コーブ照明におけるトラブルが発生したときの対処法

作業費6,000円~対応中!
照明

日常の生活の中で部屋を明るくするために必要不可欠な照明についてですが、たくさんの種類のものがあり、その中でコーブ照明って知っていますか?実際に今の時代は多くの方がオシャレな照明を取り入れている中で今回はコーブ照明について様々なことを紹介していきます。

はじめに

コーブ照明と耳にしたことがあるという人も多いと思いますが、まったくわからないという人も多いのではないでしょうか。新築などを予定している場合には、照明のことを考えますが昔建てた家の場合にはコーブ照明がついているという自宅は少ないと言われています。

その中で、どのような照明か調べてみました。その中でメリットとデメリット、故障してしまった場合の対処法など参考にしてみてください。

①コーブ照明とは

コーブ照明とは、折り上げ天井の中に照明器具が設置されていて、光を天井に当てることによりその反射の光を証明にする仕組みとなっています。そのために一般家庭では使われることが少ないのですが、ホテルのロビーや寝室などに使われていることが多く、高級感を引き出すことができる照明として人気となっています。

コーブ照明を自宅に取り入れたいという方も年々増加傾向にありますが、コーブ照明を有効に活用できるのは、天井の高い空間や細長い空間がある場合となっています。光源が視界に入りにくい状態で強い眩しさなどを感じることがなく、部屋の中全体を柔らかく明るい状態にしてくれるので、寝室や書斎などの落ち着いた雰囲気を出したいと考えている人に特におすすめできる照明です。

更に、最近ではオシャレで高級感のある自宅を考えている人も多く一般の家庭でもコーブ照明を取り入れる人が多くなってきましたが、設置場所により、広がりのある空間を演出、印象的な空間、高級感のある空間など目的に合った空間を演出する事が出来る照明とも言えます。

②コーブ照明のメリットとデメリット

コーブ照明には、メリットとデメリットがあります。それぞれをしっかりと把握することにより照明を選ぶ際に様々なことを意識して自分の家庭に合った照明を選ぶことができると思います。

2.1メリット

コーブ照明のメリットとしては、光の色や強弱により変化を求めることができて、ドラマティックな空間を作りだすことができて、天井を高くして設置する照明なので明るさや開放感を高める事が出来ます。光源が直接見えずに、不快な眩しさを感じることがなく、自然な明かりで、部屋の空間全体を均一に明るくすることができて、高級感のある落ち着いた部屋で過ごす事が出来るという点です。

2.2デメリット

コーブ照明のデメリットとしては、証明器具の種類により部屋全体が明るくならないというケースもあり、照明器具の数が多くなってしまうことや建築的に加工が必要になってしまうケースもあり費用が高額になってしまう事があるということです。特に天井を折り上げる場合には、天井高に注意が必要となり、しっかりと設置場所を確保することが大切で、勉強や読書、書類の整理などを行う場合には、手元照明などが必要になります。

コーブ照明については、何よりもメリットもありますが、デメリットもあり新築を立てる場合にコープ照明が良いと感じている人は、全ての部屋ではなく、部屋ごとにしっかりと照明を選ぶ必要があり、憧れの空間を手に入れることができる反面では不便に感じる点もあります。

③コーブ照明のトラブルの対処法

実際に照明のトラブルに関しては、自分で把握する事が出来るという人は少ないと思います。その中で一般的な家庭の照明については電球を取り替えることによりもとに戻すことができます。コーブ照明については、天井に設置する事が多く天井に上がって修理などをするという事が難しく業者にお願いする必要があります。照明の故障やトラブルなど焦ってしまうのですが、修理をする際にはどのように行っていくのか紹介していきます。

3.1リビングのトラブル事例

リビングの天井に設置している照明が点灯しなくなってしまい業者に連絡しました。連絡した際にどのような照明なのか説明が必要で、コーブ照明という事をお話しして、実際に調査にきてくれて、調べた結果は電源部の故障が原因で器具全体の交換作業で復旧となりましたが、取り替えにより高額な必要がかかった時に自分が思ったことは、普通の照明にしておけばよかったと感じました。

3.2寝室の照明器具のトラブル事例

寝室で使用している天井照明がつかないので修理をお願いしました。調査してもらうと原因が電源部分のソケットで接触が悪い状態という事で修理を行ってもらったら元通りになり、修理で済んだのでそこまで費用が掛かることなくトラブルを解消することができました。

3.3蛍光灯を交換しても点灯しないという事例

部屋に備え付けているコーブ照明が突然点灯しなくなり、自分で新品の蛍光灯に変えたのですが点灯しないという事で、自分でできることはしたけど点灯しないという事で業者にお願いすることにしました。業者が調査にきてくれましたが、原因は蛍光灯の取り付け方法に問題があり、正しく取り付けた結果、正常に点灯して余計な費用は掛からずによかったと思います。

コープ照明のトラブルに関しては、自分で交換や管理をできない場合には業者にお願いすることが必要となりますが、故障した時の対処法としては、自分で何もできない場合にはすぐに業者に連絡する事が大切になります。照明のトラブルに関しては、昼間には気づくことができず、夜に照明をつけるとつかないというケースが多く、焦ってしまうのですが、対処法としてはすぐに業者にお願いするようにしましょう。

④コーブ照明のメンテナンス

コープ照明を計画する際には、ランプ交換についてしっかりと配慮して計画する必要があり、壁や天井の隙間に設置する事がほとんどですが、ランプを交換する場合には間接照明にある隙間に手を入れて、器具を出してランプを交換するようになっています。最低でも100㎜以上の空きがないと隙間に手を入れることができるランプの交換ができません。

100㎜と目にするとそんなにと感じる人もあると思いますが、間接照明でもかなり小さい寸法で光の演出とメンテナンスをしっかりと考慮して見栄えや、メンテナンス、ランプの交換に関して考えて計画を立てる必要があります。

コープ照明のメンテナンスについては、日常で難しいと感じている人も多いと思いますが、しっかりと手入れを行うことにより、明かりにも違いがありますので、快適に光を使って明かりを取り入れたいと考えている場合には、メンテナンスが必要になってきます。もしも、自分でメンテナンスができない場合には、費用は掛かってしまいますが定期的に業者にお願いして点検を行ってもらうようにしましょう。

メンテナンスについては、何よりもトラブルを防ぐためにも重要な事でしっかりと状態を把握することにより、明るさによりランプの交換などを行う事が出来ますので、その辺もしっかりと確認して快適に使っていけるような環境にしておくことが何よりも大切になります。メンテナンスがしっかりできる場所に設置することにより、明るさなども変わることなくランプの交換に関しても楽にできてトラブルなどの際でも自分でできるランプの交換や周りの拭き掃除などを行う事が出来ると思います。

⑤間接照明で失敗しないためのポイント

実際に新築を検討している際には、様々なイメージや部屋の間取りなどあると思います。リビングをオシャレにしたいと感じたり、快適な睡眠を確保したいと考えたり様々なことを悩んでしまうと思います。その中で新築を考えている人には、間接照明を取り入れることにより、自由な空間を作ることができます。しかし、その中でも失敗しないためのポイントも把握しておくようにしましょう。

5.1すべての部屋を間接照明にしない

間接照明については、一般的なライトと比較すると暗い印象となり、テレビを見たり、ゆっくりと過ごしたいという環境を求めている人には向いていますが、細かい作業や本を読むという環境には向いていないといえます。そのために、細かい作業や本を読む際には補助照明などと追加する必要があります。快適に過ごしていくためには、部屋により照明を変えるという事を意識する必要があり、目的により部屋の照明を選ぶことが大切になります。

5.2光源を隠す

間接照明に使われている光源については、一般的にはLEDが多いのですが、LEDについては、直接見ると眩しく感じてしまい部屋の中を落ち着く空間を作るために照明をコーブ照明にする人も多いのですが、一部の光が眩しいと感じてしまうと台無しとなってしまいます。それを解消するためには、間取りやイメージをしっかりと作り照明器具の設置場所や見え方などを考える必要があり、自分の理想があると思いますが、ハウスメーカーさんと相談しながら光源を隠して落ち着く空間を作る必要があります。

5.3間接照明を照らす場所に家具を置かない

間接照明の近くにインテリアなどを置くとそのインテリアがライトアップされてしまいます。壁をきれいにグラデーションするような照明の場合にはインテリアで途切れてしまう事により、思っている空間を作りだすことができません。間接照明の光をきれいに見せたいという場合には、その周りにほかのものを置かないという事を考えるようにしましょう。

間接照明に関しては、理想的で素敵な空間を作ることができると感じて取り入れるという人が多いと思いますが、何より大切なことは様々なことに考慮する事が大切な問題となっています。後で後悔しないためにもしっかりとどのように活用していけばよいのかという事を考える事で失敗を防ぐことができると思います。

⑥間接照明の相場

間接照明と耳にするとホテルやレストランなどをイメージすると思いますが、その中で間接照明に関しては高額と思っている人も多いと思います。間接照明については、安いものに関しては3000円~4000円程度で購入する事ができて、高いものについては数万円かかってしまい、間接照明といっても価格に大きな差があります。

その中で機能性やデザインを求めている場合には、高額となってしまうという事を認識しておく必要があり、リフォームなどを考えている人も多いと思いますが、しっかりと見積もりを出してもらって決めるようにしましょう。間接照明については、照明自体の価格だけでなく、日常的な生活の中で照明を活用する際に電気代なども気になる点として挙げることができます。

電気代に関しては、他の照明とほとんど変わりはありませんが、間接照明によりLEDなどの省エネ電球が使えない場合もありますが、間接照明に交換したからと言って、電気代が高額になってしまうということはないと思います。

間接照明の相場としては、3000円~数万円とかなりの差がありますが、その中で重要な事はデザインや機能性をしっかりと把握して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。照明の種類により価格は異なってきますが、自分の家庭に合ったものを選ぶことも必要ですが、見積もりなどをしっかりと行って業者の方と相談して決めることも大切になってきます。業者により価格に違いがありますので、1社だけでなく見積もりをお願いする際には、数社で行うようにしましょう。その時の注意点としては、無料見積もりを行ってくれる業者を選ぶことです。見積もりだけでも費用がかかる業者もありますので、無料で行っている業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

間接照明に関しては、たくさんの種類があり、電球の色についても3つあり昼光食、昼白食、電球色となっています。その中で大事なことは、自分がどのような部屋をイメージしているのかという事が大切な課題となっていますので、失敗しないためにも部屋の雰囲気などを最初にしっかり考えておく必要があります。

更に、トラブルや失敗を防ぐためには、全ての部屋にコーブ照明を取り入れるのではなく、落ち着いた環境を求めている部屋や家族がくつろぐ空間のリビングのみにコーブ照明を取り入れるというような活用法で取り入れることにより、快適な環境で生活を送ることができると思います。

また、自分の部屋のイメージよりコーブ照明が向いているかどうかという事をしっかりとハウスメーカーさんや電気工事の方に確認して相談したうえで決めることも大切です。今の時代はオシャレな空間を意識する人も多い中で大事なことは、しっかりと環境なども考えたうえで決める必要があります。さらにコープ照明に関しては年配の方には暗く感じてしまうケースも多く、暗い印象を与えてしまう事により快適な環境といえませんので同居などをする場合には、同居の年配の方の部屋には向いていないといえます。

実際に新築を立てる際には、ハウスメーカーさんと様々なことを話し合って決めると思いますが、リフォームなどを検討している方もしっかり相談する必要があります。例えば家具などが多い場所に関しては、間接照明はおすすめできないという事が言えますのでその辺をしっかり話合う事が大切で、憧れはあると思いますが、何より快適に過ごす事が出来る環境にする事が一番重要だといえます