ダウンライト6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

ダウンライトとは

マンガ
天井のダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込むタイプの小型の照明器具のことです。通常の照明器具とは異なり、天井面がフラットとなるため、見た目がすっきりするのが大きな特徴です。また、くぼみの中から照らすため、照明からの光の当たり方自体の範囲が狭くなりますが、一方で基本的に明るさは強くなっています。 ダウンライトにも種類があります。大きく分けて「ベースタイプ」「ユニバーサルタイプ」「ピンホールタイプ」の3つです。ベースタイプが一般的で、リビングをはじめ廊下や玄関・トイレなどに広く使われます。ユニバーサルタイプは、角度調節の可能なダウンライトです。主に間接照明として使われ、壁の絵画など展示物を照らすために用いられます。ピンホールタイプは、スポットライトのような照明です。ライトの下に置いたものを、ピンポイントで照らすことができます。

ダウンライトの種類

ベースタイプのダウンライト

ベースタイプのダウンライト

ユニバーサルタイプのダウンライト

ユニバーサルタイプのダウンライト

ピンホールタイプのダウンライト

ピンホールタイプのダウンライト

ダウンライトの電球の種類

蛍光灯タイプ

蛍光灯タイプ

LED内蔵タイプ(一体型タイプ)

ユニバーサルタイプのダウンライト

LED電球タイプ

LED電球タイプ

ダウンライトがつかない4つの原因

1.蛍光灯・電球の寿命

蛍光灯タイプのダウンライト(ツイン形蛍光灯)

ダウンライトの電球や蛍光灯、点灯管の寿命がきていると、ダウンライトの電気がつかなくなります。これは蛍光灯タイプ、電球タイプ、LED内蔵タイプ、LED内蔵タイプなど、すべてのダウンライトにいえることです。 蛍光灯は3,000~12,000時間、電球は1,000~2,000時間、LEDは約40,000時間といわれています。製品によっても異なりますが、新しい電球に交換してからこれぐらいの時間が経っていたら寿命が来たと考えて良いでしょう。 蛍光灯・電球の寿命は、すべての照明器具の基本的なトラブルです。照明がつかなくなったら、まずは使用されている蛍光灯・電球を調べてみましょう。

2.点灯管(グローランプ)の寿命

反射板を取外したダウンライト

蛍光灯や電球を交換しても、ダウンライトがつかない。そんなときは、点灯管(グローランプ)の寿命が原因の場合があります。蛍光灯や白熱電球を使用するダウンライトには、他の照明器具と同じく点灯管が付いています。点灯管の寿命が来た場合、蛍光灯や電球が新品でもつかなくなります(点灯管の役割について詳しくはこちら)。ですが、ダウンライトの点灯管は反射板に隠れているため、見落としてしまう方も多くいます。「電気を交換してもつかない」といった場合、反射板に隠れた点灯管を交換すれば直ることが多いので、反射板を外して確認してみてください。 ※LEDは点灯に点灯管を必要としないため、LED蛍光灯やLED電球を使用している場合は該当しません。

3.ダウンライトの故障

天井から取外したダウンライトの側面

ダウンライト自体が故障していると、電気がつかなくなってしまいます。ダウンライトの故障原因は主に経年劣化です。劣化の症状も様々で、「蛍光灯や電球を受けるソケット部分の接触不良」「電気配線の劣化やショート」などがあります。LEDを使用したものでは、「LED基板の歪みや破損」といった症状もあります。また、ジージーと異音がしたり、調光できないなどのトラブルも発生しやすくなります。 ダウンライトも寿命があります。その年数はほかの照明器具と同じで、8年~10年前後。取付けから10年近く経ったダウンライトで、蛍光灯や電球を交換してもつかない場合、寿命が来たと考えてほぼ間違いありません。

その他の不具合と原因

LED内蔵型のダウンライト

電球を交換できない

LED内蔵タイプのダウンライトでトラブルです。「蛍光灯・電球が外せない」「電球がどこかわからない」といったものです。LED内蔵タイプのダウンライトは、照明器具と蛍光灯・電球が一体となっています。LEDは寿命が長いので、一体型は蛍光灯・電球のみを交換するように設計されていません。寿命が来た場合は、ダウンライトの照明器具そのものを交換する必要があります。

ユニバーサルタイプのダウンライト

ライトの向きが変わらない

これはユニバーサルタイプのダウンライトのトラブルです。ライトの向きが変えられないときは、リモコンかダウンライトそのものに原因があります。リモコンの電池がなかったり、基板故障や接触不良を起こしている。または、ダウンライトの信号受信部やダウンライトそのものが故障してしまっているというものです。どちらも経年劣化による不具合と考えられるでしょう。

取外したダウンライトのソケット

異音がする

ダウンライトから異音がすることがあり、その音も様々。「カツッカツッ」というような金属音をはじめ「ジージーッ「ジジッ」「チ…チ…チリ」というようなものです。カツカツという音は、器具の熱膨張によるもの。ソケットなどの接触不良の場合、ジー、チリというような音がでます。気温の変化で音が鳴ることがありますが、不安な場合は一度点検をおすすめします。

光が明るすぎるダウンライト

調光できない

調光機能のあるダウンライトで「明るさを調整できない」「電気がくらい」といったトラブルがあります。原因はいくつかあり、「ダウンライトの故障」「リモコンの故障・不具合」「蛍光灯・電球が調光機能に対応していない」が考えられます。ダウンライトやリモコンに故障・不具合があると調光できなくなります。また交換する電球によっては調光に対応していないこともあります。

ダウンライトがつかないときの解決方法

マンガ

蛍光灯・電球・点灯管の交換でトラブル解決!

新しい蛍光灯を差し込んだダウンライト

蛍光灯や電球、点灯管の寿命で電気がつかない場合。それらを新しいものへ交換すれば、問題なく電気がつくようになります。蛍光灯や電球の交換は簡単で、今付いている古いものを取外し、新しいものを取付けるだけです。 点灯管の交換は少し難しく、まずはダウンライトの反射板を取り外さなくてはいけません。反射板を取外すには、まず「ダウンライトの二重になっている円の内側を下ずらす」ようにします。ダウンライトの種類によって少し違いますが、こうすることによって反射板が外れます。あとは中にある点灯管を交換するだけです。 種類によって、点灯管がないダウンライトもあります。その場合は、蛍光灯や電球・点灯管の問題ではなく、ダウンライトの故障などがつかない原因です。

反射板が取付けてあるままのダウンライト

点灯管の交換作業その1
反射板が取付けてあるままのダウンライト

反射板を下にずらし天井から外れたダウンライト

点灯管の交換作業その2
反射板を下にずらし天井から外れたダウンライト

反射板が外れ点灯管が交換可能なダウンライト

点灯管の交換作業その3
反射板が外れ点灯管が交換可能なダウンライト

ダウンライトの交換でトラブル解決!

点灯管の交換作業その1
反射板が取付けてあるままのダウンライト

ダウンライト自体が故障していたり、LED内蔵型のダウンライトの寿命がきたとき。これはダウンライトそのものの交換になります。ダウンライトの交換作業はそれほど難しいものではありません。しかし、配線を切り離す・繋げる作業を行うことから、原則として電気工事士の資格を持つプロにしか行う事ができません。ダウンライトの交換作業の流れを一通りご紹介しますが、交換する際は弊社のようなプロに依頼をしてください。 ダウンライトの交換作業については、当ページ下記の「ダウンライト交換作業の事例」でもご紹介しています。興味のある方は、合わせてご確認ください。

ダウンライトの交換作業その1
交換作業の前にまずはスイッチをオフ

ダウンライトの交換作業その1
交換作業の前にまずはスイッチをオフ

ダウンライトの交換作業その2
蛍光灯・電球がそのままの場合は取外す

ダウンライトの交換作業その2
蛍光灯・電球がそのままの場合は取外す

ダウンライトの交換作業その3反射板・ダウンライトの本体を外す

ダウンライトの交換作業その3
反射板・ダウンライトの本体を外す

ダウンライトの交換作業その4新しいダウンライトの本体に配線を通す

ダウンライトの交換作業その4
新しいダウンライトの本体に配線を通す

ダウンライトの交換作業その5ダウンライトを天井に埋め込み反射板を取付ける

ダウンライトの交換作業その5
ダウンライトを天井に埋め込み反射板を取付ける

ダウンライトの交換作業その6スイッチを付けて点灯を確認し作業完了

ダウンライトの交換作業その6
スイッチを付けて点灯を確認し作業完了

ダウンライトを後付けする際の注意点

ダウンライトを設置するには拡張が必要な天井

「ダウンライトの後付工事をしたい」「ダウンライトを新規で取付けたい」そういったときには注意が必要です。注意点は大きく分けて3つあり、この注意に該当する環境だとダウンライトが取付けられないことがあります。 注意点の1つとして一番にあげられるのが、天井裏のスペースです。ダウンライトは天井に埋め込む照明なので、天井裏にスペースがないと取付けることができません。スペースがあっても、梁など突起があるところには取付けられません。

2つ目は配線の関係です。なにもない天井にダウンライトを取付けるとき、天井に電気配線が通っていないことがあります。また取付ける場所によって、配線がダウンライトに届かないことも。天井裏に後付で配線を通すのは難しく、場合によっては点検口を開ける必要がでてきます。

ダウンライトの取付けが難しいコンクリート天井

3つ目は天井の硬さ・厚さです。ダウンライトの後付け・新規取付けには天井に穴を開ける作業が必要です。このとき穴あけドリルやインパクトドライバーと呼ばれる工具を使い、天井に穴を開けます。この工具では穴が開けられないような材質・素材の天井だと、ダウンライトの取付が難しくなります。またコンクリートの打ちっぱなしなど、厚みのある天井だとダウンライトは取付けられません。

照明修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査費用 測定器を使わない調査・目視だけの調査 無料
基本調査費用 測定器を使う調査、実作業を伴う調査 6,000円
測定器調査 測定器を用いて数値で異常箇所を特定する 3,000円~
分解調査 設備、器具を分解する 3,000円~
分電盤内調査(15回路未満) 分電盤内を測定器調査し漏電している回路を特定する 6,000円
分電盤内調査(15回路以上) 分電盤内を測定器調査し漏電している回路を特定する 9,000円
配線特定調査 問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業 5,000円~
結線処理作業 電線の接続部をやり直す 3,000円~
管球交換 電球を交換する 3,000円~
接触改善 ソケット内の接触不良を改善する作業 3,000円~
オーバーホール 器具を分解して接触箇所などを改善する作業 5,000円~
シーリングライト取付け シーリングライトを取り付ける作業 3,000円~
ダウンライト交換 ダウンライトの交換作業 15,000円~
シーリング交換(ローゼット) シーリングやローゼットの交換作業 8,000円~
バイパス工事(直結工事) 安定器を切り離し、直結作業する作業 13,000円~
バイパス工事(二箇所目以降) バイパス工事の複数箇所を工事する場合 半額
門灯交換 門灯を交換する作業 15,000円~
調光化 光の強さを調整出来るようにする 要相談
調色化 光の色を調整出来るようにする 要相談
コーキング作業 コーキング作業 3,000円~
天井上作業 天井上の隠蔽箇所での作業 要相談
床下作業 床下の隠蔽箇所での作業 15,000円~
壁面作業 壁中での隠蔽箇所での作業 15,000円~
開口作業 隠蔽部の配線調査をする前作業 要相談
通線作業(露出) 電線の引き直し 1,500円~
通線作業(隠蔽) 電線の引き直し 3,000円~
モール作業 電線をカバーするモール設置する 1,000円~
整線作業(ステップルインシュロックなど) 垂れたり、外れたりしないように固定する 3,000円~
整線作業(サドルなど) 垂れたり、外れたりしないように固定する 5,000円~
コンクリートビス穴開け 下地がコンクリートの場合にビス穴を事前に開ける作業 3,000円~
コンクリート通線用穴開け 新線など引き直す際に通線用の穴を貫通させる作業 10,000円~

ダウンライトの事例

ダウンライトの電気がつかない

電球を取外したダウンライト

葛飾区東立石のお客様

東京都葛飾区東立石のマンションで、天井の照明がつかなくなったとご連絡いただきました。部屋のダウンライトの調子が悪くなり、電球を交換しても点灯しなくなったそうです。他にも照明があるから支障はないけど、なければないと落ち着かないので直してほしいとのことでした。 急ぎではないということだったので、後日の対応となりました。お電話で「電球を交換してもつかない」とお伺いしていたので、交換用のダウンライトを用意しました。電球を交換しても照明がつかない場合、器具の故障が原因に考えられます。こういった場合はほとんどが交換になるため、スムーズに作業を進められるよう予めご用意しておきます。

化粧枠を外したダウンライト

交換用のダウンライトを持って、東立石のお客様のもとへ向かいました。早速問題の照明を確認したところ、たしかに電気がつかない状態になっていました。 脚立に登って詳しく見てみると、ダウンライトにはLED電球がついていました。お客様にお話を聞くと「電球が切れたので、LEDににしてみた」とのこと。ですがこのダウンライトは、SGI型と呼ばれる特殊なダウンライトで、LED電球には対応していないものでした。電気業界では有名なのですが、お客様は知らなかったそうです。

天井から筐体を取り出したダウンライト

お客様へ相談したところ、ダウンライトを交換をするということに。「普通の蛍光灯に交換すれば、電気がつくかもしれません」とお話しましたが、せっかく来てくれたのでとおっしゃっていただきました。 天井から筐体を引き出してみたところ、全体的に劣化が見られました。築も20年近いマンションだったので、ダウンライトも経年劣化していたようです。照明の寿命は10年~15年とされていることもありますし、今回は交換のいい機会になりましたね。

筐体を取外した電気配線

電気配線には問題が見られなかったので、そのまま新しいダウンライトを取り付けることにしました。マンションの天井の中なので、配線については劣化はなかったようです。戸建てや屋外だと、雨漏りやネズミの被害で配線が劣化していることもあります。そういった時は、新しい電気配線を接続し直したり、絶縁テープなどで補強をしています。 古いダウンライトを取外したら、次は新しいダウンライトを取付けます。

配線を接続したLEDダウンライト

今回持ってきたダウンライトは、LED対応のものです。最近LEDの需要が高いので、交換の際もLEDのものを持っていくようにしています。今回はダウンライトとLEDの一体型のものを取付けました。一体型は電球の交換が必要ないのに加え、料金が安いところが特徴です。 一体型LEDダウンライトについて、「電球が交換できないじゃん!」「電気がきれたらどうするの?」と思う方が多くいらっしゃいます。ですが、LEDの寿命はおよそ10年、照明器具の寿命も10年前後です。LEDの寿命が来る頃にはダウンライトの寿命が近いので、ダウンライトも一緒に交換することが前提として作られています。

取付けの完了したダウンライト

新しい遅れスイッチを取り付ける工程に入ります。まずは、スイッチ本体の裏側に電気を流すための線を1本ずつ取り付けます。中途半端に取り付けてしまうと、うまくスイッチが機能しないだけではなく、火花が生じる原因となることもありますので、しっかりと差し込んでください。配線をつけたら、壁内にはめこんで、保管しておいたネジで固定します。スイッチカバーを取り付けます。最後はブレーカーを入れて、実際にスイッチを「オン」と「オフ」とを切り替わるかを確認します。また遅れスイッチの特長である「遅れ停止が機能するか」「(タイマー式の場合は)タイマーが機能するか」なども確認しましょう。

点灯したLEDダウンライト

最後に点灯確認をして、作業完了です。前の照明より明るくなったとお喜びいただけました。ご満足いただけたようで、こちらも嬉しく思います。 せっかく買ったLED電球が不要になってしまいましたが、フリマアプリで売るとおっしゃっていました。「LEDを買う前に相談しておけばな~」と、少し後悔されていたようです。

スタッフの声

ダウンライトのことならなんでもご相談ください!

1.天井をスッキリとさせることができる。天井に埋め込む形で灯りを照らすことになるため、フラットにすることができます。天井をスッキリとさせることができるため、シンプルな構造を好む場合は、必須のアイテムとなります。

2.スポットライト演出で部屋がオシャレに照らされる。ダウンライトは真下へ照らしてくれる特徴を持っており、スポットライト的な扱いができます。これを並べて照らせば光の道ができオシャレ感を演出することが可能です。

3.LEDダウンライトで今までのデメリットを解消。LEDの登場で、局所的な演出もできつつも、工夫することで部屋全体を照らすことも可能です。

ダウンライトの電気がつかなくなった、チカチカするなどのトラブルに対応しています。また、通常の蛍光灯などの照明から、ダウンライトへのリフォームにも対応。一体型ダウンライトや可変型ライト、レンズ付きやピンスポット型などの様々な種類のダウンライトの取付け、交換を行います。修理や交換、リフォームは、即日から対応しています。
ダウンライトは種類豊富ですので、ご要望がございましたら事前にお問い合わせ下さい。ご用意させていただきます。また、「ダウンライトを買ったんだけど交換できない」「取付けをお願いしたい」といった作業のみのご依頼にも対応。ダウンライトでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ダウンライトでの事例一覧

化粧枠を外したダウンライト

練馬区土支田でトイレの照明がつかなくなった

東京都練馬区土支田の戸建住宅から、「トイレの照明がつかなくなった」とご依頼いただきました。早速お伺いして化粧枠を取外し、内部の器具を確認してみました。どうやら経年劣化による接触不良を起こしていたようです。修理をし電球をつけてみると、明かりがつきました。

電気がつかないダウンライト

洗面所のダウンライトがつかなくなった

洗面所の照明がつかないと相談いただきました。お伺いしたところダウンライトに問題はなく、スイッチに不具合を確認しました。経年劣化したスイッチを交換すると、無事にダウンライトが点くようになりました。照明不具合の原因の一つに、スイッチの不良があります。

天井から引き出した筐体と電球

葛飾区東新小岩天井で洗面所の電球がつかなくなった

葛飾区東新小岩天井から、洗面所の照明がつかなくなったとご相談いただきました。取付けられていたのはダウンライトです。早速分解して筐体や配線周りを確認したのですが、特に問題は見られません。スイッチが怪しいと睨み調査をすると、劣化により反応しなくなっていました。

電球を取外したダウンライト

文京区千駄木で玄関の電気がつかない

東京都文京区千駄木のマンションから、玄関の電気がつかなくなったとご依頼ありました。調べてるとダウンライト自体に劣化があったため、交換することになりました。電球を交換するタイプから、LEDを一体型の照明へ交換しました。前よりよくなったとお喜びいただいてます。