コロナのエコキュートは省エネ節約No1!特徴からエラーコード一覧まで紹介します

作業費6,600円~対応中!

『コロナの電化製品』と言えば、あなたは何を想像しますか?

ストーブやファンヒーターを想像する方が多いのではありませんか?

実は、コロナは家庭用の『エコキュート』を初めて発売したメーカーです。

その後、数々の賞を受賞してきた実績があります。

コロナのエコキュートの特徴は、徹底的に省エネに取り組むことで実現した『ランニングコストの安さ』です。

また、効率良くお湯を使うためのさまざまな機能を、キッチンや浴室の『スマートナビリモコン』で操作できます。

何より、他のメーカーより長期間エコキュートを販売し続けているため、信頼度も高いです。

記事の後半では、エコキュートを使っている時に表示される可能性のある『エラーコード』についても簡単にまとめてあります。

この記事を読むと、コロナのエコキュートの特徴やエラーコードの対処方法が分かります。

コロナのエコキュート

コロナは世界で初めて家庭用のエコキュートを開発したメーカーで、2001年から発売してきました。

長い年月をかけて改良を重ねた『給湯システム』が、コロナの最大の特徴です。

年間保温効率は4.0!エネルギーセーブ制御システム

コロナのエコキュートは、独自の『エネルギーセーブ制御システム』を採用しています。

その特徴を大きく5つに分けて、それぞれ簡単に解説していきます。

高効率スクロールコンプレッサー

空気の熱を効率良く圧縮して、高温にします。

タンクの保温性能

タンクに『真空断熱材』や『発泡性耐熱AS系樹脂』を使うことで、全体の保温性が高くなります。

高度な溶接技術

耐久性が高く、お湯をきれいに保ちます。

省エネ給湯回路

タンク内の中温湯(30〜50度のお湯)まで無駄なく使います。

マルチサークル追い炊き

タンク内のお湯の熱を利用し、追い焚きや保温をします。

圧力1.5倍!高圧力パワフル給湯

コロナのエコキュートは、従来品の1.5倍の圧力があります。

例えば、キッチンとお風呂で同時にお湯を使っても、強い水圧を維持できます。

また、3階でもお風呂のお湯をスピーディーに溜めることができます。

スマートフォンで操作と確認

『コロナ快適ホームアプリ』を使えば、スマートフォンから遠隔操作が可能です。

  • お湯を溜める
  • タンクのお湯を増やす
  • お湯を沸かさないようにする

また、お風呂の様子を確認することもできます。

  • 子供や離れて暮らしている高齢者が、お風呂に入っているか確認できる
  • お湯の使用量をグラフで確認できる

スマートフォンで確認できると、便利ですし安心できます。

お手入れ楽々自動配管洗浄と汚れんコート

お風呂の栓を抜くだけで、配管を自動で洗浄する機能です。

貯湯ユニットには『汚れんコート』と呼ばれる特殊な素材を使っているので、雨などによる汚れが付きにくくお手入れも簡単です。

コロナのエコキュートの機種については、下記のカタログで確認できます。

コロナ・エコキュートのカタログ

コロナのエコキュートは光熱費が安い!

『ランニングコストの安さ』もコロナのエコキュートの特徴です。

お湯を沸かすエネルギーに加え、使う水の量も抑えるのでとても経済的です。

ランニングコスト半分以下

全ての工程を効率良く行うことで、ランニングコストを削減します。

  • お湯を沸かす
  • お湯を溜める
  • お湯を使う

ガス給湯器と比べて、約1/3〜1/6までランニングコストを抑えることも可能です。

電気料金が高い昼間を避けて、夜間にお湯を沸かすので電気代が安くなります。

各社の電気料金プランに対応しているので、電気料金のお得な時間帯が変わった場合は、契約プランに合わせてお湯を沸かす時間帯も変更できます

エラーコードについて

ここからは、コロナのエコキュートの『エラーコード』『対処方法』について解説します。

エラーコードとは、機器のトラブルを伝えるためにリモコンに表示される記号です。

エラーコードが表示されたら、内容を確認して適切に対処しましょう。

エラーコードの対処方法について

エラーコードは4つのアルファベットで分けられてますが、そのほとんどが『販売店』か『コロナサービスセンター』に連絡する必要があります。

ですから、連絡する以外の対処方法についてまとめてみました。

【E14】湯張電磁弁の故障、またはふろ配管の詰まり

断水や寒波による配管の凍結により表示することがあります。

『取扱説明書』か『よくある質問』で対処法を確認して、エラー表示を解除してください。

【E31】沸き上げ温度の低温検知

設置後、数日で表示されたのなら配管の確認や、フィルターの点検が必要な場合があります。

【H15】ファンモータの故障、または積雪や凍結によるロック

雪の吹き込みやドレン水の凍結などにより、ファンがロックする場合があります。

『取扱説明書』か『よくある質問』で対処法を確認して、エラー表示を解除してください。

【H22】水系循環異常検知、またはコンブレッサ制御系の故障

設置後すぐに表示された場合は、エア抜き試運転不足の可能性もあります。

【H27】電源電圧異常検知

設置後すぐに表示された場合は、工事店様で200Vの電源電圧をご確認ください。

【H32】除霜電磁弁の故障、またはヒートポンプAB配管逆接続検知

設置後、数日で表示されたのなら配管の確認や、フィルターの点検が必要な場合があります。

【C01】浴槽栓抜け検知

浴槽の排水栓を閉め忘れてお湯はりをした場合や、浴槽循環口のゴミ詰まりなどで表示されます。

排水栓の確認や循環口の清掃を行い、再度お湯はりを行ってください。

【C02】残り湯がある状態での湯張り検知

浴槽の残り湯を追い焚きできません。

残り湯を排水してからふろ自動運転をしてください。

【C03】貯湯量不足検知

タンク内のお湯の量、温度が足りません。

「強制沸増」ボタンを押し、湯量を確保してから再度操作してください。

【C05】湯張り後湯温低下検知

風呂のお湯を少し排水した後、追い焚きボタンを押してください。

【C06】貯湯温度低下検知

自動で沸き増しを行いますので、表示が消えるまでお待ち下さい。

「深夜のみモード」では自動で沸き増しを行いませんので、「強制沸増」ボタンを押してください。

【C07】循環液不足検知

床暖房用の循環液が不足しています。

販売店様(工事店様)に点検・循環液の補充をご依頼下さい。(暖房運転は継続します)

参考:【コロナ・エコキュート|エラーサイン一覧】

上記以外のエラーコードについては、『販売店』か『コロナサービスセンター』に連絡してください。

【コロナサービスセンター|電話番号】

 0120-919-302

【携帯電話の場合】

 0570-550-992

365日・24時間受け付けています。

まとめ

ここまで、コロナのエコキュートの特徴やエラーコードについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

コロナのエコキュートは『ランニングコストの安さ』がポイントです。

エコキュートに『光熱費の削減』を求めている方には、まさにおすすめのメーカーと言えます。

また、エコキュートは電気で動きますが、実は災害に強い面もあることをご存知ですか?

  • 停電時でも、最後に使った温度でお湯を使える
  • 断水時でもタンクの水を生活用として使える
  • 転倒防止のための耐震設計で安心

他にも、コロナのリモコンは使いやすいように工夫されていて、お風呂に入っている家族と会話ができたり、文字を大きくすることもできます。

エコキュートの寿命は10〜15年と言われていますので、初期費用が高くても長期で考えれば割安かもしれません。

ちなみに、エコキュートを一番安く購入する方法は、おそらく『ネット通販』でしょう。

しかし、インターネットで注文すると設置工事まで行わない場合があります。

そんな時は、専門業者に設置を依頼できます。

『DENKI110』では、【お見積もり無料】【即日対応】いたしますので、設置や修理のご相談などお気軽にお問い合わせください。