エコキュートのお湯が出ない場合の解決法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

エコキュートは各家庭で便利に活用できるアイテムとして人気となっていますが、その中でやっぱり機器の故障やお湯が出ないなどというトラブルが起こってしまう場合も考えられます。その時には何よりもどのような状態か把握することが一番重要になってきます。

はじめに

エコキュートに関しては他の商品にも多いお湯が出ないという状態になってしまうケースもありますが、しっかりと原因を知ることにより対策や予防を行っていく事が出来ますし、同時にエコキュートの状態なども把握することができると思います。エコキュートは機器なので様々なトラブルを引き起こしてしまう場合もありますが、自分でチェックすることにより解決できる問題も多く、大切なことは自分で確認できることは行うようにして、無理だと判断した場合には専門の方に相談して修理や交換などを検討する必要があります。故障で使えないと考えるのではなく、焦らずできることを行うことで快適に活用することができます。

①お湯が出ない原因とは

リモコン
リモコン

エコキュートのお湯が出ない原因を知ることにより、焦って故障と決めつけることなく自分でも対応ができることもありますので、しっかしとどのような原因があるのか知っておくようにしましょう。

1.1 温度調整基板の劣化

冷たい水が出てお湯だけが出ないという場合には、温度調整を管理している基盤の劣化が原因として考えられます。エコキュートを導入して数年以上経過していると起こってしまう症状なので、そんな場合にはエコキュートをリセットすることにより直すことができる場合がありますので、リセットを行ってみましょう。それでも解決することができない場合には、専門業者に依頼して原因を突き止めて修理や部品の交換を行っていくようにしましょう。

1.2 貯湯タンクの凍結

貯湯タンクの給水配管や給湯配管が凍結してしまう事によりお湯が出ないという場合があります。特に冬に使用している際に生じやすいトラブルとなっていますが、凍結している状態で沸き上げ運転をすることによりエラーコードが表示されて動作が停止してしまう場合もあります。お湯側の蛇口を少し開いた状態で解凍するまで待っておくようにしましょう。よくお湯などをかけて解凍する人がいますが、配管などに負担がかかって故障に繋がってしまうので早く解決したいという場合には、熱いお湯をかけるのではなく、20度程度の水をタオルや布などを配管に巻いてからかけるのが一番おすすめできます。

1.3 温度検知器の故障

エコキュートには大気中の熱を取り込む室外機コンプレッサーというものがあり、この機器に取り付けられている温度検知器が故障してしまうと貯湯タンクの集熱動作が停止してしまう場合があります。温度検知器に原因がある場合には、水は出るけどお湯が出ないという状態になってしまいますが、自分では解決できないので業者に依頼して不具合の原因を解決に導いていく必要があります。

1.4 断水や止水栓のチェック

今の時代は地域により断水が行わることが多くなっていますが、その場合にはお湯も水も出す事が出来ません。さらに止水栓が閉まっている場合も同じで、お湯も水も出す事が出来ないので地域の断水状況を確認したり、止水栓をチェックしてみましょう。水やお湯が出ない場合には焦ってしまい故障と勘違いする事もありますが、断水が行われる日程などをしっかり把握しておくことにより、焦ることなく対応することができると思います。

②エコキュートのよくある故障

エコキュートを活用している中でどのような故障やトラブルが多いのか知っておくことが大切になります。問題がない場合には当たり前のように使うことができますが、問題が生じてしまうと不便と感じてしまいます。

2.1 お湯が出ない

お湯を出そうとしても冷たい水のままの状態でお湯が全く出ないという場合がありますが、エコキュートの故障で多い症状といえます。水は出るけどお湯が出ないという場合には温度調整を管理している基盤などが劣化してしまっていることが考えられますので、導入して数年以上使っている場合には業者に依頼して状態を確認してもらうようにしましょう。

2.2 お湯が止まらない

実際にエコキュートのメリットとして、お風呂をためる際に止め忘れなどを防止することができて、自動的に適切な位置で止めることができるために取り入れたという方も多いと思いますが、溢れて止まらないという状態になってしまう事もあり、その原因としては水位センターの故障が考えられます。さらに入浴剤を使用している場合には、浴槽の循環口に湯垢が詰まってしまい適切な位置でお湯が自動的に止まらなくなってしまうので、自分でメンテナンスできていない場合には、業者に依頼して点検を行ってもらうようにしましょう。

2.3 シャワーのお湯

エコキュートを使っていてシャワーのお湯が熱くなったり、寒くなったりする場合にはエコキュートの故障といえます。シャワー水栓のサーモスタット機能の故障が原因となっている場合が多く、キッチンで使っているお湯に関しては温度は安定しているけどシャワーだけ温度変化が激しいと思った場合には、シャワー部分のサーモスタット機能が故障している可能性が高いといえます。

2.4 水やお湯が漏れる

エコキュート本体や配管からお湯や水が漏れる症状が出てしまう事があり、少しずつ漏れる場合には気がつくまでに時間がかかってしまい電気代や水道代を見て気がつくという場合もあります。原因としては内部のタンクのひび割れや配管の劣化が原因となっていることが多く、自分では解決できる問題ではありませんので、業者の方に依頼して修理や交換をお願いするようにしましょう。

③お湯が出ない時の対応

エコキュートのお湯が出ない時の対応に関しては何よりも焦って修理業者にすぐに連絡をするという人も多いと思いますが、大切なことは自分で対応する事で解決できる場合もありますので状態を調べてみましょう。業者に依頼する際にも状態を把握しておく必要があります。

エコキュートのお湯が出ない時の対応としては、故障の原因を明確にすることが大切になってくるのですが、故障の種類やどのような状態かを見極めてメモなどに書いていくようにしましょう。また、故障の種類によりリセットすることにより直ることもありますので、お湯の温度が低いなどという場合には、センサーや基盤の不具合が原因となっている場合もありますので冷静になりエコキュートをリセットしてみましょう。

リセット方法に関しては、説明書を確認する事により手順など記載されていますので書かれている通りに行ってみましょう。また、説明書などを探す必要があるという場合には、メーカーのサイトを確認する事でリセットの方法を理解することができます。リセットを行っても状態が変わらない場合には修理業者に依頼する必要があります。

大切なことは、エコキュートを購入したところに問い合わせてみましょう。購入した際に良い印象ではなかったという場合には、他の業者を探す必要がありますが、ネットで様々な業者のホームページなどを確認する事により業者の実績や信頼度などを知ることができますし、大体の費用の相場などを知ることもできます。

日常の生活の中でお湯が出ないというのは想像以上に不便に感じてしまいますのでできるだけ早く対応してくれる業者に依頼して解決に導いていく必要があります。業者に依頼してエコキュートの寿命と判断されたり配管など錆びていて交換できないという場合には、買い替えを検討する必要があります。

買い替えをしたくてもお風呂に入ることができない、お湯が使えないと感じますが、買い替えをした場合に設置まで数日かかってしまうという方も多いのですが、在庫が業者にある場合には、設置は4時間~半日程度で終わり、設置した後にお湯を使うまで5時間程度かかると言われているので、1日だけお湯を使えない時間がありますが、その後は快適に使っていく事が出来ますので業者と相談して不便な状態を解決してもらうようにしましょう。

④エコキュートの寿命を延ばす方法

給湯器を取り外した様子
給湯器を取り外した様子

エコキュートを活用している家庭も多くなっていますが、価格が高額という事もあり1年でも長く使いたいと感じている人も多いと思いますが、寿命を延ばすは様々な点に注意する必要があります。

4.1 環境に合った機種

エコキュートを交換する際には自宅の環境に合った機種を選択する必要があり、メーカーは基本的に井戸水や温泉水、地下水を使った場合の耐用年数は保証していません。故障してしまった際にも修理が必要になりますが、保証を使うことができず修理する必要が出てきます。その中で、井戸水や地下水などを活用したいという方は対応している機種を選択することにより、故障ななどに関しても保証で修理などを行うことできますので、どのようにエコキュートを使っていくかという事を明確にして環境に合った機種を選ぶようにしましょう。

4.2 吸込口に物を置かない

エコキュートを快適に使っていく中では、ヒートポンプユニットには側面と背面に吸込口があり、正面に吹出口があります。その周りに物と置くことにより口が塞がれてしまい正常に稼動できなくなって故障の原因となり故障する可能性が高まってしまいます。そのためにエコキュートを設置している場所に関しは障害物をなるようなものを置かないようにしましょう。

4.3 掃除を取り入れる

実際にどんな商品でも同じですが手入れをするのとしないのでは全く違いが出てきます。そのためにエコキュートに関しても、貯湯タンクやヒートポンプを年に2回~3階程度水抜きを行うようにしましょう。メンテナンスを取り入れることなく使うことにより、水道水の不純物が溜まり、お湯が汚れてしまったり本体が故障してしまう可能性が高まってしまうので掃除をしっかり取り入れていきましょう。

⑤お湯切れ対策

エコキュートに関してはお湯が出ない原因としてお湯切れという場合もありますが、お湯切れが原因となりお湯が出ない状態になってしまわないように対策を行ってきましょう。

5.1 設定の変更

実際に翌日はお湯の量が増えるなどという場合には、おまかせモードなどを使うのではなく、夜のうちに満タンにお湯をためておくことができる設定に変更しておくようにしましょう。日中に沸き上げしないように設定している場合には、その設定を解除する必要があり、お湯切れが原因となりお湯が出なくなるケースとして来客があるときなどに関しては、お湯が不足してしまう可能性がありますので設定を前もって変更しておくようにしましょう。

5.2 タンク容量を変える

エコキュートを活用している中でお湯が出ないという状態になってしまうと特に冬は不便に感じてしまいます。活用している中でお湯切れでお湯が出ない状態になってしまうという場合には、タンク容量があっていないといえますので買い替えを検討しましょう。日常の生活の中で快適に使えない状態で過ごすのではなく、ひと回り大きなタンクに交換してみるようにしましょう。

5.3 追い炊きを使わない

エコキュートを使っていても前にガス給湯器を使っていたという人に多いのは、追い炊き機能を使うという方が多いのですが、追い炊きは使わないようにして、高温差し湯で浴槽内のお湯を温めるようにしましょう。追い炊きは節水にはなりますが、かなりの量のお湯を消費してしまい、お湯切れを頻繁に起こしている家庭ではお湯が出なくなってしまう原因となるので追い炊き機能は使わないようにしましょう。

まとめ

エコキュートを使っている中でお湯が出ない状態になってしまうと不便に感じてしまい、すぐに故障と決めつける方がいますが、故障ではなく様々な問題が重なってしまっている場合も多いので、確認できる範囲でしっかり状態を把握するようにしましょう。

自分で解消できない場合には業者に依頼すると思いますが、ある程度自分で状態を把握することにより、業者に依頼する際にも状態を伝えることができますので、原因をある程度予想して修理できる部品などを持ってくる業者も多く、すぐに修理を行ってもらえるので、どのような状態なのかを明確にわかる範囲で伝えるようにしましょう。

業者にお湯が出ないと連絡した場合も、業者側もいつからなのか、水は出ますか、などと確認する必要があり、予想を行って現場に向かうことにより、早く解決に導くことができるので、どのような状態か確認できる範囲で確認してメモなどに記載した情報を業者に伝えるようにしましょう。

特に寒い季節にはお湯は欠かすことができませんが、お湯が不足してお湯が出ない状態の場合には、冬が来る前に交換することがおすすめできます。お湯が出ない場合には故障と勘違いする人も多いのですが、ある程度の年数使っているのであれば、トラブルを起こした際に新しいものに買い替えるという事がおすすめできます。また、買い替えの際には、家族構成などをしっかり見極めて業者の方と相談して決めるようにしましょう。