エコキュート6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

エコキュートはその複雑な構造ゆえに、お湯が出ない・お湯が貯まらないなど、さまざまな故障が起きやすいと言われています。

エコキュートで給湯している方にとって、急なトラブルや故障はかなり困りますよね。

本記事では、そんなエコキュートのトラブルやその対処方法、また、弊社で承ったエコキュートトラブルの実例なども交えながら、ご紹介していきます。

エコキュートからお湯が出ない・貯まらないなどのトラブルの原因

漫画

エコキュートからお湯が出ない・貯まらないといったトラブルや、その原因にはさまざまなことが考えられます。

例を挙げて、1つ1つ解説していきます。

温度調整基板の劣化

冷たい水は出るが、お湯が出ないときは温度調整を管理している基盤の劣化が考えられます。
これは、エコキュートを導入して数年以上経過していると起こりやすい症状です。

この場合、エコキュートをリセットすると直ることがあります。それでも直らないときは修理が必要です。

貯湯タンクの凍結

貯湯タンクの給水配管や給湯配管が凍結していると、お湯が出ないことがあります。冬場に使用していると生じやすい故障です。

凍結した状態で沸き上げ運転をすると、エラーコードが表示されて動作が停止することがあります。
お湯側の蛇口を少し開き、解凍するまで待ってください。

温度検知器の故障

エコキュートには、大気中の熱を取り込む室外機コンプレッサーというものがあります。

この機器に取り付けられているサーミスタ(温度検知器)が故障すると、貯湯タンクの集熱動作が停止することがあります。
その結果、水は出るがお湯が出ないという不具合につながります。

断水・止水栓が閉まっている

地域で断水が行われていると、当然、お湯も水も出すことが出来ません。
また、止水栓が閉まっている場合も同様です。

お湯も水も出ない時は、地域の断水状況や止水栓をチェックしてみましょう。止水栓は、貯湯タンクに繋がっている配管に付いていることが多いです。

配管・貯湯タンクから水漏れしている

貯湯タンクにお湯が貯まらないといった場合、貯湯タンク自体や、配管などから水漏れが起こっている可能性があります。

まずは家の中の蛇口がある場所を確認してみましょう。
全ての蛇口が閉まっているのに、エコキュートに給湯中などの文字やマークが表示されている場合は、配管や貯湯タンク自体の水漏れが疑われます。

エコキュートは繊細な電気機器なので、故障したり破損したりすると機能が低下することもあります。

場合によっては機能が停止してしまうこともあるので、扱いには十分に注意が必要です。当然ですが強い衝撃や圧迫には耐えられませんし、場合によっては台風や地震などの災害の影響を受けることもあるかもしれません。

もちろん、温度検知器が故障していたり、温度調整基盤が劣化して居たり、貯水タンクが凍結していたりすることもあります。
特に経年による老朽化なども問題は大きくなってきているので注意が必要です。

その他、断水や止水栓が何らかの原因でトラブルを引き起こしていることもあるのでチェックしてみましょう。
問題が発生した時は業者がおすすめです。

エコキュートからお湯が出ない・お湯が貯まらないときの対処方法

漫画

お湯が出ないときの対処方法

水は出るがお湯が出ない場合、上述の通りエコキュートの温度調整をしている基盤が故障している可能性があります。

一度リセットしても直らないときは、専門業者に修理を依頼する必要があります。
また、貯湯タンクの配管が凍結していることもありますが、この場合はお湯側の蛇口を開いてしばらく待っていると解決することが多いです。

室外機コンプレッサーのサーミスタ(温度検知器)が壊れているときは、部品の交換だけで済みます。メーカーや修理業者に依頼するようにしてください。
お湯だけでなく水も出ない場合は、断水が行われているかも知れません。お住まいの地域のスケジュールを確認してください。
もしくは止水栓が閉まっていることもあります。

お湯が貯まらないときの対処方法

エコキュートの貯湯タンクにお湯が貯まらない場合は配管、もしくは貯湯タンク自体から水漏れしていることが考えられます。

この場合も上述の通り、一度家の中の蛇口などが全て閉まっているのを確認したうえで、それでも給湯中の表示がついていたりする際は、タンクや配管からの水漏れが疑われます。

貯湯タンクの周りや配管周りに水が漏れていないか確認し、水漏れがある場合は専門業者などに修理の依頼をしましょう。

また、稀に貯湯タンクや配管以外の部分から水漏れが起きる場合もあります。
この場合も、エコキュート内の機械などを修理する必要がありますので、修理依頼をしましょう。

エコキュートのトラブル・故障は街の修理屋さんへ

作業員 イメージ画像

街の修理屋さんでは、エコキュートの「お湯が出ない・貯まらない」といったトラブルから、
「エラー表示が頻繁に出る」「お湯が沸かない」「お湯がぬるい」といったトラブルまで、幅広く対応しております。

詳しいサービス、作業内容、料金については、弊社の 給湯器のページをご確認ください。

エコキュートの事例

エコキュートのお湯がたまらない

エコキュートのヒートポンプと貯湯タンク

埼玉県春日部市大場のお客様から、「エコキュートのお湯が出ない」「貯湯タンクにお湯がたまらない」とご連絡いただきました。

詳しく内容をお伺いすると、エコキュートの室外機のホースが破れてしまい、お湯が作れなくなったとのことです。
この室外機というのはヒートポンプユニットのことです。

業務用エアコンのイメージ

エコキュートの仕組みは、「貯湯タンクに溜まった水道水を、ヒートポンプユニットで温める」というものです。

ヒートポンプユニットで温めた水は80℃~90℃にもなり、これを再び水道水で薄めます。
貯湯タンクとヒートポンプユニットのどちらかに不具合があると、お湯が出なくなってしまいます。

業務用エアコンのイメージ

原因は電話の時点でお伺いしていたので、現場へ到着後早速修理の作業を行いました。

お客様の言っていたホースというのは、配管を保護するチューブの保温材のことのようで、たしかに破れを確認できました。
チューブを割いて配管を確認すると、亀裂と水漏れしているのを発見。これが原因でうまくお湯を作ることができなくなっていたようです。

早速持ってきた替えの配管に交換しました。交換作業自体はそれほど時間もかからずに終了しました。

エアコンのドレンホース交換などで何度も似たような作業をしているので、スムーズに対応することができました。
最後にエコキュートを稼働させ、お湯がちゃんと作られていることを確認。蛇口からお湯がでるようになったら、作業完了です

エコキュートでの事例一覧

エコキュートでお湯が作れない・お湯が出ない

東京都渋谷区松濤のお客様から、お湯が出なくなったとご相談いただきました。給湯には東芝製のエコキュートを使っているとのこと。調べるとエコキュート本体の問題ではなく、エコキュートに通電していないのが原因でした。ブレーカーとコンセントに不具合が見られたので、それぞれを交換し通電させることで問題は解消しました。

エコキュートのお湯がぬるい・エラー表示が出る

兵庫県加西市北条町西南にお住まいの方から、エコキュートから出るお湯がぬるい、FA、J3とエラーが表示されるとご連絡がありました。お客様はダイキンのエコキュートを使用しているとのこと。このエラーは、エコキュート内部の圧力上昇とヒートポンプの異常を意味しています。まずは原因調査をし後日修理の対応になりました。

エコキューでお湯が出ない・エラーが表示される

埼玉県川口市峯のお客様から、エコキュートでお湯がでないとご依頼がありました。使用しているのはダイキン製で、エラーコードのC76が表示させれていました。これはリモコンの通信不具合を表しています。この場合エコキュートを再起動させることで症状が回復する場合があります。実際に再起動させしばらくすると、お湯が出るようになりました。

エコキュートのタンクにお湯がたまらない

京都府京都市伏見区久我森の宮町のお客様から、エコキュートにお湯がたまらないとご連絡をいただきました。この症状の原因はさまざまあるので、まずはお伺いしてエコキュートの調査をさせていただきました。調べたところ、お湯の使い過ぎでタンク内のお湯が空になっているのが原因でした。お湯がたまるまでまつと、問題なくお湯が出ました。