シロッコファン修理
即日対応中!

シロッコファン6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

シロッコファンとは、多数の細長い板状の羽が筒状に取り付けられているタイプのファンです。回転することで、空気を吸い込んでダクトなどを通して排気してくれます。別名「多翼送風機」とも呼ばれています。主な用途としては、空調やレンジフードなどです。プロペラファンとは異なり、ダクトなどを利用しやすく、騒音も少ないのが特長です。ダクトを利用できるため、中高層住宅などで採用されることが多いタイプです。筒状の形状をしているため、空気やホコリなどを吸い込んだ際に汚れやすいですが、脱着が容易なため水洗いなどができるのも大きなメリットだと言えます。

シロッコファン修理の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査費用トラブルの内容に合わせて調査を行います。6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
調整一部の部品を調整する作業3,000円~
本体分解作業分解する作業5,000円~
クリーニングファンなどを分解して清掃する5,000円~
オーバーホール大半の部品を分解して調整しながら組み立てる5,000円~
プロペラファン交換ファンの交換作業3,000円~
シロッコファン交換ファンの交換作業3,000円~
斜流ファン交換ファンの交換作業3,000円~
ターボファン交換ファンの交換作業3,000円~
ラインファン交換ファンの交換作業3,000円~
本体スイッチ交換本体スイッチの交換6,000円~
モータ交換モータ交換15,000円~
壁用一般換気扇交換本体交換作業15,000円~
ダクト換気扇交換(1室)本体交換作業15,000円~
ダクト換気扇交換(2室)本体交換作業(隠蔽の場合)25,000円~
ダクト換気扇交換(3室)本体交換作業(隠蔽の場合)25,000円~
パイプ換気扇交換本体交換作業15,000円~
レンジフード交換(スリム型)本体交換作業25,000円~
レンジフード交換(ファルコン型)本体交換作業25,000円~
レンジフード交換(フラット型)本体交換作業25,000円~
レンジフード交換(ブーツ型)本体交換作業25,000円~
工業用換気扇交換本体交換作業25,000円~
厨房用換気扇交換本体交換作業25,000円~
給気口交換室内側部品の交換3,000円~
パイプフード交換屋外のフード交換6,000円~
ダクト調整ダクトの長さを調整する3,000円~
ダクト延長ダクトの長さを延長する8,000円~
ダクト交換ダクトを全て交換する15,000円~
パネル交換分解する作業5,000円~
隙間調整空いた隙間を埋める5,000円~
電線圧着本体と電線を直結する作業3,000円~
コーキング作業費隙間をコーキングで埋める3,000円~

シロッコファンで対応した事例

吸い込みの悪いシロッコファンを交換

福岡県糟屋郡志免町のA様

福岡県糟屋郡志免町向ヶ丘の集合住宅にお住いのA様より、キッチンの換気扇の動きが悪いようであまり吸い込まない、というご連絡がありました。 さっそくお約束の時間にご自宅へお伺いして調べてみると、お使いになられていたのはサンウェーブが取り扱っている富士工業のレンジフードBER-3S-751-BKでかなり年季が入っているようです。

キッチンの換気扇には扇風機のような形をしたプロペラファン、羽の付いた小さなドラム缶のようなシロッコファン、そしてシロッコファンを薄くしたような形状で羽の枚数が少ないターボファンという3つのタイプがあります。 プロペラファンは吸い込んだ排気を直接屋外に送り出すため(直接排気)コンロ周辺の壁面に設置する必要がありますが、シロッコファンは長いダクトを通って排気することができるためコンロを好きな場所に設置することができます。ターボファンは直接排気と短いダクトでの排気が可能で、換気扇を設置する場所の条件によってどれを選ぶかが決まります。 A様のお宅に設置されていたレンジフードは深型でファンの種類はシロッコファンでした。

換気扇のスイッチを入れると中のシロッコファンは回転するものの動きが鈍く換気風量は正常範囲とは言えない状態です。汚れが原因で動きが悪くなっている可能性もあるためシロッコファンの汚れをしっかり落としてから再度動作確認を行いましたが、残念ながら特に変化はありませんでした。 かなり古い換気扇なので、今回の不具合は経年劣化によるものと考えられました。

こちらの換気扇がメーカーで開発させたのが約25年前とのことで、開発後まもなく設置されたとすれば20年以上使われてきたことになります。換気扇の寿命は約10年と言われている中、およそ20年もの間働き続けたなんて、かなり耐久性の高い換気扇ですね。 お客様にとっては人生を共にした仲間のような存在かもしれませんが、安全にお使い頂くためにもそろそろ新しいものに世代交代をした方が良いだろうとご提案させて頂きました。

「交換」という提案に納得して頂けたのでさっそく交換するレンジフードを探したところ、さすがに現在お使いになられているものと同じものは製造終了とのことでした。20年以上前に開発された機種なので、当然と言えば当然ですね。 代替機種にあたるBDR-3HL-751を発注し、後日交換作業を行いました。

スタッフの声

担当スタッフ

耐用年数を確認して適宜点検・交換をしましょう!

今回お伺いしたA様宅のレンジフードはかなり古いもので、「これが今まで正常に動いていたの?」と、こちらがビックリしてしまうほどでした。製造元によると、こちらの機種が開発されたのが1994年ということですから、開発直後に設置されたとする20年間は使われていることになります。 ご依頼を頂くまでの間は大きなトラブルもなく動いていたということなので、お客様ご自身で定期的なメンテナンスをされていたのだと思います。 今回の場合はは20年間安全に使われていましたが、これは稀なケースです。電化製品には「耐用年数」というものがあり、換気扇の場合は約10年とされています。つまり、それ以降はいつ壊れてもおかしくないということです。 テレビや冷蔵庫のように、ご自宅の中に「置いてある」電化製品についてはいつか壊れるかも?と覚悟しているものですが、換気扇や壁面のスイッチのように家自体に備えつけられているものに関してはいつか寿命が来るかも?という意識が薄い方が多いと思います。 テレビが壊れたとしても多少不便は感じても生活自体には大した影響は出ませんが、換気扇が動かなくなってしまうと排気できなくなりますから場合によっては命に関わることがあるかもしれません。安心して使用するには、やはり定期的な点検・交換が大事になりますね。

シロッコファンでの事例一覧

福岡県福岡市の店舗で換気扇の設置

福岡市中央区天神のI様より店舗内に換気扇(シロッコファン)を取り付けてもらいたいというご依頼を頂きました。換気扇本体は既にお持ちとのことだったのでまず一度現場の状況を確認させていただき、取り付けに必要な部品を手配した後に店舗にて設置作業を行いました。

東京都杉並区で2箇所の換気扇を新品に交換

杉並区桃井のY様よりキッチンのシロッコファンと洗面所の換気扇が動かなくなってしまったため修理か交換をお願いしたいとのご依頼がありました。訪問し調査したところどちらにも不具合が見つかったため新品への交換をご案内させていただき、後日交換作業を行いました。

大阪府池田市でキッチンの換気扇を整備

大阪府池田市渋谷のお客様よりキッチンのシロッコファンが動いていないため見に来てもらいたいというご依頼がありました。お伺いして点検作業を行ったところモーターに異常はなく漏電もしていないようでしたがファンがかなり汚れており、埃や油汚れを落とすと正常に動き始めました。

千葉県市原市で学校施設内にある厨房の換気扇修理

市原市村上で学校施設内にある厨房のシロッコファンから異音がするとのご連絡がありました。現場に伺って点検口からのぞいたところモーター付近から大きな音がしており、確認すると排気ファンのVベルトが緩んでいたため、後日三ツ星ベルトのVベルトに交換しました。