アンテナのブースターに異常が見られるときの対処法

作業費6,000円~対応中!
アンテナ

テレビのアンテナブースターはアンテナを設置する際に必要となっていますが、何よりも大切なことはしっかりとどのように活用していくのか確認する必要があります。アンテナを設置する時にしっかりと業者の方が対応してくれますので業者に任せるのがおすすめできます。

はじめに

アンテナ設置する際にブースターを活用することにより、電波状態を増幅することが可能となっているので、実際に今の時代は各部屋にテレビを設置しているというケースも多く、家のすべてのテレビを快適に各部屋で見るためには必要不可欠なアイテムでもあります。どのような役割を持っているのかしっかりと把握することにより、快適に使っていく事が出来ると思います。

①ブースターとは

アンテナブースターとは、アンテナで受信した電波を増幅するシステムがある機器で、住宅内に複数の部屋があった場合には、アンテナから離れた部屋ほど電波が弱くなってしまう傾向にあり、映りなどに問題が出てくる場合があり、地デジの場合には、電波が弱くなっても映像は映るのですが、画質が大幅に落ちてしまう傾向にあります。基本的にはブースターはアンテナに接続して利用します。アンテナが屋根などにある場合には、修理業者などに依頼して取りつけを行うことがおすすめきます。また、ブースターは増幅させる機器については、アンテナの電波が強すぎても正常に動かなくなってしまうケースもありますので、その際にもプロの業者に依頼することによりスムーズに解決することができます。

②ブースターのトラブル

異常のあるブースター
異常のあるブースター

ブースターのトラブルとしてはどのようなことがあるのか理解することにより、自分なりに確認することが可能となっていまが、同時に修理が必要な場合や交換が必要なケースでも早めに解決して快適にテレビを見ることができる環境に導くことができます。

2.1 アンテナの角度

アンテナが受信したデータはブースターを経由してその上の各ケーブルを通して電波が届くようになっています。電波が通る途中でケーブルが抜けてしまうとテレビに電波がうまく届きません。そのようなトラブルが起こってしまったときには、屋根付近でケーブルが抜けている場合などもありますので修理業者などに依頼することがおすすめできます。

2.2 電波が強すぎる

ブースターは弱い電波を増幅してテレビに届けるための装置です。基本的にはテレビに届くアンテナの電波が弱い時に利用するものとなっていますが、実は電波が強すぎる場合でもブースターが正常に作動しなくなってしまいます。そのような場合にはブースターとは反対の機能を持っている減退器を設置する必要があり、自分では解決することができない場合が多いので修理業者やプロの方に依頼するようにしましょう。

2.3 異常発振

ブースターを利用している時のトラブルとしては異常発振と呼ばれる現象が起きてしまう場合があり、シールド性能の低い同軸ケーブルを利用した上で出力側のケーブルと入力側のブースターを接近させすぎたりしている状態でも生じてしまう場合があり、専門的な解決が必要とする場合もありますので自分でどうにかしようと考えるのではなく、修理業者の方に連絡してどのような状況かきちんと伝えてみるようにしましょう。

2.4 ブースターの寿命

突然、テレビが映らなくなったという場合にはアンテナの問題でない場合にはブースターがトラブルを引き起こしている場合もあります。他の電子機器と同じでブースターについても寿命があり、ブースターの寿命は10年程度といわれていて、素材などにより違いがありますが、10年以上使っている場合には、修理ではなく買い替えがおすすめできます。状態を把握することができない場合には、一度業者にメンテナンスを依頼することにより、ブースターの状態を把握することができます。

③ブースターの効果

ブースターはテレビ受信で使用する地上波や衛星放送に対した高周波用の増幅器で分配損失やケーブル損失を補償して信号強度の低下を防止することができる機器です。信号強度が低下すると雑音の影響を受けやすくなってしまうのでアンテナに近い位置に設置することが効果的といわれています。

種類としては、UHF、BSCS両方に対応した混合器内蔵タイプやUHF専用やBSCS専用のものがあり屋外用と屋内用のものがあります。その中で最近ではUHF、BSCSの4K8Kにも対応して322MHzまで増幅できるブースターが販売されています。ブースターを使っても電源の入口であるアンテナの出力より信号品質が上がることはないのでアンテナの方向調節などを厳密に行うことが大切になります。

ブースターの調整については信号強度は強ければ強いほど良いと思っている人も多いと思いますが、弱すぎても、強すぎてもダメで受信機には推奨レベルの信号を入力する必要があると言われています。推奨レベルが確保できない場合には、ブースターが必要となりますが、ブースターに70bB以上の信号を入力すると入力レベルオーバーになってしまう可能性があります。

電測計で信号を測定し調節するのがベストですが、自分でブースターを設置する場合にはデジタルテレビのレベル表示は信号強度ではなく信号品質に比例した数値なのでブースターを入れても数値を改善することができるとは限りません。ブースターに関しては自分では判断できない部分もありますのでしっかりと自分で判断するのではなく専門の方に依頼することによりブースターの効果を十分に発揮して活用していく事が出来ると思います。

④アンテナ工事の費用と注意点

テレビアンテナ
テレビアンテナ

アンテナ工事にかかる費用に関しては、作業代や配線工事、2部屋以上で視聴する際にはブースターが含まれているかどうかということをしっかりと確認する必要があり、基本的な費用に関しては、アンテナ本体のみの価格を表示してあることがほとんどなので、ブースターはついていないということが言えます。

すでにアンテナが設置されている住宅への追加工事や電波の状態に問題がなくブースターが不要な工事の価格となっていますので、新しく設置する場合や家にテレビを増やすという場合には、しっかりとそのことを業者に伝えて依頼する必要があります。ブースターがないと2部屋以上に電波を分配してテレビを見る場合には電波が弱くなってしまい、正常に映らなくなってしまうケースが多く、ブースターパックの工事料金に関してはブースターがない料金よりも高くなっています。

実際に1万円で設置できると思っていたのにブースターが必要となり、見積もりより高額になってしまったというケースもあります。そうなってしまわないためには、しっかりと自分のアンテナ設置の状況を伝えることにより、最初からきちんとブースターなどが含まれた料金を知ることができます。

ブースターに関しては業者によりアンテナ設置と同様に費用が記載されている場合もありますが、別売りでの購入となり、テレビが1台の場合にはブースターは必要ありませんので、各家庭のテレビの設置により必要か不要か判断することが多いために、費用は前もってしっかりとした環境を伝えることにより、把握することができると思います。

その中で実際に業者により費用は異なってきますが、何よりも利益優先の悪徳業者もいますので見分けるためには、設置を依頼した時にしっかりと内容を説明してくれる業者を選ぶことにより、安心してアンテナ工事を行うことができると思います。

⑤業者の選び方

今の時代はアンテナを設置する際にも業者に依頼することがおすすめできますが、その中で大切なことはしっかりと信頼のできる業者を選ぶ必要があり、価格だけで選ぶとトラブルとなってしまいますのでトラブルなく快適に見るためには重要なポイントを抑えておくようにしましょう。

5.1 アンテナの性能や料金

実際にアンテナの設置を業者に依頼する際には、アンテナ業者が取り扱っているアンテナの種類をチェックする必要があります。今の時代はどこの業者でも八木式アンテナ、デザインアンテナ、室内アンテナなどをしっかりと扱っているところが多いくなっています。どんなアンテナを使っているかということと、メニューや料金表を確認してみるようにしましょう。ホームページにアンテナの写真や施工事例などを載せている業者も多いのですが、どのように設置しているのか、どんな場所に設置するのかなど参考になると思います。自分の家に似ている住宅を確認する事でどのような場所に設置するのかも理解することができますが、アンテナの種類や性能により価格が変わってきますのでしっかり確認しておくようにしましょう。また、対応地域などに関しても自分の地域は入っているかどうか確認する必要があり、入っていない場合には出張料金がかかってしまい、アンテナ本体の価格と工事費用だけでなく出張料が加算されるようになっています。そのために、自分が住んでいる地域の業者を選択する事で、出張費の支払いがなく設置することができます。

5.2 実績

アンテナ工事を選ぶ際には、業者の実績や歴史です。自分が依頼したいと考えているメニューや料金を取り扱っている業者を見つけて、チェックするべきポイントとしては、歴史の長い業者の場合には様々な事例があり案件もたくさんこなしています。業者に依頼する際には何よりも自分の住んでいる地域の業者に依頼することにより、電波の受信状態などの知識もしっかり理解しているので、難しい場所でも設置が可能となります。継続的に施工実績がある場合には、様々な経験をしているということが挙げられますので、工事に慣れている熟練した職人が対応してくれることにより、アンテナ工事もスムーズに行うことができますし、クオリティ高い工事を行ってもらうことができるといえます。

5.3 お客さんの評価

実際に今の時代はどんな時でも口コミや評価をしっかりと確認する必要がありますが、アンテナ工事を依頼する際には広告などを目にして依頼することが多いのですが、業者側が発信する広告だけでは業者を知ることができません。実際に対応を依頼したの口コミや評価に関して目を通すことにより満足しているかどうか理解することができると思います。その中でよい情報がたくさんある場合には、信頼できると思います。業者に依頼する際に重要なポイントは、工事内容の丁寧さとスピーディーな対応、メールや電話での問い合わせの対応などに関してもスタッフの人柄にも業者により違いが出てくるので目を向けることができるところにしっかり目を向ける必要があります。

⑥ブースターについて

ブースターはアンテナに届く電波が弱い状態や複数のテレビを視聴する際に必要なアイテムとなります。アンテナからテレビの間に取り付けられ、弱い電波を増幅して正常に受信できる環境にしてくれる装置です。ブースターは放送電波の送信所から遠い場所や途中に大きなビルや山間間の住宅で受信障害が起きやすい場所や大規模なマンションには必要不可欠な装置でもあります。

ブースターについては他のものと同じで寿命がありますが、明確に何年と具体的な年数があるというわけではなく、平均的な寿命としては10年程度と言われていますが設置場所によりかなりの差が出てくると言われています。ブースターは熱を持ちやすい機械で温度が高い場所で使い続けることにより寿命が短くなってしまい、低い場所なら長く使うことができるという性質を持っています。ブースターの電源部がアンテナの直下に設置されているのでより劣化しやすい部分とも言えます。

ブースターの劣化に関しても環境により違いがありますが、ブースターはアンテナを設置する際に同時に取り付けることが多く、アンテナの設置工事から年数が経っている場合にはメーカー保証が切れていることも多く、アンテナを交換する際には、ブースターの状態についても確認して、交換が必要な場合には一緒に交換する必要があります。ブースター取り付けの相場としては、15000円~となっていますがしっかしと良い環境でテレビを見るためには必要な機器となっていますのでしっかりと状況を把握しながら使っていく必要があります。

まとめ

ブースターはテレビを快適に見るために欠かすことができないアイテムとなっていますが、実際にアンテナの設置を考えている場合には、どのような場所に設置するのか、アンテナの種類などを明確にして業者に見積もりを出してもらうことが大切になります。テレビの異常を感じた時にも自分では判断することが難しく、アンテナに問題がある場合もありますし、周辺機器のトラブルという場合もあり、自分では判断することが難しいといえますので業者に依頼するようにしましょう。

快適な環境でテレビを見るためには、定期的にアンテナのメンテナンスや買い替えが必要となってしまいますが、複数の業者で見積もりを依頼して自分の希望に合った業者に依頼することにより、その後のメンテナンスや買い替えの際に関しても信頼して任せることができると思います。アンテナの設置に関してはアフターケアを依頼することができる業者を選択することにより、安心してお願いすることができると思います。