トイレのスイッチが不調のときに試すべきこと

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

家庭の中で照明は各部屋で活用すると思いますが、トイレスイッチに関してはどのようなことを基準にして選んだら良いのか迷っているという人も多いと思います。トイレの照明を点ける際にはスイッチが必要になりますが、スイッチの選び方により使い勝手に違いが出てきます。

はじめに

トイレスイッチに関しては、何よりも新築を立てる際にはしっかりと検討してどのようなスイッチを選ぶか、スイッチを取り付ける場所についてもしっかりと考える必要があります。賃貸などに関してはトイレのスイッチは場所が決まっているために変更などをすることが難しいのですが、新築を検討している場合には交換のないようにトイレスイッチを取り付ける必要があり、各家庭において小さい子供やお年寄りがいる家庭ではそれも含めて考える必要があります。

①トイレスイッチについて

トイレスイッチについては、使い勝手をしっかりと考えて選ぶ必要があり、選ぶ基準や家族構成などを考えた上で自分たち家族がみんな手軽にトイレスイッチを便利に利用することができることを一番に考える必要があります。

トイレスイッチは、内側に取り付ける場合もあり外側に取り付ける考えの人もいます。外側に付ける場合には使い慣れたスイッチ位置という理由もありますが、トイレが暗いと感じる場合や夜間などについてはスイッチが内側にあるとスイッチを探して点ける必要があり不便に感じてしまう事になります。

トイレスイッチに関しては内側にある場合には、家族が間違って消すという事がありませんが、外側についている場合には消し忘れていると感じて外側から消されてしまうという事もあります。

トイレスイッチは、便利に使うことができるように外側に付けるか内側に付けるかという問題をまずは考える必要があります。使い勝手に関しても長く使っていくうえでもどのようにスイッチを取り付けるのかしっかり家族で話し合って決めるようにしましょう。

②トイレスイッチのトラブル事例

トイレのスイッチにおける配線
トイレのスイッチにおける配線

トイレスイッチのトラブルは、照明だけでなく換気扇も必要な場所となっているのでトラブルを招いてしまう事は多いのですが、どのようなトラブルが多いのでしょうか。

2.1 スイッチが消せない

トイレスイッチが壊れてしまい電気を消すことできなくなってしまい自分ではどうする事も出来ないので修理業者の方に連絡しました。すぐに駆け付けてくれてスイッチを交換してもらったのですが完璧に直ってスムーズに点灯、消灯ができるようになりました。

2.2 スイッチが反応しなくなった

トイレの照明と換気扇が連動しているタイプのスイッチなのですが、スイッチを押しても反応しなくなり、電気も点かないし、換気扇も作動せず困っていたのですが、専門業者の方に連絡して相談しました。現場に駆けつけてくれて調査をしてくれたのですが、スイッチの故障が原因となっていると言われて新しいものに交換してもらったら操作ができるようになり安心できました。

2.3 スイッチを押してもオフにならない

浴室とトイレの換気扇が連動しているスイッチが押しても藩王しない状態になり、回りっぱなしの状態で自分ではどうする事もできず、専門の方に相談しました。訪問してスイッチを分解してくれたのですが中がすごく汚れている状態で掃除をして取り付けると元通りに換気扇を止めることができて、スイッチの分解は自分にはできないので相談してよかったと思っています。掃除だけだったの費用もそこまで高くなく解決することができたのでよかったです。

2.4 スイッチが戻らない

トイレのスイッチが押しても戻らない状態になり、自分で取り外して確認しようと思ったのですが外すことができず業者にお願いしました。スイッチに確認をしてもらった結果、修理が必要という事で修理をしていただくとしっかりとスイッチのオン、オフがスムーズに押せるようになりやっぱりプロの方にお願いするのが大切という事がわかりました。

③トイレスイッチの選び方

日常の生活の中では何気に使っているトイレスイッチですが、スイッチといってもたくさんの種類のものがあり、場所や目的によりベストなスイッチは変わってきます。また、スイッチを選ぶ際に大切なことは操作がしやすいという高さやつける場所なども視野に入れて検討する必要があります。

トイレスイッチについては照明と換気扇のスイッチが一つになっているものもあり、照明と換気扇のスイッチを別にする事もできます。一般的には手動でオンとオフに切り替えるタイプやタイマーでオンとオフに切り替えるタイプ、センサーによりオンとオフを切り替えるタイプがあります。

その中で一般的な家庭では手動でスイッチを入れるタイプのものを取り付けることが多いのですが、スイッチに関しても大きく押しやすいものが多くなり、ワンタッチでオンとオフの切り替えが可能となっているので荷物で手がふさがっている場合なども押しやすく使い勝手も良くなっています。

トイレスイッチに関しては、タイマー式のスイッチを取り付ける方も多くなっていますが、トイレの換気扇に使用することにより、照明を消した後でも一定の時間換気扇を回すことができるという仕組みになっていて、タイマーで時間を調整することが可能なので消し忘れも防止できますので電気代の節約ができます。

トイレスイッチとしてセンサー式のスイッチは介護などが必要な人がいる場合やお年寄りと同居しているという場合には人の動きに反応して照明が点く仕組みになっているので便利に活用することができると思います。

また、トイレスイッチについては、スイッチは操作しやすい高さに取り付けることが大切になり家庭に高齢者や子供がいる場合には一般的な場所より少し低めの位置に取り付けることがお勧めできます。

トイレスイッチは一緒に生活するという方が使いやすいようにする必要があり、将来のことも考えて検討することにより自分に合った使い勝手の良いスイッチを選ぶことができると思います。スイッチの種類や設置する場所などに関してもしっかりとどのような場所が良いのかハウスメーカーさんなどとしっかり話し合って決めるようにしましょう。相談する際には家族構成などを説明することにより使い心地の良いスイッチを選ぶことができます。

④トイレスイッチの交換にかかる費用

トイレスイッチに関しては古くなってしまったり、故障したトラブルが起きてしまった際には交換する必要がありますが、その時に気になるのは費用だと思います。故障などがない場合でも使い勝手に応じてリフォームなどを検討している人も多いと思いますが、交換費用の相場を知ることにより、どうするか最終決断が出せると思います。

トイレスイッチ本体は、シングル、ダブル、トリプルのスイッチがあるのですが、価格がシンプルなものは500円~1000円程度となっています。ホタルスイッチの場合には700円~1200円程度です。今の時代はスイッチも進化しているのですが、壁とフラットなタイプに関しては1200円~3000円程度で購入する事が出来ます。電気を消した後に換気扇だけ遅れて停止するスイッチと問い入れた場合には、4500円程度で便利に活用することができる人感センサースイッチは15000円程度となっています。平均的にはスイッチの種類により各には差が出てきますが、スイッチ本体の価格はそれほど高いというほどではありません。

しかし、トイレスイッチを交換する場合には、スイッチ本体と作業費用が掛かりますので作業費用は平均的に6000円程度で自分が取り付けたいスイッチプラス作業費用が加算されるようになっています。ほとんどの電気工事業者では複数個所を交換する場合には、スイッチ本体を除いた工事費用に関しては割引を行ってくれることが多いので、交換を検討する際にはスイッチを交換する場所を明確にすることが大切になります。

また、スイッチのリフォームは自分で検討してゆっくり考えても良いのですが、日常の生活の中でスイッチが熱くなってしまっている状態や操作に異常が生じている場合には、工事費用が掛かりますが早めに交換を行うようにしましょう。事故につながってしまうケースもありますので早急な対応が必要になります。

⑤トイレスイッチの交換の際の注意点

トイレスイッチの交換を検討している場合には、実際に取り付けているスイッチと違った配線が必要なものに関しては、電気工事が必要になってきますので大掛かりな工事になってしまう場合もあります。スイッチの交換については、何よりも電気工事士の資格を持っている方に依頼する必要があり、新しく取り付けるスイッチを選ぶ前に実際についているスイッチのメーカーや種類を把握することにより同じ型のものを選ぶことにより、交換費用と工事費用だけで交換することができますが、別のものを取り付ける場合には電気工事費用が掛かってきますのでその辺も考えるようにしましょう。

スイッチの故障での交換の場合はデザインを変更するのではなく適合型のものを選ぶことでスムーズに作業を行うことができて時間もそこまでかからず交換することが可能となっています。また、最近では自分でスイッチを交換するという人が多くなっていますが、感電の危険がありますので自分で交換するのではなく専門業者に依頼するようにしましょう。

ちょっとしたミスをしてしまうと火災などのリスクが発生してしまう事もありますので自分で交換するのは避けて業者の方に相談することが大切です。今の時代はスイッチの交換を行ってくれる業者はたくさんありますが、無料で見積もりを行ってくれる業者に依頼してまずが見積もりしてもらって自分が考えている費用で納得できれば交換を依頼するようにしましょう。見積もりを行ってもらう際には1社だけでなく数社に同時に見積もりをお願いすることで比較する際に便利に業者を選択することができると思います。

⑥トイレの電球について

トイレの照明
トイレの照明

トイレスイッチはトイレの照明を点けるために必要なアイテムですが、スイッチだけでなく照明に欠かすことができまし電球を選択するようにしましょう。トイレの電球についてはスイッチや照明器具などにより違いがありますが、頻繁に電球が切れるということは少ない場所です。

そのためにトイレの場合には自分の好みに合ったものを選ぶ必要がありますが、トイレにおすすめできる色は電球色や昼白色となっています。自分のトイレの小物や配置などにこだわりを持っているというひとは演色性なども含めて電球を選ぶようにしましょう。

白熱電球を取り付けていても、いる時間が短いために寿命を気にすることはなく癒し効果を求めているという方には白熱電球がおすすめで明るさを求めているという場合にはほかの種類のものを選択するようにしましょう。

トイレスイッチは照明を点けるために必要となっていますが、スイッチの選び方によっても電球の種類が異なってきますし、様々な機能のあるスイッチを選ぶ場合もあると思いますが、自分で選択できない場合にはハウスメーカーさんに相談するようにしましょう。

また、トイレスイッチのトラブルでよくあることですが、スイッチを入れても照明が点かないという事がありますが、この場合電球が切れている可能性も考えられますので、スイッチの故障と疑うのではなく電球の交換を行ってみましょう。スイッチに問題ない場合には電球を交換するだけでいつもと同様にスイッチを入れることにより照明を点けることができます。

電球を交換しても照明が点かないという場合には、スイッチのトラブルの可能性が高いといえますので自分でスイッチを確認することが難しいので業者の方に依頼して修理や交換を行ってもらう必要があります。トイレに関しては照明を点ける時間が短いのでスイッチを押して点かない場合には故障と思ってしまう人も多いのですが、電球が切れている場合もあるので自分でできる電球の交換をまず行って対応を考えるようにしましょう。

まとめ

トイレスイッチに関しては、照明と換気扇が一緒になっているタイプのものもあり進化して換気扇は後で消えるように設定することができるものが主流となっていますが、昔から使っているスイッチの場合には、自分でスイッチをオン、オフにする必要があり、換気扇のスイッチを消し忘れるというケースも少なくありません。

そこでスイッチの交換などを検討している場合には、しっかりとプロの方に相談して自分の家庭に合ったスイッチを選ぶようにしましょう。たくさんの種類のスイッチがあり迷いますが、大切なことは日常の生活の中で使い勝手がよくて便利になるものを選択することです。

スイッチの交換費用はそこまで高額になりませんが、スイッチの場所などを変える場合には、費用が少し高くなってしまいますが、交換する前にしっかりと業者の方に見積もりを出してもらうことが大切です。自分が思っている以上に費用が掛かってしまうと後悔となってしまう事もありますので見積もりの結果が出て検討するようにしましょう。トイレスイッチは夜間でも安心してトイレに行けるという環境を作る必要があります。