地デジ関連のトラブル事例まとめ

テレビ
テレビ

今の時代はどの家庭でもテレビがあると思いますが、地デジの映りが悪くなってしまう事もあり、見ていてもイライラするという時がありますがその原因については、なぜ起こってしまうのでしょうか。しっかりと原因を知ることにより対策を取り入れることができて快適にテレビを見ることができると思います。

はじめに

テレビは様々な情報を入手するためには必要不可欠で日常的にニュースやバラエティーなどを快適に見たいと考えている人も多いと思います。その中で、見ている最中に急に映りが悪くなってしまったりする場合がありますが、その原因は何なのでしょうか。しっかりと原因を把握することにより、快適なテレビタイムを楽しむことができると思いますが、どのようなことが問題になっているのか理解することが大切で、それでも映りが悪いという場合にはアンテナなどを確認する必要があり、自分では解決することができない問題なので業者に依頼する必要があります。

①地デジアンテナとは

地デジアンテナ
地デジアンテナ

地デジアンテナとは、地上デジタル放送を視聴するためには必要なアンテナで一般的には八木アンテナと呼ばれている魚の骨の形をしているアンテナが利用されることが多く、他にもデザインアンテナと呼ばれている外壁やベランダに設置するだけのデザインを重視したアンテナがあります、地上デジタル放送の電波は。電波塔などの送信所から配信されていて、放送電波が届く範囲の目安については、放送エリアが設けられています。エリアの状況や周囲の建物などによりアンテナの設置場所やアンテナの種類を選択する必要があり、自分が求めているアンテナでは受信状態が悪くなってしまう可能性も考えられますので設置する際には、しっかりと業者の方と相談して設置場所やアンテナを選ぶようにすることがお勧めできます。

②地デジが映らない理由とは

不具合
不具合

地デジは映らない理由とは様々なことが挙げられますが、理由を知ることにより突然に映らなくなってしまった際になどにスムーズに対処することができると思います。

2.1 アンテナが原因

突然地デジが映らなくなったという場合には、電気系のトラブルではなくアンテナ本体の故障を疑う必要があり、天候などが影響している可能性もあります。雷を受けたりした場合にはアンテナ本体にトラブルを招いてしまう原因となり、鳥が止まった場合でもアンテナが折れてしまう場合もあり、突然映らない状況になってしまうと焦ってしまいますが、このようなことが理由となっている場合には、アンテナを交換することにより解決することができます。

2.2 アンテナの向き

テレビが映らなくなってしまった時には、アンテナの故障と勘違いする事も多いのですが、アンテナの向きがずれてしまっている可能性が考えられるのですが、台風や強い風が吹いたときにはアンテナの向きが風により設定していた時とは異なってズレてしまっている可能性があります。このような場合には、屋根が見える場所などに行ってアンテナの向きを確認してみるようにしましょう。向きが変わっている場合にはしっかりと業者に連絡して元の位置に戻してもらうことにより解決することが可能となっています。

2.3 アンテナの脱落

地デジアンテナに関しては屋根に設置する方が多いのですが、アンテナが傾いたり、落ちていたりする場合もあります。この状態になってしまった際には、すぐに業者に連絡する必要があり、アンテナの確認を行って使える場合にはそれを設置することが可能となっていますし、脱落が原因となり壊れてしまっている場合には新しいものと交換する必要があります。その判断についても自分では行うことができず、設置に関しても高所での作業となりますので専門の方に依頼することがおすすめできます。

2.4 配線の不具合

テレビが映らない原因としては、多くの方がアンテナが原因となっていると思っているのですが、周辺機器や配線などによる不具合が原因となっている場合もあります。窓際の分配器が錆びてしまったり、プラグがショートを起こしたりする事でテレビが映らなくなってしまいます。このような場合には自分でどの部分が悪いのか判断することが不可能なので、修理業者に依頼する必要があります。配線やプラグのどの部分が故障しているのは把握する事も出来ますし、原因を知ることで解決もスムーズに行うことができます。

③地デジが見れない状態を対策

地デジが見れない状態を対策する為にはしっかりとどのようなことを意識すればよいのか知っておくことにより、トラブルなどがあった場合には、先ず自分で確認する事が出来ると思います。

3.1 アンテナの設置位置

アンテナは室内に置くだけでなく、極端に電波を拾いづらくなってしまいます。そのためにできる限り外に設置するようにすることが大切です。また、自分で設置したアンテナの向きが最適な向きからズレが生じてしまう場合もあり、強風などにより折れ曲がってしまう可能性も考えられるのですが、支柱の風に耐える能力を高いものにすることにより、しっかりと固定することができるために地デジの映りが悪くなることを対策することができます。

3.2 ケーブルが欲しい

実際にアンテナを設置する際にはケーブルが必要になりますが、アンテナケーブルの太さには種類があり、細い電線に関しては電気の通りが悪いといえます。そのためにできるだけ太いアンテナケーブルを選ぶようにしましょう。細いアンテナは電波のロスが多くなってしますので太いアンテナケーブルがおすすめできます。

3.3 ケーブルの長さ

家庭によりケーブルの長さが違ってきますが、長すぎるアンテナケーブルを使うことにより途中でグルグル巻きにしている状態となっているケースもあります。電線は太いのもが良いといえますが、可能な限りで短くする方がよく、テレビ電波の劣化を防止する事も可能となっています。

3.4 劣化

アンテナケーブルは外に露出している部分もありますが、どうしてもその部分は亀裂が入ってしまいケーブルとしての能力も落ちてしまうと言われています。そんな場合には新しいケーブルに交換する必要がありますが、同時に細いパイプなどで包んで保護する事を心がけることによりケーブルが原因でテレビが映らなくなってしまう状態を対策することができます。

④画質が良くない時の原因

実際に同じメーカーの高画質なテレビなのに実家や友達の家に行くと画質が良かったなどと感じることもあると思いますが、何よりもその違いを知ることにより、テレビの画質をよくすることができると思います。

4.1 ブースター

テレビ塔が遠い地域の場合やマンションやアパートの場合にはブースターを利用することがあり、弱い電波を大きく増幅してくれる装置となっています。賃貸などのマンションやアパートではたくさんの部屋でテレビ電波を分け合うために、各部屋に対する電波が弱くなってしまいます。そうなってしまわないためにテレビの電波を大きく増幅して各家庭に電波を供給することができます。ブースターは弱い電波を増幅させるだけでなく、アンテナが拾ったノイズを一緒に増幅させるために画質が悪くなってしまう場合もあります。改善するためには、ブースターを使わずテレビ電波をテレビまで供給することがよいといえます。

4.2 数台のテレビがある

実際に今の時代は各家庭に何台ものテレビを設置していますが、その中でアンテナについては、1本のアンテナから電波を分け合っている状態です。そのために1台当たりの電波が弱くなってしまいます。改善する方法としてはアンテナを強力なものにするか、アンテナケーブルを太くすることがお勧めできます。

4.3 テレビ局

同じテレビ塔からの電波を受信している場合でもテレビ局により電波受信レベルは違ってきます。チャンネルを入れ替えると画質が良いチャンネルと悪いチャンネルがありますが、これを改善する場合には、全体的に電波の状況をよくすることにより、映りを良くすることができて、アンテナを高性能にすることにより改善することができます。

⑤テレビの映りに関して

地デジを快適に見るためにはしっかりと映りが良い状態で見る必要がありますが、その中で様々なトラブルが発生してしまう場合があります。テレビの向きを変えたり、模様替えをしたタイミングで特定のチャンネルが映らなくなってしまったという場合もあり、配線が緩んだり、抜けている場合がありますので確認してみましょう。

地デジは少しの配線の緩みでも急に内らない状態になったりすることがありますので、移動させたり、少しでも触れるようなことがあれば見直してみるようにしましょう。またケーブルやブースター、分配器などの部品が故障してしまっている場合もあり、そんなバイアには配線や機器の交換や修理が必要になります。

地デジを見ている中でエラーコードE202と表示さえる場合には、テレビに電波が届かず正常に受信することができない状態を表しているエラーコードで、アンテナ側にトラブルがない場合にはケーブルなどの接続を見直す必要があります。緩みや切断などが原因でこのエラーが表示されますのでしっかりと確認するようにしましょう。

更にE203が出るエラーに関しては、放送局側の都合で放映されていないという状態で、チャンネル設定などをやり直すことにより正常に映る場合もあります。テレビの電源を切ってコンセントを抜いて1分程度放置して、再度電源を入れると映る場合もありますので、試してみるようにしましょう。

地デジだけが映りにくい、ノイズなどが入って見にくいというトラブルも意外に多いのですが、全体的に電波の受信感度が弱いか一時的な電波障害などにより周波数帯域の電波が弱くなっているという事が考えられます。このほとんどが一時的な障害で自然に改善することが可能なのですが、室内外でテレビに関する配線や接触部にトラブルがないか確認できる範囲で調べてみましょう。

⑥アンテナ修理について

アンテナの不調により突然テレビが映らなくなってしまうという事は多いのですが、映らなくなってしまった時点で故障と勘違いする人もいます。しかし、業者に依頼する前にしっかりと自分で確認できる事を行うことがおすすめできます。

テレビがいきなり映らなくなる原因としては、アンテナだけの問題ではなくテレビ本体の不具合によって発生してしまう場合もあり、テレビの電源を切ったり、コンセントを抜いてしばらく放置して、プラグを差し込んでテレビの電源を入れることにより、解決できる場合もあります。それでも解決できない場合にはアンテナのトラブルを疑う必要がありますが、アンテナの状況を確認する必要があり、屋根の上に設置しているアンテナに関しては自分で確認すると危険と伴う場合もありますので業者に依頼することがおすすめできます。

また、アンテナに関しては経年劣化が進んでしまう事により強風や地震などで倒れてしまう事もあります。通常のアンテナ業者はアンテナを設置する際にしっかりと固定して倒れないようにしますが、古くなってしまうと徐々にその効果がなくなり、ちょっとしたことでもアンテナのバランスを取ることができない状態になって、倒れてしまう事があります。

そのために、住んでいる地域より適しているアンテナを設置する必要があり、電波状況などにも関係しますが、しっかりと快適に使っていく事ができるアンテナを設置する必要があります。最近ではデザインアンテナが人気となり、デザイン性が高い新築住宅に設置されるようになっていますが、古いアンテナを活用しているという場合には、寿命となってしまったときにデザインアンテナに交換してみるようにしましょう。屋根の上でなく壁面に設置することが可能となっていますので、トラブルが起きた際に確認する時も楽です。

工事や修理においては業者に依頼する必要がありますが、状態をしっかり自分の目で確認する場所に設置することができるという事で、災害などの際も状態をしっかりと把握することができます。また、テレビの映りが悪くなった時でも、自分でアンテナの状態を確認できるので、配線かアンテナが原因なのか判断することができると思います。

まとめ

地デジ関連のトラブルに関しては、何よりもアンテナの問題だけでなくケーブル、テレビの故障など様々なことが原因となってテレビが映らなくなってしまいます。故障と思ってしまいますが、どの部分が原因になっているのかしっかりと確認する事が必要ですが、自分では判断することが難しいといえます。

そのために、テレビの映りが悪くなったり、映らなくなってしまった場合には、自分でできる程度の確認を行って専門業者に依頼するようにしましょう。日常の生活の中でテレビを見ていない状態でも付けておきたいという人が多いと言われていますが、好きな番組などを見る際も映りが悪くなったり、映らなくなってしまうというトラブルが起きないように、アンテナに関してもどの程度使っているのか見直してみましょう。

かなりの年数を使っている場合には、アンテナを新しいものに交換することにより、テレビを見る時にも快適に観ることができてトラブルなどを軽減することができると思います。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか
>

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。