BS・CSアンテナの取り外し(撤去)を安全に行う方法

平面アンテナのイメージ
平面アンテナのイメージ

地上デジタル放送に完全移行してから数年になりますが、ほとんどのご家庭が地デジ対応のアンテナに変更し、古いものを撤去したこと思います。

集合住宅にお住まいの方であれば、以前使用していたテレビアンテナの取り外しおよび撤去は管理人が行ったと思うので気にされたことはないでしょう。しかし、ジャンルはどうであれテレビのアンテナを取り外したり、撤去する行為は基本的に自分で行うものです。

特にbsおよびcsアンテナがその代表的なものと言っていいでしょう。

おそらくこの記事を読まれている方の多くは、BS・CSアンテナの撤去や取り外しを検討されているか、どのようにして処理したらいいのかその方法が分からないことと思います。
それに撤去費用がどれほどかかるのか?自力でやるにはどうしたらいいのか?自力以外でやる場合はどこに依頼したらいいのか?など、さまざまな疑問があるはずです。

なかには撤去や取り外しが面倒くさいという理由から放置している方もいるようですが、放置し続けるとやがて劣化しますので後に様々なトラブルを招くことになります。よって不要となったBS・CSアンテナは速やかに取り外ししたほうがいいのです。

そこで本記事ではBS・CSアンテナの取り外しと撤去の方法について具体的に解説していきます。是非チェックいただき、あなたにとって最適な方法を見つけてくださいね。

①BS・CSアンテナの取り外しが必要になるケース

基本的にBS・CSアンテナの取り外しが必要になるケースとしては以下があげられます。

・新しいアンテナを購入したとき
・ご利用中のアンテナが故障したとき
・引越しなどで取り外しが必要になったとき

基本的に新しいアンテナを購入した方・現在利用しているアンテナが故障したという方であれば古いものを取り外し、いわゆる付け替えを行なうはずです。しかし、引越しなどは物件にもよりますが、古いアンテナをそのまま放置してしまうケースが多いようです。

言うまでもなくBS・CSアンテナは住宅の屋根に設置されることが多いので、そのまま放置していると劣化します。これの劣化がやがて二次災害を招くこともあるので、そうなることを防ぐためにも早急に撤去しなければなりません。

では、BS・CSアンテナの取り外し方法をいくつか紹介したいと思います。

まず1点目は「引越し業者に依頼する」方法ですね。

実は引越し業者、荷物の運搬だけが主な業務ではなく、現在は住宅におけるさまざまな工事や作業を請け負っています。クロネコヤマトの宅急便は運送会社であるものの、引越し業務からアンテナの取り付け・取り外しまで行ってくれるので重宝されているようです。

そもそもこれら業者がなぜここまで自由に業務を展開できるのかというと、それはアンテナ作業そのものに免許や資格がないからです。そのため、取り付けと取り外しの知識と技術さえあれば、誰でも作業できるというわけですね。

続いて2点目は「取り外しをしてくれる業者を探す」方法ですね。

アンテナの撤去作業などをしてくれる業者は街にあふれています。運送業者に依頼するのではなく、もっと信頼できる電気工事業者に依頼したいという方は、インターネットを活用してお住まいエリアから工事を請け負っている業者をリストアップしてみましょう。なかには出張サービスが安く済むところもありますし、予約なしでやってくれるところもあります。

3点目は「自分で取り外す」方法になります。

一見するとアンテナの取り外し作業は非常に難しく、どこか技術や専門知識を必要としているのではないかと思われるかもしれませんが、実際のところは比較的かんたんな作業で完了してしまいます。

よって、BS・CSアンテナを取り外しする、もしくは撤去するだけなのであれば、自力で作業することは不可能ではありませんし、そこまで重労働でもありません。

とはいえ、作業中にアンテナにおけるパーツを損傷させてしまうと保証が効かなくなる可能性があるので自己責任になります。このようなリスクを完全に避けたいのであれば、専門業者などに依頼したほうがいいと思いますね。

②撤去が必要になるケース

BS・CSアンテナはごく普通に生活しているうえでは、まったくといっていいほどお手入れしたり確認する機会はないと言えます。要するに放置していても動作などに問題がなければ特に問題のないアンテナということ。

しかし、使用していない状態での放置は話が別です。撤去せずに放置していると劣化が進み、大切な住宅に何らかの被害を及ぼす可能性があるので注意すべきです。

では、放置されたアンテナは具体的にどのような被害を引き起こすのでしょうか。

その典型といっても過言ではないのが「屋根の損傷」ですね。

放置したBS・CSアンテナが劣化すると耐久性が次第に失われていくため、天候の影響を受けやすくなると言われています。特に台風などの強風時に破損する可能性がきわめて高くなり、屋根材の破損を招くこともあります。いずれにしても、放置はせずに撤去することをおすすめします。

放置したBS・CSアンテナが被害を及ぼすケースはまだまだあります。
たとえば「倒壊することで起こる事故」でしょう。

放置は劣化を進行させるだけなので倒壊する確率が高くなります。その被害は自宅だけに留まらず、近隣への被害も考えられるため、一歩間違えば人身被害に発展してしまうことも・・・。そうなると法的トラブルで泥沼化することもあるので、大事故になる前に撤去することをおすすめします。

そして、「壁の劣化」も挙げられます。

劣化が進行したBS・CSアンテナは錆びやすい傾向にあるため、雨などで住宅の壁面に錆びが移る可能性がきわめて高くなります。言うまでもなく錆びが壁に付着するとシミに変化し、最終的に壁が腐食することも。

ステンレス支線からなるアンテナは錆びにくいというメリットをもっているものの、経年劣化は避けられませんし、絶対に錆びないという保証はありません。だからこそ、アンテナの錆びには十分な注意をしたほうがいいと思います。

③自分でアンテナを取り外しする方法

BS・CSアンテナの取り外しが本記事のメインとなりますが、なかにはごく一般的なテレビアンテナを放置できないために取り外したいという方もいることでしょう。

確かにいかなるアンテナであろうと放置してしまうと様々なトラブルの原因になります。これについては先述しましたが、もっとも注意しなければならないのはお隣さんへの被害です。万が一、放置したアンテナが破損し、その一部がお隣さんに直撃して人身事故にもでもなったら大変なことになります。

では、実際にどのような手順で作業すべきなのか具体的に解説していきますね。

まず最初に用意してほしいのは「ハシゴ」です。

屋根の上に設置されることが多いので、高さにあわせて適切なハシゴを用意し、しっかりと安全確認を行ってください。

続いて「支持線の切断」を行います。

ハシゴに登っていきなり外そうとしてもアンテナの取り外しはできません。なぜならアンテナ本体は支線(ワイヤー)によって固定されているため。これを切断しないかぎり取り外しができないので、慎重に作業してください。

次は「アンテナの取り外し」です。

支線を切断したら固定が解除されるのでアンテナ本体を取り外します。基本的に一般的なテレビアンテナはパーツがそれなりに多いので落下しないよう注意してください。

そして「支柱撤去」に移ります。

アンテナを取り外したら支柱を撤去し、設置されていた箇所に異常がないかチェックしてください。

以上でテレビアンテナの撤去作業は終了なのですが、作業中にもっとも注意しなければならないのは撤去したものを下に降ろす工程です。いわゆる最終作業なわけですが、とくに慎重さが要求される工程となっているので、誤って落下してしまわぬよう十分に気をつけてください。

そして、撤去したテレビアンテナの処分を行うわけですが、これについては個人で処分してくれるところもあれば、専門業者も存在するので適切に処分できるよう何件かあたってみましょう。言うまでもありませんが不法投棄は犯罪になります。廃棄物処理法に違反しないように細心の注意を払って処分するようにしてください。

3.1BS・CSアンテナの取り外し方

続いては衛星放送用であるBS・CSアンテナの取り外し方について解説していきます。

基本的に作業工程は上項で説明したとおりなのですが、パラボラアンテナなどはナットを外して同軸ケーブルを切断するなどの工程が必要になることもあります。よって、この項目ではそのようなケースの作業について解説していきます。

まずは「ナットを外す」を工程から移ります。

パラボラアンテナはフラットアンテナと比較すると屋根に取り付けるよりもベランダの手すりに付いているケースが多いことで知られています。その場合、六角ナットなどで固定されていることがほとんどなので、専用工具を使ってナットを外していきます。

続いて「同軸ケーブルを切断」する工程です。

これも上項で説明した支線を切断する工程とほぼ同様。ただし、微弱な電気が流れている点に注意する必要がありません。とはいえ、感電するほどではないので深く心配する必要はありませんが、電源を切って絶縁手袋着用のもとで作業するのがベストだと思います。

④撤去を専門業者に依頼する場合

BS・CSアンテナを取り外しするのが面倒ということで放置する方は少なくありません。確かに自力で撤去するともなれば、それなりの苦労が必要になるわけですが、普段からDIYなどをやっている方であれば難なくできるレベルといます。

しかし、BS・CSアンテナの撤去には費用がかかるという理由から放置するという方もいらっしゃると思います。

では、BS・CSアンテナを撤去するために必要な費用はどのようになっているのでしょうか。

費用の内訳は以下のとおりです。

・アンテナ本体の撤去にかかる費用
・アンテナを処分するために必要な費用
・高所作業にかかるオプション費用(※必要な場合のみ)

このようにアンテナ撤去費だけを支払えばいいというわけではないことがわかります。また、基本的に撤去作業は高所作業になるわけですが、その上をいく危険が伴う高所作業になる場合は難易度も高くなるので別途追加料金が必要になるケースが多いです。

ですので、専門業者にアンテナ撤去を依頼する場合はしっかり作業にかかる費用の見積りをとった上で検討するようにしてください。

4.1引越し業者に依頼する場合

最近では引越し業者をはじめ、運送業者がBS・CSアンテナの撤去などを行ってくれるサービスを展開しています。おまけに取り外しだけでなく取り付けまでもやってくれることから、トータルで依頼することもできます。

よって、物件を引越しする際は利用する業者にすべてお任せするというのもひとつの手と言えるでしょう。ただし、これらの作業にはそれなりの費用が必要になるので注意が必要です。

なお、以下に運送業者の大手「クロネコヤマトの宅急便」が提供しているアンテナ撤去及びその他にかかる工事費を掲載しておきますので参考にしてみてください。

・ベランダ置きタイプ
取りはずし工事・・・5,000円(税抜)~
取り付け工事・・・15,000円(税抜)~

・新設パック ベランダ置きタイプ
アンテナ本体をお持ちの場合・・・20,000円(税抜)~

・屋根・壁面置きタイプ
取りはずし工事・・・7,000円(税抜)~
取り付け工事・・・18,000円(税抜)~

・新設パック 屋根・壁面置き
アンテナ本体をお持ちの場合・・・25,000円(税抜)~

4.2 外壁・屋根塗装業者に依頼する場合

引越し業者にアンテナ撤去を依頼するのはちょっと・・・と思われる方は外壁や屋根塗装を専門とする業者に依頼するのがベストだと思います。

お住まいのエリアで長年にわたって愛されている実績と信頼がともなった専門業者であれば、安心して依頼できますし、何より費用の交渉もスムーズに進むことでしょう。

ただし、場合によっては引越し業者よりも高額になってしまう可能性があります。というのも、作業時に足場を組み立て、安全を十分に整えてから作業することもあって、その費用がかかることがあるため。よって専門業者に依頼する場合は、撤去と処理以外にかかる費用がどのようなものなのか、その内訳は明確にしてから話を進めていくことをおすすめします。

なお、あくまで外壁・屋根塗装業者は電気工事の専門家ではありません。よって、本来であればBS・CSアンテナの取り付けや撤去といった作業は業務外にあたると言っていいです。

なかにはアンテナ工事自体を拒否する業者もいるので、その場合はアンテナ工事を専門としているプロに依頼することをおすすめします。

以下に専門業者に依頼した場合にかかる費用の目安を掲載しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

・A社
BS・CSアンテナ基本工事(アンテナ本体は別)・・・¥10,000~
アンテナ受信状態調整(屋根および壁面)・・・¥7,000~
アンテナ受信状態調整(ベランダ)・・・¥5,000~

・B社
BS・CSアンテナ手すり取付もしくは撤去工事(ベランダ)・・・¥12,000
BS・CSアンテナ手すり取付もしくは撤去工事(コンクリート)・・・¥15,000

このように専門業者に撤去を依頼する場合はだいたい10,000円ほどの費用が必要になることを意識しておくといいかもしれません。

まとめ

BS・CSアンテナの撤去工事は手順をよく理解して慎重に行えば自力でできます。しかし、安全かつ正確に取り外しをしたいのであれば、専門業者などに依頼することをおすすめします。

撤去にかかる費用の相場としては10,000~15,000円となっているので、そこまで高額というわけではありません。

無理をして自力で撤去して怪我でもしようものなら、さらに治療費などがかかるだけでなく、生活に支障がでること間違いなしなので、その道のプロに依頼したほうが何事もスムーズに進みますし、早急に解決できるでしょう。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか
>

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。