エネファーム6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

エネファームとは

「エネファーム」とは、「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の愛称です。機器内の酸素と水素を科学反応させて発電する「燃料電池」と、発電時に発生した排熱を再利用する「コージェネレーション」の両方の機能を有しているシステムです。この性能によって、送電が不要で「送電ロス」も少ないため、エネファームは高い省エネ性と電気代の削減に成功しています。また、エネファームは自立運転が可能なため、災害時に停電などに見舞われた際にも利用することができます。エネファームと同様、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを利用しているものの中に「エネウィル」があります。

エネファームのトラブル

発電が停止している

エネファームは、発電機能を備えた給湯器です。場合によっては発電機能が利用できないこともあります。発電機能のトラブルが生じた際は、エラーコードが表示されます。その原因の多くが部品交換や修理を求めるもののため、確認できた場合は専門業者に依頼するようにしましょう。

ドレン配管の詰まり

エネファームは、排水が生じます。排水は酸性濃度が高いため、中和器を通すことで通常の水に戻して排水します。このドレン管も中和器も、ちりやほこりなどで詰まる可能性があるため、注意が必要です。特に落ち葉などが入りやすい箇所は、適度に点検やメンテナンスを行いましょう。

排気口などの詰まり

エネファームには、排気口から給気口、換気口がついているものがあります。そうした空気の通り道がある場合、埃やすすなどでふさがってしまい、トラブルが生じる可能性があります。塞がっている場合には、メンテナンス会社などに連絡をし、点検や掃除をしてもらいましょう。

外装の変色・はがれ

エネファームは、精密な機械を大きな外装で覆っています。天候などによって外装に傷や汚れがつくことがあります。水漏れが生じた場合にも、外装や下部のさびを招く恐れがあるため注意が必要です。防ぐためには、しっかりと点検をしたり、綺麗な布で拭いたりしましょう。

エネファームのトラブル解決

エネファームは、浴室やキッチン、洗面台にいたるまで広い範囲にわたって、お湯を供給できる多機能な給湯器です。そのため、発電から給湯システムなど、細かな点検やメンテナンスが必要となってきます。トラブル内容によっては、機器自体の故障が原因という可能性もあります。そうした場合には、修理や交換を専門としている専門業者に依頼するようにしたほうがよいです。

エネファームは広い範囲で使われている給湯器ということもあって、逆に言えば劣化や老朽化も広範囲に及ぶことがあります。そうなると、トラブルや問題を引き起こすことも多くなるので、システム全体の修理や交換が必要となることもあるでしょう。特に定期的に点検やメンテナンスを行っていない場合は、突然壊れてしまうこともあります。寿命自体はそこまで長くないので、くれぐれも何十年間に渡って使うのは避けておきたいです。まずは専門業者に相談して、適切な対応をしてもらうようにしてください。根本的な交換から簡単な修理まで即日対応してくれるところも多いです。また、業者によっては全国対応のところもあるので、気軽に相談してみてください。

エネファームの取り付けや修理の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円