ロータリースイッチにトラブルが起こったときの対処法

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

新築を考えている人にとっては、何よりも間取りや外観に関しては重視して何度も何度も検討を重ねると思います。その中で住み始めると重要になってくるスイッチについてしっかりと検討する時間も確保するようにしましょう。スイッチと一口に言っても今の時代はたくさんのスイッチがあり、新築を検討している方はハウスメーカーさんとしっかり話し合って決めるようにしましょう。

はじめに

ロータリースイッチってご存知ですか。実際に耳にしたことはあるけどどのようなスイッチか認識していないという人も多いと思います。最近では住宅内でも取り入れる人が多くなっていて様々な機能が付いている商品も販売されています。住宅を新築にする際には各部屋に合ったスイッチを選ぶ必要がありますが、主に照明や換気扇を活用する中で重要となってくるスイッチは、日常の生活の中で大きくかかわりがあります。スイッチの種類に詳しいという人は少ないと思いますが、どのようなスイッチがあるのかしっかりと確認した上で各家庭に合ったものを選択するようにしましょう。

①ロータリースイッチとは

ロータリースイッチとは円形の本体に操作軸と多数の端子が備わった形状のスイッチのことを言います。操作軸を回して用意された多くの回路を切り替えて利用するタイプのスイッチで、日常の中で利用することが多いといえるのは音楽のコンポなどのボリュームを調整するために使用されているスイッチとなっています。今の時代はロータリースイッチを取り入れる家庭も多くなっていて、調光スイッチの光加減を調整することが可能なタイプや遅れスイッチと言われている停止時間を調整することができるスイッチにも利用されています。便利に明かりを調整することができるスイッチとして各家庭でその日の気分に合わせて明かりの調節が可能となっているのでその日に合った空間を演出することができます。ロータリースイッチを利用することにより消し忘れを防ぐことも可能となっていますし、部屋の使い勝手により光加減を調整することができるスイッチです。

②ロータリースイッチのトラブル事例

ロータリースイッチのトラブルに関してはどのような事例があるのでしょうか。スイッチのトラブルは自分では解決することができない場合が多いのですが、しっかりと自分に合った解消法を取り入れるようにしましょう。

2.1 回しても機能しない

照明の光加減などを調整することができるロータリースイッチですが、一番多いトラブルとしてはつまみを回しても切り替わらないというトラブルが多いと言われています。この症状を解決する方法としては、スイッチの交換がおすすめできます。スイッチの交換に関しては自分で行うのではなくプロの修理業者の方に依頼して修理や交換を行ってもらうようにしましょう。素人の方が交換を行うことによりさらにトラブルを引き起こしてしまう可能性がありますので自分で交換することは避けるようにしましょう。

2.2 つまみに熱がある

ロータリースイッチを取り入れる中で負荷容量を超えて使用した場合には内部で接触不良が生じてしまうトラブルが起こることもあります。つまみ部分が熱くなってしまっている症状が出ることがありますが、この症状が出た場合にはすぐに業者に確認してもらうようにしましょう。熱い状態で使い続けることにより内部が損傷してしまう可能性もあり、自分で交換するのは危険となりますので修理業者に依頼して状態をしっかり確認してもらって修理や交換を行ってもらうことが大切になります。

2.3 照明が点かない

ロータリースイッチのトラブルとして照明器具やブレーカーなどには問題がないのに電気が点かない、消えないというようなトラブルが起こることもあります。原因としては、スイッチの故障と配線の断線の2つが考えられるのですが、どちらが原因となっている場合でも自分で解決することはできません。自分で確認してもどちらが原因かという事も認識することが難しいので専門業者の方に依頼してしっかりとしいた原因を知ったうえで配線の工事やスイッチの交換を行っていくようにしましょう。特に配線が原因となっている場合には感電などをしてしまう恐れがありますので自分で修理をするのは避ける必要があります。

2.4 回り続ける

ロータリースイッチのトラブルとしては、一番ともいえるトラブルはスイッチが回り続けるという事です。基本的にロータリースイッチは回してコントロールする仕組みになっているのですが、限界点がありそれ以上は回せないようになっています。しかし、何かの弾みにより回しすぎてしまい壊れてしまう事も多いのです。この場合はスイッチの故障が原因となりますのでスイッチを交換することがもっとも適切な解決法となっています。自分でスイッチを交換することは避けてプロの方に連絡してしっかりと対応してもらうようにしましょう。

③スイッチの交換知識

スイッチの交換については、法律で電気工事士の資格を持っている人が工事するという事が決められています。照明スイッチ全体を切り換える場合には資格を持っているプロの方に工事してもらうことが大切です。

今の時代は照明スイッチについては様々な種類のものがホームセンターやネットなどで手軽に購入する事が出来るようになっていますが、交換に関しては資格を取得している専門の方に依頼するようにしましょう。その中でもどんな業者の方にお願いすればよいのかと疑問を持っている人もいると思いますが、電気工事の専門業者に依頼することが重要で、日常的に利用している電気屋さんに連絡することにより資格を持っている人を派遣してくれる仕組みになっています。

工事をお願いする業者に関しては自分で選ぶことができますのでネットで情報を調べたり、親戚などに資格を持っている人がいればお願いしたり、自分の家を建てた工務店の方に相談すると業者を紹介してくれます。照明スイッチの交換については、電気工事士の資格を持っているプロの方にお願いする必要があり、交換を依頼する業者によりメリットやデメリットがありますので、すぐにこの業者と決めるのではなく、無料で見積もりを行ってくれる業者を数社選んで見積もりをしてもらった結果で依頼する事もおすすめできます。

スイッチを交換する上で一番大切なことは電気工事士の資格となっているので資格を持っている人に依頼する必要があります。業者により価格の差が出てきますが高いと感じても資格があるかないかの確認はしっかりと行うようにしましょう。資格がない場合にはトラブルを解消するために依頼しても逆にトラブルとなってしまう事もありますので十分に注意しましょう。

④ロータリースイッチ故障の事例

ロータリースイッチが故障してしまったという場合どのような対応をするべきなのか分からないという多いと思います。実際の事例を紹介していきますので参考にしてみてください。

4.1 調光式スイッチの故障

調光式スイッチを使っているのですが、回すタイプのものでロータリーの部分が回らなくなってしまい業者に依頼しました。調査を行ってもらった結果、交換が必要という事で修理では直すことができないという事で新品のものと交換をしてもらいました。スイッチの故障が始めてだったのでどうしたらよいのかわかりませんでしたが、調査を行ってくれて丁寧に説明してくれて交換していただき快適に使うことができるようになりました。

4.2 スイッチが消せなくなった

照明の調光器付きスイッチが動かしても反応しない状態になり、少し熱いと感じてすぐに業者に連絡しました。すぐに駆け付けてくれて、スイッチを取り外して調査を行ってくれたのですが、配線に問題があり配線の修理をしてもらったのですが、スイッチ自体も長く使っていたのでスイッチの交換もお願いしました。

4.3 スイッチの交換を依頼

ロータリースイッチを使っているのですが、お店の調光型スイッチが古くなくなったので交換を依頼しました。依頼したらすぐに駆け付けてくれて実際についているスイッチを確認して新しい型のタイプのものに交換してくれました。快適に使うことができるようになり、作業自体もそこまで時間がかからず交換を行ってもらえてよかったと思っています。

⑤スイッチ交換の相場

実際にスイッチを交換する際には業者に依頼する必要があり、電気工事士の資格を持っていることが条件となります。その中で資格を持っている業者にお願いすることで交換費用が高額になってしまうと考えている人も多いと思いますが、交換費用に関してはそこまで高くありません。

近くにある町の電気屋さんにお願いすることによりスイッチを1つ交換する作業にかかる費用の相場としては4000円程度となっています。照明スイッチや部品、パネルなどの材料によって価格に違いがありますが、しっかりと相談してみるようにしましょう。

また、インターネットなどで業者を探して依頼した場合には、交換費用として3000円程度となっていますが、希望する日時に作業をしてもらえないという事もあり、遠い場合には出張料などがかかってしまうケースもありますのでその辺をしっかりと確認した上で業者を探すようにしましょう。

住宅会社や工務店などに相談した場合には、比較的早く交換を行うことができるという点がありますが、費用に関しては電気工事士の資格を持っている方に依頼するという事でスイッチの交換が10000円程度かかります。住宅会社や工務店が手数料を取るという事で料金が高くなってしまうのです。

スイッチの交換に関しては、自分がお願いする業者により価格の差が出てきますので最初に見積もりなどを無料で行ってくれる業者に依頼してその中から業者を選ぶことがお勧めできます。また、すぐに交換が必要な場合には、高額でもすぐに対応できる業者に依頼する事も検討してみるようにしましょう。

特に小さいお子さんなどがいる家庭については、照明が点かない状態では困ってしまうと思いますのでその辺もしっかりと考えて業者を選ぶことにより快適にスイッチの交換を行ってもらうことができると思います。

⑥スイッチの増設

実際にスイッチに関しては交換や修理だけでなく増設を検討する人も多くなっています。スイッチの故障に関しての理由は様々となっていますが、大切なことは原因を調査してもらうという事です。その中で容量が不足しているという場合には増設が必要になります。

増設を検討する際には、業者に依頼する必要がありますが、増設できる場所を確保して配線をつないで増設していきますが、自分では作業が不可能なために電気工事士の資格を持っている方にお願いするようにしましょう。

スイッチの増設に関しては電気工事が必要となってくるのでしっかりと資格のある方に依頼する必要があり、怪我や感電などの可能性もあり危険を伴う作業なので自分で行うのではなく業者に依頼して安全に快適な増設を目指すようにしましょう。

スイッチの増設を検討する場合には費用が気になると思いますが、費用に関しては、どの種類のスイッチを選ぶのかという事と、配線工事の内容や工事費、業者によっては出張費などが加算されるケースもありますので増設を行う前にしっかり確認しておくようにしましょう。

実際にスイッチのトラブルに関しても増設についてもしっかりと業者を見極めることが重要で無料で見積もりを行ってくれる業者に依頼するのがおすすめできます。また、今の時代は便利な時代でホームページなどを確認することができますので雰囲気や価格設定、口コミなどを参考にしてみるようにしましょう。

さらに、電気工事士の資格をしっかり持っているかという事が一番の問題で信頼と実績、技術に関しても確認することにより安心してお願いすることができる業者を見つけることができるポイントになります。

まとめ

ロータリースイッチのトラブルや故障などについては、しっかりと業者の方に依頼して解決することが重要になってきますが、費用面などに関しても自分なりに比較してみるようにしましょう。田舎などに住んでいる人は少し高くても良くしてもらっている電気屋さんなどに依頼したり、親戚にお願いするという事もありますが、大切なことは資格を持っているかどうかという事です。

費用に関してもかなりの差が出てくる場合もあり、スイッチの交換や故障の悩みを解決するためには様々な面を比較して業者を決める必要がありますが、ネットを活用することにより無料で見積もりを行っている業者をすぐに探すことができますし、24時間対応している業者もありますので、スイッチの故障に気が付いたのが夜という場合でも対応をしっかり行ってくれる業者を探すようにしましょう。

見積もりに費用が掛かる業者の場合には、交換や修理をしてもらわなくても費用が掛かってしまいますのでそのことをしっかり考えて行動するようにしましょう。スイッチの交換に関しては、ネット、住宅会社、電気屋さんなどで費用に違いがありますのですべてを把握したうえで自分に合った業者を選択してください。