洗面所のスイッチの調子が悪いときに試すべきこと

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

日常の生活の中で歯を磨いたり化粧を行うという事で1日の始まりに欠かすことができない洗面台については快適な空間を作ることにより、スッキリと気持ちの良い1日をスタートさせることができます。実際に洗面所のスイッチに関しても使い勝手の良いものを選択することにより、素敵な1日を過ごす事が出来ると思います。

はじめに

新築を検討している場合には、家の間取りや外見などを重視する事はありますが、間取りにより洗面台や脱衣所の使い勝手が異なってきますが、洗面台の照明や換気扇のスイッチについても効率よく使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。朝の準備を快適に行うことによりその日の1日の気分が全く違ってくると思いますが、何よりも快適に使うことができるスイッチを選択する事でよい空間を作ることができます。

①洗面所のスイッチについて

洗面所のスイッチについては、照明や換気扇などのスイッチが必要となりますが、洗面台自体にスイッチがついているタイプのものもあります。洗面台自体の照明スイッチで明るい環境を作ることができますが、夏は朝早くから日が昇るために洗面台の照明スイッチだけで明るい環境を作ることが可能ですが、冬は暗いと感じることもありますので、洗面台のスイッチだけでなく脱衣所のスイッチを同時に活用することで明るい空間を作り出すことができます。

各家庭により洗面台の照明の使い方に違いはあると思いますが、洗面台についているスイッチは使わず、照明に取り付けられているスイッチで照明を点けて活用しているという方もいると思いますが、歯磨きなどをする際には良いと思いますが、メイクなどをする際には洗面台のスイッチを活用することがお勧めできます。

洗面台に関しては、脱所と併用して取り付けられていることが多く目的としては、手洗い、洗顔、化粧、洗濯などを行う場所として欠かすことができず、洗面所に関しては洗面化粧台や洗濯機を設置することがほとんどだと思います。洗面所の役割に関してどのように活用していくのかという事を視野に入れて考えることにより、快適な照明スイッチを取り付けることができますし、更に使い勝手の良い洗面所を目指すことができます。

迷いなどもありどのようなものを取り付けると良いのかという疑問などを持っている人も多いと思いますが、洗面所は水回りという事で湿気が多い場所になっているので照明と換気扇のスイッチが必要になります。

②洗面所のスイッチのトラブル事例

洗面所のスイッチを取り外した様子
洗面所のスイッチを取り外した様子

洗面所のスイッチのトラブルに関してはどのような事例があるのでしょうか。実際の事例を知ることにより、対処する際にも戸惑いもなくスムーズに解決に導くことができると思います。

2.1 スイッチの故障

洗面所のスイッチが故障してしまい、長く使っていることもあり修理をするよりも交換をした方がいいと感じて業者の方にお願いしました。実際に取り付けられているスイッチを確認してくれて、同じ型のスイッチを取り付けてもらうようにしました。スイッチを交換すると内部の状態がボロボロだったので交換を依頼して正解だったと思っています。

2.2 スイッチがゆるくなった

スイッチを押すとゆるいかんじで今までよりもしっかりと押さないとスイッチがオン、オフにならない状態が1週間程度続きました。ひどくもならず急いでいる時はしっかりスイッチを押すという動作が今までと使い勝手の違を感じるようになり、業者の方に相談しました。状態を調査してくれて原因が内部の部品が破損していることだったのですが、修理で済みますという返事を頂いたのですが、また故障するかもと感じで新しいものに交換をお願いしました。忙しい時でも今までと同じように使い勝手が良くなり、スイッチだけでもこんなに変化するという事を自覚しました。

2.3 洗面所の電気が点かない

洗面所のスイッチが古くなってしまっていたので自分で交換しました。その結果、換気扇のスイッチは動くのですが、照明のスイッチが反応しない状態になってしまい、何度も取り外して確認したのですが、どの部分が悪いのかわからない状態で業者の方に相談しました。駆けつけてくれたのですが、スイッチ自体の選び方が間違っていたという事で違うスイッチに交換をしてくれたのですが、スムーズに動くようになりました。やっぱり自分ではスイッチなどを変えると逆に費用がかさむという事を学ぶ事ができたのでこれからは、自分で作業をするのではなく最初からプロの方にお願いしようと思っています。

2.4 スイッチが反応しない

洗面台のスイッチを押しても反応がなく電気を点けている状態から消灯することができなくなってしまいました。何度も何度もスイッチを押しても反応しない状態だったので自分ではどうする事も出来ず業者に連絡しました。すぐに駆け付けてくれて調査を行ってくれたのですが、内部が原因となっていることがわかり、それほど長く使っていたわけではないので内部の備品を交換してもらうと無事に消灯することができて良かったです。スイッチのトラブルは始めてで夜にスイッチを押すことが多く、照明を点けることができたので良かったですが、点かなかったら不便だと感じて消灯できませんでしたが点かないよりは良かったと思っています。

③洗面所の照明のスイッチは2ヵ所

洗面所の照明
洗面所の照明

洗面所の照明のスイッチについては天井と洗面台の2ヵ所に照明を点けるためのスイッチが設置されている場合が多いのですが、主に天井のスイッチだけを使って、洗面台の照明は使わないという方が多いと思います。

しかし、女性の方はメイクをする際に、男性の方はひげなどを手入れする際に天井の照明だけを使うと仕上がりにムラが出てしまう可能性がありますのでメイクやひげ剃りを行う際には洗面台の照明を点かうことがお勧めできます。天井の照明スイッチを入れると洗面所の電気を点けることができますが、洗面所にある照明については洗面所の中央に設置されています。照明が中央に設置されているという事で洗面所をまんべんなく照らすことが可能ですが、化粧やひげ剃りなどのケアを行う際には、鏡に向かって前のめりになりますが、天井照明は背後に位置してしまうために顔に影ができてしまい暗くなってしまいます。

そのために、身だしなみを整える際には洗面台の照明を活用することにより影などになることもなく鏡に向かって効率的にメイクや髭剃りを行うことができて、メイクの状態やひげの剃り残しなどの確認もしっかりと行うことができます。洗面所のスイッチに関しては全体を照らしてくれる照明と洗面台のスイッチを活用することがおすすめできます。

また、洗面所については、2ヵ所のスイッチがあるためにどちらかが故障してしまっても1つのスイッチを活用すれば問題ないと感じる人も多いのですが、洗面台と天井の照明はそれぞれ役割が違っているのでどちらも快適に使える状態で活用する必要があります。

④洗面所におすすめできる照明

洗面所は、身支度をするという場所でもありますが、掃除や洗濯などに関しても家事の作業を行っていきますがスムーズに作業ができるように活用していく必要があります。実際に洗面所では照明のスイッチを入れることにより、顔色や洋服の色を確認したり作業する手元を明るくする必要があります。

4.1 メイン照明

実際に洗面所の照明スイッチに関してはメイン照明が必要となります。シーリングライトやペンダントライトなど1つで広い範囲を明るくすることができる照明を使うようにしましょう。電球色の色味についてはハッキリとした明るさを出すために昼白色を選ぶのがおすすめできます。また、照明を点ける際にはスイッチが必要になりますがスイッチを設置する場所についても使い勝手の良い場所に取り付けるようにしましょう。

4.2 スポット照明

洗面化粧台まわりなどの作業を行う際には、メインの照明とプラスしてスポット的に明るくできる照明を設置することがお勧めできますが、洗面台に備わっている照明を活用することがお勧めできます。肌の色を自然に見えるようになり、作業を行っていくうえでも効率よく見やすい状態になりますので元々ついている洗面台のスイッチもしっかりオンにして作業を行うようにしましょう。

⑤洗面所のスイッチの確認

洗面所のスイッチに関しては、スイッチが故障してしまって照明や換気扇が点かないという上体の場合もありますし、換気扇は大丈夫なのに照明が点かないという場合には、電球や蛍光灯を交換してみるようにしましょう。

実際に今の時代はすぐにトラブルがあると業者の方に連絡する方が多いのですが、電球切れは自分で解決することができる問題となっています。洗面所のスイッチを入れても照明が点かないという場合には、よく考えるといつもより暗く感じたとか、チカチカしていたという場合には、電球切れが原因という場合もあります。

業者にお願いして電球切れが原因の場合でも費用が掛かってしまう可能性がありますのでまずは、電球を交換してスイッチをしても照明が点かない状態の場合には、スイッチの故障が考えられますので業者に連絡するようにしましょう。大切なことは自分でできることを行ってもスイッチが入らないという場合にはプロの方にしっかり調査してもらうという事がおすすめできます。

しかし、電球を交換するだけならだれでも行うことが可能となっているのでスイッチの故障か電球切れか自分で確認した後で業者に依頼するかどうかを検討するようにすることが大切です。照明のトラブルに関しては、電球や蛍光灯の交換は自分でも行うことができますが、大切なことは元々ついている電球や蛍光灯を確認して同じものを購入する必要があります。換気扇も照明も点かないという場合にはスイッチの故障といえますので業者に依頼して修理や交換を行ってもらうようにしましょう。

また、洗面所には照明が2ヶ所あり天井の照明と洗面台についている照明があります。照明の状態が悪くても1つの照明が大丈夫だからと放置する人も多いのですが、2ヵ所ある照明は役割に違いがありますのでどちらも同時に使える状態にしておく必要があります。

⑥洗面所のスイッチの位置

洗面所のスイッチの位置に関しては各家庭により選択方法に違いがあると思いますが、基本的な位置は決まっているのですが、お年寄りや小さいお子さんがいる場合には少し低めの位置を選ぶことがお勧めできます。

洗面所のドアについては意識をする人が少ないと言われていますが洗面所には照明や換気扇のスイッチが必要になります。その中で入口ドアを締めなければ使えない照明スイッチになってしまうと使い勝手が悪くなってしまうので、開いたままで使える状態の位置に取り付けることがお勧めできます。

また、洗面所に着替えやタオルなどを収納する必要があり、収納ケースなどを置くスペースにスイッチを取り付けてしまうと使い勝手が悪くなってしまいますので、収納スペースをしっかり決めて、スイッチを設置する場所を決めるようにしましょう。実際に照明スイッチに関しては設置する場所により使い勝手が決まってきますのでその辺をしっかりと考える必要があります。

洗面所のスイッチの設置場所に関しては照明スイッチを消してドアノブを持つという事を意識することにより、消し忘れなどを防止することができます。ドアノブの位置から遠い場所に照明がある場合には、照明を消した後にドアノブまでの移動が必要になってきますのでその辺も考慮してどの位置に、どの場所にスイッチを取り付けるかしっかり考えて決めるようにしましょう。

まとめ

洗面所のスイッチについては便利で2ヵ所のスイッチがありますが活用方法については全く違いが出てきます。一般的には全体の明かりを活用すれば良いと考えている人が多いのですが、そうではなく2ヵ所の照明を活用することにより快適な空間を作りだすことができます。

また、空間だけでなく同時に作業を行う際に効率が良くなりますので特に忙しい朝の時間は2つの照明を上手に活用することにより、スムーズに朝の準備を進めることができます。洗面台のスイッチに関しては消し忘れが多いと言われていますが、意識をすることにより消し忘れを防ぐことができると思います。

作業の多い洗面所は鮮明な明るさを保つことが大切なので、スイッチの設置だけでなく電球の色に関してもどの色が合うのかしっかり考えて取り付けることにより、快適な空間で忙しい朝の時間を快適な時間にすることができると思います。電球の色に関しては何よりも深く考えたことなく明るければ問題ないと感じる人も多いと思いますが、洗面所におすすめできる電球の色に関しては、昼光色がおすすめです。

洗面所は朝起きて歯を磨いたり、顔の手入れとしてメイクや髭剃りを行う場所でもありますのでスイッチが故障したりトラブルを起こしてしまった際にはすぐに業者の方に相談するようにしましょう。自分でできることを試すのは大切ですが、洗面所のスイッチは毎日使う必要があり、早めに対策や修理を行うことにより快適に使っていく事が出来ると思います。