インターホン交換6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

インターホン交換修理の料金表

 
作業内容詳細修理料金
基本調査費用測定器を使わない調査作業6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
調整一部の部品を調整する作業3,000円~
取付補強取付不良を補強して取付なおす作業3,000円~
開口作業費サイズ違いにより取付穴を広げる作業5,000円~
本体分解作業分解する作業5,000円~
本体取外し本体を取外す作業3,000円~
本体取付け本体を取り付ける作業6,000円~
結線配線を取付けなおす作業3,000円~
通信線隠蔽通線作業隠蔽で配線と通す作業3,000円~
通信線露出通線作業露出で配線を通す作業1,500円~
電線隠蔽通線作業隠蔽で配線と通す作業3,000円~
電線露出通線作業露出で配線を通す作業1,500円~
圧着電線に圧力をかけ接続する作業3,000円~
新設工事ない場所に新規で取り付ける作業要相談
モニタ増設(中機増設)中機を増設する作業(新規)要相談
コーキング作業費隙間埋め(防水効果含む)3,000円~

インターホン交換の事例

インターホンに交換

神奈川県横浜市のアパートにお住まいのK様

本日は、神奈川県横浜市のアパートにお住まいのK様宅にお伺いしました。 K様よりお問い合わせいただいた内容は、「部屋に備え付けのチャイムが鳴らない」といったものでした。お電話にて詳細をお聞きしたところ、K様宅ではドアチャイムが設置されており、数日前から音が鳴らなくなってしまったそうです。ドアチャイムとは「呼び鈴」とも呼ばれており、訪問者が居住者を呼び出すための装置です。電池交換が不要なタイプと、電池交換は必要だが取り付けに電源配線工事が不要なタイプがあります。K様宅では電池式のタイプが設置されており、電池を新品に交換しても音が鳴らないそうです。

K様宅は築25年以上のアパートで、住み始めてから5年以上経つそうです。もしかしたら経年劣化か乾電池の液漏れの影響で、部品が故障している可能性があります。また、古いチャイムの場合だとリペアキットの生産が終了している可能性が高く、修理ではなく新品に交換することになりそうです。このことをK様にご説明すると、一度修理可能かどうか調査してほしいというご要望をいただきました。その上で修理可能なら修理してもらい、本体の交換が必要なら、これを機にインターホンに交換してほしいとのことでした。 故障の原因を特定するためにも、K様のご都合の良い日時にご自宅までお伺いすることになりました。

K様宅に到着し、早速調査を開始しました。結果、ドアチャイム本体が故障しており、交換が必要であることがわかりました。よって、弊社の方で新しいインターホンの部材を発注し、再訪問して交換作業を行うことになりました。K様は既にアパートの大家様からインターホンの交換の承諾をもらっているそうです。 近年では、ビデオモニター付きのインターホンが主流になっており、ドアチャイムはアパート以外では減少傾向にあります。防犯対策という意味でも、是非モニター付きインターホンに交換してほしいというご要望をいただきました。

K様宅を再訪問し、早速交換作業に取り掛かりました。弊社の方で準備したインターホンは、アイホン社の「JQ-12E」というタイプのテレビドアホンです。来訪者の姿を映像で確認することが出来、ズーム操作により1.5倍まで拡大表示が可能で、録画機能も搭載されています。 既存のチャイムを取り外し、配線をモニターに繋いで壁に取り付けます。玄関に子機を設置し、正常に呼び出し音が鳴ることと、液晶が映ることを確認して作業は終了です。 作業は50分程で終了し、古いドアチャイムは弊社のほうで引き取ることになりました。

スタッフの声

担当スタッフ

お客様に喜んでいただけてよかったです

今回は、神奈川県横浜市のアパートにお住まいのK様より「ドアチャイムが鳴らないとお困りのお電話をいただきました。 K様宅では電池交換式のドアチャイムが設置されており、数日前から音が鳴らなくなってしまったそうです。電池を交換しても復旧しないとのことでした。また、現場調査した結果、修理可能なら修理してほしいが、無理ならモニター付きのインターホンに交換してほしいというご要望をいただきました。 K様宅を訪問して機器本体を調べた結果、交換が必要であることがわかりました。よって、弊社の方で新しいインターホンを発注し、再訪問して交換することになりました。 交換作業後、K様から「これまで来訪者の対応は、わざわざ玄関までドアを開けなくてはならなかったのですが、このドアホンならすぐに来訪者の姿を確認できて便利になりました」と、喜びのお言葉をいただきました。

インターホン交換での事例一覧

ドアチャイムの交換作業を行いました

大阪府大阪市にお住まいのN様より、「ドアチャイムが鳴らない」というご連絡がありました。 調査の結果、機器本体が故障していたので、新しい部材を発注して交換することになりました。弊社がご用意した部材はパナソニック社の「VL-SGD10L」というワイヤレスドアホンでした。

電池は交換したが調子が悪い

兵庫県加古川市の戸建にお住まいのY様より自宅のチャイムの調子が悪いというご連絡がありました。電池を交換しても正常に音が鳴る時と鳴らない時があるそうです。 早速ご自宅にお伺いして調査したところ、経年の影響で劣化していることがわかり、機器本体を新品に交換しました。

ドアチャイムが鳴らなくなった

神奈川県横浜市にお住まいのS様より、ドアチャイムが鳴らなくなったというご連絡がありました。 また、S様宅では現在、ドアチャイムが設置されているが、インターホンに交換した方が良いのかという相談もしたいとのことでした。交換をお勧めしたところ、弊社まで工事のご依頼をいただきました。

玄関チャイムが鳴ったまま止まらない

福岡県北九州市の戸建にお住まいのM様より、チャイムが鳴ったまま止まらないので、すぐに来て直してほしいというご依頼をいただきました。 ちょうど近くの現場で作業を終えたスタッフが、現場に急行することになりました。故障の原因を突き止め、無事に修理作業は完了しました。