インターホンの交換方法と選び方 自分で交換出来る?

作業費6,000円~対応中!
インターホン

インターホン・ドアホンはいつも身近にある機械です。あまり当たり前過ぎる存在であり、そこに機械があること自体意識する機会かないかもしれません。
インターホンは機械なので壊れることがあります。そのとき新しいインターホンとの交換を余儀なくされるでしょう。
家電ショップへ行けば、もっと新しいタイプのインターホンが販売されているかもしれません。

インターホン・ドアホンは、いちいち業者に依頼をしないでも、自分で簡単に交換出来るのでしょうか。とても身近な存在なのにわからないことだらけです。そんなみなさんに、良いアドバイスが出来ればいいのですが。

インターホンの種類・選び方

インターホン・ドアホンは、鳴ればいいと思っている人たちもいるかもしれません。家電量販店などを覗けば、いろいろ画期的機能の備わるインターホンも見つけることができるでしょう。

お家はチャイムがあればいいという時代でもなく、2000年時代の300億円から2016年には790億円に大きく上昇するほど市場規模も育ち、様々なインターホン・ドアホンの種類が求められています。

現在、どのようなインターホン・ドアホンが求められているのかといえば、まずテレビ付きインターホンでしょう。ただベルを鳴らすだけでなく、画像によって相手を確認することができます。 現在、多くのモデルは、録画にも対応することができます。

インターホン・ドアホンの名前の違いは、現在ほとんどないと考えていいでしょう。それぞれの人たちが、好きな言い方をしていますが別にそれで大きな問題はありません。

チャイムと通話

一般的タイプのものは、チャイムと通話をすることができるモノです。親機に対しては、ハンズフリーで会話出来るものと、受話器を利用するものとがあります。機能はシンプルなので、設置が非常に簡単という特徴があります。

無線タイプ

無線タイプのものは、玄関の子機と室内の親機をワイヤレスで繋ぎます。玄関と室内に配線がないので、設置は簡単に出来、インテリア的にも見た目がスッキリしています。

「DECT」に準拠したワイヤレス方式を採用しているものがほとんどで、 1.9GHz帯を利用し、2.4GHz帯の無線LAN機器との干渉がなく、障害も少なく済ますことができます。

カメラが搭載

玄関に設置してある子機に対してカメラが搭載されているタイプのものがあります。最近では、カラータイプのモノが多く、画像もとてもクリアです。

外が暗い状況でも、LED照明がついているから外の様子をはっきり確認することができます。

最近のテレビタイプのモノは録画出来るタイプが多く、動画、静止画を確認することができます。録画したモノは、内蔵メモリやSDカードに保存することができます。

商品によっては、左右170°、かつ真横の位置まで見渡すことができる広角カメラ機能を備えるものもあり、セキュリティーの問題を考えると一番レベルの高いモノを購入しておくことがまずは安心出来る方法です。

ズームと、広角をスイッチ一つで切り替えOKのモノもあり、必要に応じて対応出来るのでとても便利です。

防犯・防災機器と連動

最近ではインターホン・ドアホンをセキュリティー重視で一番レベルの高いものを求める方々も多くなって来ています。日本もそれほどいい治安とは言われることのない時代となってしまったので当然の結果です。

昔以上、インターホン・ドアホンの買い換えのモチベーションも高まったということができます。

インターホン・ドアホンの中には、防犯・防災機器と連動できるモデルの需要が高いです。電気錠と連動したり、インターホンや連携端末からドアを解錠できたり、インターホンやドアセンサー、窓の開閉センサー、ファックスなどを連携させることができる機能によってより安心感がもたらされることになります。

スマートフォンと連携

そしていま、注目されている商品は、スマートフォンと連携出来るタイプです。スマートフォンから相手と対応することができ、外出先からも応対出来、特に不在が多いという方々におすすめです。外出先からでも、家の異常を適格に察知することができます。

更にこんなインターホン・ドアホンもあります

更に、みなさんのニーズに合わせ、いろいろなタイプのインターホン・ドアホンが次々登場しています。みなさんの暮らしを守るものがインターホン・ドアホンなので、やはりずっとそのままというのではなく、そろそろ家電量販店などへ行き、市場調査をする頃かもしれません。

親機のほかに、ポータブルな子機が増設できるインターホンもあり、いろいろな場所に、子機を設置することができます。

長い期間しっかり機能し続けなければならないものなので、メーカーにも拘りを持つ必要があるでしょう。インターホン・ドアホンは、安ければ安いほどいいということにはならないでしょう。
ちょっと価格が高いとしても、知名度の高いメーカーから購入するのがいいでしょう。

自分で交換できる場合・できない場合

家電量販店で新しいタイプのインターホン・ドアホンを購入しようと思ったとき、インターホン・ドアホン程度のものは、お持ち帰りして自分でつけることができるのではないかという意識を持つ人たちも多いでしょう。

お持ち帰り出来るギリギリの大きさだから、即利用したい気持ちも高まってしまうことでしょう。ただし、インターホン・ドアホンは、自分で取り付けが出来る場合と、そうでない場合があります。ここあたりはインターホン・ドアホン購入時における大事なポイントです。

インターホン・ドアホンはいつも必要な機械なので、故障して業者の取り付けスケジュールにいちいち合わすことができないという方々もいるでしょう。しかし、注意しなければならないのは、持って帰っても自分では出来ないケースもあることです。

自分自身で取り付け、交換可能な場合

自分自身でも取り付け可能なインターホン・ドアホンは、電源プラグ式インターホンです。電源プラグ式インターホンは、機械を交換するだけなので、はじめての方々でも簡単に取り付けすることができるでしょう。

乾電池式インターホンのタイプのモノも、自分で取り付け可能です。近くにコンセントがあって電源を付けることができるのであれば、想像しているよりも簡単に取り付けすることができます。

業者に依頼しなければならないケース

逆にインターホン・ドアホンは、業者に取り付け依頼をしなければならないケースもあるので注意してください。

電源直結式インターホンでは、電源プラグ式のコードもなく、電源を壁の中からとっていることもあり、壁の中の配線を素人が触るとインターホン・ドアホンが動作しないだけではなく、感電の恐れもあり大変危険です。

熱感知器やガス警報器などと連動しているタイプのモノもあり、そのようなモノは規格が合わないということもあり、業者にはじめから依頼するのが妥当な対応でしょう。

昔からあるチャイムをずっと使用していたという方々も、配線の問題などなかなか手出しが出来ないものなので、最初から業者に依頼するのが無難でしょう。

更に、 玄関子機からの呼び出しに電話で対応するモノに対しても、配線を直す作業が必要になるので、業者に任せるようにしてください。

マンションにお住まいの方々の場合、オートロック機能と連動しているタイプのものが多いです。ほとんどそのような機能も、素人が勝手に取り付け対応出来るものではありません。

自分でやろうとして、壊してしまったりすれば事態を大きくしてまうことになります。ちょっと手間や時間がかかるとしても、最初から業者に依頼する姿勢が賢いのかもしれません。

自分で交換するときの手順

インターホン・ドアホン交換が自分で可能か否かをまず判断して行動をおこすようにしてください。業者に依頼をしないでも、インターホン・ドアホンは簡単に自分で交換出来るケースもあります。

少しでも費用を抑えたいとか、即利用したいという方々は、マイナスドライバー、プラスドライバー、そして、アンカービス程度のものがあれば簡単に交換できることもあります。

一番シンプルに取り付け出来る手順はこのような流れです。

親機の取り外し

まず、ドアホンの親機のコンセントを抜きます。チャイムコードを切らないように注意して、親機を外してください。

次には、親機からチャイムコードを抜きます。ほとんどのケースでは、 押しボタンまたはマイナスドライバーをさし込んで外すことになります。

子台は、プラスドライバーを使用して、ネジをゆるめて外します。親機の台座は、ほとんどネジ止めなので、プラスドライバーを使用して外してください。

子機の取り外し

次は玄関の子機を外します。玄関の子機を外す時には、マイナスドライバーを使用し、さし込んで外します。チャイムコード切らないように注意してください。

そして子機のほうからチャイムコードを抜きます。押しボタンまたは、マイナスドライバーを使って簡単に抜くことができます。端子台のほうは、プラスドライバーを使ってねじをゆるめて抜いてください。

新しい親機の取り付け

子機の台座を外し、 新しい親機の台座をねじで止める作業をします。親機の重みに耐えることができない壁もあるので注意するようにしてください。そのような時には、ボードアンカーで固定をします。

そして、台座に親機をつける作業をします。このあたりは説明書を確認して行うようにしてください。

新しい子機の取り付け

次に、子機の台座をねじ止めをして行きますが、 子機の場合も重みにダウンしそうな壁の場合は、ボードアンカーで固定するようにしてください。

その後、子機にチャイムコードを差し込みます。台座に子機を固定する時には、雨に晒されないよう、隙間のないように固定をしてください。

最後に電源コードをコンセントに差しこむ作業です。初期設定等は説明書を見ながら確実に行うようしてください。

自分でできないときは業者に依頼を

インターホン・ドアホンを自分で交換するのはちょっと難しいという決断も時として必要です。そのような時は、即業者に依頼をします。

でも、そのとき大体料金がいくら程度なのかも非常に気になる問題ですよね。大体ですが、相場は、7,000円~9,000円あたりということです。業者がいつ来てくれるのかにもよりますが、来てくれればだいたい作業は30分程度で済ますことができる程度の簡単な工事で終了します。

7,000円~9,000円あたりの相場で、時間は30分程度というのなら、自分でした時のリスクなど考えると迂闊に、素人の方々が手出しをしないほうがいいかもしれないですよね。

どのような業者に依頼すればいいか

どの業者に依頼すればいいかといえば、まずは出来るだけすぐに来てくれる業者に依頼するのがいいでしょう。いま混んでいて、お伺いするのは一ヶ月先になります……なんてやはり最悪です。

でも、すぐに来てくれるからその業者が全部良心的業者かといえばそうではありません。中には結構悪徳業者もあるというので、素人の方々は特に注意をしなければなりません。

業者を選択する上でのポイントは、インターホン・ドアホン交換作業の経験が豊富であることです。作業代金の詳細が明確だというのも安心出来る判断材料です。

かつ、インターホン・ドアホン交換は、工事の方法によって、第二種電気工事士の資格が必要になるので、悪徳業者の場合、資格取得がないまま、お客様がわからないからいいやというモチベーションで作業をしてしまうかもしれませんので注意が必要です。

どのような業者に依頼すればいいか素人の方々はなかなか判断がつかないかもしれませんが、最初に3社程度見積もりを依頼すれば、比較することによって見えてくるものがあります。

最初に面倒くさいからこの業者でいいやという決め方をしてしまうと悪徳業者につかまってしまうリスクも高まってしまうでしょう。

いかがでしょうか。インターホン・ドアホン交換は、思ったよりも自分で簡単に出来ると思った人たちがいるのは事実です。ただしだから自分も簡単に出来ると考えると思わぬ罠にはまってしまうことがありますので注意したほうがいいでしょう。

かえってインターホン・ドアホン交換は、なかなか自分で交換作業は難しいから業者に任せようというモチベーションの方が素人判断として正しいのかもしれません。 インターホン・ドアホン交換は、人それぞれの問題を抱え、ケースバスケースだということをあらかじめ理解し行動してください。