまうので、同軸ケーブルがセットされていないDXアンテナ、BSアンテナ【2K 4K 8K 対応】45cm形 BS 110度CSアンテナ カンタン取り付けマニュアル付属 BC45ASの購入がおすすめです。

BC453SCK

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】 45cm形 BS・110°CS アンテナセット (同軸ケーブル+取り付け金具) インジケーター付き BC453SCK は、BS/CS110度アンテナ取り付け時の角度調整を簡単にできる補助機能がついています。

通常のアンテナを設置する時には、二人がかりで調整を行うという人たちもいるでしょうけど、それはなかなか大変な作業なのです。補助機能は、そんな手間を省くことができます。一人でBS/CSアンテナを設置する場合、おすすめの商品です。

まとめ

いかがでしょうか。
いままでのテレビとは違い、テレビ本体だけ購入すれば、4K・8Kテレビを観ることができるという訳ではないということが良くわかったのではないでしょうか。4K・8Kテレビを観る為によりノウハウなども必要になって来るでしょう。更に、4K・8Kテレビを観るためにしなければならないことはアンテナの工事です。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

アンテナ工事の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。