アッパーライトが壊れた場合の解決法

作業費6,000円~対応中!
照明

アッパーライトって知っていますか?実際に今の時代は多くの家庭で取り入れられている照明といえますが、様々な活用法があり家の中を自分に合った空間に導くことができるライトです。少しくらいと感じた場合にでも部屋の中の雰囲気を変えたいという時でも取り入れることにより、オシャレな空間を作りだすことができます。その中で様々な種類やタイプのものがありますが、自分に最適なものを選んで活用していくようにしましょう。

はじめに

アッパーライトを取り入れる家庭が多くなっている中で何よりも明るさを求めるために取り入れるわけでなく、インテリアとしても活躍してくれるアイテムといえます。落ち着いた空間やオシャレな空間と様々な取り入れ方ができるアッパーライトは様々な形があり、種類もたくさんありますので自分の求めている雰囲気を作ることができるものを探してみるようにしましょう。自宅にいる間はのんびりとできる空間を求めている人も年々増加していて、オシャレな空間にこだわるのでなく、ホッと一息つく時間を大切にするという人も増えています。

①アッパーライトとは

アッパーライトは、ランプから放射される光の多くが上方に向かっていて主に天井や壁を明るくする照明となっています。光を放つスタイリッシュなインテリアとしても人気となっていて、自分の目線よりも灯具の方が高い目線にあり、中の光源が直接見えないという事で間接照明器具と呼ぶ人もいます。

上に向かう光に関しては、天井面を明るくする光についてもスポット的なものもあれば、柔らかい光というものもあり種類により効果に違いがあります。その中で自分が求めているものを選ぶことができて素敵な空間を手に入れることができて、オシャレな演出までしてくれるというアッパーライトを取り入れる家庭も多くなっているようです。アッパーライトは天井面だけでなく壁面にも優しい光で明るいという空間を作ることができますが、間接照明なので一般的な明かりよりも弱いといえます。

アッパーライトのフロアスタンドに関しては、内装の仕上げや色により照明の効果に違いがありますが、天井に対して間口や奥行きが広く明るい仕上げの塗装を持っている部屋で活用することがおすすめできるライトです。

②アッパーライトのメリットとデメリット

アッパーライトのメリットとデメリットについては、それぞれを知ることにより、自分に合った照明を取り入れる事が出来ると思います。その中で何より大切なことは、求めている照明をしっかりと把握する事が一番重要になってきます。

2.1メリット

アッパーライトの最大のメリットとしては、部屋の中をオシャレな空間にできるという事です。一般的な照明とプラスしてアッパーライトを取り入れるだけでも高級感のある部屋を作り出す事が出来ます。例を挙げますが、狭い部屋に住んでいる場合にはライトを置くスペースがと考える人も多いと思いますが、狭い部屋に取り入れることにより、部屋を広く見せることができるというメリットがあります。

また、アッパーライトは模様替えなどを行う際にも移動や設置を簡単に行う事ができて、その日の気分や求めている空間を作り出す事が出来て、疲れている日はリラックスできる環境を作りたいと感じますが、そんなときでも効果を期待する事ができて、何よりも自由に好きな場所に設置する事が出来て、その日の気分に合った部屋へ環境を変えることができます。

更に、インテリアとして置くこともできて、アッパーライトを取り入れるだけで部屋の雰囲気をガラッと変えることができるというメリットがあり、一般的な照明とプラスして使いこなすことにより、明るい環境は少し暗めの環境など自分に合った空間を作りだすことができます。

2.2デメリット

アッパーライトのデメリットについては、何よりも素敵な空間を作りだすには、移動などが必要となってしまいます。また、一般的な照明に関してはつけて当たり前ですが、アッパーライトはつけるのが面倒と感じる人も多いようです。更にアッパーライトだけでは暗いと感じることも多く、一般的な照明とプラスしてつけることにより、電気料金がかかってしまうという事が挙げられます。

アッパーライトに関しては、メリットもありますが、デメリットもありますのでその辺を考えて自分に合った活用法を取り入れていくようにしましょう。アッパーライトについては、リラックスしたいと感じる時やオシャレな部屋を求めている時には、効果的といえますが読書や勉強を行う際には、しっかりとした照明が必要となるという事を頭に入れておくようにしましょう。

③アッパーライトの種類

アッパーライトの種類については、シェード型、グローブ型、スポット型、トーチ型など種類が様々あります。その中で日常の生活の中で取り入れる際には、自分の部屋に合ったものを選ぶ必要があります。アッパーライトは素材などにも違いがあり、光の広がりや表情が異なりますが、壁や天井に幻想的な影を作ることができて、オシャレな部屋を作りだすことができます。

布やガラスといった光が透けるタイプのものに関しては、淡い光が部屋を包み込んで心地よい空間を生み出すことができますし、金属などの透けない素材については、スポットライトとして活用することもできます。明かりが欲しい場所に集中して照らすことが可能となっているので、自分が求めているような雰囲気を作りだしてみましょう。また、同時に毎日手軽に部屋のイメージを変えることもできますので、色々と試して自分が一番落ち着く空間を作り出してみましょう。

アッパーライトの中には、明るさをコントロールする事ができる調光、調色機能がついているものもあり、優しい光に関しては、心をリラックスさせてくれる効果があり、色温度により様々な心理的効果を期待する事が出来ると言われています。その時に合った明るさに使い分けることができるタイプの種類を選ぶことにより、活用法の幅も広がっていくと思います。

アッパーライトは便利に活用することができますが、置き方により印象が大きく変わってしまうので、居心地の良い空間を手軽に作りだすことができるという反面、置き場所を間違ってしまうと不快に関してしまう事もありますので、活用する際にはしっかりと置き場所を考えて使う必要があります。

④アッパーライトの故障の事例

アッパーライトの故障については、故障してしまうと焦ってしまうという人も多いと言われていますが、どのようなトラブルが多いのでしょうか。故障だと勘違いしてしまうケースも少なくないと思いますが、もしもの時は業者にお願いして修理する必要があります。

4.1電球の交換作業

リビングで使用している照明器具が点滅してどのように対応すればよいのかわからなかったので業者の方に連絡しました。すぐ調査に来てくださって、見てもらうと電球が切れかかっていることが下人だったので電球を注文して交換したら正常に点灯するようになりました。電球の交換だけで済んだので費用も思っているよりも安く済みました。

4.2いつもと違う症状

照明が点いたり、点かなかったりする症状が続いて故障していると思って修理をお願いしました。調査の結果は、器具本体の電源部が

故障しているという事で、そのまま修理作業を行ってもらって30分程度で元通りに点灯するようになり、お気に入りだったので修理できて良かったと思っています。

4.3点滅するようになった

自宅で使っているアッパーライトが点滅するようになってしまい、業者の方に連絡しました。買い替えも検討したのですが、修理できれば修理の方が安く済むと思ってお願いしたのですが、器具本体の電源回路の電子部分の故障が原因となっていて、部材を注文してもらって部材が届いて業者の方が交換を行ってくれました。

4.4接触不良

ダイニングで使っているアッパーライトが点滅してしっかりと点かなくなり故障と感じて業者の方に連絡しました。調査の結果は蛍光灯の接触不良が原因で10分程度でどの場で修理してくれてすぐに使えるようになりました。

電気は日常の生活で欠かす事が出来ないものですが、故障してしまった際には焦ってしまいますが、昼間は照明のことを気にすることはありませんが、夜に点けた時に点滅したり、点かない状態だとどうにかしないといけないと感じますよね。どんなものでも同じだと思いますが、おかしいと思った場合には、早めに専門の方にお願いすることにより、早急に原因を調べて解消に導くことができます。

⑤アッパーライトの選び方

アッパーライトといっても様々な種類のものがあります。種類により特徴に違いがありますが、その中で使用目的をしっかりと考えて選ぶようにしましょう。

5.1シェード型

シャード型は笠のことで細長い支柱の上についた電球が笠のようなカバーで覆われているタイプで、シェード部分については、布やガラス、アクリル板などの素材が使われていて、光を通す透過性の高い素材が多くなっています、全体が淡い光を放つような明かりが特徴的となっています。笠の色や素材と電球の色の組み合わせにより部屋の雰囲気を変えることができます。

5.2グローブ型

グローブ型は電球を透過性の素材で覆っているものです。電球が見えないように乳白色のアクリルやガラスで覆っているものが多いのですが、あえて電球が見えるような素材が使われているものもあります。色や形についても様々なものがあり、自分の求めているデザインのものを選んで活用しましょう。

5.3スポットライト型

スポットライト型については、シェード型と同じように笠に覆われた電球がついています。違いは電球の部分で角度がフレキシブルに変えることができて、笠が光を通さない素材で作られているので、光が一方向に集中するという特徴があり、狭い範囲を直接照らしたいと思っている人に向いています。

5.4トーチ型

明かりが上を向いているものですが、光が直接目に入ってこないという事でまぶしいと感じることもなく、主に壁の近くに置くことにより、天井や早をほの暗く照らす目的として使うことが多く、リラックスして空間を作りたいと感じている人におすすめできます。

⑥アッパーライトの修理に関して

アッパーライトの修理に関しては、故障と感じた際には業者に依頼する必要がありますが、アッパーライトの種類も豊富で埋め込み式のものもあります。埋め込み式のものに関しては自分では修理が難しく業者に依頼する必要があります。

その中で、何よりも大切なことは業者にお願いする時にしっかりと見積もりや調査が無料かどうかという点を確認する必要があり、高額だと感じた場合には、買い替えなどを希望する事も出来ますが、調査や見積もりに費用が掛かってしまうと買い替えを検討する事が出来なくなってしまうケースもあります。

アッパーライトの効果については、光のさし方により違いがありますが、多くの家庭でベッドルームやリビングなどに活用している人が多く、快適に過ごすはずの時間が台無しになってしまうという事もありますので、早急に対応してくれる業者にお願いすることが大切になってきます。業者により無料で見積もりや調査を行っているところがありますのでそのような業者を探すようにしましょう。

注意点としては、費用は安く手も即日対応が不可能という業者は避けるようにして、早めに対応してくれて、価格に関してもしっかり見積もりを無料で行ってくれる業者にお願いするのがおすすめできます。今の時代は便利な時代となっているので、業者のホームページを確認することによりどのような業者か知ることができる用になっていますので業者の比較をしっかりと行って依頼をお願いするようにしましょう。また、メールなどで問い合わせができる業者もありますのでその辺もしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

アッパーライトについては、埋め込み式のものと一般的に購入して置けるタイプのものがありますが、置けるタイプのものに関しては誰でも簡単に取り入れる事が出来ます。家を建てた時に埋め込み式にしている方にとっては、故障の際には困ってしまう事もありますが、おかしいと思ったらすぐに業者の方に調査をしてもらうようにしましょう。

自分で修理する事が難しく天井につけるタイプのものなので中を確認することも難しいと思いますが、業者の方に依頼することにより、早急に対応できて、トラブルを解消することができます。昼間は気にしない照明に関しても夜になると不安になってしまいますので、少しの変化も気になった場合にはしっかりと対応してくれる業者に依頼して修理や電球の交換を行うことにより、安心して日常の生活を送ることができます。

安らぐ時間を大切にするためにも、日常の疲れを癒すためにも照明は必要な明かりといえます。トラブルなどを放置しておくことにより、修理費用が高額になってしまう事もありますので、修理費用を安くするためにも早めに行動することが大切になってきます。アッパーライトのトラブルを解消する上で重要なポイントとしては、自分で判断するのではなく、しっかりと対応してくれる業者を探すようにしましょう。