ウォールウォッシャ照明にトラブルが起こったときの対処法

作業費6,000円~対応中!
照明

昨今は旅行などに出向くと照明などに癒されるという人も多いと思います。その中で、実際に自宅にも取り入れる事ができるのかと考えている人もいると思いますが、実際に照明のリフォームをする人が多くなっています。

また、日常の生活で疲れている人が多く家に帰ると癒しを求めるという人も多く、その中でリラックスできる空間を作りたいと考えている人はリフォームで雰囲気の良い部屋を求めています。

はじめに

実際にホテルだけでなくレストランなどで食事をする際にも素敵な空間だなと感じますが、それは何でもなくその空間を照明で作っているって知っていますか。生活感などは当たり前ですが、雰囲気の良い空間は照明を工夫して活用していることにより環境を整えているのです。

その中で何よりも自宅でも自分が求めている安らぐ空間が作りたい、オシャレな雰囲気の部屋を求めているとい方も増えています。大事なことは照明についてしっかり把握するという事です。どのお店に出向いても素敵な空間で、かっこいいと感じたり、オシャレだなと感じたり、落ち付く場所だなと思ったり、照明一つで求めている空間を作りだすことができると言われています。

①ウォールウォッシャ照明とは

ウォールウォッシャ照明とは、壁面を明るく照らす器具のことで天井に埋め込むタイプのものがよく使われています。壁側により多くの光が当たるような配光になっているダウンライトや直管蛍光ランプを使う器具もあります。空間の明るさ感を高めることができて、様々なお店などでは奥の壁を明るくすることにより誘引効果を期待する事が出来るという事もあり、多くの店舗で使われています。

ウォールウォッシャ照明については、何よりもオシャレな空間を引き出すだけでなく、誘引効果も期待する事が出来る照明で多くのお店やホテル、レストランなどで活躍している照明といえます。ウォールウォッシャ照明に関しては、大きな空間が必要となりますので一般的な住宅では使われる子がなく、取り入れる場合には小型ランプのダウンライトがほとんどとなっています。

ウォールウォッシャ照明は、壁に光を集約させることにより空間全体の明るさが増して、開放感のある部屋を作りだすことができます。高い天井の部屋に用いられることが多い照明となっています。最近では手軽に取り入れる事が出来るものを各家庭に取り入れる人も多くなっていますが、素敵な空間を手に入れることができる照明という事で人気となっています。実際にお店などの照明を目にすると憧れますが、自宅でも照明の選び方により目指している空間を作りだすことができるといえるのです。

しかし、実際に一般的な照明と比較すると費用が高くなってしまうと言われていますのでその辺もしっかり検討したうえで決めるようにすることが大切です。

②ダウンライトを効果的に使う

間接照明はほかの照明に比べると格段に照明器具の種類が豊富で中でもおすすめできるのは、天井に埋め込むタイプのダウンライトです。照明器具が見えないので洋室でも和室でも罰書を選ぶことなく設置する事が出来ます。一般家庭で使われているダウンライトの種類は3つとなっています。

ベースダウンライトについては、一般的なダウンライトで照明の真下を照らすライトとなっています。ユニバーサルダウンライトは、照射方向や照射角度を変更する事が出来て、簡単に説明するとスポットライトのような効果を期待する事が出来ます。

ウォールウォッシャダウンライトに関しては、ランプの位置や反射板の形状にこだわった、壁面演出用のダウンライトとなっています。一室多灯で光の表情を楽しむことができるダウンライトは、40w~60wの白熱球を数多く使うので電気の消費量が多く、電気料金が高くなってしまう事もあります。

実際に部屋に活用する際には、ダウンライトの特徴をしっかりと把握した中で部屋をどのような空間にして行くのかをしっかり決める必要があります。壁面を照らしたいと感じている場合には、ウォールウォッシャダウンライトがおすすめできますが、床面も直接照らすことができるので、同時に床の明るさを確保する事が可能でダウンライトを効果的に使用することにより、広い空間とくつろぎのある部屋を演出する事が出来ます。

③ウォールウォッシャ照明のメリットとデメリット

ウォールウォッシャ照明を取り入れる人も多くなっていますが、その中でどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。検討している人にとっては、メリットとデメリットを把握することにより自宅に合った照明を取り入れる事が出来ると思います。

3.1メリット

ウォールウォッシャ照明の最大のメリットとしては、見た目です。天井に出っ張りがなくスッキリした状態でリビングなどダウンライトのみにすることにより見た目もスッキリでかっこいい空間を作りだす事が出来ます。出っ張りがないという点では掃除も楽に行う事ができて、理想の空間を作りだすことができます。

ウォールウォッシャ照明については、何よりも使い方によりかっこいい空間やオシャレな空間、落ち着く空間など様々な目的に合った部屋に仕上げることができるという事が何よりも最大のメリットといえます。

3.2デメリット

ウォールウォッシャ照明の最大のデメリットとしては、コスト面です。メリットもありますが、デメリットとしてはコスト面が高額になってしまうという事が挙げられますし、複数つける必要がありますので価格が数により高くなってしまいますし、実際に電球が切れてしまった際でも自分で交換する事ができず、業者にお願いする必要があり、寿命としては10年と言われていますが、交換する際にも費用が掛かってしまうという事がデメリットとして挙げられます。

更に電球だけでなく、電球の数により電気代が高くなるという事も考える必要があります。最初に費用が掛かるというだけでなくメンテナンスなどに関しても費用が掛かるという事が挙げられるのでしっかりその辺も考えるようにしましょう。メリットをデメリットをしっかり把握することにより、自分に合った照明を選択する事が出来ると思います。

④電球の種類

実際に照明器具に関しては、部屋の空間の印象を左右するアイテムとなっていますが、どのような種類がありどのように選んでいけばよいのでしょうか。一般的な住宅で使われるあかりの色ですが、電球色、昼白色、昼光色の3つの種類となっています。

電球色については、オレンジがかったあたたかみのある色で、昼白色は日中の太陽光のような青白いスッキリとした色で昼光食は2つの中間色といえます。その中でも照明器具メーカーにより名前に違いがあったり、色や数値的な定義についても違いがあります。見え方の種類としては、3つの種類となっています。

照明器具を選択する際に一番重要になってくるのは、部屋の使い方が大切で人間は黄色っぽい色を見るとリラックスする事が出来ると言われており、白っぽい色を見ると集中力をアップさせることができると言われています。その感覚を空間に当てはめて自分の求めている空間を作っていくようにしましょう。

電球色については、あたたかみがありリラックス効果を期待する事が出来る色なので、くつろぐ空間となっているリビングや夜の時間をゆっくり過ごすために寝室などに採用する事がおすすめできます。昼白食については、集中力を高める効果を期待する事が出来ますので、勉強時間が多くなる子供部屋や書斎などに採用する事がおすすめできます。2つの色の中間となっている昼光色については、適度なぬくもりと作業のしやすさを求めるキッチンや洗面所、玄関などに採用する事がおすすめできます。

何よりも大切なことは、各部屋同じではなく、それぞれの使い勝手などをしっかりと把握して色を決めることが大切になってきます。ウォールウォッシャ照明については、設置する際には条件があり、しっかりとその条件をチェックしておく必要があり、一戸建ての場合には問題ありませんが、マンションなどの場合には取り付けができない場合もありますので確認を忘れないようにしましょう。

⑤ウォールウォッシャ照明の故障の事例

ウォールウォッシャ照明に関しては、故障などをした際に自分で対処する事が出来ない場合も多く、業者にお願いする必要がありますが、どのような事例が多いのでしょうか。

5.1照明を交換しても消える

会社のオフィスでの事例ですが、使用している照明器具が電球を新品にしてもすぐに消えてしまい業者に連絡しました。調査をお願いしたところ、照明器具本体の電源部の故障が原因となり、器具を本体ごと交換して解決できました。しかし、本体ごと交換することにより、費用が思っていた以上にかかってしまいました。

5.2照明器具の点滅

オフィスの照明器具がチカチカと点滅している状態でウォールウォッシャ照明を使用していたのですが、業者に連絡をして調査してもらった結果、修理で解決する事ができて、正常に点灯するようになり安心しました。

5.3照明器具の電源部の修理

オフィスの照明がおかしくて、電球を交換してもらうために業者に連絡しました。器具本体の電源部の不具合が原因で点滅していたということがわかり、電球の交換ではなく部品の修理を行ってもらうことにより、点滅の状態からしっかり点灯できる正常な状態に戻すことができました。

5.4照明の交換

オフィスのウォールウォッシャ照明が点灯しなくなり、調査を依頼しました。電源部のコンデンサーという電子部品が故障していて、新品の部品を発注してもらって、交換作業を行ってもらい解決しました。

このように実際にウォールウォッシャ照明の故障や点滅などの事例がありますが、何よりも自分で判断する事が出来ない場合には業者にお願いする必要があります。その中で大事なことは、しっかりと事前に価格を確認しておくようにしましょう。

⑥ウォールウォッシャ照明のトラブル

ウォールウォッシャ照明の場合にはつかないなどのトラブルの原因がそれぞれ違っています。ダウンライトがつかない原因としては、色々な事が挙げられますが、自分が確認できる範囲や状態を調べてみましょう。

6.1蛍光灯や電球の寿命

ダウンライトの蛍光灯や電球、点灯管が寿命を迎えてしまうとダウンライトの電気がつかなくなってしまいます。ダウンライトの種類はたくさんありますが、どのタイプのものでも同じことが言えます。製品により違いがありますが、電球を交換してかなり経っている場合には、電球の寿命と考えましょう。実際に電球の寿命に関しては、照明器具の基本的なトラブルとなっていて、電球を交換することにより、問題なく照明を使うことができるようになることが多いのです。

6.2点灯管の寿命

蛍光灯や電球を交換した場合でもつかないという場合には、点灯管の寿命が原因となっていることもあります。点灯管が故障してしまうと蛍光灯や白熱電球を新しいものにしてもつかない状態なので故障したのかなと思ってしまう事がありますが、その場合に点灯管の寿命が原因となっていることがあります。

6.3ダウンライトの故障

ダウンライト自体が故障してしまうと電気がつかなくなってしまいます。ダインライトの故障の原因としては、長年つかっているという事もありますし、様々な部品が故障してしまっているというケースもあります。そんな場合には、自分で判断する事が不可能なので何よりもしっかりと業者の方に相談するようにしましょう。ダウンライトの寿命に関しては、他の照明器具と同じで8年~10年前後と言われています。取り付けて10年近く経っている場合にはダウンライトで蛍光灯や電球を交換しても付かない場合には、寿命と考えるようにしましょう。

まとめ

ウォールウォッシャ照明の故障に関しては、何よりも寿命により電気がつかない状態になってしまうケースが多く、その中で自分で確認できない事が業者にしっかりと相談する事が大切になってきます。ウォールウォッシャ照明を取り入れる家庭も増えていますが、何よりも自分に合った照明を選ぶことが大切ですが、トラブルや故障などの際には、しっかり自分に合った業者にお願いして点検や修理をお願いすることが大切になってきます。

ほとんどの照明器具は寿命が10年程度と言われていますが、その中で少し早めに故障してしまう事もあり、10年以上使っても問題なく使うことができるという場合もあります。大事なことは自分で把握できない点に関して点検などをしっかり行ってもらう事が照明のトラブルを早く解決するポイントになります。多くの方がお店などのように素敵な空間を手に入れたいと考えていると思いますが、その中で重要なポイントとしては、何よりもどのような空間を目指しているのかしっかりと決めることが一番重要になってきます。

照明と一口に言っても様々な種類があり、その中で照明の種類により作り出したい空間へ導くカギとなっていますので、明確にイメージをはっきりさせてどのような雰囲気、どのように使っていくのかという事まで踏まえて考えるようにしましょう。