エアコンやクーラー(冷風機)が冷えない原因と対処方法

作業費6,000円~対応中!
エアコン

はじめに

エアコンやクーラー(冷風機)のスイッチを入れたのに「なかなか冷えない」「全然きかない」とお困りではありませんか。ここでは、エアコンやクーラー(冷風機)が「冷えない」「きかない」原因とその対処方法をご紹介いたします。

①エアコンとクーラー(冷風機)の違い

「エアコンとクーラーは同じ」だと思われていませんか。どちらも空気を冷やす機能がありますが別物です。まずはエアコンとクーラー(冷風機)の違いを見ていきましょう。

1.1エアコン

エアコンとは「エアーコンディショナー」の略語です。エアコンは、パイプで繋がれた室内機と室外機の二つが組み合わさって初めて機能し、お部屋の中を温めたり涼しくしたりといった温度調節だけでなく、機種によっては湿度の調整機能や空気清浄機能などを持ちます。

1.2クーラー(冷風機)

クーラー(冷風機)とは、空気を冷やす機能のみです。また、空気を冷やすための装置全般が「クーラー」と呼ばれ、エアコンで空気を冷やす機能を使う際に「クーラー」と表現される事もあります。

②エアコンが冷えない原因と対処法

それではエアコンが「冷えない」「きかない」原因とその対処方法を見ていきましょう。

2.1エアコンの内部やフィルターの汚れが原因

まず考えられるのがエアコンの内部やフィルターの汚れです。エアコン内部やフィルターに汚れがたまっていると正常に機能せず「冷えない」「きかない」原因となります。「冷えない」「きかない」と感じるだけでなく、そのままの状態で使用していると、ホコリやカビが混ざった汚れた空気を部屋中に撒き散らしていることになるので、アレルギーの発症や体調不良につながることにもなるでしょう。さらに汚れが溜まっていると、エアコンの運転効率が下がるので、電気代が嵩む原因にもなります。
エアコンの内部やフィルターの汚れが原因になっている場合、取るべき対処法はエアコンのお掃除です。エアコンの内部やフィルターをキレイにお手入れしましょう。ホームセンターやドラックストアではエアコンの内部やフィルター用のお掃除スプレーが売られています。お掃除スプレーは料金も手頃で簡単に使用できますが、スプレーだけでは表面的な汚れだけしか落ちない可能性もあります。お掃除スプレーに含まれている成分によっては、拭き残しがあるとそこにさらに汚れが付着する恐れもあるでしょう。歯ブラシやタオルを使ってお掃除をする手段もありますが、ビニールシートなどを使って周囲の養生が必要になったり、高い場所での作業になるので時間も労力もかかりますし、不安定な足場での作業は危険も生じます。エアコンの内部までしっかりとお掃除をするなら、定期的な専門業者の利用が便利です。

昨今は、「お掃除機能付き」のエアコンが普及しています。「我が家のエアコンはお掃除機能が付いているから、掃除をしなくても大丈夫」と思われている方も多いかもしれませんが、お掃除機能の付いているエアコンの場合、自動でお掃除されるのは「フィルターのみ」という機種も多いのでご注意ください。


エアコンの内部やフィルターをお掃除する頻度ですが、ご自分で行う場合には1ヶ月に1度程度、専門業者にクリーニングをお願いするなら2~3年に1度程度が理想と言われています。

2.2エアコンとお部屋のサイズが合っていない

「冷えない」「きかない」原因がエアコンとお部屋のサイズのミスマッチからきていることもあります。エアコンには必ず「対応畳数」があります。ご自身のお住まいが木造か鉄筋コンクリート造か、広さはどのくらいなのかを必ずチェックし、それに対応しているエアコンを設置しましょう。「まだまだ使えるエアコンなので引越し先から移設したい。」「知人から不用になったエアコンを譲り受けた」となどいう場合には設置する前に、お部屋のサイズとエアコンの「対応畳数」のチェックを必ず行いましょう。

2.3リモコンの設定に誤りがある

「リモコンの設定が間違っていた」というケースもあります。「冷房」ではなく「暖房」や「送風」になってはいませんか。これではいつまでたってもお部屋の中は涼しくなりません。小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、お子様のいたずらで「設定温度がとても高くなっていた。」というケースもあるようです。「冷えない」「きかない」と感じたら、リモコンの設定を再確認してみましょう。

2.4風向きの設定に誤りがある

室内機の風向き(ルーバー)の設定は正しくされていますか。冷気でムラなくお部屋を涼しくするためには、風向き(ルーバー)の設定は、天井に対して水平もしくは上向きが良いとされています。効率よくお部屋を涼しくできれば、電気代の節約にもつながるはずです。「ルーバーが動かない」「閉じたまま」という状況は故障が疑われますので販売店やメーカーに問い合わせてみましょう。

2.5室外機の置かれている環境が悪い

エアコンが「冷えない」「きかない」と感じると、多くの場合「室内機に問題があるのでは?」と思われがちですが、エアコンは、室内機で吸い込んだ温かい空気がパイプを通して室外機へ運ばれ外に出て行く仕組みになっており、室外機になんらかのトラブルがあると「冷えない」「きかない」原因になることもあります。室内機に異常が見られない時には、室外機の置かれている環境を見直してみましょう。室外機の周りに植木鉢が置かれていたり、落ち葉やゴミが溜まってはいませんか。室外機の周りの空気の流れが悪くなったり、室外機が熱を持つ環境はエアコンの効き目に悪影響を及ぼします。室外機の周囲はいつも風通しを良くしておきましょう。次に室外機に直射日光が当たっていないかどうか確認ください。直射日光が室外機に当たる状態では熱が放出できなくなり「冷えない」「きなかい」原因になります。日よけカバーやすだれをつけたり、室外機の上から水をかけて冷やしてあげましょう。

2.6冷媒ガスが漏れている

エアコンは、冷媒ガスを使って空気を冷やしたり温めたりしています。この冷媒ガスがなんらかの原因で漏れてしまい「冷えない」「きかない」原因になっていることも。冷媒ガス漏れの原因は3つ考えられます。

・初期不良・・・購入したエアコンの配管に穴が開いていたなどというケース。

・工事不備・・・エアコンを取り付ける際の作業ミス。

・外的要因・・・なんらかの理由で室外機を動かした際に配管の接続部分から冷媒ガスが漏れるケース。

エアコンが「冷えない」「きかない」原因が「冷媒ガスの漏れなのでは?」と気付く人は少ないかと思います。「購入したばかりなのにエアコンがきかない」「エアコンを設置しなおしたら冷えなくなった」と感じたら、購入店やメーカーに相談してみましょう。

③クーラーが冷えない原因と対処法

それでは次にクーラー(冷風機)が「冷えない」「きかない」原因とその対処法を見ていきましょう。

3.1フィルターの汚れ

クーラー(冷風機)もエアコン同様、フィルターに汚れが溜まっていると「冷えない」「きかない」原因になります。「冷えない」「きかない」というトラブルだけでなく、「嫌な臭い」の元凶にもなるのでキレイにお手入れをしてください。フィルターのお手入れ方法は、とても簡単です。フィルターを本体から取り外し、水かぬるま湯で丁寧に洗います。フィルターは日陰で十分に乾かしましょう。50度以上の熱湯で洗ったり、直射日光に当てると、フィルターが変形する恐れがあるのでご注意を。フィルターの取り外し方はお使いのクーラー(冷風機)によって異なるので、取り扱い説明書などでご確認ください。メーカーによっては説明書の中やホームページの動画でフィルターのお掃除方法を紹介していることもあるようです。クーラー(冷風機)のフィルターのお掃除の頻度は、通常2週間に1度を目安にすると良いでしょう。あまりにもフィルターの汚れがひどく、自分でキレイに落とせない場合や業務用のクーラー(冷風機)をお使いの場合には、専門業者にクリーニングしてもらう方法もあります。

3.2設定の誤り

機種によって多少の違いはありますが、クーラー(冷風機)には、冷風モードと送風モードのスイッチがあります。送風モードでは冷たい空気が出ないのでスイッチの設定を確認してみましょう。小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、お子さまがスイッチに触れないようチャイルドロックを活用するなどの工夫が必要です

3.3設置場所の環境が悪い

クーラー(冷風機)は設置されている場所が高温だと冷たい空気を送り出すことができません。機種によって異なりますが、一般的に25度から40度程度の場所で利用するのがおすすめです。稼動できるタイプであれば、風通しの良い場所へ移動させたりクーラー(冷風機)に日陰を作ってみるなど、設置する環境を見直してみましょう。

3.4冷媒ガスの漏れ

エアコン同様に冷媒ガスの漏れが「冷えない」「きかない」原因であることも。稼働中に本体に霜がつく状態を発見したら、ガスが抜け始めている合図です。販売店やメーカーに修理の依頼をしましょう。

④エアコンやクーラーのクリーニングを業者に依頼した場合の料金相場

エアコンやクーラー(冷風機)の汚れが「冷えない」「きかない」原因の一つになることはおわかりいただけたかと思います。エアコンもクーラー(冷風機)もご自分でお手入れできないことはありませんが、汚れがひどかったり、細部までキレイにお掃除したい場合には専門業者の依頼が便利です。ここではエアコンやクーラーのクリーニングを業者に依頼した場合の料金相場をみていきましょう。

4.1エアコンクリーニングの料金相場と業者の選び方

エアコンクリーニングの料金相場は機種や性能によって価格が異なります。
一般家庭で使われている壁掛けタイプは、お掃除機能の付いていないエアコンの場合、1台14,000円前後となっています。同じ壁掛けタイプでもお掃除機能が付いているエアコンは1台20,000円前後とやや料金が上がります。「どうしてお掃除機能が付いていると料金が高くなるのだろう」と疑問を抱かれる方も多いかと思いますが、お掃除機能が付いているエアコンはクリーニングの際の分解に手間と時間がかかるからです。内部の構造も複雑になっており技術力も必要になるので料金が高くなります。

次に天井埋め込みタイプのエアコンの料金相場です。天井埋め込みタイプの場合、20,000円から40,000円程度が相場となっています。料金に開きがあるように感じるかと思いますが、機種によってサイズや形状が異なるので、まずは専門業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。
複数台一緒にクリーニングを依頼すると値引きサービスが受けられるなどの特典を用意している業者も多いので、お得にクリーニングをするためにも身近にある業者のサービス内容を確認することが大切です。ちなみに壁掛けタイプなら1~2時間、天井埋め込みタイプでは、3時間~4時間、作業時間がかかります。

4.2クーラー(冷風機)クリーニングの料金相場

クーラー(冷風機)クリーニングの料金相場は家庭用なら1台10,000円~、業務用なら20,000円~が相場のようです。エアコンのクリーニング同様、複数台同時にクリーニングの依頼をすると値引きしてくれるケースもあります。作業時間は家庭用なら1~2時間、業務用なら2時間~3時間かかるでしょう。

4.3業者の選び方

「だいたいの料金相場はわかったけれど、どこの業者を利用したらよいのだろう」と迷われている方もいらっしゃるはずです。エアコンもクーラー(冷風機)も購入すれば1台数万円以上する大切な家財です。業者選びを失敗すると「乱暴に扱われてエアコンが壊れてしまった」「家の中を汚されてしまった」というトラブルに発展する可能性もあります。エアコンやクーラー(冷風機)の取り扱いはメーカーによって異なるのはもちろんですが、機種によっては構造が難しく、適切な作業には技術力が必要になるケースもあるので、しっかりと研修を積んだ実績のある専門業者への依頼が安心です。
ついつい「料金の安さ」に魅力を感じてしまいがちですが、万が一故障やトラブルが起こってもきちんと補償をしてくれる業者なら安心です。見積もり依頼や問い合わせをした際のスタッフの対応も業者選びの重要なポイントになりますし、ホームページや口コミ、実際に利用した人の感想などを加味して、相性の良い専門業者を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか。エアコンやクーラー(冷風機)が冷えない原因と対処方法についておわかりいただけたでしょうか。暑い夏には欠かせないエアコンやクーラー(冷風機)。「冷えない」「きかない」と感じたら、今回ご紹介した対処方法をぜひお試しください。