ワイヤレスドアホンが故障したときの修理手順

作業費6,000円~対応中!
インターホン

ワイヤレスドアホンに関しては、工事などが不要で手軽に設置することが可能となっているので多くの家庭で人気となっています。今の時代はインターネットの時代でどの家庭もネット環境が整っていると思います。そんな中で便利に活用することができるドアホンといえます。

はじめに

ワイヤレスドアホンは最近では多くの方が取り入れていますが、ネット環境が問題となりトラブルを引き起こしてしまいケースもあり、電波により左右されることがあり、後悔している人もいますが、快適に使って行く事が出来る場合には問題なく活用することも可能となっています。今の時代はドアホンに関しても進化していますが、工事などをして取り付ける際には費用が掛かってしまうという事で手軽に設置できるワイヤレスドアホンを取り付ける人も増えているのが事実です。

①ワイヤレスドアホンとは

ワイヤレスドアホンとは通常リビングやキッチンなどに設置される親機を無線式に設置しているタイプのものです。基本的にはこのタイプのドアホンは工事が不要です。家の中どこにいても対応することが可能となっていて、現代人は忙しい人が多いのですが、どこでも対応可能という事が最大のメリットとなっています。ワイヤレスドアホンに関しても電池式と充電式の2つのタイプがあり、充電式の場合には、基本的に親機として利用することができ、リビングやキッチンに設置する場合が多いといえます。最近では家の中で持ち運びをすることができる移動子機と呼ばれているタイプも増えていて実際に移動する際にも各部屋に持ち運ぶことが可能で利用する中でも忙しい家事の合間でもお客さんが来たことがわかり、対応することが可能となっています。

②ワイヤレスドアホンのトラブル事例

取り外した様子
取り外した様子

実際にワイヤレスドアホンについてはどのようなトラブルが多いのでしょうか。便利に活用できるという点では良いと感じますが、電波の状態などにより使用する際にも不便を感じることもあると思うと購入する際に迷ってしまいますよね。

2.1 取り付け

新しいインターホンを購入したのですが、ワイヤレスドアホンで取り付け方がわからず、工事など必要ないという事で購入したけど設定することができず、業者に依頼しました。そのままの状態では快適に使うことができず、せっかく購入したので使いたいと思って依頼したのですが、設置作業をしていただき40分程度で終了しました。説明書などを目にしてもまったくわからない状態だったので設置することができて良かったと思っています。

2.2 インターホンの交換

玄関で使用しているインターホンの音が鳴らなくなってしまい、自分で確認してもどの部分が悪いのか理解することができず、業者に連絡して調査をお願いしました。すぐに対応することができないという条件がありましたが、使えないままでは不便だし、修理ができない場合には交換という事も検討する必要があるという事もあり、早めに対応をお願いしたのですが、インターホンの故障という事がわかり、新しいインターホンを取り付けてもらうことにしました。ワイヤレスドアホンを依頼したのですが、しっかりと快適に使えて便利だと感じています。

2.3 インターホンが鳴らない

インターホンが鳴らなくなってしまい、長年使っているので買い替えも検討していてそのことを業者に伝えて調査を行ってもらいました。調査してもらった結果は修理が不可能という事で新しく取り付けるようにしたのですが、ワイヤレスドアホンで子機が付いているものをお願いしました。商品の注文を行ってくれて設置作業を行ってくれたのですが、対応がすごくよくて感謝しています。

2.4 インターホンの取り付け

自宅のインターホンが故障してしまい、自分で交換しようと思ってネットでインターホンを購入しました。しかし、説明書を見てもどうやって接続したらよいのかわからない状態で業者の方に相談しました。対応可能な方がすぐに駆け付けてくれてすぐに作業を行ってくれたのですが、交換作業を行って正常に動作することまで確認してくれて親身になって対応してくれたので良かったです。

③インターホンの不具合と原因

インターホンは各家庭で活用しているものですが、呼び鈴がならない、通話ができないなどの不具合や様々な問題を起こしてしまう事がありますが、しっかりと原因を知ることにより対応する時にスムーズな対応ができると思います。

3.1 電気線と配線が触れている

インターホンでの通話に関しては家の中に設置している親機と玄関や門に取り付けられている子機とを配線で繋ぐことで可能となりますが、この配線は電気を供給する電気線と一緒に土中に埋めてあり、2種類の配線が触れることにより配線は電流が流れるノイズを拾い、音声にノイズが混じってしまう場合があります。インターホンが鳴らない場合については、商品により異なってきますが、原因を特定するためには専門業者に依頼することが必要になります。特に今の時代は高機能のドアホンが販売されていますが、一般の方では不具合などを理解することが難しく、しっかり業者に依頼して原因を知ることが解決の一歩となります。

3.2 配線

雨が降った後に通話する音にノイズは乗る場合には配線が原因となって不具合を起こしていることが考えられます。親機と子機を繋ぐ地中にある配線の一部が何らかの原因で腐食して雨水に触れることによりノイズが発生してしまうのです。

3.3 ワイヤレス機器

親機のそばに無線LANのルーターや電子レンジ、テレビなどを置いている場合には、インターホンにノイズが入ってしまう事があります。電子機器の電波が千渉することにより、通話音にノイズが混じってしまう場合があります。

④インターホンの買い替え目安

インターホン新品一式
インターホン新品一式

インターホンに不具合が起きた場合でも一部の故障はインターホンを交換することなく修理で簡単に元の状態に戻すことが可能となっていますが、修理を行う際には、しっかりとインターホンの見直しを行ってみるようにしましょう。日常の生活の中ではインターホンについて考えることはまずありません。その中でトラブルや故障などが多くなってしまうと買い替えを検討すると思いますが、インターホンを快適に使っていくためにはしっかりとインターホンの状態だけでなくどの程度の期間使っているか考えてみましょう。

インターホンの寿命は一般的に10年程度といわれていて、家に設置しているインターホンが10年を過ぎて不具合が生じてしまった場合には新しいものと交換することがおすすめできます。基本的に今の時代はどんな機器でも同じですが、各メーカーで5年~7年程度で古い機種の部品を取り扱わなくなってしまうのが現状です。

故障した際に部品がない場合には修理をすることができず買い替えになってしまいます。そのために自分がどの程度の期間インターホンを使っているかという事を明確にすることにより、修理ではなく交換を先に検討することができると思います。

インターホンが故障した際には、メーカーや業者に修理を依頼する必要がありますが、自分で調べることができる範囲で状態を確認してみるようにしましょう。電池の残量を調べたり、親機と子機の配線などを自分が確認できる範囲で調べてみましょう。インターホンは種類により電源に乾電池が使われている場合もありますが、声が聞こえない、映像が映らないというような不具合に関しては、電池が切れてしまっている場合もあります。

新しい電池に交換することにより、今までと同様に使うことができて、不具合を解消する事が可能となっています。声が聞こえない、映像が映らないというような状態になってしまうと故障と判断してしまう人もいますが、自分ができる範囲でしっかり確認するようにしましょう。

その中で原因がわからない場合や10年程度使っているという場合には交換を検討する事もおすすめできます。故障して使えなくなってしまうと不便になってしまいますので、交換することにより安全に活用していく事が出来ると思います。インターホンの買い替えに関しては使っている年数などを参考にすることにより、時期を判断することができると思います。

⑤ワイヤレスドアホンの選び方

今の時代はワイヤレスドアホンが販売されていていいなと思っている人も多いと思いますが、どのように選んでいけば快適なものを選択することができるのでしょうか。

5.1 通話できる距離の長さ

実際に一般的に通話できる距離の長さについては100m程度といわれていて、一軒家の場合には問題なく使うことが可能となっていますが、電波を遮断するようなことが起こってしまう事により無線も切れてしまいます。鉄筋コンクリートの住宅や電子レンジやインターネット無線LANなどの電波を発信しているものが近くにある場合や玄関と子機の間に金属製のものや壁などがある場合には無線が繋がらなくなってしまう場合もありますので注意が必要になります。

5.2 電池の持ち

ワイヤレスドアホンについては電池式と充電式がありますが、メーカーにより違いがありますが、電池持ちに関しては1年前後と言われていますので、1年に1回は電池の交換を行うようにしましょう。また、使用頻度などに関しても電池の持ちが変わってきますので目安として考える必要があります。電池が切れる前にモニターに注意メッセージなどが出てくるタイプのものもあり、しっかりと確認しておくことにより、電池切れになった際にも故障と勘違いすることなく電池の交換をする事により、今までと同様に活用することができます。

5.3 本体の価格

ワイヤレスドアホンについては、たくさんの種類のものが販売されています。その中で機能が充実すればするほど価格は高くなってしまいますが、モニターのサイズが大きくなると価格が高くなってしまいますし、動画を撮影することができるタイプの機能が必要な場合には本体価格が高額になってしまう事が多いといえます。高性能なインター本を安く購入するには、型落ちを選ぶことにより、しっかりと求めている機能が搭載されている場合でも安く購入する事が可能となっています。やっぱり新しいものが良いという場合には、価格が高額になってしまうという事をしっかりと視野に入れて商品を選ぶようにしましょう。

⑥ワイヤレスドアホンの取り付け

ワイヤレスドアホンに関しては配線の工事が必要なく一般的な人でも取り付けが可能となっています。その中でどのように設置しておけば良いのか知ることにより、インターホンが故障した時などに便利に活用することができると思います。

ワイヤレスドアホンを取り付けるためには、必要なものを揃えることが大切ですが、新しいインターホンと乾電池、ドライバー、電動ドリルがあれば簡単に設置することができます。ワイヤレスドアホンを購入したらパッケージを開けて、部品の確認をして、取扱説明書を読みながら設置していきます。

動作を確認するためには乾電池をしっかり入れておく必要があり、カバーにはネジが付いているのでドライバーを使ってカバーを外して乾電池をセットします。部屋の中に設置する子機にも乾電池をセットしましょう。また充電式のタイプは充電器に差し込んでください。

インターホンのスイッチを押して、呼び出し音が鳴り故事で応答することで声が両側から聞こえるか確認する事が出来ますし、モニター付きの場合には映像に関しても確認する必要があります。ワイヤレスドアホンについては画期的な高性能なタイプのものもありますが、スマホと連動することにより外出している時でも対応することが可能で、外出している場合に宅配便などが来た場合でも再配達の時間を連絡することができますし、出かけたばかりだと戻って荷物を受け取ることも可能です。

今の時代は子供が一人で留守番する時間が長いという家庭も多くなっていますが、スマホと連動することにより会話などを行う事も出来ますし、帰ったという事も把握することができるようになっています。メーカーを統一させる必要がありますが、インターホンとドアセンサーや防犯カメラ、ファックスなどと同じメーカーのものであればドアが開閉されることによりスマホに通知が届くようになっていて防犯にも効果的に活用することができます。

まとめ

ワイヤレスドアホンについては、様々な機能が搭載されていますが、今の時代は忙しい日常を過ごしている人が多く家を空けることが多い方には特におすすめできる便利な機能が搭載されています。電気製品に関しては年々進化していますが、様々な商品が無線へ進化していて便利に使うことができるものもありますが、メリットだけを知って選ぶのではなくしっかりとデメリットも把握して選ぶようにしましょう。

価格については機種により違いがありますが、何よりも工事などが不要で自分で簡単に設置することができるという事で空いた時間などに交換することができるという事が挙げられますし、商品も進化しているので快適に使うことができるといえます。何よりも様々な商品と比較した上で購入を検討するようにしましょう。