富士市のエアコンが冷えない原因には室外機の冷媒ガス漏れの調査をしてみる

エアコン修理6,000円~対応中!

エアコンが冷えないならまずは調査を依頼する

エアコンの冷媒ガスを補充する

静岡県富士市日乃出町のK様

エアコンが冷えない原因を調査

正常に起動しているのに冷えないエアコン
正常に起動しているのに冷えないエアコン

静岡県富士市日乃出町にお住まいのK様から「エアコンの電源が入るが冷えない」「室外機も回っているが、ランプが点滅していない」と、エアコンのトラブルで調査の依頼がありました。エアコンは、正常運転しているよで機能的な問題ではないであろうと判断できます。それであは、エアコンが冷えない、冷房が効かない場合には原因がいくつかあります。

大きく分けると「エアコンが汚れている」「室外機の周りに物が置いてある」「冷媒ガス漏れまたはガス減っている」「エアコン本体の故障」「気温差による温度設定の問題」などが、エアコンが冷えないときに考えられる原因です。

エアコンが、冷えない場合の外的要因としては、室外機の周りに物が置かれているため換気を妨げている場合や、室外と室内の気温差にあった温度設定ができていないなどが、あげられます。故障と疑う前にまずは、エアコンの周辺や設定温度を確認してみるようにしましょう。

冷えない原因はエアコンの汚れかも

ドレンホースの掃除でエアコンの汚れを除去
ドレンホースの掃除でエアコンの汚れを除去

エアコンが冷えなくなる原因のひとつに、フィルターの汚れと内部から出た水分を外へ排出するドレンホースの中の汚れが、影響している場合も多くあります。汚れが溜まってくるとエアコンから風が出なくなるだけでなく、水が逆流してエアコンから水漏れする場合もあり大変です。

ひどい汚れには、専門の業者にエアコンのクリーニングを依頼して、ドレンホースの内部も合わせて汚れを取り除かないと改善は難しくなります。エアコンから出る風を妨げないように日頃から、こまめにフィルターのクリーニングをしいるだけでもドレンホースの詰まりを防ぐ交換もあります。

汚れが原因出ない場合は、エアコンの室内機か室外機のどちらかの故障も考えられるため、エラーコードの表示がないか確かめてみるなどで対応していきます。そして、機器の問題であれば、修理を依頼してみるまたは、買い替えなどの検討も必要になってくるでしょう。

エアコンの室外機も調査してみる

室外機が故障していないか調査をしている
室外機が故障していないか調査をしている

エアコンの室外機は、エアコンの起動中に室内の熱を外へ放出する機能が備わっています。そのため、室外機のファンの機能が、十分に発揮できないような環境を作ってしまわないように注意が必要です。

室外機のまわりに、物を置いていなくても直射日光があたる場所であれば、熱の放出の妨げになるため、遮熱パネルなどカバーして回避してみることもあります。そして、室外機には、冷たい風を送るために冷媒ガスが導入されていますが、その冷媒ガスが、何らかの原因で漏れてしまったり、古い室外機だと冷媒ガスが減ってくるなども発生します。

エアコンの室内機と室外機の両機器に、故障が見られず、汚れなどもないようなら、冷媒ガスの漏れや減りがないか調査してみたほうが良いでしょう。機能に問題がなければ冷媒ガスの補充をすれば、エアコンの冷えない症状は改善します。

エアコンの冷媒ガスを補充する

エアコンの室外機に冷媒ガスを補充している
エアコンの室外機に冷媒ガスを補充している

今回のお客様では、エアコンの汚れやドレンホースからの水漏れなどもないと確認できたため、室外機を調査したとこと、やはり冷媒ガスが減っていることが判明しました。冷媒ガスが接続部分で漏れているかも調べたところ、配管の接続部分から少量のガス漏れが検知されました。

冷媒ガスの漏れは、エアコンが冷えなくなる原因によくあることで、漏れている部分の修理や交換をしてから、冷媒ガスを補充すれば改善します。今回の作業は、室外機にある配管の接続部分の部品の交換で対応していきます。

部品の交換ができたら、内部に残っているガスを全て出して、真空状態にしてから、改めて冷媒ガスを注入していきます。ガスの種類や容量は、室外機によって異なるため、正しい内容で補充すれば完了します。

定期的なメンテナンスて故障を防ぐ

エアコンのクリーニングは業者に依頼する
エアコンのクリーニングは業者に依頼する

室外機に冷媒ガスほ補充する費用は、ガスの容量にもよりますが、2万円前後になります。配管の腐食など経年劣化によることが原因であれば、毎年のように冷媒ガスが減ってしまうこともあり、その場合は、エアコンを買い替えるタイミングと判断して良いでしょう。

エアコンが冷えなくなる原因と対処方法も含めて説明してきましたが、エアコンにも寿命があります、しかし定期的なクリーニングをしていれば、故障などのトラブルを少しでも防ぎやすくなります。シーズン前にはエアコン内部のクリーニングとメンテナンスを業者に依頼するよう心がけるのもおすすめです。

エアコンには、機種ごとに異なっていても、内部に異常があればエラー表示があったり、ランプの点滅で知らせてくれるようになっている機種を多くあります。何か異常があれば、なかなか自分で対応できるものでもないため、すぐ専門業者に連絡して、修理や点検を依頼してみましょう。

エアコンのトラブルを自分で修理してみたい

エアコンの調子が悪いときの調べ方

エアコンが故障しやすい箇所はどこ

エアコンの故障を自分で修理できるか調べる
エアコンの故障を自分で修理できるか調べる

エアコンから冷たい風が出なくなったり、水が漏れてくるなどのトラブルが発生したらまず、自分でなんとか修理できないか試してみたくなりますね。エアコンは、突然動かなくなることも起こり、そんな場合には、とりあえずエアコンを再起動してみましょう。

エアコンの再起動は、電源を落としてから電源プラグを抜いてしばらく時間をあけてから、電源を入れ直す方法です。これでエアコンの機能がリセットされるため、問題なく動き始めて改善することもあります。

その他には、エアコンのタイマーランプの点滅やエラー表示を調べてみてると、フィルターの交換や室外機の故障など、トラブル箇所が見つかり支持にしたがって対処しましょう。故障しやすい箇所といえば、室内機の汚れが原因と室外機の故障が多く見受けられます。

故障しやすい室外機にある制御基盤

エアコン多い室外機の故障を修理している
エアコン多い室外機の故障を修理している

エアコンの故障で多い室外機のトラブルには、内部にある制御基盤の不具合です。古くなってきたエアコンでは、発生しがちな故障で、室外機をあけると制御基盤が見えるため自分で修理や交換ができそうに思えます。

電気部品に詳しい方なら、制御基盤を交換することはそれほど難しくないかもしれません。しかし、メーカー純正の制御基盤は個人に販売されておらず、細かい電気部品であることからも、電気工事士に依頼したほうが確実ですから、自分で修理するのは難しい箇所になります。

その他には、室外機の内部にコンプレッサーやファンモーターなど電気部品が詰まっており、知識があっても用意に触るのは危険です。エアコンの故障を自分で修理したくても下手に触るのは、基本的におすすめできません。

エアコンの修理は業者に任せて正解

自分でできるドレンホースのクリーニング
自分でできるドレンホースのクリーニング

エアコンのトラブルでも自分で修理できる部分といえば、室内機本体とドレンホースのクリーニングです。汚れが溜まってくるとエアコンから風が出なくなっしまったり、風が出ても冷えないなどの不具合が発生します。

室外機の故障や冷媒ガスの補充といったことは、専門業者に任せれば間違いないため、自分で改善できるのは、少し大がかりになっても対処可能なドレンホースの内部を「ドレンホース用サクションポンプ」を購入して、掃除することもできます。

クリーニングの方法を覚えていれば、エアコンの汚れいよるトラブルを未然に防げるため、室外機への負担の解消へも繋がります。このようにエアコンは自分で修理をするには限度があり、何かあれば、専門業者に点検してもらうほうが、安全で確実に改善できるしょう。

エアコンからボコボコと大きな異音がする

エアコンから出る異音の対処方法

エアコンの正常な音と異音の種類

エアコンから大きな音がするため困っている
エアコンから大きな音がするため困っている

エアコンから「ポコポコ」と変な音がすると気になってしょうがないかもしれません。エアコンの異音には、正常の音と異常を表す音があります。エアコンが正常に運転しているときの異音は、フィルターの目詰まりでも変な音がします。

また、エアコンを起動していないときでも何か音がしている場合は、室内と室外を出入りする空気の音で、部屋の中の環境が変わると音がしますが、異常ではありません。その他には、水が溜まってボコっと鳴るような音であれば、ドレンホースの中で水が逆流している可能性もあり、原因はドレンホースの内部の詰まりです。

何か機械音のようにガタガタ鳴ってたり、変な匂いがするとなどあきらかに異常を察知したら素人では判断が難しいこともあるため、故障を疑いましょう。

異音が発生する状態を確認してみる

エアコンのクリーニングで異音を解消できる
エアコンのクリーニングで異音を解消できる

それでは、エアコンの異音について種類やその状態を説明していきます。「ブシュー」とエアコン内部でしたら、それは霜取りが作動しています。「バキッ」鳴れば温度の変化で素材の樹脂が伸びたり縮んだりする音です。

「カラカラ」と空回りした音がしたら、室外機のファンの軸に汚れが詰まっていたり、ファンモーターの故障が考えられます。自分では対処できない範囲のため業者に点検して守りましょう。異音の多くは汚れが詰まって空気や水の流れが滞ることが原因になっています。

エアコンの起動時のモーター音がいつもより大きくなってきた場合も、トラブルの予兆の可能性が高く、タイマーランプの点滅がないかなど、エアコンの動作を注意深く観察していると、異常に気がつきやすくなり、早めに対処できます。

エアコンから空気の逆流を対処する

ドレンホースにエアカットバルブを取り付ける
ドレンホースにエアカットバルブを取り付ける

それでは、多くの方がエアコンの気になる異音の代表は「ポコポコ」あるいは「ボコボコ」とした大きな音です。これは、気密性の高い建物や部屋の場合に、窓を閉めた状態でキッチンの換気扇を回すと、エアコンが空気の通り道となります。

エアコンが運転していない状態でも狭い空間を空気が流れ込むことで、異音が発生します。ここで、窓を開けてみて音が消えるようなら、原因は外から空気がドレンホースを伝って流れ込む音に間違いありません。

このような、異音の対処方法として用いられるのは「エアーカットバルブ」や「エアーシャットバルブ」というものがあります。ドレンホースの先に取り付けて外気の流れ込みを防止する効果がるため、気になる方は試してみることをおすすめします。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。