インターホンの子機(室内機)増設におけるトラブル事例まとめ

作業費6,000円~対応中!
インターホン

今の時代はインターホンの子機(室内機)増設を求めている人も多くなっていますが、実際に子どもの部屋などに取り付けることにより、作業をしながら子供の様子をしっかりと確認する事が出来るという事で便利に活用することが可能となっています。

はじめに

インターホンについては各家庭に設置されていますが、設置しているものと他に子機を増設したいと考えている人も増えているのですが、実際に便利に活用することができるという点で多くの家庭で増設を検討しています。取り付けの際に相談する人もいて、逆に使っている中で増設したいと考えている人もいますが、しっかりと増設可能なタイプのものを選ぶことにより、子機(室内機)増設をスムーズに行っていく事が可能となっています。実際に増設することにより便利に活用することができるという事でリフォームや買い替えを検討する人も増えてきています。

①子機(室内機)増設の事例

取り付けの様子
取り付けの様子

インターホンを活用する中で、室内機を増設しようと考えている人も多いと思いますが、自分では増設が難しいと感じた場合には業者に依頼することによりスムーズに増設することができます。

1.1 子機の取り付け作業

インターホンを活用している中で室内子機の液晶が映らなくなってしまって、メーカーに問い合わせを行ったのですが、子機本体の故障という事がわかり、新しい子機本体を購入したのですが、どのように取り付けたら良いのかわからず、業者に依頼しました。取り付け作業をスムーズに行ってくれてしっかりと液晶も映るのを確認してくださってすごく助かりました。

1.2 室内機の取り付け2台

インターホンの室内機を2台増やしたいと感じていて、新しく取り付ける室内機は購入したのですが、どのように作業を行っていけばよいのかわからず、ネットで簡単に取り付けることができると記載されていて、説明書などを参考にしても全く理解できず、業者に依頼しました。1階と2階に増設したいと考えていたのですが、業者の方はすぐに希望の箇所に設置してくれて快適に使えるようになりました。対応がスムーズで本体は購入していたので少し申し訳ないと感じましたが、しっかりと思っているように取り付けることができて良かったです。

1.3 子供部屋に子機を増設

モニター付きのインターホンに交換したいと考えたのですが、どのようなタイプのものが良いのかわからず業者の方に相談しました。親機1台と子機2台をお願いしたのですが、子供部屋にも欲しいと思っていて、思っているように設置してくれて、部材の注文やこちらの意見にもしっかりと耳を傾けてくれて本当に感謝しています。交換作業後に活用すると子供が部屋で遊んでいる姿を見ることができて、交換と子機を子供部屋に付けてもらうことができて本当に良かったと思っています。

1.4 室内子機の取り付け

インターホンの子機を設置したいと思っていたのですが、同じメーカーの子機を購入したのは良いのですが、取り付け方がわからず、色々とチャレンジしたのですが、業者に依頼することにしました。自宅に駆けつけてくれて作業を行ってくれましたが、30分程度で終了して正常に動作するか確認してくれてしっかりとした対応で満足しています。

②業者に依頼する時の注意点

最近ではインターホンの音が聞こえにくくなってしまったり、故障が多くなってきたという場合には、新しいのもを購入しようと検討すると思いますが、今の時代は便利なインターホンが多くなっています。その中で子機についても1台ではなく子供部屋に増やしたり様々な方法で子機(室内機)増設を各家庭にあった方法で増やすことができます。

インターホンといえば基本的に訪問者が来たことを知らせてくれるものですが、最近ではそれだけでなく様々な機能を持った商品が多く販売されています。モニターが付いていて訪問客の姿を確認する事が出来るタイプのものに関しては不審者や勧誘などを防ぐために効果的となっています。

また、録画機能が付いているタイプはスマホなどに転送して訪問客が来たという事を知らせてくれる仕組みになっていて、多機能なインターホンが人気となっていますが、素人では取り付けることが難しくしっかりと業者に依頼することが大切になります。

業者に依頼する際には、どのようにインターホンを使っていくかという事を明確に伝えることにより、各家庭に合ったインターホンを選択することができますが、子機を増設する場合には増設可能なインターホンを購入する必要があり、本体と子機がセットになっているものが多く、プラス子機のみを購入して増設する必要があります。

子機(室内機)増設を検討している場合にはしっかりと業者に依頼する必要がありますが、工事を申し込む際にはネットなどを活用することにより簡単に業者に依頼することが可能ですが、設置や増設費用に関しては業者により異なってきますのでしっかりと見積もりを出してもらってから依頼するようにしましょう。

③インターホンについて

新築を建てる場合には特に後悔しないようにインターホンを取り付けたいと感じますが、インターホンにも色々な種類があり、利便性や防犯面などをしっかり考慮して適切なものを選ぶ必要があります。今の時代はボタンで操作するタイプのインターホンが主流となっていますが、その中にカメラが搭載されているタイプのものに関しては、声だけでなく映像を確認する事が可能で、新築を建てる方には特におすすめできます。不審者などに関しても家の中の液晶で観察することができて、これだけでも防犯効果を期待する事が可能となっていますが、録画機能やスマホでの遠隔操作ができるタイプのものまで幅広い種類がありますので、それぞれの特徴をしっかりと把握した上で選択するようにしましょう。

インターホンのタイプを決めたら次に設置する場所を考える必要がありますが、設置場所としては主に玄関扉と周辺の門の外側に分かれます。その中で子機を増設することにより家の中でもしっかりと家の周囲を確認する事が可能となっています。敷地内に簡単に入れないような門がある場合には、インターホンは門の外側に設置する必要があり、設置位置については、機能門柱を使うという場合も多くなっています。

インターホンを設置することができる業者としては実際にいくつかありますが、何よりも特徴を知ることにより効率よく自分の家に合ったインターホンを選択することができると思います。子機やスマホなどを使って来客の対応ができるタイプのものありますし、機種によりますが録画機能や広角レンズ、センサーカメラなど防犯面に欠かすことができない機能が搭載されているものが多くなっています。

子機(室内機)増設については、子機を使うことにより室内のどこでも対応することができて、リビングが2階にある場合や1階にいることが少ないという二世帯住宅などにおすすめできますし、子供部屋などに子機(室内機)増設を行うことにより、様々な作業をしながら子供の様子を確認する事が出来るというタイプのものもあります。

その中で室内の子機に関しては5台まで増設することが可能となっていますが、実際に必要な場所に子機を増設することにより、家の中で内線代わりに使用することが可能となっているので便利に活用することができます。ある程度の年齢になると子供も部屋にこもることが多いのですが、大きな声で呼ぶのではなく、内線として利用することができるために便利です。

インターホンの増設に関しては、多くの家庭で検討されていて、同じ部屋の空間で過ごす場合には問題ありませんが、別の部屋で作業をすることが多いという場合でも子機を増設することにより、お客さんが来た時などでもすぐに対応することができますのでおすすめできます。

④インターホン取り付け工賃や費用

増設した子機
増設した子機

インターホンの取り付けに関してはどの程度の費用が掛かるのか、本体の価格とは別に取り付け工賃が必要になってきますが、しっかりと前もって確認した上で取り付け作業を行う必要があります。

実際にインターホン取り付け費用自体に関しては2万~3万円程度となっていますが、インターホン本体を一緒に依頼することにより1万円程度で取り付けることができる場合もあります。室内に設置するモニターに関しても配線が必要な場合と不要な場合では工賃が違ってきます。

また、今の時代はインターネットで調べることにより理想的なインターホンを見つけることができます。その中でインターホンは自分で購入して工事だけ業者に依頼することができますが、その場合には工賃が高くなってしまう場合が多いといえます。何よりも大切なことは欲しい機能に優先順位を付けることにより、業者に相談しながら決めることにより予算内で工事をしてもらうことができる場合もありますので、しっかりと業者と相談しながら、様々なアドバイスなどをもらって決めるようにしましょう。

インターホンの取り付け費用に関しては、インターホンの種類で異なってきますし、どのような状態で付けるのかという事も問題になります。商品にしても価格に差がありますのでしっかりと見積もりを出してもらって自分が納得した上で依頼することが何よりも大切になります。

⑤インターホン選びと注意点

最近ではインターホンの機能が多くなり、友達の家などに行ったらよいなと感じたという場合もあります。高性能のものと取り替えたいと考えている人も多いと思いますが、古いチャイムなどを自分でインターホンに取り替えたことがあるという人は、簡単に交換できると感じている人が多いといえます。

実際に自分で交換することが可能なインターホンもありますが、コンセントや電池ではなく直接配線を引いているタイプのものに関しては素人が触ってしまうと故障やケガなどの事故につながってしまう場合もありますので電気工事士の資格を持っている人に作業を依頼することが大切になってきます。

インターホンの寿命に関しては10年程度といわれていますが、設置する場所でも寿命が違ってきます。インターホン門柱などに設置している場合には車でこすられて壊れてしまったというケースも考えられます。特に家の前の道路が狭い場合には注意が必要で、インターホン部分が出っ張らないように配置する必要があり、一度そのような経験をした場合には、次に取り付ける際には、出っ張らないように配慮して設置する必要があると言われています。

車などがぶつかってしまう可能性があるような立地の場合には、センサーカメラを搭載している機種を選ぶことにより自動的に録画をしてくれるので事故が起きた時の証拠に使えるのでおすすめでいます。元々屋外に設置する前提で作られているために自然災害などで故障してしまう事は少ないのですが、台風などにより漏電して故障してしまうという場合もあります。さらに、劣化が激しい場合には特に壊れやすい状況になっていますので、日常で快適に使っていくためにはしっかりと状態を把握しておくことが大切になります。

⑥子機(室内機)増設について

子機(室内機)増設については、インターホンの種類により増設が可能なタイプのものもありますし、できないものもありますので増設をするかもしれないという場合には、増設が可能なタイプのインターホンを設置する必要があります。

インターホンは色々な商品が販売されるようになり、たくさんの機能が付いている機種ほど価格は上がってしまいますが、録画機能やWi-Fiなどの通信機能が付くほど高額になってしまいますが、機能を活用するという場合には、購入を検討する必要がありますが、シンプルな機能で大丈夫という場合には、商品の機能をしっかりと確認した上で購入するようにしましょう。

今の時代においてはネットで様々な商品が販売されていて、購入を検討する際には、通販サイトを活用する人が多くなっていますが、ネットショッピングに関しては便利といえるのですが、インターホンについては何よりも消耗品ではなく長く使っていく必要がありますので慎重に選ぶ必要があり、使っていく中で便利に使用することができるものを選ぶ必要があります。

そのために、子機(室内機)増設を検討している際には、増設が可能な機種かどうかという事を確認する必要があり、できれば設置してもらった業者に依頼することがおすすめできます。配線などが必要な場合でも設置した業者に依頼することにより、ある程度把握することができてスムーズに子機(室内機)増設を行うことが可能となっています。

まとめ

今の時代はインターホンの種類に関してもたくさんの種類のものがありますが、様々な商品をしっかりと比較して各家庭に合ったものを選択するようにしましょう。使わない機能が付いていても高額となってしまいますのでまずは目的を明確にすることが一番重要になります。

また、増設などに関しては経験と実績のある業者に依頼することがおすすめできますが、業者により費用などが異なってきますので前もって見積もりなどをしてもらうようにして、その後に納得した上で依頼することが大切になってきます。