宝塚市壁面スイッチが反応しないときの修理や交換の配線工事をする方法

スイッチ修理6,000円~対応中!

壁面スイッチの取り替えや修理には資格が必要

壁面スイッチの修理と配線工事の調査

兵庫県宝塚市中筋のK様

洗面所の壁面スイッチが反応しない

洗面所にある壁に埋め込まれている電気スイッチ
洗面所にある壁に埋め込まれている電気スイッチ

兵庫県宝塚市中筋にお住まいのK様から、洗面所の壁にあるスイッチが反応しなくなったため、自分で取りはずしてみたとのこと。しかし、配線のことはよくわからないため、電気工事士の資格がないとできないからと配線の調査とスイッチの修理の依頼がありました。

スイッチが、反応しなくなった場合に考えられることは、スイッチ本体の不具合によるものか、もしくは配線のトラブルかのどちらかになります。スイッチの故障なら中に入っているバネを交換することでも解消できますが、配線のトラブルとなれば、通電の調査や配線の交換など、専門知識と技術が必要です。

配線工事を伴うようなスイッチの修理は、電気事業法によって、電気工事士の資格保有者にしか修理ができません。今回のお客様も洗面所のスイッチを壁面から取り外すことまで自分で試みたけれども、それ以降の修理は配線の問題もあり専門業者に依頼いした次第とのことです。

スイッチの不具合をチェックしてみる

電気のスイッチを壁面から取り外したところ
電気のスイッチを壁面から取り外したところ

スイッチが反応しなくなった場合には、まず本当にスイッチの故障なのかセルフでチェクしてみましょう。一時的な停電の可能性であったり、スイッチ本体の問題ではないことも考えられます。

まず、照明の電球が切れていないか?新しい電球に交換してみるとわかりやすいですね。電球の交換で、電気がついらのならば、スイッチの故障ではないと判明します。それ以外には、電気のブレーカーが落ちていなかも調べてみましょう。ブレーカーが落ちている場合はどのブレーカーなのかによっても対処方法が変わってきます。

洗面所に繋がるブレーカーなのか?それとも漏電ブレーカーなのか?もし、ブレーカーが落ちているようなら、スイッチの故障とは別の問題の可能性が高いため、すぐに電気工事の専門業者に調査を依頼したほうが良いでしょう。そして、電球やブレーカーにも異常が見られないようなら、自己判断も難かしくなるため、やはり業者を呼んだほうが解決も早くなります。

電気スイッチは自分で交換できる?

壁面スイッチから通電しているかを調べてみる
壁面スイッチから通電しているかを調べてみる

スイッチが故障したときに、なんとか自分で修理や交換ができないものかと思ってしまうかも知れませんね。壁に埋め込まれているスイッチは、カバーがビス留めになっているため、ドライバーで簡単に取り外せます。

スイッチはホームセンターやインターネットの通販でも販売されており、自分でも交換できそうですが、壁の中には電気の配線があり、配線とスイッチを接続する作業は、先に述べているように素人が修理できるものではありません。

電気に関しては、自分で修理しようとはせずに業者に依頼することが先決です。今回のお客様のように途中まで自分で取り外すことで、元は問題なかったはずの配線を傷つけてしまうことでも起これば、工事が困難になる可能性もあります。スイッチの故障と気づいたら、後々の業者の仕事にも影響してくるため自分で対処しようとは考えないほうが良いでしょう。

電気のスイッチは修理よりも交換する

電気スイッチの配線状態をメーターで確認する
電気スイッチの配線状態をメーターで確認する

反応しなくなった洗面所の壁面にあるスイッチを調査したところ、やはりスイッチ本体のバネが効かなくなっていることがわかりました。ここで、スイッチのバネのみ修理をしたり交換で対応もできます。

ただし、スイッチ本体がかなり古いタイプの仕様になっており、今回スイッチのバネを交換したところで、すぐにまた不具合がでる可能性も高いと説明をして、修理にかかる費用からも検討してみるようにお客様へ伝えてみたした。

これからも毎日のように使用するスイッチは、劣化も早くなりがちなことから、新しいスイッチに交換することで、インテリアにあわせて一新できます。電化製品はある程度の年数が経つと無理に修理をするより新品に交換することで、より快適に使いやすくなる利点もあります。現場にて配線を調べたところ通電の異常もないため、スイッチ本体を新しいデザインに交換して対処することになりました。

電気スイッチの修理業者を選ぶ方法

新しく交換をした洗面所の壁面スイッチ
新しく交換をした洗面所の壁面スイッチ

スイッチが故障したときに、配線の調査も含めて電気工事を専門にしている業者に依頼したいと考えたときに、どの修理業者が良いのか判断が難しいものですね。もちろん電気工事士の資格保有者が在籍している業者を選ぶことも大切ですが、修理にかかる費用も業者ごとにバラつきがあります。

インターネットで、電工事や修理をしている業者を調べることは簡単になっているため、そこから、必ず無料の見積もりサービスを提供しているか確かめてみましょう。電話やメールで問い合わせて、複数の業者から見積もりをとってみることで修理費用や出張費用が、ある程度の目処が立ちます。

疑問に思うことや不明点の質問をして丁寧に回答してもられる業者なら、安心して任せられると判断して問題ないでしょう。見積もりの依頼をした際の対応や、ホームページ上にある実勢などから判断して最終的に決断してみることもおすすめします。

DIY・宝塚市電気スイッチを自分で交換したい

電気スイッチを交換する方法と手順

電気スイッチの種類から選んでみる

一般家庭で多く使用されている片切スイッチ
一般家庭で多く使用されている片切スイッチ

スイッチは、キッチンに洗面所と各部屋に合わせて、いくつも取り付けられており、毎日のようにONOFFを繰り返しています。使用頻度が多いことから、突然スイッチが反応しなくなることもあるため不便を生じて困りますね。

すぐに、スイッチを交換したいと思ってホームセンターや電気量販店に行くと多数の種類が販売されています。スイッチには、一般的な「片切スイッチ」から、小さなランプが点灯して暗闇で場所がわかる「ホタルスイッチ」や照明の光を調節できる「調光スイッチ」その他には、点灯か消灯かを判別しやすいように赤や緑のライトが組み込まれた「パイロットスイッチ」など、使用する場所や用途にあわせたスイッチがあります。

電気スイッチはこうやって交換する

片切スイッチのカバーを取り外したところ
片切スイッチのカバーを取り外したところ

壁面に取り付けられているスイッチは、表のカバーとスイッチ内部の機器に別れており、電気の配線は壁の奥からスイッチ内部の機器に繋がっています。スイッチを交換する際に必要な工具は、プラスドライバーとマイナスドライバーを基本に、精密ドライバーやニッパーを揃えていれば充分です。

スイッチを交換する前には、感電を防ぐため必ずブレーカーを落とすのを忘れないようにしましょう。そして、スイッチのカバーと取り付け枠は、ネジをドライバーで緩めれは外せます。スイッチの内部と電気の配線が、繋がっている部分もマイナスドライバーで取り外せば、新しいスイッチと交換できます。取り外したときと逆の手順で交換するす新しいスイッチを取り付けることになります。

電気スイッチの交換は業者に任せる

片切スイッチの内部と壁から繋がっている配線
片切スイッチの内部と壁から繋がっている配線

スイッチを交換する手順自体は、それほど難しいものではありません。しかし、配線工事を伴うため、日本の法律にある「電気工事士法」では、電気工事士の資格も持っていない場合は、作業をすることを認められていないとなります。

資格保有者以外が、電気の配線に関わる工事をすると処罰されるこになるだけでなく、配線ミスから、漏電や火災、または感電死など多くのリスクが懸念されます。スイッチくらい自分で交換したいと思っても、不慮の事故を避けるために電気工事の専門業者に任せたほうが何よりも安心です。もし気に入ったデザインに交換したい場合は、自分でスイッチ本体を購入して、取り付けを業者に依頼することもできるため、無料の見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

トイレの換気扇と照明を人感センサー付きに交換

人感センサー機能で消し忘れを防ぐ

トイレの換気扇が故障して交換する

取り替える前の故障したトイレの古い換気扇
取り替える前の故障したトイレの古い換気扇

トイレの換気扇が故障したため修理と交換の依頼で連絡がありました。高齢のお客様で、トイレの換気扇と照明の消し忘れを防ぐために人感センサーの機能が付いた換気扇と照明に交換したいとのこです。

換気扇が故障したタイミングで、新しく人感センサー付きの換気扇に交換するということは、古い換気扇を修理するよりも良い選択になるでしょう。そのついでに、トイレの照明も同じように人感センサーを付ければ、消し忘れて1日中付けっ放しになることも防げます。とく高齢者は夜中にもトイレに行くことが多くなり、暗闇で電気のスイッチを探すのも一苦労なことから考えても「人感センサー」付きに交換することは、とても役に立つのではないでしょうか。そして、あわせて照明と同時に電気のスイッチも交換するようになります。

人感センサー付きの換気扇と照明

トイレの換気扇と照明のスイッチの配線
トイレの換気扇と照明のスイッチの配線

人感センサーの機能は、電気のスイッチを常時ONにしておくことで、人を感知すれば点灯して、人の気配がないときには自動的にOFFになる仕組みになっています。よく玄関先にも防犯対策に人感センサーが付いた照明を使用している家庭もありますね。

トイレの照明は、消し忘れも多くましてや換気扇と同時に起動する仕様なら、電気代も無駄になってしまいます。人感センサーの機能は、換気扇と照明それぞれの機器本体にセンサーが設置されているタイプ以外にも、電気スイッチの本体に人感センサーを搭載しているタイプがあります。今回は、トイレの換気扇と照明をひとつの電気スイッチに人感センサーの機能がついたタイプを選んで設置することになりました。

換気扇やスイッチの交換は業者に依頼

人感センサー付きの新しい換気扇を設置
人感センサー付きの新しい換気扇を設置

現場のトイレの換気扇は、天井に埋め込まれたダクト式の換気扇で、天井には点検口もあり配線の状態がわかりやすいため、工事もスムーズに作業が、しやすくなっています。故障した換気扇を取り外して、天井裏のダクトや配線も切り離す作業を進めていきます。

トイレの照明は、既存のものをそのまま利用して、換気扇と合わせて人感センサー対応の電気スイッチに交換すれば、完了です。天井や壁に埋め込まれた電化製品の修理や交換は、配線工事を専門とした業者に見積もりをしてもらいましょう。わからなことなど適切にアドバイスしてもらえ満足できるように費用や希望する工事内容の条件に合う業者を選ぶことが大切です。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。