LANコンセントに異常が見られる場合の解決策

作業費6,000円~対応中!
コンセント

今の時代はインターネットを活用する人も多くなっています。その中でスマホなどを活用する際でも自宅にネット回線を引くことによりスマホの通信料を安くすることができるという点もあり多くの方が検討したり、設置しているという状態だと思います。

はじめに

実際にインターネットを活用する中で欠かすことができないケーブルについては様々な選択方法があると思いますが、各家庭に合ったものを選ぶ必要があり、故障などのトラブルに関してもしっかり対応してくれるところで契約したいと感じますが、今の時代に欠かす事が出来ないインターネットに関しては、スマホの料金を安く済ませることができますし、様々な面で活用することができるようになっています。

①LANコンセントとは

LANコンセントとは、住宅などにある壁面にあるLANケーブル用のコンセントのことです。LANケーブルを挿しパソコンとつなぐことによりネットワークの通信を行う事が出来ます。便利に活用することができるという事で多くの家庭で取り入れられるようになっています。別の呼び方としてはPLCと言われています。最近では、通常の電気コンセントと同一のプレート上にLANコンセントが設置されているものが多くなっています。また、PLCアダプタとPCにつないだPLCとを無線で中断して、家の中ならどこでも利用することができる環境を作ることができるというものもあり、手軽に自宅にインターネットを取り入れることができるようになっています。新築などを検討している場合にはLANコンセントを様々な部屋に取り付けるという場合もありますし、使い勝手などに関して自分に合った取り入れ方でインターネットを楽しむことができるという事もありLANコンセントを取り入れる家庭が多くなっています。

②LANコンセントでの様々な事例

LANコンセントをと取り入れたいと考えている人も多いと思いますが、その中で故障などの際にどのように対処したらよいのか不安という方も多いと思います。実際に事例を参考にする事で不安を取り除くことができると思います。

2.1 LANコンセントの設置

自宅をオフィスにするつもりなのですが、パソコン用のLANコンセントの取り付けを検討していました。業者を探して様々な点を比較して自分がお願いしたいと感じる業者を見つけることができたので連絡しました。パーツは自分で購入していたのですが、それでもすぐに駆け付けてくれて希望している3ヵ所にLANコンセントの取り付け作業を行ってくれて、思っているような仕上がりを実現することができたのでこれからオフィスとして快適に使っていきたいです。

2.2 LANコンセントの修理

LANコンセントを取り外した様子
LANコンセントを取り外した様子

移転先のLANコンセントが使えない状態で仕事上ネットが必要という事もあり、すぐに業者の方に連絡しました。訪問に駆けつけてくれて調査を行ってくれましたが、マンションの壁に設置されているLANコンセントのホコリ防止用のカバーが長年使ってなかったという事で開けにくい状態になっていたという事がわかり、すぐに掃除と修理を行ってくれました。ネットを使えるようになりすごく助かっています。

2.3 PCのLANポートの修理

新しくインターネット接続の契約を行いましたが、ノートPCにつないでもつなぐことができず、自分ではどうにもできず業者の方に依頼しました。調査していただいたのですが、ノートPCのマザーボードに取り付けられているLANケーブルの差し込み口が破損していることがわかり、差し込み口の修理を業者の方に依頼しました。修理すると使えるようになり、新しくネットを繋いだ状態で使えなかったので焦りがありましたが快適に使える環境になり満足しています。

2.4 ダブルコンセントの増設

LANコンセントの近くに電源がないのが不便に感じていてLANコンセントを移設するか、電源コンセントを増設するかという事を悩んで業者の方に相談しました。自分ではどっちが良いのか理解する事もできず業者の方が調査に来てくれてLANコンセントの近くに電源のダブルコンセントを設置する提案をしてくれてお願いしました。実際に不便な状態から快適に使うことができるようになったことにすごく感謝しています。

③LANコンセントのメリットとデメリット

LANコンセントのメリットとデメリットに関しては何よりも各家庭の環境により違いが出てきますが、便利に活用できるので取り入れてみましょう。

3.1 メリット

LANコンセントのメリットとしては、Wi-Fiと有線接続のどちらでもインターネットを使うことができるということで利用範囲を広げることが可能で無線LANルーターが電波を飛ばせる範囲には限界がありますが2階や3階でも利用することができますし、LANコンセントを取り入れることによりネット環境を快適に使うことができるという事が最大のメリットといえます。

また、設定も簡単でLANコンセントなら、自分で設定することができますしコンセントに差すだけで親機と子機が連動するので煩わしい設定などをする必要もなく、手軽に活用することができます。

LANコンセントにすることにより親機との距離を気にする必要もなくLANコンセントのある場所なら手軽に十分に電波を届けることが可能となっていて、自宅内においてもネットを使う環境を整えることができるという最大のメリットがあり、今の時代はスマホを中学生から持っている中で家の中でWi-Fiを使うことにより、携帯料金を抑えることができるというメリットがあります。

3.2 デメリット

LANコンセントのデメリットとしてはWi-Fiが使える範囲に関しては限られていて機能性が悪いと感じることもあります。LANコンセントの欠点としては、購入する際にしっかり考える必要があり、通信速度に関しては不満を感じてしまう方も多くなっています。実際に費用を払って契約しているという事もあり高速を求めてしまいがちですが、通信速度に不満を抱える人が多いのです。また、LANコンセントで利用する電力線には、他の家電が発する電磁波を拾いやすいという欠点もあり、通信速度が急激に遅くなってしまう場合もあります。また、設置する際には、費用が掛かってしまうという事もありその中で契約料なども発生してしまうので不安が多くなると設置を後悔してしまうというデメリットが挙げられますのでしっかりと考えて設置を検討するようにしましょう。

④LANコンセントについて

今の時代はネット社会とも言われていますが、自宅においてもオフィスにおいてもネット環境の設備は必要になってきます。その中でしっかりと自分にあったLANケーブルを選ぶことにより快適に使うことができます。その中で実際に重要なことはLANケーブルを自分に合ったものを選ぶ必要があり、ストレートケーブルとクロスケーブルがあり、ストレートケーブルについてはコンピューターにつなげる際に使用して、クロスケーブルに関してはコンピューターを2台以上使うときに必要なケーブルとなっています。

ケーブルを選ぶ時には、強度や長さにも違いがありますのでしっかりと使い勝手の良い長さのものを選ぶようにして、利用する場所に合わせてケーブルを選択する必要があります。ケーブルには、細いケーブルや平らなケーブルなど様々な種類のものがありますので、環境に合ったものを選ぶことにより活用する際にも効率の良い環境に整えることができます。LANコンセントを使ってもネットがつながらないという場合などもありますが、その際には自分が活用している回線を調べる必要があり、契約している会社に問い合わせをしてみるようにしましょう。

中には、LANケーブルが悪くなっている場合や回線に問題がある場合などがありますので、ケーブルが悪い場合にはケーブルを買い替えることによりつなげることができますし、回線に問題があるとわかれば改善されるまで待つしかありません。今の時代はどの家庭でもネットを活用していて、新築の場合には、LANコンセントを取り付けるという家庭が多くなっていますが、ネットを活用したいと考えている人はLANコンセントに交換するか設置を検討するという事を考えてみましょう。

⑤LANコンセントのトラブル解消法

LANコンセントの交換
LANコンセントの交換

実際にLANコンセントのトラブルについては、様々なことが挙げられますがまずは自分ができることを試してみるようにしましょう。大切なことはどの部分が問題なっているかという事を把握することが大切です。

5.1 契約料金の確認

実際に最初に確認が必要なことはインターネットの契約料金の滞納がないかどうかを調べる必要があります。口座引き落としという場合が多く、落とされていると思っていても残高が不足している場合には引き落としがされない状態になってしまいますので、通帳などを記帳してしっかりと引き落としができているかどうか確認する必要があります。引き落としができていない場合には、料金を支払うことにより問題なくトラブルを解決することができます。

5.2 パソコンの再起動

実際にパソコンやスマホなどでネットがつながらない状態になってしまった際には、接続不良なども可能性もありますので、端末の再起動を行ってみましょう。再起動することにより問題なく使うことができる場合もありますので、しっかり確認のために再起動を試してみましょう。

5.3 スイッチやケーブルの確認

無線LANで接続している場合には端末側の無線LANのスイッチや子機がオンになっているかどうか確認してみるようにしましょう。また、有線LANの場合にもケーブルがしっかりつながっているかどうかを確認する必要があります。スイッチやケーブルに関しては単純に簡単に確認することができますが、LANコンセントが故障していると感じる場合には、しっかりと端末やスイッチの確認を行うことにより解決することができる場合も意外と多いのです。

5.4 インターネット接続業者に連絡する

実際にネットがつながらない状態で料金やケーブル、再起動などを試してもつながらない状態が続く場合には、接続業者に連絡してみるようにしましょう。実際にメンテナンスについてはメールやプロバイダーのサイトなどで告知していることが多いのですが、ネットの状態をしっかりと確認してくれることもありサーバーなどの問題などが原因となっている場合には、その原因を知ることができるので焦ることなく対応することができると思います。

⑥LANコンセントの購入

LANコンセントを取り入れたいと考えている人も多いと思いますが、どの程度の費用が掛かるのか心配な人も多いと思います。今の時代はネット社会でどの家庭でもインターネットを活用している中でLANコンセントに交換したいという方も増えています。

LANコンセントは簡単に導入することができる中継器ですが、コンセントを差し込んだ親機と子機が壁の中にある電力線で連携してWi-Fiや有線接続を利用することができる範囲を広げてくれるものです。

LANコンセントの販売価格はメーカーや種類により違いがありますが、安いモデルの場合には5000円程度で購入する事が可能で、高いものでも20000円代で購入可能となっています。ネットで調べることによりたくさんの商品があります価格が高いものは高性能というわけではなく、コスパが良い機種が多くなっています。

LANコンセントを取り付けるとネットを使う上で接続業者との契約が必要になってきますが、その際には業者により月々の費用が異なりますので自分に合った業者を選択するようにしましょう。毎月の支払が必要なり、契約内容でも費用に差がありますし、高速などを契約すると一般的な接続料金よりも高くなってしまうので、その辺もしっかりと含めて検討する必要があります。

LANコンセントを取り付ける際にかかる費用については、材料費と作業費が必要で、遠い地域から駆け付ける場合には出張費が発生することもありますのでその辺も最初に確認した上で業者を選ぶようにしましょう。

実際に正確な費用が知りたいと考えている人は業者に見積もりをお願いすることによりある程度の費用を知ることができますし、自分で用意できる材料を用意して業者に依頼することによりその分が安くなります。

まとめ

LANコンセントの故障などを疑う場合には、LANコンセント自体ではなく機器やケーブルなどをまず確認することが大切になってきますし、ネットを使っていて繋がらない状態になると焦ってしまう気持ちは理解できますが、原因を把握することが大切になってきます。

修理やケーブルの交換に関しては自分で取り付けるだけの作業なので手軽に行う事が出来ますが、機器の故障についてはしっかりと業者の方にお願いして修理や部品の交換などを行う必要があります。ネットは便利に活用することができる反面では使えなくなってしまうと不便に感じてしまう事も多いと思いますが、日ごろからしっかり点検を行うことにより、状態を把握することができると思いますし手入れも行っていくようにしましょう。

LANコンセントは新築の場合には最初から取り入れる人が多いのですが、賃貸の場合に取り付けを検討している場合にはしっかりと大家さんなどと相談して許可を取ってから業者にお願いする必要があります。自分で判断すると後悔してしまう結果となってしまうので確認を行ってから交換を業者に依頼するようにしましょう。