コンセント付スイッチの調子が悪い時の対処法

コンセント付スイッチって知っていますか。実際に今の時代は多くの家庭で活用している人が増加している中でどのような特徴があるのかをしっかり把握することにより使い勝手に関しても変わってくると思います。コンセント付スイッチは活用方法も様々となっていますが、種類も豊富となっているので各家庭に合ったものを選択するようにしましょう。便利ではありますが、様々なことを知ることでさらに上手に活用していく事が出来ると思います。

はじめに

今の時代はスイッチを入れるだけで手軽に電気が仕組みになっていますが、その中で照明などをつける際には壁にスイッチを取り付けることがあると思いますが、一般的な電化製品を使う際には、コンセント付きスイッチを活用することにより便利に活用することができます。コンセント付スイッチは各家庭で活用している方も多いと思いますが、正しい使い方で取り入れることにより、より快適に使っていく事が出来ます。

①コンセント付スイッチ

コンセント付きスイッチとは、電化製品を使う際にコンセントが必要となってきますが、種類により違いがありますが、コンセント部分に一つずつスイッチが点いているタイプのものや複数のコンセントに対して1つのスイッチがついているものがあります。

コンセントについては、電化製品を使う中で必要な物となりますが、コンセント付きスイッチに関しては、コンセントを入れたままで使わないものについてはスイッチをオフにする事が可能で、使うときにオンにすることにより、電化製品を使うことができる仕組みとなっています。

そのために、日常で様々なコンセントが必要な電化製品を使うと思いますが、使う時と使わない時に手軽にスイッチをオン、オフにする事が可能なアイテムとなっています。コンセントとスイッチが一緒になっているので便利に使うことが出できますし、最近ではスイッチがオンになっているかオフになっているかという事もランプで知ることができて日常の生活の中でも手軽に使うことができる仕組みとなっています。種類については様々ですが、コンセント付きスイッチに関しては、部屋の上部に設置させることも多く、エアコンの電源としても使用されることが多いものです。水回りに関してもコンセントを増やしたいと考えている人はコンセント付きスイッチがおすすめできます。

②コンセント付きスイッチのメリットとデメリット

コンセント付きスイッチのメリットとデメリットについてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。どんな場合でもしっかりと使い勝手の良いものを活用していきたいですよね。

2.1 メリット

コンセント付きスイッチと一番のメリットとしては、使わない時はコンセントを抜く必要がある商品とは違ってスイッチを切るだけでよいので便利という事が挙げられます。また、コンセントをさす、抜くとのとスイッチとオン、オフにするのでは体力消費量にも違いがあり、疲れている時はコンセントを抜くのが面倒と感じることも多いのですが、スイッチと切るだけなら面倒と感じることもなく切ることができます。さらに使う商品に関しても違いがありますが、コンセントを抜くと使っているものを収納する必要がありますが、スイッチを切るだけなら、邪魔にならない場所に置いておくことができて、収納の必要もなくなります。コンセント付スイッチを活用することにより、特に忙しい朝の時間もコードの抜き忘れを防止する事ができて、洗面所などで活用するものに関してもスイッチを切ればコンセントはそのままでも問題ありません。最大のメリットとして挙げられるのはコンセントの抜き忘れなどを防止できてスイッチを切るだけで節電に貢献する事が出来るという事が挙げられています。

2.2 デメリット

コンセント付スイッチのデメリットとしては、便利に活用するという事でコードを挿しすぎてしまうという事が挙げられます。コンセントが多くなると片付ける癖がつくようになりますが、スイッチを切るだけでのものはスイッチさえ切ればよいという考えになってしまいます。また、延長コードにスイッチが点いている種類のもの関してはスペースが必要となり楽に節約できるという反面で場所をとるという事が言えます。スイッチ付きコンセントに関しては、オンにするとライトが点くものが多いのですが、使っていないコンセントに関してもオンになってライトが点いている状態になってしまう場合もあり、つけっぱなしの状態になっているので節電ができるというメリットがある中では、スイッチを切り忘れることにより、節電につなげることができないという事が言えます。

③コンセントスイッチのトラブル事例

実際にどんな商品でも故障やトラブルを招いてしまうのですが、コンセント付スイッチに関してはどのようなトラブルが多いのでしょうか。実際のトラブルを知ることでもしものときの対処法がわかると思います。

3.1 スイッチが反応しない

スイッチ付コンセントの特有な機能としては、コンセントとして利用する事が出来るということで、コンセントの部分に電気が通っているにもかかわらず、反応しないという場合にはスイッチが故障しているというケースが多いといえます。修理を考える場合には、専門業者に依頼する事が重要で、スイッチの反応に関してもスイッチの故障と考えるのではなく、コンセントの故障という場合もあります。コンセント部分に関しては電気が流れているので素人の方が勝手に触るのは危険を伴うためにしっかりと業者の方にお願いして故障の原因を確かめてもらう事が重要になります。

3.2 照明が入らない

コンセントの部分はしっかりと機能を果たしている状態なのに照明が点かない、コンセントの電気を操作できないというトラブルも多いと言われています。その原因としてはスイッチとしての機能を失っている場合が多く、そんな場合にはカバーを取り外して内部の状態を確認する必要があり、配線の確認も必要になってきますのでしっかりと電気工事士の資格を持っている人に故障の原因を調べてもらう必要ができてきます。自分で判断するのではなく、プロの方にお願いすることにより、修理で済む場合には修理を行ってくれますし、交換が必要な場合には交換してもらう事が可能でスムーズに解決する事が出来ます。

3.3 スイッチが陥没した状態

コンセント付スイッチについては、一般的には水回りなどに設置する事が多いと言われていますが、洗面所などに設置すると便利なので髪を乾かす場合やひげを剃る場合などスイッチを頻繁に利用すると思いますが、頻繁に利用することによりスイッチ内部が磨耗して、スイッチ自体が陥没した状態になってしまう症状というのはトラブルとして少なくありません。陥没のトラブルに関しては、スイッチ本体のバネを交換する必要があり、自分でバラして交換する事が難しいといえますのでプロの方にお願いして修理や交換を行ってもらうようにしましょう。

3.4 火花のようなものが出る

コンセント付スイッチに関してはスイッチとコンセントのどちらにも電圧がかかってしまうのですが、住宅内の電気の規格に合っていない場合には、スイッチ部分が熱をもってしまうケースや火花が生じてしまう場合もありますので注意しましょう。このようなトラブルが起こった場合には、規格に合ったスイッチに交換する必要がありますのでしっかりと取り付ける場合には、規格に合っているものかどうか確認する必要があり、自分では判断できない場合も多いので電気屋さんなどに確認してもらってしっかり、規格に合ったものを取り入れるようにしましょう。

④コンセント付スイッチの機能

コンセント付スイッチの機能に関しては商品により違いがあり、メーカーでも様々なタイプのものが販売されています。その中で大切なことはしっかりと機能を調べて自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

4.1 省エネ機能

節電したいという方は、差し込み口ごとにスイッチが点いているものがおすすめできます。スイッチを切るだけで待機電力の消費を抑えることが可能となっているので、壁側のコンセントまで行く必要はなく、コンセントを引き抜く作業などの必要ありません。使うもののスイッチを入れて、使い終わったらスイッチを切るだけで節電する事が可能となっています。

4.2 雷ガード機能

急な雷雨の際に停電する事も多いと思いますが。自然災害なので避けることができませんが、PCを使って仕事をしている場合には、データなどが消える可能性もあります。そんな時に便利なのが雷カード機能です。大切な家電に急激な電圧がかかるのを防ぐことができますのでPCや高価な家電はコンセントが必要なものが多く、雷ガード機能を備える事でトラブルなどを防いで安心できます。

4.3 防水機能

キッチンや洗面台、水槽の近くなど水回りでコンセントが必要というケースもありますが、そんな場合には防水機能を備えた製品を選択することがおすすめできます。最近でカバーなどが付いているものもありますし、防水設計になっているものもありますので水回りで活用するコンセント付スイッチはしっかりと対策ができるものを活用するようにしましょう。

⑤コンセント付スイッチの選び方

コンセント付スイッチといっても最近では、たくさんの種類のものが販売されています。その中で何よりも自分に合った適切なものを選んで活用する必要があります。

5.1 差し込み口のチェック

コンセント付スイッチを選ら際に重要な事は、商品により差し込み口の個数に違いがあるために、接続の必要な電気機器の個数に合わせて選ぶ必要があり、今の時代は多くの電化製品があるために増えるという事を考慮して選択する事がおすすめできます。

5.2 差し込み口のチェック

コンセント付スイッチを選ぶ際には、ACアダプターなどを使うこともしっかり考えて、パソコンやゲーム機などについているACアダプターなどを差し込むことにより他の差し込み口をふさいでしまう場合もありますので、その辺も考えて間隔が広くなっているものや差し込み口が自由に動かせるタイプのものを選ぶようにしましょう。実際にACアダプター専用のものを選ぶことにより自由自在に差し込み口を動かすことができて余裕をもって使えるものを選ぶようにしましょう。

5.3 極数のチェック

コンセント付スイッチを選ぶ際には、しっかりと極数をチェックするようにしましょう。極数については大型家電とスマホなどと比較すると全く極数が違います。極数をチェックすることによりショートを防ぐことができますのでどのような電化製品に使うのかをきちんと考えて選ぶようにしましょう。

⑥コンセント付スイッチの注意点

今の時代はコンセント付スイッチが主流となっていて多くの家庭で活用されていますが、大切なことは正しい使い方を取り入れる必要があります。コンセント付スイッチに関しては配線器具により火災や事故が多発しているという事もあり、確実に安全に取り入れる必要があります。

6.1 コードを傷つけない

内部で電線が断線してしまう可能性がありますので、コードを曲げたり、束ねたりして使うのは避けるようにしましょう。また、椅子などがある場所で使う際には、踏まないようにすることも大切で、無理に引っ張って使う事も避けるようにしましょう。

6.2 ホコリをためない

コンセントとプラグの間にホコリが溜まると、ホコリが空気中の湿気を吸ってプラグ先端に微弱な電流を流してしまい発熱や発火の原因となってしまう事がありますので定期的にメンテナンスを行ってトラブルを防ぐようにしましょう。

まとめ

コンセント付スイッチは便利なために多くの家庭で取り入れられていると思いますが、しっかりと状態を確認して安全性を高めるためには5年程度を目安として新品に交換するようにしましょう。

便利に活用する事が出来る反面では注意点などもありますので正しい使い方で取り入れるようにしましょう。コンセント付スイッチの不具合に関しては、自分では判断する事が難しいのでトラブルなどが起きてしまった際には、しっかりと専門の業者の方に依頼する事が大切になってきます。コンセント付スイッチは、素人の方が修理をするのは不可能で問題が起きてしまった場合には、修理ではなく新しいものに交換するのがおすすめできます。

便利に活用することができますが、しっかりと自分がどのように使っていくのかを明確にして選ぶ必要があり、どのような機能があるのかしっかりと調べて自分の使い勝手が良いものを選択するようにしましょう。たくさんのメーカーから販売されていますがそれぞれに特徴があり機能にも違いがありますので上手に活用するためには、プロの方に自分がどのように使っていきたいのかを説明することにより、自分に合ったものを選択してくれると思います。

自分の判断では誤ったものを購入してしまうという事も考えられますのでしっかりと確認した上で自分にふさわしいものを選ぶ必要があります。便利に活用できる点もありますが、逆にデメリットもありますので両方を踏まえたうえで自分に適正なものを選択して快適に使っていくようにしましょう。

関連記事一覧

スイッチの料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円
測定器調査 測定器を用いて数値で異常箇所を特定する 3,000円~
分解調査 設備、器具を分解する 3,000円~
配線特定調査 問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業 5,000円~
結線処理 電線の接続部をやり直す 3,000円~
接触改善 ソケット内の接触不良を改善する作業 3,000円~
スイッチ修理 部品を使わず修理する 3,000円~
プレート交換 スイッチプレートの交換作業 3,000円~
ハンドル交換 スイッチボタンの交換作業 6,000円~
片切スイッチ本体交換 スイッチ交換作業 6,000円~
ホタルスイッチ本体交換 ホタルスイッチ本体の交換 6,000円~
タイマースイッチ交換 タイマースイッチの交換 6,000円~
同一プレート内での複数交換 通常料金の50% 半額
取付枠交換 スイッチ本体の取付枠の交換 8,000円~
壁面センサースイッチ交換 壁面センサースイッチ本体の交換 6,000円~
天井センサースイッチ交換 天井埋込センサースイッチの交換 13,000円~
新規増設 スイッチを新たに設置する 応相談

電気の110番がスイッチに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がスイッチに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

スイッチ交換

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。