エアコン暖房機能が突如使用できなくなって千代田区のお客様がお困り

エアコン修理6,000円~対応中!

暖房が使用不可になったエアコンの修理作業

暖房効かないエアコンの修理実施

東京都千代田区のI様

冬場に大切なエアコンの暖房機能

暖房が使用できなくなったお客様のエアコン
暖房が使用できなくなったお客様のエアコン

冬の寒さを凌ぐためにとても重要な存在であるエアコンに不具合が生じたとのご連絡をお客様からいただき、まずは状況確認と調査作業のためにお伺いしました。寒さを凌ぐためにエアコンの暖房機能を使用されようとしたようですが、その際に暖房が効かないことに気付いたとのことです。暖房機能の使用不可は冬になって気づくことになりますが、だからこそ早急に修理してほしいと誰もが願うものです。
その思いもよく理解しているために、とにかく早急に原因を判明させなければならないと考え、お客様の自宅にあるエアコンと向き合いました。エアコンだけではなく室外機も調査をおこない、どこにどのようなトラブルが起こっているのかをチェックしていきました。
その結果、ガスの不足という事態を確認しました。今回は冬に稼働させたために暖房機能が使用できないことに気付いたようですが、試しに冷房を使用したところ、こちらも使用不可でしたので、ガスが原因と断定しました。

ガス不足による機能の停止と判明

不具合原因確認のため内部点検作業中の様子
不具合原因確認のため内部点検作業中の様子

実際、ガスに原因があると考えたあとで内部のガスの量を測定しました。その結果、ガス充填作業をおこなわない限り、エアコンの各種機能は復旧しないとの結論に達しました。エアコンの冷暖房機能には冷媒ガスの存在が不可欠ですが、ガスが不足していても冷暖房機能が維持されることがあります。これは最低量を満たしているか否かの違いです。
仮にガスが満タンでなくても冷暖房機能を生み出すだけの最低量が入っていればなんとかエアコンは稼働しますが、それを下回ってしまうとやはり冷暖房機能が使えなくなり、エアコンを稼働させて風が出てくれたとしても、それが冷たい風や温かい風になることはないのです。
これでは電気を使って送風しているだけでもったいないため、ガスを補充して冷暖房機能を取り戻すしかありません。お客様にその事実を説明し、金額面での見積もりにも承諾を頂くことができたため、ガスチャージ作業を開始しました。

安全性に配慮したガス充填の作業

ガスチャージ作業をおこなう承諾をお客様から頂いたため、即座に準備を整え、作業を開始しました。ガスに関する作業ですから、その作業は慎重を期しておこなわなければなりません。ガス爆発などの例がないわけではないため、慎重になります。
稀にお客様自身がガスチャージ作業をおこなおうとして、事故に至るようなケースも国内にありますので、そのような事態だけは絶対に避けなければいけません。また、爆発によってお客様のエアコンをガス充填では修復できないような状態にしてしまうため、エアコンやお客様の身の安全などを守るためにも慎重に作業を進めていくこととなります。
幸い特にトラブルは何もなく、無事にエアコンの足りていなかったガスを補充することができました。ガスチャージ作業をおこなう際には緊張もありますが、今回も無事に終わってひと安心しました。

ガス注入後は問題なく暖房が復活

ガス充填作業を無事に終え、その後はエアコンの稼働状況を確認する作業に入りました。基本的にガスチャージ作業によってエアコンが復活するとの確信はありましたが、相手は機械ですから、実際に動かしてみるまではわかりません。
それこそガスの問題はクリアになっても、そのほかにも何かの不具合が同時に発生している可能性も捨てきれないからです。そのような場合にはガス補充を終えたあとであってもエアコンが正常に稼働しないなどの状況になる可能性もあります。そのため、テスト運転は必須です。
しかしながら、このテスト稼働をおこなった結果、ガスチャージのおかげで暖房機能は無事に復旧を果たしてくれました。
お客様としてもこのままの状態が続けば寒さを凌ぐための機器がなく、困ると考えていたようで、無事に吹き出し口から暖房が出てきた際にはホッとしたお顔を浮かべてました。その顔を見て、当方としても安堵した次第です。

冷房機能にも異常はなく作業終了

無事に各種機能が正常化したエアコン本体
無事に各種機能が正常化したエアコン本体

今回はお客様が暖房を使用されようとして不具合に気付いたためにメインは暖房機能の復旧です。しかし、次の夏が訪れた際には冷房を使用することとなります。そのときになって冷房にも不具合が生じていたということでは笑えません。
そのため、冷房機能が無事に機能しているか否かに関してもチェックをおこないました。その結果、こちらに関しても問題なく稼働していることが判明しました。
つまり、冷暖房ともに機能が戻っていました。ガス不足によって冷房が機能を失ってしまうことも多いので、この点では本当に安堵しました。これで次回の夏にも問題なくエアコンを使用していただくことができます。
最後にお客様にすべてのトラブル解決をご報告して作業を終了としました。お客様には迅速な作業をおこなったことでお褒めの言葉も頂くことができ、嬉しい限りです。

自分でもできるエアコンメンテナンスの方法

DIYでエアコンのメンテナンス

使用しない時期にも数分程度稼働

稼働させた状態の家庭用エアコンイメージ
稼働させた状態の家庭用エアコンイメージ

エアコンを新規に購入すれば、そのエアコンを長く使用していきたいと考えるものです。しかし、そのためには自分でも日々のメンテナンスをおこなうことが大切です。DIYでできるメンテ方法に関しては様々なものがありますが、メンテナンスというよりも使用の仕方によってエアコンの寿命を延ばせる可能性もあるのです。
そのひとつにはエアコンを使用しない季節のメンテナンスもあります。エアコンと言えば夏や冬にのみ使用する家庭も多いですが、だからといってそのほかの期間に一切電源を入れないまま置いておくと故障などの原因につながる可能性もあります。
そのため、春や秋などエアコンが不要な時期においても電源を入れて10分程度動かすようにしましょう。
このようなメンテナンスによって夏や冬に突如動かすことがなくなり、故障などを起こさないことも多いものです。それでも発生してしまうトラブルなどもありますが、何もしないより良いため、覚えておきましょう。

室外機を日陰にして物を置かない

エアコンのメンテナンスや寿命の長さを伸ばす方法に関して、エアコン本体にばかり目を向けがちですが、室外機も重要視したいものです。室外機の設置個所にもよりますが、ベランダなどに置いている家庭も多いです。その場合、エアコンの室外機が物置の代わりになっていることもあります。
植木鉢などを置いていたり、洗濯関連の品々を置いているなどしている家庭もあります。しかし、こうしたものが室外機の機能を阻害してしまい、結果として稼働しにくい環境を作り上げてしまうこともあります。
これが長期に及べばその期間、エアコンや室外機への負担も大きくなりますので、このような品が置いてある場合には撤去しておきましょう。さらに、直射日光を浴びるのも良いことではないため、設置場所を変えるなどの検討をしておきましょう。

過度な温度設定を避けて利用する

エアコンの寿命を考えてメンテナンスをしていく際、エアコンの設定温度に関しても重要視しておきましょう。エアコンを使用する際には設定温度を自身で決めることとなりますが、冷房の際に18度や暖房の際に30度など、かなり過度な設定温度で使用する人もいます。
たしかにエアコンを使用する以上は暑いときには涼しくしたいですし、寒いときには暖かくしたいものです。
しかし、だからといって過度な設定温度で稼働させるとエアコンを常にフル回転させることとなり、寿命を短くする可能性もあります。そこまでの温度にしなくても快適に過ごせるはずですから、温度も見直してみましょう。

長持ちさせるためのエアコンの正しい選び方

エアコンの購入時の選び方とは?

部屋のサイズに合うエアコン選び

一般的な広さの部屋用に設置されたエアコン
一般的な広さの部屋用に設置されたエアコン

エアコンは購入後に大切に使用することによって長持ちをさせることができるともいわれています。もちろん、通常使用していても壊れるときには壊れてしまうこともありますが、それでも大切に使用しているほうが寿命は長くなることが多いです。
しかし、購入後に大切に使うことも重要ですが、購入時にそもそもどのような機器を選ぶのかも重要です。たとえばとても広い場所にエアコンを設置するということで購入するにもかかわらず、その際に購入するエアコンが6畳間用であれば冷やしたり暖めるために機器が無理することもあり、結果として早々に壊れることも考えられます。
エアコンはそれぞれ6畳用や12畳用、それ以上の広さをカバーできる機種などもあり、これは設置する場所によって選ぶべき機種も変わってきます。つまり、設置する場所の広さと選ぶ機種がミスマッチしないように気を付けて購入するようにしましょう。

エアコンに負担をかけない使い方

エアコンを長持ちさせるためには購入時に適正な機種を選んでおくことも重要ですが、いずれにしてもエアコンが必要以上の負担を受けないような形に整えておくことが大切です。エアコンは設定温度を指示されるとその温度になるまで精一杯頑張って稼働します。
しかしながら、あまりに無茶な要求を強いられれば、結局はエアコン本体が無理な稼働をしなければならないのです。これはエアコンだけに限った話ではなく、加湿器や空気清浄機などでも同様ですが、やはり無理な働きを求められればやがて限界を迎えます。
しかも、本来なら10年や15年と使い続けられるはずだったエアコンが早期にトラブルを起こしてしまうなどして壊れてしまうこともあります。このような事態を招かないために、購入時も購入後もエアコンへの負担という観点を持ち、エアコンに無理をさせていないかどうか常にチェックする姿勢も重要なのです。その姿勢が結果としてエアコンを守り、さらには修理費用なども抑えるのです。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。