インターホンで通話ができないトラブルに見舞われた場合の対処法

作業費6,000円~対応中!
インターホン

インターホンは各家庭で様々な活用法があると思いますが、何よりもトラブルなどがない状態で使っていく事が大切になっています。しかし、どんな機器でも同じですが、トラブルを引き起こしてしまう事もありますが、焦らずしっかりと余裕をもって対応していく必要があります。

はじめに

インターホンを活用している中で通話ができないトラブルを招いてしまうと故障と勘違いする場合もありますが、自分で解決することができることもありますので、焦るのではなく、先ずは自分ができることを試してみるようにしましょう。通話ができない状態になってしまうと実際に使い勝手が悪くなり不便に感じてしまいますが、自分なりにできる対応を行ったあとに、故障と感じた場合には業者に依頼するなどして解決を考えていく必要があります。

①通話ができない故障の原因

異常のあるインターホン
異常のあるインターホン

実際に通話ができない場合には故障と勘違いしてしまう場合が多いのですが、故障の原因を知ることによりどのように対応していけばよいのか理解することができると思います。

1.1 マイクの故障

インターホンの故障については、相手の会話が聞こえない場合や自分の声が相手に聞こえないというトラブルがあります。その場合には、室外、室内に問わずマイクやスピーカーが故障してしまっている場合も多く、どの部分が故障しているかしっかりと確認する必要があり、自分では判断できないと感じた場合にはプロの方に依頼して診てもらうことにより、早く解決に導くことができます。

1.2 ケーブルの不具合

機器を繋ぐケーブルなどの配線系にトラブルが起こっている場合には、通話に問題が生じてしまうケースもあり、その場合には修理工事が必要になってきます。配線系のトラブルに関しては自分では解決することができませんので電気工事士の資格を持っている専門の業者に依頼する必要があり、自分で工事を行うと危険を伴いますので避けるようにしましょう。

1.3 機能や設定ミス

通話ができない状態になってしまった場合には、設置の確認を行ってみましょう。設定ミスをしている可能性もあり、音量の設定が小さくなっている場合やプレストーク機能を押さずに会話をしている場合もあります。どのように設定確認を行ったらよいかわからないという場合には、説明書を参考にすることがお勧めできます。確認後に設定が問題となっていない場合には業者に修理を依頼するようにしましょう。

1.4 機器の寿命

インターホンには寿命があります。通話機能に問題が起こってしった場合には自分がどの程度インターホンを使っているのかしっかりと見直してみましょう。一般住宅の場合には約10年程度が寿命となっていて長く使っているという場合には機器を新しいものに交換することがおすすめできます。電気屋さんに依頼することにより、各家庭に合ったインターホンを設置してくれますが、最近ではインターホンも進化していますのでどのような種類のものがあるのか確認して各家庭に合ったものを選択しましょう。

②インターホンの取り付け、修理の相場

インターホンの取り付け
インターホンの取り付け

インターホンの取り付けた修理費用に関しては、使用する材料や施工方法などにより差がありますが、しっかりと説明をしてくれる業者に依頼することが大切になります。

2.1 取り付け、費用のポイント

最近の住宅はインターホンを設置している家庭が多くなっていますが、セキュリティーの関係やモニター付きのものが人気となっています。インターホンを取り付ける際や修理を行う際に注意する点としては、高さや角度、場所がポイントとなり、高すぎても低すぎても良くないと言われています。特に低い場合には子供などがいたずらする可能性があり、カバンや荷物が触れてしまうことで誤作動を起こしてしまう事もあります。そのために、角度は人の声をしっかりと拾うことができる場所を選ぶ必要があり、モニター付きに関しては、広い範囲で顔を映し出すような角度に設定するようにしましょう。場所はそれなりに分かりやすい場所を選ぶ必要がありますが、車や人通りの多い場所では雑音などで聞き取り憎い状態になってしまう事もありますので、その辺もしっかりと考えて設置する必要があります。

2.2 費用を抑えるポイント

インターホンの取り付けや修理の費用に関しては施工方法や取り付ける種類により差が出てきます。修理内容に関しても現状の設備などにより価格に差が出ます。最近ではインターホンはモニター付きの他にも録画機能が付いているものもあり、高機能のものは商品代金が高額なり、プラス施工費用が掛かるといえます。そのために、インターホンを購入する際には、自分が使う機能をしっかり把握して選ぶ必要があります。新規でインターホンを取り付ける場合には配線工事などが必要なりますので、交換費用よりも高額になってしまいます。交換の場合でも取り付けられている機種と違ったものを選ぶことにより配線工事が必要になったり、長く使っている場合には配線の見直しなどが必要になり、費用はインターホン本体の価格とプラスされて請求となります。費用を抑えるポイントとしては、特にメーカーなどにこだわりがないという場合には、機能してる機能を業者に伝えることにより、機能的に要件を満たす商品を提案してもらうことができますし、同じ新品でも最新型は高額なので、型が古いものを選ぶことにより安くインターホンを取り付けることができます。取り付けや修理に関しては業者により費用が異なってきますので、何よりもたくさんの業者を比較することが最大のポイントで複数の業者で見積もりを取ってから依頼するようにしましょう。

2.3 インターホンの取り付け

インターホンを取りつけておくと玄関の外に出ない状態で家の中で来客と会話をすることができて、取り付けはベルの配線をそのまま活用することが可能なので、大掛かりな工費は必要なく取り付けることが可能です。しかし、配線が通ってない場合には電気修理を行う必要があり、インターホンの取り付けや修理を行う際には、素人では危険を伴うことがありますので電気工事士の資格を持っている専門の方に依頼する必要があります。

2.4 インターホンのメリット

インターホンを取り付けるメリットとしては、防犯面でのメリットが一番大きいといえます。インターホンの種類にはシンプルで会話だけができるものやモニター付きが主流となっていますが、何よりも防犯目的で活用する場合には、録画機能や警報機能などが搭載されているものを選ぶのがおすすめできますし、ワイヤレスタイプのものを選ぶことにより、家の中のどこにいても来客に対応することができますので便利に使用することができます。

③インターホンの種類

今の時代は便利な時代となりインターホンも進化していてたくさんの種類のものが販売されています。年々進化をしているインターホンはどのようなものがあるのでしょうか。

3.1 ドアホン

一般的な住宅用のインターホンといえばドアホンだと思います。呼び出し機能や通話機能だけでシンプルなので手軽に活用することができて、屋内の親機には受話器の付いたタイプとハンドフリーのタイプがあり、テレビ画面がないので誰が来たのか確認する事が出来ませんが、シンプルな機能で価格も手ごろで取り付けることができるタイプで人気となっています。

3.2 テレビ機能付きドアホン

最近では一戸建てや新築マンション、アパートなどに付いているのが、テレビ機能付きドアホンです。門扉や玄関にカメラ付きの子機が設置してあり、屋内に取り付けたテレビのモニターで訪問者を確認する事ができて受話器の付いたタイプとハンズフリータイプがあります。

3.3 セキュリティー機能付きドアホン

呼び出し、通話機能だけでなく、ガス漏れや火災、非常通報などのセキュリティー機能が搭載されているドアホンです。テレビ機能と同じで新築やリフォームを行う際に人気となっているタイプで撮影画像、録画機能の性能に含まれているので子供部屋に子機を取り付けることにより、別の部屋にいても子供の様子を確認する事が可能でスマホでも確認できて会話が可能となっています。

④インターホンの選び方

インターホンの交換や取り付けを行う際にはしっかりとどのような商品があるのか把握して自分の家庭に合ったものを選択する必要があります。自分では判断することが難しいと感じる場合には親身になってくれる業者の方に相談してみるようにしましょう。

4.1 取り付け工事付き商品

取り付け工事付き商品については、取り付け工事費用と本体の費用が同時に含まれている商品のことです。一般的には業者に依頼して、設置工事費用とインターホン本体と別々で支払う必要がありますが、取り付け工事付き商品に関しては、その中に取り付け費用も含まれている価格なので、他に費用を支払う必要はなく、セットになっているのでお得に取り付けることができます。インターホンを取り付ける際には費用などを明確に知りたいと感じる人も多いと思いますが、このタイプのものは費用は商品代金と一緒に含まれているのでそれ以上の費用をかけることなく設置することが可能となっています。

4.2 目的を明確にする

実際にインターホンの設置や修理、交換などを検討する場合には目的をしっかりとハッキリさせる必要があり、インターホンの種類についてもたくさんの種類があり、商品により機能が違いますが、機能が充実しているタイプのインターホンは高額といえます。しかし、機能を使う場合にはその商品を選ぶのが良いと思いますが、機能を使わない場合には他のものを選ぶのがおすすめできます。そのために、インターホンを使う目的をしっかりと考えることにより、各家庭に合ったものを選ぶことができると思います。

4.3 業者の選び方

インターホンの設置や修理などを行う際には業者に依頼する必要がありますが、中には悪徳業者もありますので慎重に選ぶ必要があります。まずは電話連絡やネットなどで依頼を行うと思いますが、その時にはスタッフの対応を確認するようにしましょう。丁寧に対応してくれるかスピーディーに対応してくれるかなどを確認する必要があります。インターホンの設置や交換については機種によっては素人では取り付けが不可能といわれています。その中で実際にどのような実績があるのかホームページなどを参考にしてみるようにしましょう。口コミや評判を参考にすることも大切でネットなどで業者について調べることにより、口コミなどを参考にすることができると思います。インターホンの設置や交換については、その場だけでなく後々トラブルや不具合などが生じてしまったことを考えて、アフターフォローが充実している業者を選択することが大切になります。

⑤トラブル解決法

インターホンを使っている中で通話ができないトラブルの場合には、最初に確認する課題としては設定です。通話音量が小さすぎないか、プレストーク機能を利用しているかなどを確認してみるようにしましょう。確認後に異常がない場合には、マイクやスピーカー、室内機と室外機を繋ぐケーブルに問題がある場合がありますので、一度業者に依頼して状態を見てもらう必要があります。

ケーブルなどの配線の問題に関しては自分では解決することが難しいのでしっかりと専門の方に依頼するようにしましょう。プロの電気屋さんに依頼することにより、早急に解決することができます。また、自分が使っているインターホンはどの程度の期間使っているのか考えてみましょう。

長く使っている場合には、インターホンの寿命といえますので買い替えを検討してみるようにしましょう。長く使っていて修理費用をかけるとすぐにトラブルが出てしまうと後で後悔してしまうという場合もありますので、インターホンの状態をしっかりと確認してもらった上で修理か買い替えを決めるようにしましょう。業者により修理が不可能という場合もありますのでその際には買い替えを行う必要があります。

どんな機器でも同じですが、長く使うことにより様々なトラブルや問題が現れてきますが、その中で自分では判断できない場合には、しっかりと専門業者に依頼することにより解決することができるだけでなく交換の際にも自分の家に合ったものを選択することができると思います。

まとめ

インターホンは各家庭で活用されているアイテムですが、通話ができなくなってしまうとわざわざ玄関を開けてお客さんが誰なのか確認する必要があります。そうなってしまうと不便に感じてしまいますので早めに解決に導いていく必要があります。

今の時代は進化したインターホンが販売されていますが、大切なことは自宅に必要な機能が搭載されているものを選ぶことが大切で、使わない機能が搭載されているものではなく、使う機能を重視して選択するようにしましょう。業者の方に相談することにより、自分に合ったものを選ぶことができますが、何よりも信頼と実績のある業者に依頼するようにしましょう。また、取り付けや買い替えの際には費用の見積もりを依頼することにより、どの程度が必要になるのか知ることができると思います。