エコキュートの修理
即日対応中!

エコキュートの漏水6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

エコキュートの水漏れの原因は

配管からの水漏れ

エコキュート本体と室外機を繋ぐ配管が劣化し、そこから水が漏れることがあります。配管を曲げた状態で長年に渡って設置していると、亀裂が入りやすくなってきます。修理対応としては、部分補修で済む場合もありますが、本体ごと取り替えるケースもあります。

室外機周辺の結露

室外機の内部や配管が冷却されると、空気中の水分が結露して配管に付着します。その水滴が流れ出て水漏れのような状態になることがあります。また、冬場になると室外機の背面に霜が付き、その霜がとけて水が出ることもあります。 いずれにせよ、故障ではないので修理は不要です。

水道メーターの確認

エコキュートの給水止水栓を閉めて、水道メーター(水道での水の使用量を記録する計器)のパイロットマークという箇所を確認してください。このマークが回っていればエコキュート以外から水が漏れており、止まっていればエコキュート本体から漏れている可能性があります。

貯湯タンクの排水

貯湯タンクの水が沸き上げられると温度が上昇し、膨張して体積が増えます。本体内部のタンク内は常に満水の状態であり、沸き上げて増えた分を排水しようとします。この排出された水が、排水口や排水配管から出てきます。この場合も、故障ではありません。

エコキュートは色々な原因で水漏れしてしまいます。周辺機器が結露していたりするのはもちろん、水道メーターが異常な場合はシステム自体がおかしくなっていることもあるかもしれません。また、貯水タンクの排水や配管からの水漏れなどもあります。この手の問題は原因を探ることができれば、的確な修理や交換ができるので、まずは原因を明確にして対処していくことが必要です。なお、エコキュートは電気機器なので、システムがダウンした場合なども注意が必要となります。台風や地震で停電したりするのはもちろん、災害の影響をダイレクトに受けた場合は異常が出てくることもあります。水漏れがあった場合は、まずは業者に相談しましょう。

エコキュートの水漏れの解決法

エコキュートの水漏れは、漏れている箇所によっては故障でない場合もあります。室外機の本体や周辺から漏れていた場合、空気中の水分が結露して、その水滴が流れたものであると考えられます。よって、故障ではありません。エコキュートから水が漏れているときは、まずは本体の給水止水栓を閉めて、ご家庭の水道メーターのパイロットマークの状態を確認してください。パイロットマークが回っていればエコキュート以外から水が漏れている可能性があります。地域の水道業者や水道局にご連絡してください。パイロットマークが止まっていれば、エコキュート本体から漏れている可能性があります。この場合は、修理業者や販売店にご相談ください。

給湯器修理の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円