EVコンセントに不具合が生じた時の解決策

作業費6,000円~対応中!
コンセント

今の時代は様々な面で便利となっています。自動車に関しても充電することにより走行することができる進化して車が販売されるようになっていますが、購入した場合には、EVコンセントが必要となります。実際に購入する際に説明をしっかり聞いて購入すると思いますが、何よりもどのようにEVコンセントを取り付けると良いのか知ることが必要となります。

はじめに

電気自動車の車種についても増加していて様々なメーカーの電気自動車が販売されるようになってきました。今まではガソリンを入れて走行するという時代でしたが充電して車の走行を行うというものとなっていますが、何よりも電気自動車を購入すると充電をする必要があり、しっかりと対応することができるEVコンセントを設置することが条件となっていますが、どのように活用していけばよいのでしょうか。

①EVコンセントとは

EVコンセントとは最近でよく耳にするようになってきましたが、電気自動車の充電を行うためのコンセントとなっています。EVとは電気自動車のことで地球環境への優しい経済性から注目を集めている電気自動車はEVコンセントを利用して充電を行うことによりスムーズに走行することが可能となっていて、各家庭において電気自動車を購入した場合には、EVコンセントが必要となり、主に便利に充電をする事ができる屋外に取り付けるという方が増えています。しかし、海外メーカーによって充電規格が異なる場合もありますので自分で判断するのではなくしっかりと業者の方にお願いして対応可能なEVコンセントを設置することが大切になります。場合により、EVだけでなくPHEVと呼ばれているハイブリット電気自動車の充電が可能となっていますが、車を買い替える際に電気自動車を購入する場合には、EVコンセントを設置する必要があります。

②EVコンセントの事例

実際に最近では電気自動車を購入する方も多いのですが、どのように対応すればよいのか実際に事例を知ることにより参考にする事が出来ると思います。

2.1 EVコンセントの設置

電気自動車の購入を決めたのですが、電気自動車にはEVコンセントが必要という事で自宅のガレージに電気自動車を充電するための200Vのコンセントの設置を業者の方に依頼しました。実際にガレージにもコンセントはあるのですが、EVコンセントではないという事で購入をする事で新しくつけて欲しいと感じてお願いしたのですが、実際についているコンセントは100Vという事がわかり、200VのEVコンセントを設置していただきました。電気自動車を購入するのは初めてでしたが、ガレージで手軽に充電することができる環境を整えることができて、便利に活用できているので感謝しています。

2.2 EVコンセントの増設

営業用の電気自動車を増やす計画を立てていて、そうなると充電用のコンセントが不足するという事でEVコンセントを増設したいという事を業者の方に相談しました。最初に取り付けた際に大掛かりな工事が必要だったために、増設も同じように大掛かりになると思っていたのですが、駐車スペースに200Vのブレーカーを最初に付けていたという事もあり、簡単な工事でEVコンセントの増設を行う事が出来て、次購入する際にも同じ業者に依頼したいと感じました。

2.3 ブレーカーが頻繁に落ちる

自宅で電気自動車を充電しているのですが、頻繁にブレーカーが落ちてしまうので充電する事も出来ず、不便に感じていたのですが、自分では原因を知ることもできず、EVコンセントを取り付けていたのですが、ブレーカーが落ちてしまうのはおかしいと感じて業者の方に相談しました。原因を調べてもらうと機器類には異常はないという事で原因は一度にたくさんの電気を使っていることという事がわかり、帰宅後すぐにEVコンセントで電気自動車の充電を行っていたのですが、時間をずらして寝る前に充電をするようになりブレーカーが落ちる事もなく電気自動車の充電を行うことができるようになりました。

2.4 カーポートにEVコンセント

カーポートにEVコンセントと一般のコンセントの両方を設置したいと考えて業者に依頼しました。すぐに調査に来てくれて配線工事を行って100Vと200Vのコンセントを設置していただきました。同時に工事を行ったおかげで費用を抑えることができて、思っている以上に安くコンセントの設置ができて良かったと思っています。

③電気自動車のメリットとデメリット

今の時代は電気自動車を購入するという人も多いと思いますが、その中でどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。検討している人は参考になると思います。

3.1 メリット

電気自動車の最大のメリットとしては環境にとてもやさしい車として知られています。電気自動車が環境にやさしいという理由としては排気ガスによる大気汚染がないという事でガソリンなどでエンジンを動かす場合には、汚染物質は含まれた排気ガスを出しますが、電気自動車は排気ガスを出す事もなく、自動車を動かすうえでコスパが良いという点もメリットとして上げることができます。電気とガソリンの走行距離を調べても断然、電気の方がコスパがよく電気自動車の場合には、深夜電力の利用や電気の契約プランを見直すことによりさらにお得に利用することができます。さらに加速もスムーズで電気自動車はガソリン車よりも加速がスムーズなのですが、電気自動車は回転のはじめから高出力による最大のトルクを発生させることができて、ガソリン車の場合にはギアを使って加速をして行く仕組みになっているので最大トルクを出すことができないのです。さらにガソリン車と電気自動車を比較すると走行時の音が静かで振動なども少ないために、周囲に迷惑をかける事もありません。今の時代は電気自動車を購入する際に減税や補助金を受けることができるようになっていて、エコカー減税やグリーン化特例、エコカー補助均など様々な減税や補助金で電気自動車を購入する事ができるという点もメリットとして挙げることができます。

3.2 デメリット

電気自動車のデメリットとしては、電気自動車が多くなっているのですが、充電スタンドの数がまだ少ない状態という事で電気自動車に関しては人気となっているのですが、EVコンセントの設置が不足しているという事もあり購入を断念する人も多いと言われています。電気自動車を購入する際には、EVコンセントを家庭に用意する事も検討する必要がありますが、取り付ける費用が負担となってしまうケースもありますし、充電をすれば走行することができるというメリットの裏には充電に時間がかかってしまうという事がデメリットとして挙げられます。家庭用のEVコンセントで充電した場合は0からフル充電を行う際には8時間程度かかると言われていて、ガソリンなら満タンにする場合でも数分しかかかりませんが、電気自動車の場合には時間がかかってしまうので頻繁に車を使う人は不便に感じてしまうケースも少なくありません。さらに、一般的な車とは違って購入する際にも価格が高く、減税や補助金などがありますが、やっぱり一般の車によりも高くなってしまうというデメリットがあります。さらにガソリンの場合には愛用する中でどのくらいの距離を走ることができるか明確にすることができますが、電気自動車に関しては長距離移動をする際には不安となってしまというデメリットがあるのです。

④EVコンセントの工事

電気自動車を購入する際には、EVコンセントが必要になってきますが、何よりも専門の業者の方に依頼する必要があります。EVコンセントを自宅に取り付けることにより、しっかり充電することが可能となっているので車を使う際も安心できます。

EVコンセントの工事に関しては、各家庭の状態により工事内容が違ってきますが、コンセントボックスや充電スタンドの設置位置をしっかりと確定することが大切になります。その後配線などを行う必要があり、電線管などの選定や施工方法に関しては取り付け工事を行ってくれる業者としっかりと話し合って決める必要があります。

基本としてが、設置するのはケーブル付き普通充電器か専用のEVコンセントという事も決める必要があり、配線や配管の工事に関してはしっかりと電気工事士の資格を持っている人も依頼する必要があります。

EVコンセントの工事に関しては電気容量により違いがありますし、配管をコンクリート内を通す必要があるかどうか、配電盤方の距離や建物の中に配管を隠すなどと工事方法についても家庭の状態などで違いがありますしが、簡単にできる工事としては5万円程度となっていますが、大掛かりな工事が必要な場合には20万円程度必要になります。地下の駐車場などにEVコンセントを設置する場合には、特殊な工事が必要になってきますので50万円程度かかる場合もあります。

電気自動車の購入に関しては、充電スポットなどもありますが、実際に自宅に取り付けることにより効率よく車を活用することができますのでEVコンセントを取り付ける工事もしっかり費用の中に入れておくようにしましょう。

⑤EVコンセント取り付けの注意点

実際にEVコンセントを取り付ける際には注意点があり、様々なことに注意して取り付けを行う必要があります。EVコンセントを取り付ける際の流れとしては、現地調査を行って電源を確保して電線や寸法、ルート、使用材料の規格、寸法などの確認作業から行ってきます。

また、施工の金額については、最初の調査の際にある程度の見積もりを出してくれるようになっていますが、見積もりを確認した後に契約して契約完了後に工事を行っていきますが、見積もりを見た時に費用に関して不満などがある場合には、依頼を断ることができますのでその際にしっかりと伝えることが大切になります。

不満や疑問があるままで契約をすると後で、費用面についての相談などもできないのでしっかりと契約前に業者の方に自分の気持ちを伝える必要があります。EVコンセントを取り付ける場合には、アース付きを選ぶことがお勧めできますが、その理由としては保管場所として屋外にある場合が多いために防雨型コンセントを設置するようにしましょう。

一般的なコンセントを設置することにより、雨や風、台風などの災害が起きてしまうと使えなくなってしまう可能性がありますのでその辺を注意してしっかりと対策ができるEVコンセントを取り付ける必要があります。さらに分電盤には漏電遮断器を設置する必要があり、この機器は漏電による感電や火災を防ぐために重要な機器となっています。

EVコンセントを取り付けて電気自動車を充電する場合注意点としては、専用のケーブルを使って充電する必要があり、市販の延長ケーブルやドラム式リールなどを使うのは避ける必要があります。大きな電流が流れることがあり、発熱や火災などの原因となってしまうので注意しましょう。EVコンセントを取り付けて電気自動車を充電する際には付属のケーブルを使う必要がありますが、ケーブルが長すぎると感じる場合や短いと感じる場合には自動車販売店などに相談するようにしましょう。

EVコンセントについては素人が取り付けを行う事が出来ず、しっかりと電気工事士の資格を持っている専門の方に依頼する必要がありますが、業者を選ぶ際にはしっかりと信頼ができる業者を選ぶ必要があり、ホームページや実際の事例などを調べることにより業者の中身を知ることができると思いますので、たくさんの情報を集めたうえで業者を選ぶようにしましょう。

⑥EVコンセントの電源

EVコンセントに使われる充電器の電源に関しては200Vのものがほとんどですが、コンセント対応の製品は電源を選ぶことが可能となっています。EVコンセントには、単相交流100Vか200Vとなっていますが、100Vの場合には1時間で10キロの走行が可能になり200Vの電源を使うことにより30分で10キロの走行が可能となりますので、長期間の駐車で充電が可能という場合には、100Vの電源でも十分といえますが、走行距離が長く駐車時間が少ない場合には200Vの電源を使用することがお勧めできます。

EVコンセントについては、一度設置することにより長く使うことができる製品ですが、何よりも正しい使い方で充電を行っていく必要がありますし、EVコンセントの設置についても電源が必要なために自分が便利に活用することができることを意識して設置場所を確保したり電源を決めるようにしましょう。

まとめ

EVコンセントについては、電気自動車の購入を検討している人は取り付けが必要となってきますが、車を便利に活用するためには、外での充電はおすすめできません。走行する際の不安などを取り除くためにもしっかりと自宅で充電できる環境を整えることを考えて、効率よく活用できる環境を作るようにしましょう。

電気自動車は人気となっていますが、何よりも充電場所を確保することが大変な場合もありますので車の購入の前にEVコンセントの設置を考える必要があり、業者などに相談して設置場所や費用などを明確にしたうえで購入を決めることが大切になります。

電気自動車の充電ができるEVコンセントの配置も多くなっていますが、まだ不足している状態といえるので購入する方は自宅にコンセントを取り付けることがおすすめできます。