インターホンの音がならない・呼び鈴がしない時の解決法

作業費6,000円~対応中!
インターホン

今の時代は各家庭にインターホンが付いていますが、インターホンといって様々な機能が搭載されて年々進化していますが、その中ではトラブルなどが起こってしまう場合もあります。そんな時にはどのように対処していけばよいのでしょうか。

はじめに

インターホンはお客さんが来た際などに便利に活用するアイテムとして各家庭に設置されています。その中で代表的なトラブルとしてはインターホンの音がならない、呼び鈴がしないというようなことが起きてしまうケースもあります。そんな場合にはどのように対応していけばよいのでしょうか。実際に原因を知ることにより対策などを行うことができます。しかし、トラブルの原因については状況などにより違ってきますのでどのような状態かしっかりと把握することが解決を早急に行うポイントになっています。

①インターホンの故障の原因

故障したインターホン
故障したインターホン

インターホンは当たり前のように活用していても、急にインターホンの音がならない、呼び鈴がしないというようなトラブルが起こってしまう事があります。原因を知ることにより、状況に合った対応を行うことができると思います。

1.1 電源の確認

インターホンの音がならない、呼び鈴がしないというようなトラブルに関しては、一番に確認する必要がある問題としては、室内機と室外機の電源が入っているかどうかです。実際に普段に使っている中で音がならない状態になると故障と思ってしまう人も多いと思いますが、電源が入っているかどうかをまず最初に確認するようにしましょう。電源が入っていない場合には、電源を入れてください。電源が入っているのにインターホンの音がならない、呼び鈴がしないという場合には、電気屋さんなどに原因を調べてもらうことが必要になります。

1.2 機器の故障

インターホンの音がならない、呼び鈴がしない場合には、機器が故障している可能性が考えられますが、機器には親機と子機の2つがあります。どちらがトラブルを起こしてしまっているのかについては、自分では判断することができませんし、配線などの修理が必要になるケースも多いので電気工事士の資格を持っている方に依頼して修理をお願い知りようにしましょう。プロの業者に依頼することにより早急にトラブルを解消することができます。

1.3 寿命

インターホンの音がならない、呼び鈴がしないというケースで多いのが本体の親機が子機が寿命を迎えている場合があり、24時間稼働し続けているので寿命を迎えやすしと言われています。一般的な寿命としては10年~15年といわれていますが、解決するためには交換が必要になりますが、古くなってしまうとトラブルが多くなってしまうので10年程度使っていて故障してしまったと感じる場合には修理ではなく交換がおすすめできます。

1.4 音量設定がおかしい

インターホンの呼び鈴が聞こえないというようなトラブルが多いと言われています。その場合には音量の設定が原因となっている場合もあり、トラブルと勘違いする事も多いのですが、音量の設定を見直してみましょう。設定を確認する事により音が小さくなっている場合には音量を上げることにより解決することができます。設定を変えても音が聞こえない場合には、修理業者などに依頼して状態を確認してもらうようにしましょう。

②インターホンのトラブル解消法

今の時代はたくさんの種類のインターホンが販売されていますがその中で故障たトラブルを起こしてしまう場合もありますが、インターホンの音がならない、呼び鈴がしない状態を解消するとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

実際にインターホンの音がならないと状態になると故障と感じるのですが、意外に多いのは電池が切れている場合が多いといえます。そのために故障と感じて焦ってしまう前に電池の交換を行ってみましょう。一度行うことにより、次に同じような状態になった際には電池の交換が必要という事が理解できているので焦ることなく対応することができると思います。

電池を交換しても解決することができない場合には、外部の子機をチェックしてみましょう。チェック方法としては、ネジを外して子機を外し、それに繋がっているコードを外します。外した2本のコードの端と端を接触させて、音が鳴れば子機の不良という事がわかります。ならない場合にはもとに戻ししましょう。

その後に室内の親機をチェックしてみましょう。室内の親機を取り付けている壁面から外して、ネジ止めではなく壁用の取り付け爪に引っかけて止めてあることが多いので本体の下を持ち上げることにより外れるようになっています。子機の場合と同じようにコードを外して、コードの両端を接触させてショートさせます。距離が不足している場合には針金など電気を通す部材を使うことがお勧めできます。これで音が出れば親機は正常とできます。

どの方法を試しても原因を把握すことができない場合には、インターホンを使っている年数を考えてみましょう。10年以上使っている場合には思い切って新しい機種に交換することがおすすめできます。業者に依頼することにより修理も可能となっていますが、古くなってしまうとトラブルが多くなってしまうので、お客さんが多い家庭では快適に使うために新しいものを交換することがおすすめできます。

③インターホンの取り付け工事

取り付け工事
取り付け工事

インターホンの取り付け工事に関して専門の方に依頼する必要がありますが、その中で大切なことは様々な点を比較して決める必要があります。

3.1 取り付け工事付き商品

取り付け付き工事商品については、商品を購入する事により取り付け工事も込みなっているインターホンのことで、インターホンの商品代金に工事費用が含まれて販売されています。家電量販店などではインターホンを工事費込みの価格で販売していることが多いのです。逆にネットなどで購入した場合にはインターホンだけの購入となりますので別に取り付け費用が必要となってきます。そのことをしっかりと含めて考えるようにしましょう。

3.2 商品の選び方

インターホンを選ぶ際には、デザインはもちろんですが、機能についてもしっかりとチェックする必要があり、家族構成や間取り、ライフスタイルなども考えた上でシンプルなものを選択するか、機能が充実しているものを選ぶかという事を考えてみましょう。実際に予算などに関しても各家庭で考えると思いますが機能が充実している商品に関しては高額になってしまう傾向にありますので、しっかりと自分が求めているインターホンを購入するようにしましょう。

3.3 インターホンの種類

インターホンの種類ですが、交換を検討している人は次に取り付ける商品を選ぶ必要がありますがどのような種類のものがあるのかきちんと把握しておくようにしましょう。

・インターホンは呼び出し機能と通話機能だけのものをいいますが、親機に受話器が付いているタイプのものとハンズフリータイプのものがあり、機能がシンプルなので価格も比較的に安く交換する際にもコストが少なく済むというメリットがあります。

・テレビ機能付きインターホンは、門扉や玄関に設置される子機にカメラ機能などが搭載されています。室内で訪問者を確認することが可能なために、お客さんが来た時でもだれが来たのか画面で確認することが可能となっています。通常のインターホンを同じように親機に受話器が付いているタイプとハンズフリータイプがあるのでしっかりと自分に合ったものを選択するようにしましょう。

・セキュリティー機能付きインターホンは、テレビインターホンの機能にセキュリティー機能がプラスされたもので、防犯や火災、ガス漏れ、水漏れ警報、非常押しボタン機能、センサーライト機能など様々な機能をプラスできるタイプとなっています。

④自分で交換するか、業者に依頼するか

インターホンを交換する際には自分で交換する方法と業者に依頼する方法がありますが、どちらにもメリットとデメリットがありしっかりと両方を把握することにより自分に合った方法で交換することができると思います。

4.1 自分で交換する

自分でインターホンを交換する場合には、何よりも費用を抑えることができるという事が最大のメリットとなっています。業者に依頼するよりも安く交換することができます。しかし、インターホンの種類によっては自分で交換できないものもありますので、インターホンを選ぶ際に限られて商品しか取り付けることができないという事が挙げられます。実際に取り付けられている商品の新しい型番を購入すると手軽に取り付けが可能ですが、機能などが違ったものを選ぶことで取り付けは不可能となりますのでしっかりと確認して商品を選ぶ必要があります。また、電源プラグ式か乾電池式以外のインターホンについては自分で交換することが不可能で、電源プラグがなく機器に直接電源線を引き込むタイプのものは感電などの危険を伴う作業を言えますので交換する際には電気工事士の資格が必要となります。

4.2 業者に依頼する場合

業者にインターホンの交換をお願いするメリットとしては、家庭に合ったインターホンを設置してもらうことが可能となっています。インターホンを設置するには様々な工事方法があり、専門的な知識を持っている業者に相談することにより、新しい回線が必要な最新型のインターホンも取り付けることが可能で、インターホンを選ぶ時にも様々なタイプを比較することができて、どのタイプでも業者に依頼する事で取り付けが可能となっています。また、保証やアフターフォローなどが充実している業者に依頼することにより、その後のトラブルに関してもしっかりと対応してくれます。デメリットとしては費用がかかるという事が挙げられますが、しっかりと業者で費用を比較して自分に合った業者を探すことにより、快適に交換することができます。

⑤インターホン修理費用の相場

インターホンの音がならない、呼び鈴がしない時は業者に依頼して修理を行ってもらう必要がありますが、修理を依頼した場合にはどの程度の費用が掛かるのでしょうか。

インターホンの音がならない、呼び鈴がしない場合に業者に依頼する費用としては5000円~10000円程度となっていますが、修理内容で価格に差が出てきます。全体を交換する場合には商品代金と商品代が必要で2万~6万程度かかります。また、同じ機種を付ける場合には余計な費用は掛かりませんが、インターホンの種類を交換する場合には電源を取る配線工事が必要となってきますので5万~6万円程度かかります。

施工会社に修理を依頼する場合には、保証期間内であれあば故障した際の修理も無料で、期間を過ぎてしまうと修理業者と同じように費用が掛かってしまいます。インターホンのメーカーも保証期間を定めていますので、インターホンを取り付けてからすぐにトラブルが起こってしまった場合には、メーカー保証の内容を確認してみるようにしましょう。

インターホン自体の価格に関しては、本体価格についても3000円~60000円程度となっていて、やっぱり良い機能が搭載されている場合にはそれなりに高額となっていますので、インターホンを購入する際や交換する際には自分が上手に活用できる機能が付いているタイプのものを選ぶようにしましょう。機能だけを重視して選んだ場合には、使わない機能もあり無駄になってしまいますのでどのような、目的で使っていくのかを明確にすることにより、自分に合ったタイプのインターホンを購入することができると思います。

電気屋さんなどにより違いがありますが、インターホンの音がならない、呼び鈴がしないというようなトラブルが起きてしまった時には、調査の結果で故障している場合には買い替えが必要となります。修理が不可能と判断されてしまうケースもありますので自分で判断できない場合には業者に依頼することにより、早急に解決することができると思います。

まとめ

インターホンの音がならない、呼び鈴がしないというような状態になった際には自分なりにできる対応を行っても解決することができない場合には、専門業者に依頼するようにしましょう。インターホンは他の家電と同じように寿命がありますが、10年~15年程度といわれていて、年数がたつと不具合が発生しやすくなってしまいます。

修理を依頼して修理してもすぐにトラブルを起こしてしまうという場合もありますのでしっかりとインターホンの状態を確認してもらうことにより修理で使っていく事が可能か、新しいものに交換したほうが良いのは判断することができると思います。

インターホンの音がならない、呼び鈴がしない場合には業者に依頼すると思いますが、依頼する際には、豊富な実績があるか、在庫数は十分か、電気工事士など工事に必要な資格を持っているか、アフターフォローや保証がしっかりしているか、対応が丁寧でスピーディーであるかという事をしっかり確認して依頼する必要があります。ホームページなどを参考にすることで、信頼できる業者を選択することができると思いますので自分なりに比較して安心して依頼することができる業者を探すようにしましょう。