スカパーに異常が見られる場合の解決策

作業費6,000円~対応中!
アンテナ

今の時代はどの家庭でもアンテナを設置してテレビを快適に見られる環境を整えていると思いますが、その中で実際に無料で見ることができる番組もあればしっかりと契約が必要な番組もありますのでしっかりと自分が見た番組を見られる環境を取り入れてみましょう。

はじめに

スカパーを見るためには契約が必要となりますが、しっかりとどのように活用していくのか見極める必要があり、その中で契約内容を確認する必要があります。スカパーに加入することにより、様々な番組を見ることができるようになりますが、どのように楽しむかによっても契約内容が異なってきますし、スカパーは他の番組と違って契約に関して費用が掛かる仕組みになっているのでその辺もしっかりと確認しておく必要があります。

①スカパーのアンテナとは

スカパーとはスカパーJSAT株式会社が運営する有料放送管理サービルとなっていて、スカパーのアンテナはその放送サービスを利用するために必要なものとなります。スカパーのアンテナを利用する事により同じ形状になっているパラボラアンテナを利用して、CS放送やBS放送を同時に見ることが可能となっています。パラボラアンテナは人工衛星からの電波を受信するもので、アンテナを設置する際にはしっかりと角度の調整が重要なポイントになり少しでもズレてしまうと映りが悪いだけでなく、映らなくなってします。また、スカパーを楽しむためには契約を結ぶ必要があり、契約をしないと見ることができない番組となっています。

②スカパーが映らない理由

ケーブル
ケーブル

スカパーを契約しているけど、映らないというようなトラブルが起こってしまう可能性がありますが、他の番組と違って特別番組なので料金がかかってしまうのに映らない状態になってしまうと困ると思います。その中で映らない原因を知ることで実際に自分で解決することができる場合もありますので確認してみましょう。

2.1 アンテナの角度

突然スカパーが映らなくなってしまう理由としては、直前に強風や強い雨が生じていないか気候を確認してみましょう。スカパーを見るためにはパラボラアンテナが必要となりますが、アンテナの角度がシビアな設定となっていて、ちょっとした角度のズレでも不具合を起こしてしまう可能性がありますので、天候の状態をしっかりと見直してみましょう。強風や強い雨が降った際には少しアンテナがズレてしまっているという事が原因となりスカパーが映らない原因となっていることがありますが、自分で解消する事が出来ない場合には業者に依頼する必要があります。

2.2 傾いた、脱落した

屋根の上に設置することが多いアンテナに関しては傾いたり、脱落したりすることによりテレビが映らなくなってしまいます。そんな場合には、アンテナの再設置が必要となりますが、アンテナの再設定に関しては一人で行うことが難しく、できれば工事を行ってくれる電気屋さんなどに依頼することがおすすめできます。一人で行う場合には、映りの確認、設置場所などの行き来が必要になりますので面倒と感じることもあり、映っていると確認した後に固定しますが、固定してもう一度見ると映らず何度も再設置が必要になってしまうケースも少なくありません。そのためにそのような問題が避けるためには最初から業者に依頼することがおすすめできます。

2.3 配線の不具合

BSやCSなどの衛生放送やスカパー放送などのトラブルに関してはコードの接続部となっているコンバーターが故障してしまって突然映らなくなってしまうと胃y場合も多いといえます。他にも配線部分が経年劣化で断線を起こす場合もあり、そんな場合には自分では解決することが難しく配線に関しては、どの部分が悪くなっているのか調べることができませんので修理業者に依頼するようにしましょう。自分で解決できないトラブルに関しては修理業者に依頼することによりスムーズに解決に導くことができるといえます。

2.4 アンテナの故障

スカパーが映らない理由としては、アンテナ自体が故障してしまっているという事があります。原因としては落雷などが考えられますが、長年使っている場合にはアンテナの寿命ということも考えられます。そうなってしまうと受信レベルが低下してしまう場合がありますので注意が必要でアンテナの故障が不具合、向きが関係していて自分では解決ることが難しいと判断した場合には専門業者に依頼するようにしましょう。修理で直すことができる場合もありますし、寿命の場合にはアンテナの交換が必要になってきます。

③アンテナの故障を確認する方法

実際に突然テレビが映らなくなってしまうと焦ってしまいますが、故障と感じた際にしっかりと確認する事によりどの部分が故障しているのか知ることができて、自分で解決することができない場合には業者に依頼して早急に対応することができると思います。

3.1 複数のテレビ

テレビが突然映らなくなった場合には、家にテレビが2台以上ある場合には、他のテレビを確認してみましょう。症状が同じかどうか知ることができます。アンテナが関係している場合には同じような症状が出ると思いますが、他のテレビは問題ないという場合には、アンテナの問題ではなく、テレビ本体が故障している可能性が考えられます。家の中のテレビが映らないという場合にはアンテナ設備の故障が原因となっている可能性が高いといえますので、個人では原因の調査は難しいといえるので専門業者に依頼するようにしましょう。

3.2 アンテナの状態

スカパーが映らない原因としては、台風や大雪などの悪天候以降に映らなくなってしまったという場合には、その時にアンテナが倒れたり、向きが変わってしまっている場合もあります。そんな場合には業者を呼んで直してもらう必要があり、強電界域の場合、アンテナが倒れたりしている場合でもテレビが映る場合もありますが、ほとんどの場合にはスカパーは特に映らなくなってしまいます。アンテナの設備が故障していると疑った場合には、専門の方に依頼する事で解決することができます。屋外のケーブルの不具合などに関しても自分では判断することが不可能なので専門の方にお願いするようにしましょう。

3.3 アンテナ本体

落雷や大雪によりアンテナ本体が破損してしまう場合もあります。テレビが映らないだけでなくアンテナの落下事故や屋根に登って確認する場合には転落事故につながってしまう場合もありますので注意が必要になっています。アンテナに破損が見受けられる場合には、自分で確認しても解決することができず、アンテナの買い替えが必要となってきますので業者に依頼して対処してもらうようにしましょう。自然災害によるアンテナの故障やそれに伴う建物の破損に関しては、火災保険が効くケースもあり、保険を申請することができる場合が多いのですが、アンテナ業者に依頼することにより写真を撮影して保険の申請もスムーズに行うことができます。アンテナ施工は、しっかりとしたアンテナ業者に依頼することにより一般的には10年の寿命といわれていますが、15年~20年問題なく使って行くことができるといえます。しかし、業者により手抜きしている場合には5年で故障してしまう場合もありますし、トラブルなどが起きてしまう可能性が高まってしまうといえるので、アンテナを設置する際にはしっかりと実績のある業者に依頼することが必要になってきます。

④スカパーアンテナの設置

取り付ける様子
取り付ける様子

スカパーを見るためにはアンテナが必要となりますが設置する際には、家の中でアンテナを設置することができる場所をしっかり探すことが重要です。設置場所を決める時には、南南西にアンテナを向けることができるか確認する必要があります。スカパーの電波は衛生から地上に向けて発信されているので、その電波を直接設置したアンテナでキャッチして視聴することができる仕組みとなっています。設置場所は屋外ならどこでも良いというわけではなく、衛星の電波が送られてくる南南西の方向にアンテナを正確に向けて取り付ける必要があります。

また、反射鏡や固定用器具、ケーブルなどアンテナの構成品のほかに作業用のスパナやめがねレンチ、ナイロンテープなどの工具類が必要となります。準備が出来たらアンテナの固定金具をベランダの柵などのしっかりと固定します。高い場所での作業となりますので作業中は金具などを落下させないようにしっかりと注意して取り組んでいく必要があります。固定金具を取り付けた後にアンテナを組み立てていきますが、アンテナにケーブルを取り付けたり、設置地域に合わせて反射鏡の角度を調節する必要があります。最後にケーブルを差し込んだ専用チューナーをテレビにつないで、アンテナを動かしながら電波の受信感度が良い方向を見つけていく必要があります。感度が最も良い方向で金属をしっかりと固定して作業が終了となります。

スカパーアンテナの設置手順や正確な受信するために注意する点などを意識することにより自分でも設置することが可能となっていますし、アンテナに同封されている説明書などを確認しながら作業を行うことにより自分で設置することが可能です。自分で設置する場合には、設置工事費を節約することができますが、設置作業を自分で行う場合には、安全性にしっかりと配慮して、高い場所への設置となってしまうので落下事故などに注意をする必要があります。少しでも不安を感じている場合には、専門業者に依頼することにより、スムーズに設置することが可能となっています。

⑤スカパーのアンテナ不要な視聴

アンテナを設置しない方法でスカパーを見ることができる方法があります。アンテナを設置することができないマンションやアパートなどに住んでいる場合には、アンテナを設置しないで楽しむことができる方法を取り入れてみましょう。

5.1 BSチャンネル

スカパーのBSチャンネルのみを視聴する場合にはテレビのBSチャンネルが見られる状態ならアンテナ不要でスカパーのBSチャンネルを見ることができます。BSだけでも40チャンネル以上ありますのでこれだけでも十分に楽しむことができます。おすすめできるプラントしてはセレクト5で映画やスポーツ、アニメ、エンタメ、趣味、娯楽、公営競技などのジャンルの中で5チャンネル選択して見ることができるプランで、月額1980円となっています。見たいチャンネルが特定していて5チャンネルもないという場合にはチャンネル毎の契約が可能となっているので自分の見たい番組だけを契約することができます。

5.2 光ファイバー

アンテナなしでスカパーを楽しむ方法としては光ファイバーを利用する事です。NTTが提供しているインターネット回線を使ってスカパーを見ることができるようになっています。フレッツ光のフレッツテレビというオプションサービスに加入することにより、インターネット上からスカパーの電波を運んでくれるのでスカパーを見ることが可能となっています。

5.3 ケーブルテレビ

ケーブルテレビを利用することにより、ケーブルテレビの配線を利用してスカパーを見ることができて、CATVパススルー方式という視聴方法となっていますが、スカパーが視聴可能なケーブルテレビと契約することによりアンテナは不要でスカパーを楽しめます。

5.4 アンテナよりおすすめ

アンテナ不要でスカパーを楽しむことが可能となっている方法でスカパーを取り入れるメリットとしては、何よりもアンテナの設置が必要ないということが挙げられます。アンテナを設置することにより、台風や地震などの際にトラブルとなってしまうケースがあり、その際には撤去する必要がありますが、設置する際も撤去する際にも費用が掛かってしまいます。そのために、アンテナを設置しないで見ることができる方法でスカパーを取り入れる事によりトラブルなどを避けることができます。この方法でスカバーを見たいと思っている人は、しっかりと住んでいる地域でサービスが行われているかどうかを確認する必要があり、スカパーを見る時にはアンテナを設置した際も契約が必要になりますが、様々な回線で楽しむ場合でもスカパーを見る場合には契約が必要となります。

まとめ

スカパーを契約している人が多いのですが何よりも自分のスタイルに合わせて自宅で映画などを楽しむことができるということが最大の魅力となっていますし、子供がいる家庭ではアニメなどを取り入れるという人もいます。様々な番組を見ることが可能となっているので趣味や自分の目的に合ったジャンルを選択することができます。

アンテナの設置を検討している場合には、自分で設置することができますが、トラブルが多くなってしまうので業者に依頼することがおすすめできます。また、様々なルートと活用する場合には、スカパーの契約の際に内容をしっかりと確認してプランを選択する必要があります。スカパーは大体申し込みを行って30分程度で見ることができますが、契約をする際には費用が掛かりますので、プランを比較して自分に合ったブランで契約する必要があります。

全てのチャンネルを楽しむことは少ないと思いますが、家族と一緒にそれぞれどのようなチャンネルを取り入れるかということを十分に話合ってお得なプランを選択するようにしましょう。