エコキュートにトラブルが発生したときの対処法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

今の時代はエコキュートが人気となっていますが、その第一の理由として挙げられるのは省エネ性といわれています。その中で何よりもトラブルが発生した際には焦ってしまいますがしっかりと冷静になって対応する必要がありますが、快適に使いたいアイテムなので故障やトラブルは避けたいと思いますよね。

はじめに

エコキュートはヒートポンプといわれている室外機を使って大気から熱を集める省エネ性の高い給湯器となっていますが、今の時代は便利に活用することができる省エネ商品が人気を集めています。効率の良い電気代が安くなる深夜にお湯を使うことにより電気代を節約するという特徴がありますが、大切なことは各メーカーで特徴や機能などが違っているという事もあり、使う人数により相応しいものを選ぶことにより快適に使っていく事が出来ると思いますが、トラブルなどに関してはしっかりと専門の方に依頼してお願いすることが大切になります。

①エコキュートの人気

今の時代はエコキュートが人気となっていますが、その理由としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。省エネ問題は社会問題ともなっていますが、効率よく快適に使っていけるという事が最大の魅力となっています。

1.1 光熱費が安くなる

エコキュートは電力により給湯器ですが、電気でお湯を沸かすのは電気代が高いと感じる人も多いと思いますが、エコキュートは電力を用いて、自然冷媒ヒートポンプを動かして大気の熱をくみ上げます。その方法で実際の電気エネルギーと比較すると3倍の熱エネルギーを引き出す事が出来て、電力を安く提供している夜を利用することにより光熱費を安く抑えることが可能となっています。夜間電力を使わない場合には、光熱費が安くなるメリットはないので、エコキュートの購入費用や工事費用もしっかりと把握して検討する必要があるといえます。

1.2 非常水として活用

エコキュートの利点としては省エネ効果だけでなく、300リットルから500リットルの水をタンクに常時蓄えることが可能となっているので断水がなっても心配する必要がなく、停電した場合でもタンクから水を取り出すことができる仕組みになっているので災害時の対策としてもおすすめできるという点が人気の秘密といえます。水については少し時間を置くことにより質がよくなるといわれていて、タンクに貯めるタイプのエコキュートに関してはお湯の質も良くなり、お風呂に入る時にその違いを実感することができます。

1.3 地球にやさしい

エコキュートはヒートポンプを活用してます。ヒートポンプは電力を使って大気熱をくみ上げる方法となっているのですが、ヒートポンプはもともと冷蔵庫やエアコンなどにも使われていて新しい技術ではありません。また、プロパンガスとは違って二酸化炭素を用いるヒートポンプが開発されていて、地球にもやさしく活用していく事が出来ます。

②エコキュートのトラブル事例

アンケート紙
アンケート紙

エコキュートのトラブルに関しては、使用する前に様々な不安などを持っている人も多いと思いますが、実際に多いトラブルを参考にすることにより、トラブルなども焦ることなくスムーズに対応することができると思います。

2.1 炊き上げが使えない

エコキュートの特徴となっている炊き上げについては、機能が使えないというトラブルが起こってしまう事があります。その原因としてはヒートポンプに詰まりや水漏れが発生している可能性が高いといえますが、貯湯タンクへの給水やフィルターなどにトラブルがあるケースも多いといわれています。トラブルに関しては自分では対処することができず、不安に感じる場合には早めに専門業者に依頼して対応することにより、安心して使っていくことができると思います。

2.2 凍結によるトラブル

エコキュートには凍結予防の機能が付いているのですが、冬場に誤って切にしてしまった場合などには凍結により正常に作動しないことがあると言われています。そのような場合には、日差しで解凍するのを待つか、10度~20度のお湯を少しずつ給湯器にかける方法があります。この時の注意点としては熱いお湯で凍結を解決しようとすると逆にトラブルが増えてしまうので避けるようにしましょう。

2.3 給湯が止まらない

水位センターを利用してちょうど良い湯量を給湯してくれるのが魅力となっているエコキュートですが、水位センサーが誤作動を起こしてしまう事により、給湯が止まらなくなってしまうというトラブルもあります。その原因としては、配管部や浴槽循環口にごみなどが詰まってしまいやすいということで起こってしまうので定期的にメンテナンスや掃除を取り入れて対策を行っていきましょう。

2.4 お湯が出ない

エコキュートのトラブルとしてよくあるトラブルですが、お湯が出ないという場合があります。考えられる原因としては凍結や断水、貯湯タンクの湯切れ奈緒が考えられますが、エコキュートの設定温度が低い場合やシャワーなどの機器が故障しているというケースもあり、自分では判断することが難しいので専門業者に依頼して原因を調べてもらうことにより早く解決することができます。

③エコキュートのメリットとデメリット

エコキュートのメリットとデメリットに関しては、各家庭の環境により違いがあるともいますが、人気という事で検討している方はしっかりとメリットとデメリットと把握して決めるようにしましょう。

3.1 メリット

エコキュートの最大のメリットとしては省エネ、電気代削減などが挙げられます。最近では自然災害なども多くなっていますが、災害などが起きた場合でも非常時に貯まった水を使うことができるという事に関してもメリットとして挙げられます。エコキュートは電気代の安い深夜電力を利用するために光熱費を節約することが可能で、断水などの際にもタンク内の水を非常時水として使用することができます。また、災害などが起こってしまうと停電してしまいますが、その際にもタンクから水を取り出すことができて、メーカーが豊富で自宅に合った製品を選ぶことができるという点もメリットとして挙げることができます。

3.2 デメリット

エコキュートのデメリットとしては、導入して満足しているという方も多いのですが、取り入れて満足できないという方もいます。その理由としては、すぐにお湯が出ない事や使いすぎてしまうとお湯切れを起こしてしまう、故障しても自分で修理することができず業者に依頼する必要があるという点や深夜に低周波騒音を起こす可能性があり、近所迷惑になってしまっているのではないかと考えてしまう人もいますし、空気の熱を利用するために冬は効率が下がってしまい、省エネといわれているけど光熱費が上がってしまうというデメリットを感じている人もいるという事は事実です。

④エコキュートの故障

故障した給湯器
故障した給湯器

エコキュートの寿命は10年~15年程度といわれています。設置環境などにより違いがあるので短い時間で寿命となってしまう事もありますし、15年以上使っているけど故障などもなく快適に使えているという場合もあります。機器の寿命に関しては判断が難しいと思いますが、故障した箇所を修理して使うという人もいますし、何度も修理を行うと高額になるので買い替えを検討するという人もいます。

エコキュートの故障に関しては、寿命を迎えることにより故障するという問題だけでなく様々なことが挙げられますが、初期故障も多いと言われていて、初期故障は購入直後に発生してしまう故障で初期不良や設置する時のミスにより故障してしまう事です。初期故障に関してはほとんどのメーカーが無償修理を行ってくれますが、安い商品ではないので購入してすぐに故障するとやっぱり不安にもなりますし、後悔してしまうという方も多いといわれています。

初期故障の期間を過ぎた後に発生するのが偶発故障です。製造や設置の欠陥がゆっくりと時間をかけ故障として現れています。故障率は低いといわれていますが、欠陥をゼロにすることはできないといわれていて、運が悪い場合には偶発故障を起こしてしまうケースもあります。実際に電気機器には多いトラブルとなっていますが、欠陥は難しい中でも購入する側の気持ちは残念としかいいよいがなく、怒りなどをどこにぶつければよいのか分からないと感じますよね。

摩擦故障は偶発故障の期間を過ぎてしまうと弁やパッキンなどの構造要素の劣化が始まってしまいます。長く使うことにより部品が摩擦を起こしてしまい、部品を交換する事で解決することができますが、修理には費用が掛かってしまいます。

⑤エコキュートのトラブルの対応

エコキュートに関しては様々なトラブルを引き起こしてしまう事もありますが、安心して活用するためにはしっかりとどのようにトラブルに対応していけばよいのでしょうか。

5.1 お湯が出ない

足し湯をしても水しか出ないという場合がありますが、エコキュートの基板が故障してしまうと温度管理ができなくなってしまいお湯を出そうとしても水しか出てこないことがあります。初期不良でよくみられる故障ですが、自分で直すことは不可能なので、メーカーか設置業者に依頼してしっかり修理を行ってもらう必要があります。

5.2 お湯が止まらない

水位センサーが壊れてしまう事により給湯量のコントロールができなくなってしまい、いつまでたってもお湯が出続けてしまいます。原因としてはセンサーの周囲が汚れているという事が挙げられますが、自分では判断することができませんので、元栓から給水を止めて、メーカーか設置業者に依頼して原因を確認してもらう必要があります。

5.3 機器エラーの故障

エコキュートは自分で故障の原因を調べて、故障の理由などをエラーコードとして表示しますが、エラーコードが表示さえた場合には、取扱説明書やメーカーのホームページを確認してみるようにしましょう。そうすることにより故障の原因を特定することができて、対策法が記載されていますので対策を行ってリセットを行うことにより、解決する場合もあります。しかし、それでも解決しない場合には、メーカーや専門業者に依頼して状態を確認してもらう必要があります。

5.4 機器や配管からの水漏れ

配管や機器に関してはパッキンなどで接続されているのですが、水漏れが発生しないような構造となっています。しかし、ゴムは経年劣化してしまうので10年程度使っている接続部から水漏れが発生してしまう場合もあります。この際には、パッキンの交換をする事で直すことができますが、商品によっては特殊なパッキンを使っている場合もあり、部品の取り寄せなどに時間がかかってしまう場合もあります。

⑥エコキュートの買い替え

エコキュートの買い替えについては、10年程度使って故障した際には買い替えがおすすめできます。部品の交換で修理することが可能となっていますが、故障が続いてしまう場合もありますので、ある程度の期間使って故障してしまった場合には、修理か買い替えを考えるようにしましょう。

今の時代は、エコキュートに関しても新しい商品が続々と販売されていますので10年前のものとは機能なども比べ物にならないくらいに進化しています。故障した際に修理と買い替えで迷った時には、業者の方にしっかり相談して決めるようにしましょう。エコキュートの故障に関しても買い替えに関してもしっかりと対応してくれる業者に依頼する必要があります。

業者の選び方についてもしっかり親身になって話を聞いてくれて相談しやすい業者を見つけることが何よりも大切で自分ではどのようなエコキュートが良いのか判断することができませんが、相談に乗ってくれる業者は家族構成などをしっかり把握して各家庭に合ったエコキュートを進めてくれますし、アドバイスなども行ってくれますので、相談しやすい業者を選択することが快適にエコキュートを活用していくためには大切な条件となります。

まとめ

エコキュートは人気となっていますが、その中でやっぱりどんな機器でも故障などのトラブルを引き起こしてしまうのですが、大切なことはしっかりと対応してくれる業者に依頼することが重要で、自分ではどのような機能があるのか理解することができませんが、機能なども説明してくれる業者で購入して設置することにより、安心して活用することができると思います。

エコキュートは10年程度で寿命を迎えますが、ある程度の年数使っている場合には、修理が必要になった時に修理をするか買い替えをするかしっかりと考える必要があり、修理箇所で修理費用が異なってきますので、どの程度の修理費用が必要になるのか、見積もりを出してもらうことにより、判断しやすくなると思います。

修理が高額になってしまう場合には、新しいものを購入するほうがよいと思いますので、リフォームを考えている人も故障で買い替えを考えている人もある程度の相場を見積もりしてもらって決断するようにしましょう。エコキュートは人気となっていますが、購入前に自分なりにどのような機能が付いているのか様々なメーカーの比較を行ってみるようにしましょう。