レンジフードの特徴と故障したときの修理法

作業費6,000円~対応中!
換気扇

レンジフードに関しては、調理の際に必要不可欠な換気扇ですが、何よりも便利に活用することができるものを選ぶ必要があり、調理をする際のニオイに関しても効率的に吸ってくれるタイプのものを選択する必要があります。たくさんの種類の中で選ぶ時に迷うと思いますが、各家庭に合った機能が搭載されているものがおすすめできます。

はじめに

レンジフードは調理をする際に活用する必要がありますが、調理をする際には様々なニオイが発生します。そのニオイを効率よく吸い込んでくれるタイプで、換気扇としても調理をする際に最適に使うことができます。調理用という事もあり、効率的にニオイを吸い込んでくれますので部屋の中に調理の様々なニオイを残すことなく活用することができるものを取り入れるようにしましょう。

①レンジフードとは

レンジフードとは、ファンが取り付けられた換気ユニットとフードと呼ばれるカバーが組み合わさったタイプの喚起ステムのことです。主に住宅のキッチンに取り付けられることが多く、ガスコンロなどの火を利用する設備には換気システムを設けることが法律で定められていて、レンジフードを利用することにより調理の際に発生する二酸化炭素や油煙、ニオイなどをダクトを通して外に排出してくれるという役割を持っています。レンジフードに関してもファンの形式などが異なってきますが、プロペラファンやシロッコファンに分類されることもありますが、何よりもキッチンには換気扇を取り入れる必要があり、換気扇の種類の中でも専用のレンジフードが一番おすすめできます。

②レンジフードのトラブル事例

レンジフードのトラブル
レンジフードのトラブル

レンジフードを取り入れている家庭も多くなっていますが、トラブルなどが発生した場合には自分で対処することができないという場合が多いのですが、そんな場合にはどのように対処していけばよいのでしょうか。事例を知ることによりスムーズに対応することができると思います。

2.1 動かなくなった

レンジフードに設置されている換気扇が動かなくなってしまい、調理をする際にも部屋にニオイが残ってしまい、窓を開けたりそれなりに対処していたのですが、すぐにニオイがなくならず調理に支障が出てしまうので業者に修理を依頼しました。自分では原因がわからなかったのですが、調査してもらうと本体に損傷があるという事がわかり新規部材を発注して交換で直るという事がわかり、部品の交換を依頼しました。部品を交換すると今までのように快適に使えるようになり良かったと思っています。

2.2 故障してしまった

台所に設置しているレンジフードが動かなくなってしまい、長く使っていたし手入れも行ったことがなく買い替えを考えて業者に相談しました。自分でどのようなタイプを使っているか把握してなくて調査に来てくれて、同じ型のものと交換することができて工事などの必要がないという事でお願いしました。取り替えを行って快適に使えるようになり、以前使っていたものを目にするとビックリするくらい汚れていて、どのように掃除をすればよいのかわからなかったのですが、新しいものはしっかり掃除ができるように業者の方が掃除方法を教えてくれたので大事に使っていきたいと思っています。

2.3 調子が悪くなった

換気扇の調子が悪くなってしまい、業者に連絡するとどのような換気扇を使っているか聞かれたのですが、キッチンのレンジフードという事を伝えました。調査に来てくれて確認してもらった結果、汚れが原因となっていることがわかり、業者の方が掃除をしてくれたのですが、調子が悪かった換気扇がスムーズに動くようになり、そのまま使うことができる状態になり、交換を検討していたのですが、掃除で換気扇を元の状態に戻すことができるとわかり、これからは定期的に掃除を取り入れて使っていこうと思っています。

2.4 スイッチの故障

キッチンでレンジフードを使っていたのですが、レンジフードのスイッチを切っても止まらなくなってしまい、ずっと動いている状態でした。コンセントを抜くこともできず業者に依頼したのですが原因がスイッチ側にあるという事でスイッチを交換してもらったのですが、スイッチを交換する事で解決することができました。自分ではレンジフードの故障と思っていたので、まさかスイッチが故障していると思ってもいなかったのですが、無事に解決することができてよかったと思っています。

③レンジフードの選び方

レンジフードの設備については、キッチンの換気を目的としたシンプルな機能のためにどの製品機種を選んでも違いはありません。使い勝手については個人で違いはあると思いますが、最近の機種はレンジフードの買い替えのメリットがたくさんあり、最新型のスリム型のレンジフードについては大掃除をする際にも面倒なフィルターがなくノンフィルタータイプの機種やガスコンロを付けると自動さ作動するものやコンロを消すと停止するという機能が付いているものも増えています。

便利な機能だけでなくレンジフードについては手入れなどがしやすいものを選ぶことにより快適に使っていく事が可能といえますが、機能やお手入れについては各製品により違いがありますのでしっかりと様々な商品を比較し自分にあったタイプのものを選ぶ必要があります。

レンジフードは、定期的に手入れが必要となり手入れをしないままで使うことにより故障やトラブルを招いてしまうのですが、手入れが簡単なレンジフードを選ぶことにより、使い勝手だけでなくレンジフードを長く使っていく事が出来ます。

今の時代は様々なタイプのレンジフードが販売されていますが、横幅の規格が共通化されていて、60㎝、75㎝、90㎝の3つが標準のサイズで横幅の違いによる機能に関しては違いがなく、横幅が広がることにより本体の価格が高くなります。レンジフードは吊り戸棚と吊り戸棚の間や吊り戸棚の間に隙間なく設置される場合が多く、幅の変更が難しいために交換する際には、以前使っていたサイズのものに交換することが一般的となっています。

買い替えを考える場合でも実際に設置している横幅を基準として決める必要がありますのでその辺もしっかりと考えて選ぶ必要があり、違いサイズになると大掛かりな工事が必要になってくる場合もありますし、工事しても取り付けが不可能な場合がありますので業者の方に相談してから決めるようにしましょう。 

④レンジフードの掃除方法

レンジフードの掃除方法については、多くの方が大掃除などでレンジフードの掃除を取り入れると思いますが、何よりも大切なことは正しい方法で行っていく必要があります。

4.1 コンロに新聞を敷く

レンジフードの掃除を行う際には、掃除をしている時にレンジフードから汚れが垂れたり、部品を取り外している最中に落としてしまうとコンロを傷つけてしまう可能性がありますのでそれを防ぐためにコンロの上に新聞紙を敷きましょう。

4.2 付け置き洗い

換気扇フィルターなどレンジフードの各パーツを取り外して掃除を行っていきますが、すぐに洗っても汚れを綺麗に落とすことができませんし、かなりの根気が必要になってきますので、ごみ袋などを用意してその中に取り外したパーツを入れて重曹スプレーなどを吹きかけてそのまま30分程度つけ置きしておくようにしましょう。そうすることにより重曹の効果で汚れを浮き出すことができます。それでも落ちない汚れに関しては、割りばしなどを使って落としていくようにしましょう。

4.3 外側の掃除

レンジフードの部品は浸け置きが一番効果的ですが、浸け置きしている間に外側の掃除を行いましょう。重曹スプレーをレンジフードの外側に吹き付けて雑巾や布を使って拭き掃除を行いましょう。レンジフードにはボタンが付いていますが、ボタン回りなどの細かい箇所については歯ブラシなどを使うと狭いボタンとボタンの間の汚れを綺麗に落とすことができます。

4.4 コーティング

掃除を行ったら最後に市販のリンスでコーティングを行っていきます。界面活性剤の働きにより汚れが付きにくくなる効果がありますので、最後の仕上げとしてキレイな雑巾や布にリンスを染み込ませてレンジフードの表面に薄く伸ばしながら拭き上げていきます。レンジフードは汚れが溜まりやすい場所なので定期的に掃除を取り入れる事により、きれいな状態で使っていく事が出来ます。

⑤レンジフードの便利な機能

レンジフートについては、たくさんの種類がありその中で機能が違っていますが、レンジフードを設置する場合にはどのような機能が付いているのかしっかりと確認した上で便利に活用できるものを選択するようにしましょう。

5.1 照明機能

レンジフードの機能としては手元を照らす照明機能が備わっている製品があり、調理をする際に手元を照らすことにより明るくなり、安全な作業環境を生み出すことが可能となっています。照明に関してはLEDが主流をなっていますので照明を点ける際にも省エネで電気代についても節約しながら使っていく事が出来て便利です。

5.2 エコカーテン機能

調理の汚れを防ぐことができるエコカーテン機能は、フードの3辺から風を出して空気のカーテンを作りだして、煙を周りに逃さないようにすることが可能で部屋の中を綺麗に保つことができます。主に実壁がないアイランド型キッチン向けの機能となっていますので、部屋の中の環境を守ってレンジフードを使っていく事が出来ますのでしっかりと設置や取り替えを検討している場合にはこの機能を取り入れていきましょう。

5.3 加熱調理器と連動

コンロやIHヒーターを点火すると換気が自動的に開始して、消火すると換気が自動的に停止する機能で、換気ファンのオン、オフの忘れを解消することができて、実際に今の時代は仕事から帰宅して料理をするという事でバタバタしながら作業を行っていく中でレンジフードのスイッチを入れるのを忘れてしまうという方も多いと思いますが、連動に対応しているコンロやヒーター製品と同時に使うことにより便利に活用することができます。

⑥レンジフードのトラブル解消法

修理したレンジフード
修理したレンジフード

レンジフードに関しては使っている間にトラブルなどを引き起こしてしまうケースもありますが、何よりも大切なことは日常でしっかりと掃除や点検などをしっかり行っているかどうか考えてみるようにしましょう。

レンジフードにトラブルが起こってしまった際にはまずは、掃除を行ってみるようにしましょう。汚れによりレンジフードが動かなくなってしまったりするケースも少なくありません。掃除を行うと今までと同じように使うことができる場合も多いので、自分が使っているレンジフードの説明書などを参考にして正しい掃除を行ってみましょう。

また、スイッチなどがトラブルを起こして使えなくなってしまう場合もありますが、掃除をしてもトラブルを解消することができない場合には、レンジフードの故障とスイッチなどのトラブルが原因となっているケースが多いのですが、自分では判断することが難しいといえますので、専門業者の方に依頼してしっかりと原因を把握することが大切になります。

専門業者に依頼することにより、原因を解決に導くことができて、レンジフードの故障の場合には買い替えが必要となり、スイッチなどは配線やスイッチの交換を行うことによりトラブルを解決することが可能となっています。レンジフードに関しては掃除をしない状態で使う場合としっかり点検や掃除をして使っていく状態とでは寿命や故障率などが異なってきますのでしっかりと正しい方法で掃除を行っていくようにしましょう。

自分で掃除ができないという場合には、クリーニング業者依頼することによりキレイな状態で使っていく事が出来ます。また、掃除については年に3回程度行うようにして、日常で汚れている箇所についてはその都度、雑巾などで拭くことによりキレイな状態で使っていく事が出来ます。

まとめ

レンジフードに関しては調理をする際に欠かすことができない換気システムが搭載されているアイテムですが、故障やトラブルなどが起きた際には自分で判断するのではなくしっかりと専門業者に相談する事によりスムーズに解決することができます。故障かトラブルかという判断についても動かなくなると故障と思う人が多い中で掃除などをする事で今までのように使えるというケースも少なくありません。

レンジフードについてはしっかりと自分ができる範囲で掃除や点検を行っていくことにより長く使っていく事が出来ますが、トラブルが多い場合には修理と買い替えで悩むと思いますが、その時には使っている年数でどうするか決めることが大切です。新しいものに関しては修理でよいと思いますが、長年使っているものに関しては買い替えを考えるのが良いと思いますが、業者に依頼することにより状況を把握することができて、悩んでいる場合でもしっかりとアドバイアスなどをもらうことができるので相談してみるようにしましょう。

レンジフードも年々進化していて、様々な機能が搭載されていますが、買い替えする場合には、製品の比較をしっかり行って機能なども確認して便利に使っていく事が出来るものを選択するようにしましょう。