アンテナが折れたかも、修理しないとテレビが観れない!?

アンテナのイメージ
アンテナのイメージ

地震や台風でアンテナが曲がってしまったとしたら、テレビが映らないなどの不都合が出てくると思います。地域によっては、大雪などでもそういったことが発生してしまうことだってあるでしょう。
もしかして、テレビが映らなくなったとしてもアンテナでは無いことも有ります。情報の供給源として最も高い位置にあるテレビが映らないというのはととても大変です。その原因がどこにあるのか、そしてアンテナが折れたとしたら、果たしてどのように対応して行けば良いのでしょうか。
テレビが映らないという状況をスタートとして考えていってみましょう。

① テレビが映らなくなった原因はなにか

テレビが映らなくなったとすれば、そこには必ず大きな原因があります。原因が無くそれまでに正常に動いていたものが動かなくなる訳はありません。アンテナが折れたという場合の他、中継基地のトラブルなども考えられるでしょう。しかし、そう言った大きなトラブルは個人で解決することではないです。ここでは、個人宅レベルで先ず最初に考えることと、その対応策についてお話してみたいと思います。

1.1映らない原因を探す

テレビが映らない場合、大抵の人はすぐにアンテナが折れたんじゃないかと考えるようです。しかし、テレビが映らないからといってすぐにアンテナが折れたんじゃないかと修理の心配をしなければならないとはかぎりません。なぜなら、ほかにも様々な原因が考えられるからです。
例えばの話ですが、ちゃんと電源コードはコンセントに刺さっているかということだって確認しないといけないのです。大騒ぎして電源が入っていなかったなんてことだって、笑い話ではなく本当に起こっているのです。
他にもテレビ本体の接続線などが緩んだり、抜けたりしていないかも確認しましょう。特に大掃除をした後などは、こういったことが起こりやすいのです。そういったこと確認して、それでも問題が無いという場合はアンテナや屋外の接続線を考えることになるでしょう。
分配器とか接続ブースターなどは風雨にさらされているので、劣化して破損したり、雨水がしみ込んで放電してしまったりすることもあります。そして、アンテナも折れたという状態ではなくとも、ズレていたり傾いているとテレビが映らないこともあります。また、飛来した障害物によりそういった現象が起きてしまっていることも有ります。
ブースターを使って居る場合は、直前に停電がなかったかも確認しましょう。ブースターは一旦、電気の供給が遮断されると復旧にしばらく時間がかかる為です。

1.2アンテナがズレていたら

アンテナがズレていると、そのアンテナに繋がっているテレビ全体が影響を受けます。一般家庭で家の中のテレビ全てに影響が出ているという場合であれば間違いなくアンテナに何かがあったと考えても良いでしょう。
屋根の上にアンテナを設置することが大半である一戸建ては特に天候の影響を強く受けると言えます。外から見て、アンテナが大きく傾いているなどという場合には、修理が必要です。早速、屋根に上って様子を見たいという逸る気持ちもわからなくはないのですが、素人が作業するのは危険ですからやめましょう。
テレビのアンテナは、屋根の上に置かれているだけではありません。ワイヤー等で屋根にしっかりと固定してあります。こういった作業を足場の悪い屋根の上で行うには、それなりの経験を持った専門業者に依頼しなければなりません。専門業者であれば、ワイヤーを張り直すのか、それともアンテナそのものを交換する必要があるのかを正しく判断してくれます。時には、歪んで方向がおかしくなっているだれのアンテナを正しい位置に戻すだけて解決してくれる場合だってあるのです。
一戸建ての場合は全てにおいて自己責任ですが集合住宅の場合は注意が必要です。集合住宅の場合はアンテナをその建物の全ての部屋で共有していることになります。勝手に向きを変えたりすると、別室の入居者との思わぬトラブルが発生することも考えられるからです。必ず管理会社とか大家さんに相談して対応して貰うようにしましょう。

1.3アンテナの調整をしてもダメだったら

アンテナを調整したのに、テレビが映らないということは先ずありえないと思いますが、それでも絶対ということはありません。ここまでの対策で回復しなかったとすれば、別の次元の問題が発生しているのかも知れません。
当初の状態をアンテナの関係は処理しているのですから、テレビにも変化が表れていることがあります。つまり、エラーコードが表示されるようになっていることもあります。エラーコードが画面に表示されているのであれば、取扱説明書を見たりメーカーのサポートダイヤルなどで解決することも出来ます。
そう言ったエラーコードの表示も出ずに、画面が砂嵐のようになっていたり画像が大きくズレているなどの状態となっている場合は同じマンションの住人や近所の人にテレビの映り具合を聞いてみましょう。同じような現象が周囲で起きているのであれば電波の中継基地が機能していないとか、何らかの異常気象が原因となっていることもあり得ます。このような場合、私たちには対応する手段がありません。大人しく復旧するのを待つことになります。
地上波放送とBS方損の差があることも覚えておくと良いでしょう。あまり知られていないことですが、実はBS放送は天候によってその性能を発揮できないことがとても多いのです。順調なときであれば気が付きにくいのですが、悪天候の場合はあまりのひどさについ、アンテナが折れたのではないとか考えてしまうこともあるのです。BSが問題が無いのに、地上波に乱れがある場合はテレビ本体に原因があることが多くあります。

1.4アンテナが折れたりしないように予防する

前にも申し上げましたが、災害のときはテレビという情報源とても貴重です。災害はいつ発生するか予測ができません。だからこそ、普段からの準備が大切になってくるのです。では、テレビが安定して見られるようにしておくにはいったいどの様な対策が必要になってくるのでしょうか。
天候が悪化したときには必ずアンテナがズレてしまうという場合であれば、根本的に見直しが必要です。設置の方法を変えたり、アンテナの位置や向きなどを調整して、いざというときに折れたりすることの無いようにしておきましょう。すぐに直せる場所へと移設しておくとか、必要に応じて室内アンテナを兼用するなどの対策も有効です。また、屋外アンテナやブースターには雨水の沁み込みによる劣化防止のために防水カバーを付けたり、防塵カバーを付けたりしてアンテナを保護しておくことも効果的です。
アンテナの取付は、ほんの数センチのズレでもテレビの映り具合が大きく変わってしまう細かい調整が伴います。それを足場の悪い屋根の上で行うのですから素人がDIYで出来るようなものではありません。転落して大けがをしたというようなことの無いように最初から専門業者に依頼するべきでしょう。

②アンテナの修理とは

いよいよとなった場合には、やはりアンテナの修理ということを考えなければならないでしょう。突然テレビが映らなくなったという現象も、その原因がアンテナにあったことがはっきりとわかれば対処する方法もあると言えるでしょう。
アンテナの修理といっても、多くの場合は修理よりも交換という作業になることが大半です。なぜかと言えば、アンテナが折れたというようなことでなくとも、それなりに老朽化していることは事実ですので例え修理してもすぐに他のところが壊れてしまうこともあるからです。
アンテナ本体は交換するとしても、アンテナから屋内の配線やアンテナを支えているマストやケーブルはサビたりしていなければ再利用することも可能です。取付業者によってどちら勧めるかは微妙ですが、しっかりと聞いてからどちらにするかを決めると良いでしょう。
では、新しいアンテナを設置するときとはどのような工程で行われていくのかを御紹介しておきたいと思います。自分で行わなくても、気になることでしょう。同時に屋根に上って作業をみていることも難しいのでここで理解しておいて頂ければ良いかと思います。

2.1アンテナ取付の工程

アンテナの取付は素人が簡単に出来るものではありません。
先ず最初に行うことは、アンテナを組み立てることです。これは屋根の上で行うのではなく、地上で組み立てを行います。組み立ててから屋根の上に運んで設置するという形になります。マストと屋根ウマの接続される部分以外の全て組み立てているといって良いでしょう。
屋根の上に一式を持ちあがって屋根ウマを設置します。アンテナマストを立てて、アンテナの位置決めをします。原則的に考えると、前回と同じ位置となってくるのですが電波の状態や周辺環境の変化もありますので受信状態を確認しながらとり行うことになります。
位置を決めたら、ケーブルを張って固定します。以前使っていたケーブルが使えるなら再利用してもよいですし、この機会にと新しいものに変えても良いでしょう。
しっかりと固定したら全ての配線を繋ぎます。
配線が終わったら、レベルチェッカーという計測器を使って受信状態を確認して終了です。言葉で書くと簡単そうですが、いざやってみると大変な作業です。

③素人が手を出さない方が良い理由

なんでも自分でやってみたいと思われる方も多いのでしょうが、やはり例えアンテナが折れたという急いでなんとかしたい状況になったとしても、DIYなどで対応するべきではありません。
様々の理由は本当に沢山あるのですが、ここでアンテナ工事を素人がするべきではないという理由について3点に取り纏めてお話をしていこうと思います。

3.1作業を行う場所の問題

アンテナが設置されている場所は、ほとんどの場合は屋根の上です。屋根の上で無い場合であっても高い位置にあり不安定な場所にあります。慣れていない作業を不安定なところで行うということはとても大きな危険が伴うものです。
屋根の上であればかなり急な角度が付いていますし、マンションなどの取付位置もとても不安を感じてしまう場所にあります。少しでも高く、そして広い空間を求めてアンテナの設置場所を決めていくのですから必然的にそういった場所になっていくのです。
いざその場に立ってみると、考えていた以上に風が強いなどの不安を煽る要素も感じることでしょう。慣れていないことはうまくいく筈もなく、頑張ってはみたものの結局テレビが映らなかったと徒労に終わってしまうことが大半です。

3.2複数人が必要な作業であるから

アンテナの交換・修理作業は、複数人が必要な作業です。慣れた職人であっても、2人以上で行うものです。素人がすると考えると、3人とか4人とかでしょうか。どんなに人数を増やしたからといって作業がうまく進んでいくというものではありません。
足元が不安定なところで慣れない作業を行うのですから、それにかかわった人数分危険度も高まっていくのです。
1人が下から組み立てたアンテナを渡し、上でそれを受取ろうとしたもう一人が手を滑らせてアンテナを落下させそうになったと仮定しましょう。慣れている2人であれば上の人は深追いせずに手を離し、下の人はアンテナを避けます。つまり、被害はアンテナが壊れるだけで済みます。新しいものを買ってくれば解決です。
慣れていない複数人の場合は、手を滑らせた本人はバランスを崩し、下の人もとっさに身をかわせません。更に周囲にいた人が手を貸したり、助けようとして2次災害を招くのです。もし、4人が関わっていたとしたら、4人ともが怪我をすることだって考えられるのです。屋根の上から、バランスを崩して落ちたりしたら・・・。上から落ちてきたアンテナが体にぶつかったら・・・。考えれば考えるほど危険が増してきます。
お金をかけずにDIYをするつもりが、大怪我をしたりしてしまっては元も子もないですよね。

3.3屋根そのものを壊してしまう

ちゃんとした講習を受けて、経験を積んでいない人は屋根の構造というものを分かっていないものです。家として作られているものですから、それなりに考えられて一定の基準を満たしているのは事実です。しかし、構造により弱くなるところもあります。
極端な例ですが、ここを踏んではいけないという場所も有るのです。そみに重心をかけると屋根が大きく傷んでしまうのです。慣れた職人さんたちはそういったところを瞬時に見極めます。そうでないと自分たちも安全に作業が行えないからです。
一方、素人であればそんなことは分かりません。ただ、自分の体を安定させることしか考えられないのです。そして、必要に力をかけて屋根そのものにダメージを与えてしまうのです。
少し考えてみたらわかると思います。アンテナの交換と屋根の修理のどちらが高額になってしまうのか。自分でアンテナの修理をして安く済んだつもりが、屋根にダメージを与えてしまい雨漏れを起こしたときの修繕費が恐ろしい金額になって返ってきた。これでは全く意味がありませんよね。そういったことも考えると、アンテナ修理はとても素人のDIYで賄えるものではないと分かって頂けたのではないでしょうか。

おわりに

テレビが映らないとき、どのように対処するのか。そして、その原因がアンテナではないかとの結論に至ったときはどうするのか。アンテナが折れたとしても、すぐに素人が対応できるものではないということも分かって頂けたでしょうか。
自分でできることを試し、ここから先は素人が手を出すべきではないとわかったら、専門業者にいらいすることが一番早く確実に解決する方法と言えるのです。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか
>

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。