加古川市
電気のトラブルに即日解決・出張見積
作業費6,000円~(税抜)で問題解決!
県内39以上の
拠点から出動!

※ご依頼の約6割が5千円~1万円台の料金で完了しています。作業費は内容により変動し追加作業費がかかる場合があります。

ページの目次

折れたパラボラアンテナを新規設置する手順

強風で倒れた屋根の上のアンテナ

兵庫県加古川市志方町上冨木のM様
屋根の上のパラボラアンテナ
屋根の上のパラボラアンテナ

テレビアンテナが大きく転倒!

兵庫県加古川市志方町上冨木のM様より、テレビアンテナに関するご相談を頂戴いたしました。
その日は天候が荒れており、M様以外のお客様からもいくつかアンテナ関係のご依頼をいただいていたところでした。
M様は戸建てにお住まいで、ご自宅の屋根の上に設置してあるアンテナが強風で倒れてしまったということです。「リビングでテレビを見ていたところ、突然映らなくなった」「家中のテレビが映らない」「折れているかは確認できないが、派手に倒れている状態」と詳しいご事情をお話いただきました。

地デジ(地上デジタルテレビ放送)を見るには、アンテナで電波を受信しなければなりません。従って、何らかの理由でアンテナに不具合が生じれば、その瞬間からテレビが映らなくなるのです。
M様のご自宅は2階建て、ご自身で屋根に上ってアンテナを確認することは困難とのこと。なるべく早く映るようにしてほしいと仰られましたので、その日のうちにお伺いさせていただきました。

八木式アンテナのイメージ
八木式アンテナのイメージ

パラボラと八木式の違いは?

M様宅に到着後、スタッフが屋根の方みてみると、アンテナは今にも落下しそうな位置に倒れていました。
倒れているだけであれば、修理で元に戻せる可能性は十分あるでしょう。しかし、万が一折れているようなことがあれば、基本的にアンテナ自体の交換で対応することになります。アンテナの状態が分からなければ対処法もハッキリできないため、まずは屋根の上のアンテナを確認させていただきました。

アンテナは「パラボラアンテナ」で、別名「ディッシュアンテナ」とも呼ばれています。文字どおり、皿のような形をしているのが特徴的です。
アナログ放送の時代からおなじみ、魚の骨のような形をした「八木式アンテナ」との違いは、拾える電波の範囲にあります。八木式アンテナは水平方向であるのに対し、パラボラアンテナは水平・垂直方向の微弱な電波も拾うことができるのです。この特性を生かし、パラボラアンテナは衛星放送やスカパー、BS、CSなど幅広い放送を写し出すのに使われています。

アンテナの電源部とブースター
アンテナの電源部とブースター

落下しそうなパラボラアンテナを確認

スタッフが屋根の上に移動し、落下しそうなパラボラアンテナを確認しました。近くでみてみると、アンテナの受信部が折れて破損しているのが分かりました。当たり所が悪かったのか、かなり悪い状態。これでは、テレビが映らなくなるはずです。
念のためブースターを確認したところ、電源部のランプおよび通電ランプが点灯していたため、こちらには問題がないと判断できました。アンテナの破損がなければ、向き調整で対応することも可能でしたが、今回の場合は本体を交換するのが最善の方法ではないかと思われました。

お客様とご相談し、同一メーカーの新しいパラボラアンテナと交換させていただくことになりました。先だって、既存のアンテナの取り外し、撤去作業に入ります。
撤去するにあたり、建物に損傷を与えないよう注意する必要があります。特に、アンテナが経年劣化で錆びている場合、錆が屋根や壁に付着してしまう恐れがあるのです。高所の作業となるため、撤去のみでも専門業者に任せた方が良いでしょう。

パラボラアンテナの取付作業
パラボラアンテナの取付作業

新品のパラボラアンテナを取付け

ワイヤー線を切断し、アンテナ、支柱などの撤去を行います。このとき、ハシゴなどを昇り降りするため、落下事故のないよう慎重な作業が求められます。また、アンテナを処分する際は分解しなければなりません。廃棄物処理法に則り廃棄する必要があります。処分方法が分からない場合、業者に依頼することも可能です。

さて、ここからいよいよアンテナの取り付けに入ります。アンテナの取り付けはどこでも良いというわけではありません。まず、他の建物や高い木々などに遮られない場所という条件が必要です。また、南西もしくは南南西の方角、午後2時ごろに太陽の光が当たる方向に設置するのがポイントです。M様のご意向により、屋上テラスに取り付けを行うことになりました。

設置場所が決まったら、取付金具の取り付けをします。一般家庭では、ベランダの手すりに設置することが多いです。しかし、今回は屋上への設置ということで、アンテナを固定するための「屋根馬」と呼ばれる支柱を使用しました。

テレビの設定画面
テレビの設定画面

ケーブルの配線、電源設定、位置設定

屋根馬をワイヤー線で固定したら、アンテナの組み立てを行います。ケーブルをアンテナに接続し、テレビまで配線して繋ぎます。テレビの電源コンセントを差し込み、電源を入れ、設定画面から電源の供給設定を行います。
最後に、アンテナの位置調整を行います。位置調整はなかなか難しく、ちょっとしたコツが要ります。二人以上で作業に取り組み、受信レベルを確認しながら調整を行うのが良いでしょう。
調整が終わったら、テレビ画面がきちんと映し出されていることを確認します。元通り地デジ放送が見られるようになり、お客様もご安心されていました。

テレビが映らない!アンテナの向きを調節するには?

自分でパラボラアンテナの角度調整を行う方法

パラボラアンテナのイメージ
パラボラアンテナのイメージ

アンテナがずれたら?

パラボラアンテナの角度(仰角)は非常にシビアで、1℃ずれるだけでも受信できない可能性があります。「突然テレビが映らなくなった」というときは、強風などでアンテナの方向がずれてしまっているかもしれません。パラボラアンテナの角度調整を行い、正常に受信できるようにしましょう。

角度調整の前準備として、アンテナの仮留めを行うと良いです。コンパスなどを用い、大体の向き(南西、南南西)を決めましょう。ただし、パラボラアンテナの仰角や方位角は地域によって異なるため、取扱い説明書やメーカーHPなどで確認してください。
仮留めが済んだら、左右どちらかの方向へゆっくりと回転させます。最終的に、テレビの設定画面で受信レベルが最高になるところで停止させことが目標となります。

レベルチェッカー
レベルチェッカー

アンテナの角度調整を行うコツ

慣れていない方が行うとなかなかスムーズにいかないことが多いです。アンテナを動かすとき、大きく動かしたり焦って動かしたりしないことが大切です。方角の調節は「1℃単位で」と頭に入れておきましょう。
また、アンテナの調節を行ってすぐにテレビ画面に反映されず、若干のタイムラグが生じます。そのため、1℃回転させたら5秒程度待ってから受信レベルの確認を行うようにしてください。

角度調節を行いながらテレビ画面を確認できると作業がスムーズに進みますが、一人で作業を行う場合もあると思います。何度も屋内と屋外を行き来するのも面倒だし、テレビの音量を上げるのも近所迷惑になりかねません。
そんなときに役立つのが「レベルチェッカー」です。これを用意しておけば、一人で作業を行う場合でも角度調節と受信レベルの確認を同時に行うことができます。

鮮明に映し出されるテレビ画面
鮮明に映し出されるテレビ画面

受信レベル50を目指す

メーカーや製品によっても差は生じますが、アンテナの受信レベルにはおおよその目安があります。
地上デジタル放送に必要な受信レベルは44以上、BS・CSデジタル放送に必要な受信レベルは50以上と考えられています。55以上あれば安定して受信できるはずです。天候によって大きく左右されるため、雨天や風のある日の作業はなるべく避け、カラッと晴れた日に作業を行うことをおすすめします。
調整を行っても一向にテレビが映らない場合、アンテナの調整方法に誤りがあるか、もしくは受信レベル以外に原因がある可能性が考えられます。

テレビが映らない原因と自分でできる対処法

地デジが映らないときのチェックポイント

ステップ1:基本設定

慌てる前に、まずはテレビの電源が入っていること、コンセントが差し込まれていることを確認しましょう。B-CASカードがしっかりと挿入されているかどうかもみておきます。地デジ専用の青いカード、もしくは地デジ・BS・CS用の赤いカード、CATV用のオレンジのカードと放送に適したカードが必要です。

それでも映らない場合、テレビ本体の故障も考えられます。再起動し、電源ランプが点くかどうかを確認してみましょう。また、ブレーカーが落ちていたり漏電している可能性もあります。ブレーカーの故障が原因であれば、業者に治してもらう必要があります。
アナログとは違い、地デジは放送局を設定しなければなりません。新しいテレビを購入した際は、リモコンから設定を行ってください。

ケーブル(アンテナ線)
ケーブル(アンテナ線)

ステップ2:配線の切断、不具合

テレビの電源は入るのに映らないケースでは、アンテナの受信レベルに問題がある可能性が高いです。設定画面で受信レベルが正常な範囲かどうか確認し、問題があればアンテナの角度調整や修理、交換を行います。
次に、配線が正しく接続されていることを確認します。意外に見落としがちなのが、テレビの裏やコンセント部分からアンテナケーブルの端子が抜けているパターン。特定のテレビだけが見えないケースで多くみられます。また、アンテナ本体からテレビまでのケーブルの断線や不具合が原因となっている可能性もあります。
1つのアンテナで複数台のテレビを使用している場合、分配器や分波器との接続に問題がないかも確認しましょう。トラブル箇所が分からないときは、専門業者にみてもらった方が無難です。

ステップ3:ブースターの故障

テレビの受信レベルが低い場合や複数台のテレビを使用する場合、電波を強くするために「ブースター(増幅器)」を使用します。ブースターは電化製品の一種のため、経年劣化で寿命が尽きてしまうものです。使用環境にもよりますが、大体10年前後が取り替えの目安となります。電波が強すぎることでも不具合を起こすことがあります。

設定や配線、アンテナに問題がない場合、ブースターが故障している可能性が高いです。とはいえ、傍目からでは本当に故障しているかどうか判別しにくく、建物の壁面や屋根の上など高所に取り付けられていることもあります。思わぬ事故に繋がるため、梯子などで無理に昇ろうとしないでください。
ブースターの交換作業は電気工事士の資格が必要です。知識のない方がDIYで作業を行うと、感電の恐れがあるためおやめください。

関連記事一覧

電気の110番が加古川市に強い3つのワケ

工事実績7,800回以上!

県内累計15,850件のお問合わせ!

電気の110番が加古川市に強い3つのワケ

頼れる

拠点数

県内39箇所以上の拠点

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計15,850件の相談

県内工事実績は7,800件を突破!

全国では
13万件以上

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い