東広島市天候が悪い時だけ映らない?テレビが映らない原因はアンテナにある?

TVアンテナ修理6,000円~対応中!

広島県広島市で行ったテレビアンテナの修理

天候が悪い時にだけ調子が悪い原因は?

広島県広島市のD様

テレビが映りにくいというご依頼

広島県広島市にお住いのD様より、テレビが映りになくくなってしまっているため、その修理を行ってほしいというご連絡をいただきました。テレビの映りが悪いという場合については、まずどこに原因があるのかについて特定を行う必要があります。これについては大きく3つほどその原因を考えることができます。
第一の原因として考える事ができるのは、テレビ自体が不調を起こしてしまっているという場合です。受信機であるテレビのほうに問題があれば、その他の場所に問題がなくとも映りが悪くなってしまうと言うことはありえます。
また、第二の原因として考えることができるのは、配線に問題がある場合です。特に1つのアンテナから複数台のテレビに対して電波を引いているという場合、その分線を行う段階において何か問題があり、電波量不足があるというケースです。
そして最後の問題として考えられるのは、アンテナ自体に問題があるというケースです。

まずは具体的な修理対象の特定

実際に現地に訪れてからその原因の特定を行うという方法ももちろん重要ではあるのですが、できることなら事前のご連絡の中からどのような部分に問題が発生しているのか、ある程度推測ができる方が現地での作業を減らす事ができ、お客様にとっても予算を抑える意味があります。
そのため、より具体的にどのような状態になっているのかについてお伺いしました。特定の条件でのみテレビが映りにくくなってしまうのか、あるいは常にそうであるのかによっても意味が変わってきます。この点についてお伺いすると、晴天の場合についてはそれ程問題なく映っており、ストレス無く見ることができるのに対して、曇天や雨天である場合については電波が悪く、映りにくい、あるいは映らないこともあるということでした。テレビ上にはアンテナに問題があるという旨のエラーが表示されるようになっているということで、これは恐らくアンテナの設置上の問題が発生していると考えられました。

現地で調査をして修理内容を検討

アンテナレベルの低い状態
アンテナレベルの低い状態

これ以上の具体的な情報については現地での調査が不可欠であったため、次に現地にお伺いする日時を決定しました。アンテナ工事の内容にもよりますが、簡単な修理で終わる場合であればそれ程時間がかかるものではないものの、しっかりとした修理、または交換を必要とするような状態となっているのであれば長時間の作業時間を確保する必要があります。そのため、できるだけ長く時間をとることができる日で予定合わせを行うこととしました。予定は比較的近い日で合わせることができましたので、その時間に現地にお伺いしました。
その日はちょうど天候があまり良くない日で、それでいて雨が降っているわけではないために作業にも適している天候となりました。現地でテレビを確認すると確かに映りが悪い状態となっていました。

屋根上での調査で工事内容を決定

お客様の住宅で使用されているアンテナは屋根上に設置されているタイプでしたので、高所作業用の準備を整えて屋根上に登り、アンテナの状態がどの様になっているのかについて確認を行いました。倒れてしまっているというような状態となっているわけではなく、また、故障があるパーツがあるようにも見受けられませんでした。
このような場合、原因となっている可能性が高いのはアンテナの受信角度がずれてしまっている、ということです。特に地デジ化が行われたことによって電波の性質が変わっていることで、昔は問題なく受信出来ていたというアンテナであっても、微細な角度のズレで受信状態が悪化してしまう可能性があります。
今回については設置時のミスなどではなく、これは恐らく強風などによる影響と考えられました。

既存のアンテナを再設置する作業

今回は幸いにしてアンテナの破損や故障などがあるわけではありませんでしたので、修理作業については既存のアンテナをそのまま使用する形で行うことができました。今回行ったのは既存アンテナを正しい受信角度に合わせて再設置を行うという作業です。恐らくは風でずれてしまっていたと考えられるため、単純に角度を調節するだけではなく、今後同じように風による影響を受けてしまうことがないように、よりしっかりとした固定を行うように心がけての再設置を行いました。
再設置作業はそれほど時間を掛けることなく完了させることができ、その後テレビの受信状態を実際に確認してみた所、曇天ではあるものの受信状態悪化のエラーが発生することはなく、問題なく視聴できる状態になっていたため、今回のご依頼は完了となりました。

アンテナの修理や再設置はDIYできるの?

高所工事になりやすいのがネック

アンテナの設置場所によって違うDIY

屋根に設置されたアンテナ
屋根に設置されたアンテナ

テレビを受信するためには、アンテナが必要となります。古くはブラウン管テレビの上に室内アンテナを置いて受信を行っていたという様子も多く見られましたが、昨今では地デジ化に伴い電波の直進性が上がったことによって、室内アンテナでの受信は以前に比べて難しくなりました。
それでは、今回の件のようにアンテナに問題が発生してしまっていると考えられる場合、その修理はDIYで行うことができるものなのでしょうか。これについては、可能か不可能か、でいえば不可能であるとは言えません。ただ、あまり推奨できるものではない、というのも確かであるため、この点についてはしっかりと考えて自分で行うべきなのか、プロに依頼するべきなのかを判断する必要があります。
何より問題なのは、アンテナの多くが屋根上のような高所に設置されているということです。ベランダがある場合には角度によってはベランダ設置でも問題がありませんが、そうでない場合はやはり屋根となります。

アンテナ配線を触らなければOK

また、もう1つアンテナの修理をDIYで行いたいという場合について、注意して置かなければならないポイントがあります。そのポイントとなっているのは、アンテナが電気配線を必要としているものである、ということです。基本的に、電気配線を直接触らなければならないという場合については、電気工事士の資格を持っている人でなければ触ることができません。これは単純に感電の危険があると言うだけではない理由があります。
配線を不用意に知識がない人が触ってしまうと、将来的にその場所は漏電のリスクが高い場所となってしまいます。漏電は感電を引き起こしてしまう可能性があるだけではなく、火災を引き起こす原因となる可能性も高いものであるため、これはその住宅や住民だけではなく、周囲の住宅や住民に対して影響を与えてしまう可能性があります。

基本的に飛び火による被害は失火責任法によって保護され追求されないようになっているのですが、これは重過失がない場合に限られます。電気工事士資格無しで電気工事配線を工事したことによって漏電火災が起こった場合、これは重過失として失火責任法の範囲内外になってしまう可能性があることは注意するべきです。不安があるという場合には、プロに頼んだほうがその時点でもその後でも、安心することができるでしょう。最終的なコストを抑えられるようにすることが重要です。

アンテナやテレビのトラブルはどのように起こる?

アンテナやテレビに発生するトラブル

テレビが映らない原因の多くはアンテナ

テレビが映らなくなってしまったという場合、その原因の多くはアンテナにあることを考えることができます。もちろんテレビ自体の破損や配線のトラブルなどについても考えることができますが、これまで見えていたものが突然見えなくなってしまった、という場合についてはアンテナである可能性が高いでしょう。
それでは、このようなテレビアンテナへのトラブルというのは、主にどのようなことが原因として発生するのものなのでしょうか。基本的にアンテナというのは屋外に設置されているもので、つまり風雨にさらされている状態になっているのがまずポイントです。アンテナはそもそも屋外に設置されることを前提として作られているものであることは確かではあるのですが、その基準を超えるような状況になっている場合についてはこれでは耐えることができずに、状態が悪化してしまう可能性があります。

アンテナに影響を与える自然災害

風で傾いてしまって受信状態が悪いアンテナ
風で傾いてしまって受信状態が悪いアンテナ

アンテナに影響を与える可能性があるのは多くが自然災害ですが、中でも影響を与えやすいのはやはり台風です。台風が発生しているという場合、アンテナに問題が発生するリスクを上げる原因が大きく2つあります。
まず1つ目の原因となるのが、風の強さ自体です。アンテナは前述の通り風雨にさらされるための設計となっているため、ちょっとした風程度で倒れたり、傾いたり、ずれてしまったりはしません。しかし、台風のように極めて強い風が、それも長時間吹いているという場合についてはそれでは十分ではなく、やはり前述のような状況を作り出してしまう可能性があります。
もう1つ、台風がアンテナに与える影響としてあげられるのが、飛来物です。強風自体には耐えることができたとしても、強風に耐えることができずに飛んできたなにかにぶつかったという場合、その衝撃は何倍にも高くなります。このように、二重の条件によって台風はアンテナに対して損害を与えてしまう可能性が高いのです。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。