キッチンのスイッチが壊れたときの対処法

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

日常の生活の中でキッチンに関しては衛生的に活用する必要がありますが、キッチンの照明や換気扇のスイッチが故障してしまうと衛生的な状態を保つことが不可能になってしまいます。キッチンの照明や換気扇のスイッチに関しては明るい状態を保つ必要があり、様々な作業に関しても照明が故障している場合には危険を伴う場合もあります。

はじめに

キッチンの照明や換気扇のスイッチに関しては何よりも日常の生活の中でしっかりと確認しておく必要がありますし、スイッチの状態が悪いと感じた時点で業者の方に調査をしてもらう必要があります。キッチンでは包丁などを使って作業を行っていく為に、危険を伴ってしまいますので照明や換気扇に問題が起きてしまった場合には、すぐにでも業者に依頼して修理や交換を行ってもらうようにしましょう。

①キッチンのスイッチについて

キッチンのスイッチについてですが、照明や換気扇などスイッチを活用する場面も多いキッチンですが、何よりも機能性に優れているものを選択するようにしましょう。新築を検討している場合でもリフォームを検討している場合でも妥協することなく、求めているスイッチで使い勝手を重視して選択するようにしましょう。スイッチ一つで光が違ってきますし、清潔感のあるキッチンを求めるためには照明も換気扇も正常な状態で活用する必要があります。

特にキッチンは他の部屋と違って危険がたくさんあり、電気や火、ガス、刃物などを利用するという事もあり照明のスイッチなどに異常が起きている状態でキッチンを使うことは避けるべきといえます。

そんな中で何よりも大切なことは正常なスイッチを保つことが大切で機能も大切ですが、照明の明るさなどについてもしっかりと明るく、見やすいという照明を活用することが大切になります。どんな照明やスイッチでも同じとではなく、夕方にキッチンに立つ機会が多いという事で照明や換気扇のスイッチは自分が押しやすい場所に設置するように工夫して機能などについても様々な商品と比較するようにしましょう。

②キッチンのスイッチのトラブル事例

キッチンのスイッチを取り外した様子
キッチンのスイッチを取り外した様子

キッチンのスイッチのトラブルの事例については、どのようなトラブルが多いのでしょうか。キッチンは危険と伴う場所となっているのでトラブルは早めに解消する必要がある場所といえます。

2.1 スイッチカバーが外れた

キッチンで使っているスイッチカバーが外れてしまい自分ではどうする事も出来ず、どのままの状態では内部が見えているので危険と感じて業者の方に調査を依頼しました。内部は問題ないと言われましたが、またカバーが外れてしまうかもしれないと思って長年使っているので交換前のスイッチと同じ型に交換をお願いしました。問題なく作動することができて、カバーがついているだけでこんなに安心できるとは思っていなくてすぐに対応していただいて感謝しています。

2.2 連動スイッチの分離したい

台所とダイニングの連動スイッチを活用しているのですが、別々に分離して活用するほうが便利と感じて業者に相談しました。故障しているわけではないのですが、使い勝手を重視したいという事を伝えるとしっかりと様々な提案を出してくれて分離しても活用しやすいものを選ぶことができました。柔軟に対応していただいて求めている環境にしてもらうことができたので満足です。

2.3 キッチンライトのスイッチが戻らない

キッチンライトのスイッチが押しても戻らない状態になってしまい自分で交換を行ったのですが、換気扇スイッチは正常に動くのに、照明のスイッチは押しても点かずに電気屋さんに相談しました。訪問していただいて確認してもらったのですが、自分が交換した配線に問題があり、その場で配線をきちんとした状態にしてもらうと点灯できるようになりました。自分で行った結果でトラブルが起こってしまったので次からは最初から業者にお願いしようと思っています。

2.4 キッチンの電気スイッチが古い

キチンの電気スイッチが古くなってしまい、オンとオフは正常にできるのですが、押す時に力が必要になり今まではスムーズにスイッチを押すことができて、指でもスイッチを押せていたのですが、古くなり力が必要で今までのようにスムーズに照明のスイッチを押すことができなくなってしまったのでプロの方に相談しました。実際に現場に駆けつけてくれて状態を見てくれたのですが、交換を進められて交換してもらうことにありました。新しいものを注文していただいて数日で新品のものを取り付けてもらうことができて、スムーズに照明のスイッチを押すことができるようになり快適に使えています。

③キッチン照明の選び方

キッチンの照明
キッチンの照明

キッチン照明の選び方については何よりも作業を効率よくこなすことができる照明やスイッチを選択する必要があり、細かいところまで見える十分な明るさを確保する必要があります。その中で、こだわらずに照明やスイッチを選ぶことにより後悔してしまうという結果につながってしまいますのでそれを回避するためには、しっかりと照明とスイッチの種類を知り快適に使っていけるものを選択するようにしましょう。

キッチンの照明をリフォームするという人も多いのですが、何より大切なことはしっかりと業者の方を話し合いをして決めるようにしましょう。また、自分が求めている照明を取り付けることができるかどうかも事前に調査してもらうことが大切で取り付けが可能となれば見積もりを出してもらうようにしましょう。

その後、実際についている照明を撤去して新しいものを取り付けていきますが、スイッチが必要になってきますので配線などもお願いすることができて、大掛かりではない限りでは照明の交換やスイッチの交換については1日で工事を終わられることができます。

また、キッチンの照明の選び方としては、実際に取り付けられている照明が暗いと感じた場合には増設することができますが、配線に関してはプロの方にお願いすることにより電気配線図で把握することができて、照明の増設でスイッチも必要になりますが、自分が押しやすい場所にスイッチの設置をすることにより快適に使うことができると思います。

キッチンの照明やスイッチの選び方に関しては、照明は明るいものを選ぶようにしてスイッチについては押しやすい場所に設置することが何よりも重要になってきます。

④スイッチの交換の相場

キッチンに関してはしっかりとスイッチを上手に活用していく必要がありますが、リフォームを検討している場合やスイッチの故障で違う場所にスイッチを取り付けたいと希望する人も多くなっています。

その中で一番重要な事は電気工事士という国家資格を持っている方に工事を依頼する必要があり、スイッチのトラブルについては、修理か交換の2つの選択肢があります。その中で修理のほうが安く済ませることができますが、長く愛用しているスイッチに関しては修理を行ってもすぐに故障してしまうという場合もあり、不具合が起きてしまうたびにスイッチ修理を行うことにより再工事となってしまうので余計に費用が掛かってしまうというケースもあります。

スイッチを設置してまだ年数が経っていないという場合には修理でよいと思いますが、ある程度の年数がたっている場合には交換するほうがお得になることもあります。スイッチの交換の相場については、スイッチの種類により料金に違いがあります。スイッチは配置や個数によってもそれぞれ工事が必要になるので費用が増減します。

実際にキッチンで使っているスイッチについては、使っている場合には工事の依頼が必要ですが、使っていないスイッチに関しては交換や修理の必要はないと考えましょう。今の時代はキッチンに使う照明としては様々なものが取り入れられていて、手元に灯を置くという場合もあります。そんな場合には、交換や修理が必要ないと考えることができます。

キッチンのスイッチを交換する際には、部材を自分で購入するという事も可能で家電量販店やホームセンター、ネットショップなどで購入する事が出来ますが、メーカーや型番などをしっかり確認しないまま購入する事により、スイッチの交換の際に配線が違っている場合にはさらに費用が加算されてしまうケースもありますので注意が必要です。

スイッチの交換や修理に関しては、工事方法や工事規模、部材などにより費用荷さが出てきますが、自分なりに色々な情報を集めることにより上手に費用を抑えることができますのでその辺をしっかりと考えてみましょう。

実際に古い家になると昔の配線では最新の機能が付いているスイッチを取り付けることができないという場合もありますが、その辺は業者と話し合いを行って機能が必要と感じる場合には配線なども含めて工事してもらうことが可能となっています。まずは相談することがお勧めできます。

スイッチの交換については自分なりに予算なども決めているという場合には、見積もりを無料で行ってくれる業者を探して1社だけでなく数社の見積もりを比較して選ぶのもおすすめできます。

⑤キッチンの換気扇スイッチの対処法

キッチンの換気扇スイッチに関しては何よりも日常の生活の中で熱気や湯気を集めて外に追い出してくれる役割があります。スイッチの故障でトラブルが起きてしまった際には、すぐにでも専門の方に依頼することができますが、先ずは自分ができる対処法を試してみましょう。

5.1 換気扇の油汚れ

換気扇のプロペラやファンに油汚れが付着しているとスイッチを押しても回転のバランスが崩れてしまいモーター軸に負担がかかってしまいます。そのままの状態で放置する事で軸が変形してしまいスイッチを押しても換気扇を回すことができず、部品の交換や修理が必要になってきます。そうならないようにするためには自分なりに定期的に取り外して油汚れを取り除くことが何よりも大切になります。

5.2 電気回線不良

換気扇のスイッチを押しても作動しないという場合として考えられるのは電気回線の不具合により電気が流れていない状態になっている場合もあり、掃除をした際に誤ってコードに触ってしまい接触が悪くなっている可能性も考えられます。そのために、換気扇のスイッチが入らない時には、自分でバラして点検してもどの部分が悪くなっているかわからないので、コンセントの確認を行ってそれでも作動しない場合には業者に依頼して点検してもらうようにしましょう。

⑥キッチンのスイッチと照明

キッチンのスイッチについてはスイッチを押しても点かない時には蛍光灯を変えたりすることもあると思いますが、蛍光灯を変えてもダメな場合にはスイッチが故障しているといえます。

スイッチは日常的な生活に必要なもので各部屋に設置されていると思いますが、キッチンの場合には油汚れなどによりスイッチが故障してしまうケースも少なくありません。実際に故障とまではいきませんがスイッチが押す時に力が必要になってしまうという事もありますが、そうなってしまうと快適にスイッチを使うことができなくなってしまいます。

換気扇は取り外して自分で掃除することができますが、スイッチに関しては取り外して掃除する事は不可能ですが、たまにはキレイに拭くなどという手入れを行うようにしましょう。特にキッチンについては、濡れた手や作業を行ったままの手でスイッチを押すこともあると思いますが、そんな場合には汚れが付着してしまいスイッチの故障の原因となってしまいますので普段からできる拭き掃除を取り入れるようにしましょう。

キッチンには照明は欠かすことができず照明が変わるだけでもキッチンを明るくすることができて作業をする中で効率よく作業をこなすことができます。照明が暗い場合には作業がしにくいと感じてしまいますが、キッチンには照明は欠かすことができない上にスイッチの設置に関しても使い勝手の良い場所を選んで効率よく使っていく必要があります。

まとめ

キッチンについてはキレイで清潔感のある空間が必要となり、その中で大切な役割があるのが照明です。照明だけでなく換気扇やスイッチに関しても使い勝手が良いと作業を行っていくうえで効率よく進めることができて、特に今の時代は共働きで日常を忙しく過ごしている人も多いのですが、帰宅後キッチンで効率よく作業をこなすためには、何より快適な空間にすることが大切です。

また主婦の方でも子育てに追われていて子供が寝ている間に作業を済ませたいと考える人もいますが、スイッチを快適に使うことができて環境に合った照明を取り入れることにより、作業を効率的に進めることで自分の時間も作ることができて、子供が大きくなって一緒に料理するようになった時もキッチンの照明やスイッチの環境を整えることにより楽しくキッチンに立つことができると思います。

キッチンの照明や換気扇のスイッチに関しては不具合を起こした場合には早急に対応する必要があり、自分でできることを試して解決することができない場合には、業者にお願いすることにより早くトラブルを解消する事が出来るといえます。