電気のトラブル解決 安心価格・スピード対応・リピート対応挑戦中

パナソニック インターホン (VL-MV21)交換

作業費5,500円~対応中
インターホン
壊れただけだと思っていませんか? 危険かも!? 火事や漏電の万が一があります。至急電話してください。
この記事を読むメリット。
創業10年の実績のある当社が確かな実績から情報を発信します。
蓄積されたノウハウであなたの疑問や悩みを解決します。
電気が原因による火災は決して少なくありません。
電気のお悩み、心配事はお気軽にお問い合わせください。

各家庭に1台は必要なインターホン。もしインターホンが鳴らなくなった場合、来訪者に気づくことができず生活が不便になってしまいます。

インターホンの寿命はそれなりに長いものですが、屋外に設置していることもあり、いつ・どのような理由で故障してしまうかは分かりません。

そこで今回は、インターホンが鳴らないトラブルにより、お客様宅にて交換した事例を紹介します。インターホンが鳴らない原因についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

インターホンが鳴らないので困っているとのご相談

お客様より「自宅のインターホンが鳴らない」というご連絡をいただきました。長年使われているようで、交換も検討しているとのことです。

修理で改善するのか、交換しなければならないのかは状態によって異なるため、ご自宅にお伺いして拝見させていただくことにしました。

インターホンが鳴らないトラブル

ご自宅にてインターホンを確認したところ、機種自体が古いもののようです。そのため経年劣化をおこしており、交換する方が良い状態になっていました。

お客様にも「交換する方が良い」という旨をご提案し、ご承諾いただきました。今回は新しくパナソニックのドアホン【VL-MV21】を設置することになったので、交換作業を進めていきます。

まずはインターホンに繋がっている電源プラグを抜き、ブレーカーを落とします(交換中に電気が流れると危険なため)。そして屋内・屋外に設置している親機と子機を壁から外します。

上の画像は室内親機を外したところで、下の画像は玄関子機を外した跡です。

既存のインターホンが取り外せたら、新しいインターホンを固定する金具を壁に固定し、本体と配線を繋げていきます。そして壁に固定した取付金具に沿ってインターホン本体を設置していきます。

親機と子機の設置が完了し、正常に動作するかを確認して作業完了とさせていただきました。

もし、現在自宅に設置しているインターホンが以下の2つの場合は、DIYでの交換・設置が可能です。

  • 電源コード式インターホン
  • 乾電池式インターホン

上記以外の、壁の中に通っている電線と直接接続している「電源直結式」のインターホンの場合は『電気工事士』の資格が必要となります。資格を持っていない場合は工事できないため、必ず専門業者に相談してください。

パナソニック【VL-MV21】の特徴

今回新しく設置したインターホンは、パナソニックのテレビドアホン【VL-MV21】です。こちらの機種は室内側についているモニターで、来訪者を瞬時に確認できます。そのほかの【VL-MV21】の特徴を以下にまとめました。

  • 来訪者画像を自動で録画・保存
  • モニター増設が可能
  • 住宅用火災警報器と連動
  • 親機から離れた場所で呼び出し音を鳴らせる

インターホンから音が鳴らない原因

インターホンから音が鳴らない原因はいくつか考えられます。ここでは、インターホンが鳴らないときの原因を4つ紹介します。

音量設定が間違っている

インターホンが鳴らないとき、とっさに「壊れたのかな?」と思う人も多いでしょう。しかし、『0』になっているなど、何らかの理由で音量設定が変更されて聞こえなくなっている可能性もあります。インターホンから音が鳴らなくなったら、まずは音量設定を確認してみましょう。

電源プラグが抜けている・電池が切れている

電源プラグが抜けていたり電池が切れていたりして、音が鳴らなくなっていることもあります。この場合は音が鳴らないだけでなく、電源ランプやモニターの表示が映らなくなっていますので、一度確認してみましょう。

当然ですがこの場合は電源プラグを差し込んだり、電池を入れ替えたりすれば元どおり使えるようになります。

配線の接続不良

親機と子機をつないでいる配線(ケーブル)が外れたり緩くなったりして、接触不良が起こることもあります。配線関連では単純に外れかかっているだけでなく、配線の劣化により電気が流れにくくなっていることもあります。

一般的にマンションなどの集合住宅よりも、一軒家の方が配線が劣化しやすいと言われており、その理由は配線が通る場所にあります。マンションの場合は配線のほとんどが壁の中に埋まっているため、外的な影響を受けにくくなっています。

対して、集合住宅では配線が土の中に埋められているケースもあり、雨などの影響を受けやすくなってしまいます。配線の接続不良が原因でインターホンが鳴らない場合は、修理で対応できる可能性もあるので、一度専門業者にみてもらうとよいでしょう。

故障している

どのような電化製品にも寿命があるように、インターホンもいつかは寿命がきてしまいます。一般的なインターホンの寿命は10〜15年程度と言われており、この年数以上使っていると、どのような不具合がいつ起きてもおかしくありません。

また、インターホンの寿命は設置環境によっても大きく異なります。多くの玄関子機は屋外設置のために防雨仕様になっているのが基本ですが、屋根の有無や日当たり具合によっても劣化するスピードは変わります。

そのほか、インターホンのトラブル解決法や取付工事については、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

インターホン関連で困ったことがあればDENKI110へご相談ください!

インターホンは来客を知らせる重要な役割をしているため、正常に動作しなければ不便になってしまいます。しかし、長く使っていると本体や配線は経年劣化し、いつかは交換しなければならないタイミングがきます。

今回紹介した事例のように、長年お使いのインターホンであれば新品への交換・設置にて対応するのがおすすめです。ご自身で音量設定や電源プラグ・電池を確認しても原因がわからない場合は、弊社『DENKI110』へご連絡ください。

また、インターホンが故障すると音が鳴らないだけではなく、通話ができなくなったり、モニターが映らなくなったりすることもあります。DENKI110では、インターホンの故障に関するトラブル全般に対応しております。

ご連絡をいただいたあと、迅速に駆けつけて適切な対応をさせていただきますので、ぜひご相談ください。

DENKI110

【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(02)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

※2021年現在、基本料金を6,600円から5,500円に改定しています。
そのため、料金改定前に作成された記事や事例には以前の料金体系の内容が記載されておりますが、お問い合わせの際には基本料金5,500円でご案内させて頂きます。