武蔵野市で浴室の照明が点灯しななった原因を調査して修理か交換を判断する

照明修理6,000円~対応中!

浴室の照明が点灯しないときに何をする?

電球を替えても点灯しなくなった照明

東京都武蔵野市桜堤A様

照明が点灯しない原因は電球が原因?

照明が点灯しない原因は電球が原因?
照明が点灯しない原因は電球が原因?

東京都武蔵野市桜堤にお住まいのA様から浴室の照明が点灯しなくなったとのことで、原因の調査を依頼されました。電気のトラブルで照明の場合に多くあるのが、電球を交換しても点灯しないということです。

照明がいつから点灯しないのか?スイッチを入れた瞬間に電球が切れたり、点灯していたのに突然、消えてしまうこともあるでしょう。とりあえず電球を新しいものに取り替えてみても改善しないときには、自分で対処する方法を考えるより、専門業者に原因を調査してもらった方が早いですね。

照明のトラブルは、電球の問題以外にもスイッチだったり照明器具本体の問題からブレーカーや配線が原因であったりと、いくつも考えられます。専門家による調整で、原因をつきとめれば、修理や交換はすぐに対処できるため、早めに相談してみると良いでしょう。

照明が点灯しなときのチェック方法

スイッチをONにしても電球が点灯しない
スイッチをONにしても電球が点灯しない

電気のトラブルでは、どのような状態で照明が点灯しなくなったのか、お客様に聴取してみることでドラブルの原因を判断していきます。例えば、蛍光灯や電球の寿命が近くなるとスイッチを入れたときにチカチカしたり、点灯すまでに間が開いたりしてきます。

蛍光灯が切れた場合には、端の根元が黒くなり電球が切れた場合は、中のフィラメントが破損しているためカラカラと小さな音がすることで、それぞれを確しかめられます。そして電球を交換しても照明が点灯しない場合は、スイッチ本体の故障の可能性もあり換気扇と連動していたり他のスイッチが併用されているようならどちらも機能しているか確認してみます。

スイッチの故障は一般の方には、わかりずらくスイッチの機能の問題になるのか、内部の配線が断線しているのかなど原因は、いろいろあります。電気の配線にかかわる問題は、電気工事士の資格がある専門家に任せことになるため、自分で修理はしないようにしましょう。

照明器具本体の問題かもしれない

照明器具を交換するために取り外している
照明器具を交換するために取り外している

照明が点灯しないときの原因は、電球やスイッチだけでなく照明器具本体が故障していることもあります。突然のトラブルを避けるためには、照明器具も一般的な電化製品の寿命を同じように故障していなくても10年前後で交換することをおすすめします。

照明器具には、点灯管や安定器具など一般の方にはよくわからない機器が装備されており、分解しても簡単に修理できるものでもありません。照明器具の故障の場合は、修理して対処するか、新しい照明器具に交換するかの判断も必要になってきます。

そのことからも、照明が点灯しないときに安易に照明器具を取り外したりしないように、おかしいなと思ったら、専門業者に原因の調査をしてもらうほうが先決です。

原因が電球や照明器具でもないとき

ブレーカーに異常や問題がないか確認している
ブレーカーに異常や問題がないか確認している

照明器具やスイッチの故障だけでなく、照明が点灯ない原因には、ブレーカーの異常や内部の配線に問題が発生していることも考えられます。点灯しない照明の部屋用にあるブレーカーが落ちていないか?または漏電ブレーカーが落ちていないも調べてみましょう。

ブレーカーを落として再起動させても改善がみられない場合もあり、配線の断線やショートしているなど電気工事士に詳しく調べてもらわないことには判断が難しくなります。もちろんブレーカーにも寿命があり、照明器具だけでなく、あわせて異常がないか調査してもらうことで、原因を追求してみることも大切です。

電気設備や電化製品が寿命で経年劣化してくると、原因がひとつだけではないことも多くあります。今回のように照明が点灯していないことで調査をしていみると、照明器具の交換以外に配線も交換しておくほうが良いなど、適宜対応するのも専門家の役目になります。

照明の修理は自分でやらずに業者へ

照明器具を取り替えたことで点灯を確認できた
照明器具を取り替えたことで点灯を確認できた

それでは、お客様の照明が点灯しない原因を調査した結果、照明器具の部品が劣化して消耗していることが判明しました。スイッチやブレーカーにはトラブルがみられなかったため、照明器具を新しいものに取り替えるようおすすめします。

すでに長年の使用で消耗した部品だけを取り替えても、また別の部分で故障が起こることがあり、修理で対応する費用と交換費用から考えても新しく交換したほうが今後のことを考えても無難になってくるでしょう。

照明が点灯しなくなってから、すぐに調査の依頼をいただき、照明器具の交換で解決しているため、日中の間に工事は完了しました。電気に関係することは、自分で修理をしようと奮闘するより、速やかに専門家に任せていただければ、すぐに駆けつけて対応しています。

DIY・武蔵野市でシーリングライトをLEDへ

引掛シーリングを利用して照明を交換

既存の配線器具が利用できるか確認

蛍光灯のシーリングライトを取り外すところ
蛍光灯のシーリングライトを取り外すところ

リビングなどにある蛍光灯のシーリングライトをLEDシーリングライトに交換してみたいと思いませんか?既存の設置されている配線器具の条件が一致すれば、簡単に自分で取り付け交換ができます。

天井(シーリング)に、設置されている配線器具には「引掛シーリング」まはら「引掛ローゼット」と呼ばれている器具であれば、そのまま利用してLEDシーリングライトに交換できます。まずは、配線器具にはいくつも種類があるため、電気メーカーのホームページなどで、LEDシーリングライトにも取り付け可能か確かめておくと良いでしょう。

既存の配線器具がない天井や、LEDシーリングライトの設置ができない配線器具の場合は、配線工事を伴うこともあるため、自分で取り付け交換が難しくなってしまいます。

引掛シーリングがあれば工事が不要

配線器具は引掛シーリングをそのまま利用
配線器具は引掛シーリングをそのまま利用

シーリングライトは、基本的に平面にしか設置できないため、もし和室のように天井に竿縁がある場合には、別途販売されているアダプラを購入することで、取り付け可能になります。また、残念ながら傾斜のある天井には取り付けできないとなっています。

そのため、もし天井が平面でない場合には、照明器具を購入してから取り付けできないと発覚したら大変ですから、あらかじめ電気店など、取り付け可能か相談してみることをおすすめします。

LEDシーリングライトの設置が可能と確認できれば、商品に同梱されているLEDシーリングライト用のアタッチメントを利用して、既存の配線器具に接続していくことになりますが、説明書をよく読んで、正しい手順通りにならないようなら、無理をせず業者を呼びましょう。

自分でLEDシーリングライトへ交換

LEDのシーリングライトを設置して点灯
LEDのシーリングライトを設置して点灯

既存の配線器具と購入したLEDシーリングライトのアタッチメントの取り付けは、ツメの部分がカチっと、しっかり固定されているように設置します。アタッチメントの設置ができればあとは、LEDシーリングライト本体と配線を接続するだけです。

最後にLEDシーリングライトのカバーを取り付ければ、簡単に自分で交換ができます。照明のリモコンがあれば、起動して動作確認をすると良いでしょう。ちなみに、LEDシーリングライトは電球だけの交換ができないため、部屋の広さが6畳ならひとつ大きめの8畳を選ぶようにしておくほうが、明るすぎた場合に調光できることから考えても無難です。

蛍光灯のシーリングライトからLEDシーリングライトへ交換するのは、配線器具が対応していれば、工事が不要になり、購入してきてすぐに取り付けできるため試してみてはいかがでしょうか。

ダクトレールを設置したお洒落なスポットライト

交換が簡単な簡易取付ダクトレール

交換が簡単な簡易取付ダクトレール

ダクトレールで可動式スポットライト
ダクトレールで可動式スポットライト

リビングなどに、可動式のスポットライトで間接照明をインテリアに取り入れてみませんか?天井にダクトレールを取り付けることで、照明を好きな位置に移動できて部屋の雰囲気を変えられる、ダクトレールライトは簡単に取り付けられるタイプもあります。

新たに配線を引き込んでくる場合には、電気工事が必要になりますが、既存の引掛シーリングに取り付けられるダクトレールもあり、予算や用途にあわせて選ぶことも可能です。ダクトレールライトは、レールに電気の配線が通っており、レールの上であればどの位置でも点灯するようになっています。

ライトの数は、それぞれの合計のワット数が超えない範囲であれば、いくつでも取り付けられます。いろいろな角度を付けてスポットライトで雰囲気を変えられるため、お洒落な店舗から一般家庭にまで人気があります。

ダクトレールライトの種類と設置方法

電気の配線に引掛シーリングを取り付ける
電気の配線に引掛シーリングを取り付ける

ダクトレールライトは、家を建てるときでなくても一般家庭に、あとからでも簡単に設置できます。ダクトレールは本格的に天井に配線を通して取り付ける場合は、電気工事が必要になるため、少し手間と費用がかかります。

しかし、既存の配線器具に設置できる簡易取付ダクトレールライトもあり、電気工事が不要のタイプであれば、賃貸でもダクトレールライトを取り付けられます。ダクトレールの設置費用は、工事費用や材料費をあわせて3万円から5万円ほどです。

簡易取付ダクトレールライトなら、工事費用がかからず1万円もあれば、購入できるでしょう。ただし、簡易取付ダクトレールライトでも、配線器具がない場所への取付は業者に依頼する必要があります。

低予算で簡易取付ダクトレールライト

自在に向きを変えられる間接照明を設置
自在に向きを変えられる間接照明を設置

簡易取付ダクトレールライトなら、低予算で取り付けられて部屋の雰囲気を変えられるため、気軽にインテリアを変えたい場合にも、おすすめします。簡易取付ダクトレールライトは、ダクトレールを天井に直接取り付けるのではなく、引掛シーリングがあれば、カチっとはめ込むだけで設置可能です。

簡易的なタイプのダクトレールは、あまり長いものが利用できませんが、複数のスポットライトで、インテリアのアクセントに十分活用できます。またライトをペンダントライトにすることもでき、一般的なシーリングライトよりも自在にイメージを変えられるところが魅力です。

もし広範囲にダクトレールを取り付けたい場合は、簡易的ものよりしっかりと固定した方がよいため、電気店に相談してみることをおすすめします。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。