電気のトラブル解決 安心価格・スピード対応・リピート対応挑戦中

換気扇から異音がしてうるさい!対処法から予防方法まで解説します!

作業費5,500円~対応中
換気扇
壊れただけだと思っていませんか? 危険かも!? 火事や漏電の万が一があります。至急電話してください。
この記事を読むメリット。
創業10年の実績のある当社が確かな実績から情報を発信します。
蓄積されたノウハウであなたの疑問や悩みを解決します。
電気が原因による火災は決して少なくありません。
電気のお悩み、心配事はお気軽にお問い合わせください。

キッチンやバスルームで使っている換気扇の動作音が、最近気になるようになった、ということはありませんか?以前は、静かに、快適に使えていたのに、動作音が気にようになったのなら、油汚れやホコリの付着が原因かもしれません。もちろん、故障による不具合も考えられます。

外気を取り入れたり、不快な空気を排出したり、生活に欠かせない換気扇を、常に正常な状態に保つにはどうすれば良いのでしょうか?今回は、換気扇の異音について、対処法から予防方法まで、詳しく解説させていただきます。

換気扇からどんな音がする?

換気扇

換気扇がうるさいと感じるとき、どんな音がしてるのでしょうか?原因によってもさまざまな音がするようです。

「キュルキュル」音

ファンの回転にともなうキュルキュル音は、ファンモーターがスムーズに回転していないのが原因でしょう。回転軸の軸受け部分には、オイルレスメタルをもちいた金属パーツが配置されています。通常はメンテナンスフリーとなっていますが、長く使っている換気扇ではオイル切れとなるケースがあるかもしれません。

少量で良いのでスプレータイプのグリスを、ファンを外した状態で、軸受け部分に吹きかけてみると効果が期待できそうです。

「カラカラ」音

ファンを回すモーターが破損したり、回転軸にズレが生じるとカラカラと音がするケースが多いようです。ファンを外せるタイプの換気扇は、一度、ファンを外した状態で回してみてください。ファンを外すと異音が減る場合は、汚れて重さが増したファンを装備することで、回転軸にゆがみが生じているのかもしれません。

ファンを清掃して、汚れを一掃することで、回転軸のゆがみがなくなり異音が解消するかもしれません。

「ゴー」という音

油汚れやホコリが大量に付着したファンが回ると「ゴー」という音がする場合があるようです。汚れたファンの回転により、空気抵抗が増えることが原因でしょう。

ファンを清掃することで、改善されることが多いでしょう。

「ジー」「ジジッ」という音

サビが原因でファンの回転にストレスがかかると「ジー」という音がすることがあります。湿気の多い、バスルームの換気扇で起こりやすいです。

バスルーム用の換気扇は天井埋込型で、シロッコファンを採用した製品が多いですが、ファンの羽根が取り外せるタイプも登場しています。分解清掃できるタイプの換気扇であれば、定期的の取り外して清掃を実施しましょう。そうでない場合は、天井面に設置されたままなので大変かもしれませんが、可能な範囲で清掃を実施してみましょう。

パナソニック公式ページより、天埋換気扇「FY-17C8」

パナソニック公式ページより、天埋換気扇「FY-17C8」

「キーン」という音

経年劣化により、モーターの内部から「キーン」という音がする場合があります。内部にホコリがたまったり、回転軸にズレが生じたり、複合的な要因が考えられます。

清掃やグリスを吹きかけても効果がない場合は、新品の換気扇への交換が必要です。

換気扇から異音がしたら、そろそろ寿命なの?

換気扇の異音は動いている部分である、ファンモーター、回転軸、軸受け、ファン、のどこかから発生しています。対策として、ご自宅でほどこせる作業は、分解清掃グリスアップなどです。換気扇自体の寿命が近いなら、新品への交換も検討しましょう。

換気扇の交換はこちらの記事も併せてご参照ください。費用や事例などを記載しました。

換気扇の寿命

換気扇の寿命は、10~15年といわれています。もちろん、使用する環境やメンテナンスの頻度、個体差によっても、その寿命には幅があるでしょう。ただ、換気扇のメンテナンスを実施しても異音などの問題が解消されないとき、10年以上使用しているなら、新品への交換も検討してみましょう。

放置して使い続けると、火災に発展する

換気扇から異音がしたり、勢いよくファンが回らないときは、どこかにトラブルを抱えているというサインでもあります。電気を使う家電製品の性質上、最悪の場合は、発火して火災に発展することが考えられます。

具体的な事故例として、2021年12月、1名が亡くなった福岡の集合住宅の火災では「換気扇から煙が出ている」と、近くの住人から消防に通報があったそうです。

換気扇にトラブルがあったときは、「火災に発展する危険性がある」と認識した上で、定期的なメンテナンスを実施したり、新品への交換を検討するようにしましょう。

異音を予防するにはどうしたら良い?

換気扇からの異音を予防するには、動く部分の汚れを排除したり、汚れが付かないように工夫する必要があります。

定期的な清掃

「半年ごと」など、間隔を決めて定期的に清掃するのが、一番効果がありそうです。パーツごとに分解できる換気扇は、ファンを外して洗剤用液につけておくだけ、簡単に汚れを落とすことも可能です。

効率よく油汚れをそぎ落とすことができる、シロッコファン専用の清掃用ヘラも販売されています。

汚れがつかない工夫

油汚れが付着しやすいキッチンまわりの一般的な換気扇では、各メーカーからフィルターを装着できるタイプの換気扇も販売されています。

プロペラ換気扇カバー

フィルターを装着できない通常の換気扇にも、後付けで装着できる換気扇カバーが販売されています。サイズも15cm、20~25cm、30cmと3種類が用意されているので、試してみてはいかがでしょう?

対処できない換気扇トラブルは業者へ依頼しよう

換気扇の異音に関しては、こまめに清掃することが一番効果がありそうです。必要であれば、後付けのフィルターの設置も検討してみましょう。レンジフードや、バスルームの換気扇の不具合で、ご自身での対処が難しい場合は、専門の業者さんに相談してみましょう。10年以上経過した換気扇を使用しているなら、修理が可能かどうか、新品へ交換したほうが良いか、などアドバイスもしてくれるはずです。

電気を使う換気扇は、「トラブルにより火災に発展することもある」ということを、心の片隅に置いて、対処するようにしましょう。

 『DENKI110』では、換気扇の交換にも迅速に対応しております。お気軽にご相談くださいませ。

【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(02)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

※2021年現在、基本料金を6,600円から5,500円に改定しています。
そのため、料金改定前に作成された記事や事例には以前の料金体系の内容が記載されておりますが、お問い合わせの際には基本料金5,500円でご案内させて頂きます。