テレビが映らないときはアンテナが原因かも。原因と解決法

テレビのイメージ
テレビのイメージ

普段、電源ボタンを押すといつでも映るテレビが、急に映らなくなったら驚きますね。
テレビは家電の中でも身近な存在で、毎日観る人も多いものです。
映らなくなれば不便を感じ、情報が得られないことに不安を感じる人もいるでしょう。

はじめに

日常生活の中でテレビが故障することは頻繁ではなく、テレビが映らない原因のほとんどはアンテナの問題がが多いです。
例えば、台風の翌日は、テレビが全く映らなくなるか、映りが悪くなることが良くあるように、アンテナが少しずれただけでも映らなくなるものです。
そんなときにも役立つ、テレビが映らない原因と解決方法を紹介します。

1.テレビが映らない原因の多くはアンテナ

テレビはどうして映るのか、ご存知でしょうか?
賃貸住宅にお住まいの場合は、テレビの線を所定の場所につなぐだけで観れるようになります。
この場合はすでにアンテナが設置されており、個人がアンテナを設置しなくても良い状態になっています。

マイホームの場合は、アンテナ設置工事を行わない限り、テレビはうんともすんとも言いません。
テレビはテレビ塔から電波を受信して観れる仕組みになっているので、電波の受信を担うアンテナが無ければ話になりません。
アンテナが台風などの影響で倒れたり、設定した場所からずれることがあれば映らなくなるのは当然のことなのです。

地上デジタル放送のテレビ塔では、東京スカイツリーが有名です。
地方の場合でも、その他のテレビ塔や送信所を通じて電波を送信しています。
BS・CSなどの衛星放送は、衛星放送から発信する電波を受信すると観れるようになります。
丸いパラボラアンテナをベランダなどに設置するのは、衛星放送を受信するためなのです。

地上デジタル放送のアンテナは通常、家屋の屋根に設置されることが多く、台風などでテレビが映らなくなったときは修理が必要になります。

2.アンテナを修理する手順を解説

テレビは電源が入るのに、地上デジタル放送が受信できない場合は、電波の強度を調べてみてください。
一般的なテレビなら、リモコン操作でアンテナの受信強度を知ることができます。
受信強度が60以上でも、アンテナに不具合があるメッセージが表示されるときは、アンテナ修理が必要な状態だと判断できます。

2-1古いアンテナ撤去と新アンテナの組み立て

故障が疑われるアンテナは、一度撤去しなければなりません。
撤去のときに気を付けたいことは、アンテナに接続されている配線や、アンテナを支える針金を残すことです。
これらの部品に問題がなければ、次に新しいアンテナを設置するときにも使用できるからです。

しかし、思いのほかサビ付いていて、劣化が激しいときはこれらも取り換える方が安全です。
次に大きな台風が来ても、吹き飛ばされることがないように修理を進めてください。

新しく準備したアンテナは、地上で組み立ててから屋根に上げます。
屋根の上で組み立てることもできますが、万が一、落下させるようなことがあれば元も子もありません。
新しいアンテナは地上でしっかり組み立てて、慎重に屋根に移動させましょう。

2-2アンテナマスト設置

新しいアンテナには同軸ケーブルを接続しておきます。
その後、長い金属性の棒状のアンテナマストを、屋根馬と呼ばれるアンテナの土台に設置して仮止めします。
屋根馬はもともと付いているものならそれを使用しますが、もしも屋根馬も取り換える場合は、屋根の形状に合わせた屋根馬を選択してください。

アンテナマストを仮留めするのは、後でアンテナの方向を微調整するためです。
テレビが最も良く映る方向に設置するためなので、うっかりきつく締めてしまうことのないよう気を付けましょう。
アンテナを2本設置する場合は、アンテナ同士の距離感に注意が必要で、最低でも60センチ以上は距離を取るようにしてください。

2-3アンテナの方向調整と受信確認

アンテナに支線を張り、アンテナを屋根に垂直になるように立てます。
支線は張る角度に注意が必要で、鋭角に張ることは横風に弱くなるため、適度な角度を持たせて張るようにします。

アンテナの方向を調整するときは向きだけではなく、高さの調整も忘れないようにします。
映り具合も確認しながら調整していき、方向が定まったら屋根馬のボルトを締めて固定します。
方向調整のときには、レベルチェッカーを利用するとより微調整ができて便利です。

3.テレビアンテナ設置はDIYは危険!

テレビのアンテナ設置手順を見ると、ちょっとしたDIY感覚で修理できそうに感じられますが、高いところでの作業は思いのほか危険なことが多いです。
また、アンテナの設置には配線や周辺機器の設置が必要になるため、場合によっては電気工事が必要になることがあります。
電気工事は、電気工事士の資格が必要なため、DIYでは違法になるケースも出てきます。

3-1アンテナ設置時のリスクとは

アンテナは屋根に設置するため、さまざまなリスクが伴います。
どんな危険があるのか、一緒に確認してきましょう。

・屋根から転落するリスク

テレビのアンテナは、屋根の上に取り付けるタイプが主流です。
取付作業も屋根の上で行うので、屋根から転落する可能性がないとは言えません。
普段の生活では、ほとんど方が屋根に上る機会がなく、不慣れで不安定な屋根の上で作業することは一瞬にして大けがを負うリスクが高いのです。

足を滑らせてしまう可能性や、体のバランスを崩して転落してしまうことも考えられます。
また、アンテナはメーカーや種類により重さが異なり、重いものを扱うときは極めて危険です。
アンテナは、軽いものでは1キロを切るものから、重いものでは3キロ前後になり、不慣れな屋根の上で、3キロ前後のものを扱うことは非常にリスキーではないでしょうか。

・自力では無理なケース

普段は足を踏み入れる機会がない屋根の上での作業は、想像以上にやりにくさを感じるものです。
初めてアンテナを設置する方にとっては、思うように作業が進まないことも出てくるでしょう。
アンテナ設置経験が浅いか、初めてのアンテナ設置の場合、最悪テレビアンテナを設置できずにリタイアするケースも珍しくありません。

身の安全に気を使いながら高所で作業することは、自分でも気づかないうちに神経質になってしまうことが多いです。
アンテナ設置工事は、通常2人で作業をするため、屋根の上では足場も狭いことが多いです。
狭い足場で取り付けに不安を覚えても、他の誰かに確認することもままならず、焦る気持ちが作業を滞らせてしまいます。

テレビアンテナというある意味特殊なものを設置することは、例えDIYが得意な方でも高所であることが影響してうまく設置できなくなることがあります。
自力で無理だと気づいたときはすでに遅く、屋根の上に設置できないアンテナを、今度は地上に戻す作業にも手間と時間がかかるでしょう。

・屋根を傷つける可能性

近年、一般住宅の屋根素材はさまざまなものが使われており、種類によって傷つきやすいものもあります。
テレビアンテナの設置には、アンテナ本体のほかにボルトなどの部品を多く使用します。
これらの部品が屋根に強くぶつかると、屋根を傷つけてしまうリスクもあるのです。

そのほか、アンテナ設置にはさまざまな道具が必要です。
必要な道具は屋根の上に置いて使うため、これらの置き方1つで屋根を傷めることもあります。
必ずしも屋根が傷むというわけではないものの、屋根が傷んでしまった場合には屋根の修理が必要になります。
屋根の上には遮るものがないため、風で道具や部品が飛ばされた場合も考慮しなければなりません。

テレビアンテナをDIYで設置することは、費用を抑えられることがメリットです。
しかし、万が一のリスクを考えると、予定外の費用が発生する可能性も十分に考えられます。
DIYで費用を抑えようとしても、余分な費用がかかる事態になるのでは本末転倒というものです。
アンテナ設置作業は専門業者に依頼する方が、時間・費用・リスクを最小限に抑えることができることを、今一度考えてみることも必要です。

3-2電気工事が必要になるケースがある

テレビを観るにはアンテナの設置のほかにも、周辺機器への配線が必要になります。
中には専門的な知識や電気工事士の資格が必要になるものもあり、一般の方が自由に作業できないケースもあります。

例えば、テレビを置く部屋にテレビ用のコンセントが無かったとしたら、コンセントの増設をしなければなりません。
コンセントの増設は電気工事士が行う作業のため、一般の方がDIYの延長として行うことは禁じられています。

そのほか、アンテナが受信する電波が弱いときなどに使用する、ブースターの取り付けも配線工事が必要です。
この場合も有資格者による工事が必要なため、どんなに自分で出来そうだと思っても個人では作業できません。
むしろテレビのアンテナ設置時から、テレビに関係するすべての作業を業者に任せた方が、トラブルもリスクもぐっと少なくなって楽になります。

4.テレビが映らないときまず確認したいポイント

テレビが急に映らなくなったときは、誰でもおどろいて何が原因なのか探ろうとします。
テレビの調子が悪いときも含めて、テレビが映らないときにまず確認したいことを見ていきましょう。

4-1B-CASカードが入っているかどうか

B-CASカードは、デジタル放送を受信するときに必要になるICカードで、通常はテレビなどの放送受信機に同梱・挿入されているものです。
BS・CS・地上デジタル対応のものは赤色、地上デジタル専用のものには青色のカードと決まっています。

このB-CASカードは、それぞれの受信機(テレビやレコーダーなど)の挿入箇所にしっかりと差さっていないとうまく電波を受信できません。
そのためテレビが映らないときは、奥まで差してあるかどうかを確認してみましょう。

4-2テレビの電源が入るかどうか

テレビが映らない原因は、テレビに問題があるケースもあるでしょう。
落ち着いてテレビの電源が入るかどうかを確認して、その後の操作を試してみてください。

・テレビの電源が入るなら地デジの設定を確認

テレビの電源は入るのに放送が映らない場合は、地デジの設定を確認してください。
地上デジタル放送は同じ放送局でも地域差があり、周波数が異なる場合があります。
テレビから県名や郵便番号を入力すると、適切な状態に再設定する機能を使えるほか、チャンネルの再スキャンによりトラブルが解消することがあります。

多少面倒な操作に感じるかもしれませんが、現状に適切な状態に設定できればテレビが映るようになります。
また、同時にリモコンの電池が切れていないか、すべてのボタンが使用できるかなど、正常に動くことを確認してください。

4-3各ケーブルの接続不良はないか

テレビには、テレビの電源を取るコンセントのほかに、レコーダーへのケーブルや、インターネットに繋ぐLANケーブルなどが繋がっています。
コンセントや各ケーブルの接続不良があるとテレビが映らないことが良くあるので、コンセントの接続状態を確認してみてください。
テレビのコンセントは丸型で、しっかり奥まで差さっていないときは、奥まで差してあげましょう。

そのほか、テレビの背面に差しているコードも同様に確認してみてください。
テレビに差す・テレビから出るケーブルやコード類は、すべて確認することをおすすめします。

4-4アンテナ修繕費は誰が出すのか

テレビが映らない原因としてアンテナが疑わしい場合、修理業者を呼ぶ前にかかる費用を考えてみてください。
賃貸住宅なのか持ち家かでは、修繕費を出す人が変わります。
またアンテナに異常が生じた原因が台風などの自然災害なら、火災保険を利用できる可能性も出てきます。

・賃貸住宅の場合

賃貸住宅にお住まいの方のテレビが映らない場合で、アンテナ修理が必要になるときは、一般的には大家さんが修繕費を負担します。
テレビアンテナは住宅設備の1つなので、修繕費などは入居者ではなく大家さんが負担しなければならないのです。

修理の相談は、管理会社か大家さんに連絡を取ってください。
もしも複数戸あるアパートなら、そのアパートの各部屋すべてでテレビが映らないはずです。
早急に対処してもらうためにも、隣近所で確認し合ってから連絡することがおすすめです。

・自然災害が原因なら保険会社に連絡

賃貸住宅でも持ち家の場合でも、火災保険に入ることが増えています。
火災保険には風災・雪災の保証が付帯するため、台風の後にテレビが映らないときは自然災害によるものと判断されることがあります。
補償内容に該当する場合は、保険会社が修理費用を負担してくれるため、実質無料または少額負担で修理できることがあります。

火災保険はテレビアンテナ以外にも、自然災害のときには利用できるものがあります。
一度内容を確認して、いざというときに使えるようにしておきましょう。

5.テレビのアンテナ工事をするときは業者に任せよう

テレビのアンテナを設置するだけなら、自分で無資格のまま取り付けることができますが、屋根の上に取り付けることには多くのリスクが潜んでいます。
一度の設置工事で完結し、安全に取り付けるには専門業者に依頼する方が、時間や費用の面でも無駄を省くことができます。

アンテナ設置工事は、作業の途中で電気工事が必要になることもあるので、どんな展開になっても安心できる業者に依頼してください。
電気工事士の資格を持ち、テレビアンテナ設置経験が豊富であれば、ほとんどのトラブルを解決してくれるはずです。

地元の業者に依頼するとしても、複数社の業者に見積もりを出してもらい、比較検討の上で業者をえらんでください。

まとめ

テレビのアンテナの修理は、一般の方にとってあまり日常的なものではありません。
ですが1人暮らしをするときやマイホームを購入するときには、一通りの費用や工事内容を知っておいた方が良いケースもあり、いざテレビが映らないときの対処法としても役立つものです。

しかし、アンテナ修理を自分でやろうとすることは、思いもよらぬ危険な目に遭うこともあるので、DIYのような感覚で気軽に取り組むことは避けた方が良いでしょう。
地域の電気屋さんやアンテナ設置工事を得意とする業者に相談し、安全にアンテナ設置工事を行うことが理想的です。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。