押しボタンスイッチが故障したときの解決策

作業費6,000円~対応中!
電気スイッチ修理交換はDENKI110へ!

今の時代は様々な商品について進化しているものがたくさん販売されていて、その中で日常的に使用する照明のスイッチや機械などのスイッチに関しては使い勝手の良いものを選ぶと思います。たくさんの種類の中でどの商品が最適なのかという事に対して慎重に考えて検討する必要があります。

はじめに

押しボタンスイッチって聞いたことがありますか。一般的には使われることが少ないスイッチですが、徐々に家庭に取り入れられるようになってきたスイッチの一つです。押しボタンスイッチといってもたくさんの種類のものがあり、自分に合ったものをしっかり比較して選択する必要がありますが、スイッチに関しては自分では判断できないという事が多く、スイッチを選ぶ際にはしっかりと専門の方にどのようなスイッチなのかしっかり確かめるようにしましょう。

①押しボタンスイッチとは

押しボタンスイッチとは、名前の通り押すことでオンとオフの切り替えを行う事が出来るスイッチです。プッシュスイッチとも呼ばれていますが、押しボタンスイッチに関しては、医療機器をはじめ、工場の機械などに利用されることが多く、住宅で取り入れる場合には、押す部分が広くなっているタイプのものが多くなっています。

最近では照明スイッチをロッカースイッチから押しボタンスイッチに変更するという方が多くなっていて、一般的な住宅でも押しボタンスイッチを取り入れる人が年々増加傾向にあります。押しボタンスイッチは、操作部をその軸方向に手の押しや引き動作により接点を開け閉めする仕組みとなっています。操作部の機能上では照光式と非照光式に分かれていて様々な動作機能がついているスイッチとなっています。

②押しボタンスイッチのトラブル事例

実際に押すボタンスイッチを取り入れたいと感じている人もいるのですが、トラブルなどが起きてしまったときにはどのように解決していけばよいのでしょうか。実際に事例を参考にすることにより効率的に解決に導くことができると思います。

2.1 押しても反応しない

押しボタンスイッチは押すことにより機能を働かせることができる仕組みになっていますが、スイッチを押しても反応しなくなってしまったというトラブルが起きてしまう可能性があり、その場合の原因としては、スイッチ内部の磨耗や配線の脱線などが挙げられます。解決法としては、スイッチの交換や配線のつなぎ直しが必要となりますが、どちらの方法に関しても配線工事の資格を持っている必要があり、自分では配線のつなぎ直しや交換を行うことができません。押しても反応しないトラブルが生じてしまった場合には、しっかりとプロの方に依頼して修理や交換を行ってもらう必要があります。

2.2 スイッチにひびや割れが生じた場合

押しボタンスイッチに関しては、垂直に何度も押すことでオンとオフに切り替えることができるのですが、何度もスイッチを叩いたり、使っていく中で衝撃を与えてしまうような使い方、古くなってしまった場合には、スイッチにヒビや割れが生じてしまう事もあります。その状態を解決するためには、表面部分の交換で解決できると思っている人もいると思いますが、実際に表面だけでなく内部の確認も必要になってきますので自分では修理や取り替えを行うことができず、業者に依頼してしっかりと対応してもらうようにしましょう。

2.3 照明が点きっぱなし

押しボタンスイッチを押しても照明が点灯しないという状態や点きっぱなしで消えないというトラブルが起こってしまう事もあります。この原因としてはスイッチよりも壁内部の配線に問題がありトラブルを引き起こしていしまっているという可能性がありますので配線の交換が必要になってきます。自分で確認してもどの部分が悪くなっているのか判断することが難しく、配線の交換はしっかりと資格を持っている業者に依頼する必要があり、自分で配線の交換を行った場合、感電などの危険を伴う可能性があるのできちんと専門業者に依頼して配線の交換をお願いするようにしましょう。

2.4 押したら戻らない

押しボタンスイッチに関しては、何度も押すことにより内部に異常が出てしまうトラブルが起きることもあり、症状としスイッチがへこんだまま戻らない場合というトラブルが起きることがありますが、原因としてはスイッチ本体のバネ壊れている場合が多く、解決を目指すためには、スイッチ自体を交換する必要があります。スイッチを交換する際には配線を新しいものに取り付ける必要があり、配線に触れるために自分で作業を行うのは危険を伴いますので、プロの方に相談してどのような状態かしっかり確認して交換を行ってもらうようにしましょう。

③押しボタンスイッチについて

日常の生活の中で何気に使っている照明のスイッチに関しては、使用する頻度も高く毎日使うと思います。スイッチは電気配線計画の中で選択するものなので照明やコンセントなどから切り離すことができず、新築の場合には配線プランに関しては早めに決める必要があり、部屋の使い方により使い勝手の良いスイッチを選択するようにしましょう。さらに、家具などの置き場所などに関しても視野に入れて検討する必要があります。

今の時代はスイッチといっても大きさや種類などが様々となっていますが、押しボタンスイッチの中でもワイドスイッチを取り入れる人が多くなっています。その理由の一つとしては、高齢者だけでなく小さいお子さんや若い世代などでも使いやすいという事が挙げられます。さらに各メーカーから様々なタイプのものが販売されていて使い勝手の良いスイッチが多くなっています。

スイッチを取り付ける場合には基本的な高さとしては110~120㎝がベストと言われていますが、高齢者が同居している場合や子供がいる家庭では90~100㎝に設定することにより使いやすく活用することができます。実際の動作を含めて検討する必要があり、スイッチを選ぶ際の重要なポイントとしてはドアや家具に隠れてしまわないようにすることが大切になります。

押しボタンスイッチといっても形だけでなくインテリアに合わせて選ぶことができるようになり、デザインだけでなく色も選択することができる用になっているので空間の全体に馴染むような製品のスイッチを選ぶようにしましょう。スイッチは一度取り付けると10年程度は使うことができるために、すぐに取り替えなどをする事もなく長く使っていくという事もあり、様々なことを視野に入れて考えるようにしましょう。

実際にスイッチ一つで日常の生活で使い勝手が良いと感じる場合もありますし、もっと低めにしておけばよかった、高めにしておけばよかったというようなことも考えられますのでしっかりと使い勝手を考えて選ぶようにしましょう。

④押しボタンスイッチの故障や交換事例

押しボタンスイッチの故障や交換については実際の事例を知ることによりどのように解決していけばよいのか知ることができると思います。スイッチの故障や交換に関しては専門業者に依頼することが基本となっています。

4.1 トイレの照明スイッチ

トイレの押しボタンスイッチの調子が悪くなり押しても電気が点いたり点かなかったりすることが多くなり、古いからかなと感じていましたが自分ではどうする事も出来ず、業者の方に依頼しました。調査に駆けつけてくれたのですが、交換が必要という事で部品の注文を行って部品が届いてからの交換となり、数日後、交換してもらうと正常に動作するようになり、夜などトイレに行くのを我慢していたこともあり解決してよかったと思っています。

4.2 脱衣所のスイッチの故障

脱衣所のスイッチは押しボタンスイッチなのですが、照明を点ける際に反応する時としない時があり近くの業者をネットで調べて依頼しました。調査してもらった結果、スイッチの故障という事がわかり新しいものに交換してもらうことにしました。自分ではどのようなタイプのスイッチか把握できていなかったのですが、既に取り付けられているスイッチの新しい型番のものと交換してもらうことができてスムーズに照明を点けることができるようになり安心しています。

4.3 スイッチの交換

トイレのスイッチを交換したと思って自分でネットでスイッチを購入したのですが交換することができず、業者の方に依頼しました。その結果、すでについているスイッチとは全く違ったものを選択していたために、工事費用が高額になるという事で業者の方に同じ型のものと交換してもらうように依頼しました。自分で理解できていなかったので自分で購入したスイッチが無駄になってしまい最初から業者にお願いするべきだったと後悔しています。この次は故障などをした際には最初から業者にお願いしようと考えています。

4.4 洗面所とリビングのスイッチ

洗面所とリビングのスイッチが故障して押すことができない状態になってしまい自分ではどうする事もできず、専門業者の方に依頼しました。調査してもらいと古くなっているという事が原因で、洗面所もリビングも同時にスイッチの交換をお願いしました。2つのスイッチなのでかなりに時間がかかると思っていたのですが、1時間程度で終了して快適に使えるようになり良かったと思っています。自分の中で他のスイッチに関しても故障はしていませんが調査をお願いして交換が必要な場所は交換を依頼しようと考えています。

⑤スイッチを取り付ける際の注意点

押しボタンスイッチについても、他のスイッチを取り付ける際にも自分で作業を行うのではなくしっかりと専門の業者のかたに依頼することが大切になります。今の時代はネットなどで交換方法などの動画や説明などもありますが、感電などの可能性も考えられるために自分で交換することは避けるようにしましょう。

また、スイッチを取り付ける際には、部屋に入るとスイッチを点けることができるような形でスイッチを取り付けるのがおすすめできます。その時の注意点としては、入口にスイッチを点けることにより暗闇の中で部屋に入る際にもすぐに照明を点けることができますが、ドアノブの反対側や開いたドアの影になる位置にスイッチを取り付けるのは避ける必要があります。ドアを閉めてスイッチを押すことになってしまうので使い勝手も悪くなります。

更に、倉庫や物置などにもスイッチが必要になりますが、室内に取り付けるよりも室外にスイッチを取り付けることにより、中に入る前に照明を点けることができて、消えているかも判断することができますので消し忘れを防止することができます。

スイッチに関しては、照明や換気扇などを作動させるために必要なものですが、押しやすいという事を重視して決めるようにしましょう。取り付ける位置に関しては安全に部屋に入ることができるように配慮することを一番に感がるようにしましょう。また、スイッチがトラブルを起こしたり故障してしまうという場合もありますが、自分で判断するのではなくしっかりと専門の方に調査してもらうようにしましょう。

専門の方に依頼することにより、スイッチ本体や外見の故障だけでなく内部もしっかり確認してくれますので原因を知ることができますし、修理か交換かちゃんと判断することができます。修理を行う際も交換を行う際にも業者の方にお願いすることで安心して解決することができます。

⑥押しボタンスイッチ故障の解決法

押しボタンスイッチの故障についてはどのような解決法が一番良いのでしょうか。実際に今の時代では家庭用の照明スイッチや換気扇スイッチとして押すボタンスイッチを取り入れる人も多くなっています。日常の生活の中でスイッチはオンやオフにする為に使うことも多く利用すればするだけ故障やトラブルになってしまう事もあります。

押しボタンスイッチの故障を解決するには、しっかりと電気工事士の資格を持っている人にお願いする必要があり、自分で交換するという行為は止めるようにしましょう。作業を行うにあたっては、ブレーカーを落とす必要があり、スイッチを交換する時には配線などを触るという事もあり感電を防ぐために必要になってきます。

スイッチの交換の手順としてはスイッチカバーを取り外し、プレート、留め具を外していきます。そうすることにより中にスイッチ本体が見えるので配線を外して新しいものに交換していきますが、同じメーカーの商品の場合には配線の変更などが必要ありませんが違うメーカーのものになると配線の変更などが必要な場合もあります。

しかし、作業に関しては場所などによりますが30分~1時間程度の作業で済みます。交換作業を行って電気が通っているかどうか確認して問題がない場合には完了となります。自分で行うことにより危険を伴うだけでなく、しっかり同じメーカーの型番でない場合には、配線などをつなぎ変える必要がありますので難しいといえます。そのためにプロの方にお願いしてスムーズに解決していくようにしましょう。

まとめ

押しボタンスイッチについては、今の時代は様々な場面で取り入れられるようになっていますが、トラブルや故障などが起きた場合にはしっかりと対応することができるプロの方に依頼するようにしましょう。

押しボタンスイッチの種類に関してもたくさんの商品が販売されるようになっていますが、実際に取り付けられているスイッチの規格と同じものを選ぶ必要があり、規格があっていない場合には火花などが飛び散る可能性があり危険を伴う場合もあります。