倉敷市
電気のトラブルに即日解決・出張見積
作業費6,000円~(税抜)で問題解決!
県内6以上の
拠点から出動!

※ご依頼の約6割が5千円~1万円台の料金で完了しています。作業費は内容により変動し追加作業費がかかる場合があります。

ページの目次

岡山県倉敷市でのトラブル事例

水漏れしているエアコン

岡山県倉敷市のY様

今回は岡山県倉敷市北畝のY様から「エアコンが水漏れしている」というご相談をいただきました。
エアコンの水漏れの主な原因としては、ドレンホースの内部が汚れていたり異常があったりする場合か、エアコンの設置工事の不備で室内機が傾いている場合、またはフィルターがホコリなどで目詰まりしている場合が考えられます。
今回のお客様はエアコンを設置してから3年以上経過しているとのことなので、室内機の傾きではないと思われます。しかし水漏れしているエアコンを実際に見てみないことには原因は分かりませんので、さっそく指定された日にお客様のご自宅へ伺い、エアコンの調査を開始しました。

エアコンのカバーを外した状態のイメージ
エアコンのカバーを外した状態のイメージ

詳しい調査を行ったところ、故障ではなくエアコンの室内機のフィルターが目詰まりしていることが原因であることが分かりました。
ホコリなどの汚れがフィルターに溜まるとエアコンの設定温度よりも低い風が出るようになります。エアコンの内部が冷やされることで、結露水が通常よりも多く発生してしまいます。結露水は通常通りの量でしたらドレンホースを通って問題なく部屋の外に排出されますが、量が多くなると排出が追い付かずに水漏れを起こしてしまいます。
そのため水漏れをしなくなるようにするにはフィルターを洗って綺麗な状態に戻す必要があります。
エアコンの内部を確認したところ、吹き出し口など、フィルター以外の部分にもホコリが溜まって汚れていました。このような状態ではフィルターだけ掃除をしてもすぐにまたフィルターにホコリが付いてしまいますので、エアコン本体の掃除も行うことにしました。

まずは安全確保のためにエアコンの電源プラグをコンセントから抜いておきます。コンセントから抜き忘れたまま掃除や修理を行うと、電源部分に触れた際に感電してしまう恐れがあります。ご自身でエアコンの清掃を行う場合は、作業を開始する前に電源プラグを抜いたかどうかの確認を必ず行ってください。
また、電源基盤を水で濡らさないようにすることも気を付けてください。あらかじめビニールなどの防水素材のもので電源基盤を覆っておくと安心です。

事前準備を終えたら掃除を開始します。エアコンの外部のホコリを掃除機などで取り払います。フィルターを取り外す際にホコリが散らないよう、フィルターの周りも軽く掃除機で吸い取っておきます。

フィルター周りの掃除が終わったらいよいよフィルターを取り外します。フィルターに付いているホコリを掃除機で吸い取り、水洗いをします。
前面パネルも取り外して水洗いをし、フィルターと一緒に日陰で干して乾燥させます。

エアコンの吹き出し口のイメージ
エアコンの吹き出し口のイメージ

フィルターと前面パネルを乾燥させている間に、エアコンの吹き出し口の掃除を行います。吹き出し口はエアコンの内部と外部を繋いでいる部分ですので、汚れやカビが発生しやすい場所です。カビが発生していると嫌な臭いがしますし、咳や病気の原因にもなります。特に小さいお子さんのいるご家庭はできるだけカビが発生しないように気を付けてあげた方が良いでしょう。
カビはホコリなどの中で繁殖しやすいので、カビの予防をするためには汚れを落として綺麗な状態に保つことです。また湿気が内部に溜まらないよう、こまめに乾燥させることも必要です。

まずは固く絞っておいた布で吹き出し口の周囲を拭きます。次に吹き出し口のルーパーを回し、家庭用中性洗剤を付けた布で拭いて汚れを落とします。洗剤がエアコン内部に残ってしまうと故障の原因になりますので、固く絞った布で水拭きをして最後に乾拭きをします。

洗った部品がすべて乾燥したら元のように取りつけていきます。取り付けが完了したら電源プラグを差し込むのですが、すぐに電源を入れると故障をしてしまう可能性があるので、電源プラグを差し込んでから1時間ほどはそのままにしておきます。
1時間経ったらエアコンの送風運転を稼働させます。エアコン内部に水気が残っているとカビや故障の原因となりますので、30分ほど送風運転をしておきます。
最後にお客様立会のもとエアコンを稼働させたところ、水漏れもなく正常に動作していましたのでこれで作業完了になります。

今回のお客様はエアコンを設置してからフィルターなどの掃除をしたことがなかったそうです。
エアコンの寿命は10年ほどですが、定期的な掃除やメンテナンスを行わないと10年以上経過していなくても故障をしやすくなってしまいます。こまめな掃除が難しいという方は自動で内部の掃除をしてくれる機種もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

エアコンの故障を予防するためにできること

エアコンの室内機のイメージ
エアコンの室内機のイメージ

室内機の掃除をする

エアコンを使い続けていると、どうしても内部にホコリや汚れが溜まっていきます。内部に汚れが溜まると冷暖房が効かなくなったり、水漏れをしたりなどのトラブルを引き起こしやすくなります。
掃除をする際はエアコンの内部だけでなく、外部のホコリにも気を付けましょう。エアコンの上やカーテンレール、照明器具など、周囲にホコリが溜まっていると、冷暖房を稼働させたときにエアコンの内部にホコリが入ってしまいます。
エアコンの外部の掃除を終えたら、内部の掃除をします。前面パネル、フィルター、吹き出し口を綺麗にしましょう。エアコンは精密機器ですので、掃除する際はエアコンの内部に洗剤の成分や水分が残らないように気を付けてください。

お掃除機能が搭載されているエアコンの場合はこまめな掃除はしなくても良いですが、長年使い続けているとどうしても内部には汚れが溜まります。内部の細かな部分は自動では掃除できないので、エアコンのクリーニング業者に掃除をしてもらいましょう。

エアコンの室外機のイメージ
エアコンの室外機のイメージ

室外機の掃除をする

室外機のファンの裏側にはフィルターがあります。
室外機が道路に面している場所に設置されている場合や庭でペットを飼っている場合、ホコリやペットの毛などでフィルターが目詰まりすることがあります。フィルターが詰まると空気の流れが悪くなってエアコンが効かなくなってしまいます。ホコリが溜まってしまう前にこまめにフィルターの様子をチェックして、汚れていれば掃除をしておきましょう。
掃除の方法は簡単で、外側からホコリなどの汚れをそぎ落としていくだけです。

また、室外機の周りの様子も定期的に確認してください。室外機の前に物が置いてあると空気が上手く排出されず、エアコンの効きが悪くなることがあります。できるだけ室外機の周りには物は置かず、スペースを開けておきましょう。

部屋の換気をする

ホコリやカビを予防するためには部屋の換気が大切です。エアコンを稼働させてから30分ほどの間は窓を開けておきましょう。換気をすることでエアコンから部屋の中へ排出されたホコリやカビを室外へ追い出すことができます。

また、エアコンを使っていない時期でも月に1回程度は送風運転をしてエアコンの内部の湿気を飛ばしてください。その際、窓を開けて空気の入れ替えをしておきましょう。送風運転をしない日でもこまめな換気をしておけばより安心です。

エアコンの故障の症状と原因について

症状別の原因と解決方法

症状1:冷暖房が効かない

冷暖房が効かないときは、まずは室内機や室外機のフィルターにホコリが詰まっていないか確認してください。ホコリが詰まっているだけならば掃除をすれば直ります。
また、室外機の周りに物を置いていると部屋の空気が外に流れにくくなり、部屋が冷えない原因となります。特に1台の室外機に複数台の室内機を接続する「マルチタイプ」の場合、室外機の不具合がすべての室内機に影響を及ぼします。室外機の周りに自転車やガーデニング用品などを置かないようにしましょう。

それでも直らない場合はエアコンの内部パーツの故障かガス漏れの可能性があります。内部パーツの故障ならば基盤交換やコンプレッサーの修理などが必要です。

ガス漏れの場合はガスの充填をしなくてはなりません。エアコンには「冷媒」と呼ばれるガスが使われています。このガスが液化と気化を繰り返しながら熱を運ぶことで冷暖房を使うことが可能になります。ガス漏れなどでガスの量が少なくなると冷暖房の効きが悪くなるので、ガス漏れしている部分の修理とガスチャージを業者に行ってもらってください。

エアコンのドレンホースのイメージ
エアコンのドレンホースのイメージ

症状2:水漏れしている

水漏れしている場合もまずはフィルターを見てみましょう。フィルターがホコリなどで目詰まりしていると水漏れをしてしまうことがあります。
フィルターを綺麗にしても直らない場合は、ドレンホースに異常がある可能性があります。ドレンホースとは、エアコンの内部で発生した水が外に排出される際に通る部分のことです。ドレンホースが破損していたり汚れが溜まっていたりすると、水が上手く排出されず水漏れが起きます。ドレンホースは洗浄しても完全に綺麗にすることは難しいので、新品に買い換える方が良いでしょう。

もしエアコンを設置したばかりなのに水漏れをするのなら、設置工事の不備でエアコンが傾いていることが原因かもしれません。自分で設置し直すことは難しいので設置業者に連絡して直してもらってください。工事の不備でしたら無償で直してもらえる場合が多いです。

室外機のフィルターのイメージ
室外機のフィルターのイメージ

症状3:異音がする

室内機で異音がする場合はドレンホースの詰まりや、フィルターなどの部品が外れていること、またはフィルターにホコリが溜まりすぎていることが原因として考えられます。

室外機から異音がする場合はファンが故障しているのかもしれません。また、バチバチといった音が聞こえてくる場合は内部にゴミが挟まっていると考えられます。室外機の異音は自力で直すことは難しいので、業者に依頼をして修理してもらうか新品に交換することを検討しましょう。

メーカーに修理の依頼をするには?

エアコンの保証期間内ならばメーカーで無償で修理してもらえることもあります。
まずはエアコンのメーカーを確認しましょう。メーカーが分からない場合、機種名を見れば簡単に分かります。例えばダイキンのエアコンは機種名の頭にS、F、ANが付いていますし、東芝はRAS、シャープはAY、パナソニック(旧ナショナル)はCS、日立はRAS、富士通ゼネラルはASが付いています。
故障の原因が分からない場合は自己判断せずメーカーに見てもらった方が良いでしょう。

関連記事一覧

電気の110番が倉敷市に強い3つのワケ

工事実績7,800回以上!

県内累計15,850件のお問合わせ!

電気の110番が倉敷市に強い3つのワケ

頼れる

拠点数

県内6箇所以上の拠点

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計15,850件の相談

県内工事実績は7,800件を突破!

全国では
13万件以上

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い