ガス給湯器の漏電を対策するためにはどうすべき?

作業費6,000円~対応中!
給湯器

ガス給湯器を使っている家庭も多いと思いますが、トラブルを起こさないために日常で対策などをしっかり行っていますか。トラブルが起こってしまうと故障と勘違いして新しいものに取り替えるという方も多いのですが、しっかりと業者の方にどのような状態かを確かめてもらって修理か交換を決めるようにしましょう。

はじめに

ガス給湯器を使っている場合には、しっかりと日常で安全な状態で使うことができるように対策を行っていく必要がありますが、自分ではしっかりと対策を行うことができないという方も多いと思います。そんな場合には、しっかりとサポートを行ってくれる業者に取り付けなどを依頼することにより、安全に使っていく事が出来る環境で使っていく事が出来ます。ガス給湯器を取り付ける際には、自分では取り付けが不可能なので業者に依頼すると思いますが、大切なことは実績と信頼のできる業者にお願いすることが重要で、その先も故障などの際にお願いしやすい業者に依頼することにより、トラブルなどが生じた時でも安心してお願いすることができると思います。

①漏電とは

漏電とは、その名前の通り電気が漏れている状態となっています。電気配線や電気器具類には電気が漏れないように絶縁という処理が施されています。漏電の原因としては、電線が傷ついてしまったり、古くなってしまうなどという事が多く、そんな状態になってしまうと漏電する場合が多いのです。さらに防水性がない電気器具が水を被るなどしても漏電が起こってしまう可能性があり、漏電に関しては電力の損失だけでなく、感電や火災などといった深刻な事故につながってしまうケースもあり、最悪の場合には命を落としてしまう事も考えられるのです。漏電に触れることによりビリっと感じる程度の場合もあれば、致命的な障害が残ってしまい死に至ってしまう場合もあり、漏電に関しては、感電の可能性が高くなってしまい、火災などにつながる危険性もあります。ガス給湯器に関しても取り付ける際に漏電を防ぐことができる対策をしっかりと取り入れる必要があり、業者の方に依頼することにより、しっかりと対策を行っていく事が出来ます。

②漏電の原因

漏電を防ぐためには何よりもどのようなことが原因となっているかという事を知ることにより、正しい対策を取り入れることができると思います。漏電といっても様々な原因が挙げられますがしっかりと原因を知った上で対策を行っていきましょう。

2.1 電気回路の接続箇所

漏電の原因としては、電気回路の接続箇所の発熱によりコンセントに差し込んだプラグが緩い状態だと危険と耳にしたことがあるという方も多いと思いますが、そうなると接触抵抗が大きくなってしまい電流が流れると発熱してしまい、その状態が長くなってしまう事により銅線が錆びてしまったりするので接触抵抗が大きくなります。さらにガス給湯器のコンセントに関しては、何よりも差し込んだままの状態でどのような状態か確認しないままで使用することが多いのですが、しっかりと定期的にコンセントの確認を行っていく事で対策を行うことができます。チャックしていつもと違ったり、緩くなっていると感じた場合には早めに専門業者に依頼することにより、漏電を防ぐことができます。

2.2 電線が細い

電線が細い場合には発熱してしまう可能性が高まってしまい、電気火災が起こってしまう事も珍しくないと言われています。さらに自宅に長い間コンセントに挿しっぱなしの状態で使っているガス給湯器に関しては、プラグの根本にホコリが溜まっている箇所がある場合には、危険といえます。ホコリが溜まってしまうとホコリが雨や結露、空気中の湿気で電気を通しにくくしてしまい、少しでも電気が流れると発熱して漏電してしまう可能性があります。そのためにコンセントを挿しっぱなしで活用するガス給湯器に関しては、挿し込みの確認を定期的に行って、汚れている場合には、乾いた布を使って拭くようにしましょう。対策として取り入れることにより、安全に使っていく事が出来ます。

2.3 雨漏りなどによる漏電

漏電に関しては雨漏りなどにより起こってしまうケースも考えられるのですが、ガス給湯器を外に設置している場合には、雨風の場合に濡れてしまう可能性もあり、ブレーカーやコードが濡れてしまう事により漏電を引き起こしてしまう可能性があります。そのために設置した際に雨風をしのぐことができる対策を取り入れることにより、ガス給湯器の漏電対策を行うことができますのでしっかり設置する際にできる対策を取り入れるようにしましょう。

2.4 アースの取り付け

ガス給湯器を取り付ける際には、安全に使っていくためにはアースが必要となりますが、安全に使っていくためには必要なものとなっていて、アースの取り付けをしていない場合には、漏電を引き起こしてしまう可能性が高まってしまいます。アースの役割としては、地中に埋められたアース極と電気機をアース線で結ぶ事です。漏電した場合でもアースを取り付けることにより漏電した場合でも安全に過ごす事が可能となっているので、ガス給湯器を活用する中でアースの設置工事もしっかり行う対策を取り入れるようにしましょう。

2.5 ガス給湯器が原因

コンセントや電線だけでなくガス給湯器そのものがどこかで漏電しているケースもあり、雷などで漏電ブレーカーが誤作動を起こしてしまいブレーカーが落ちてしまうと漏電してしまう場合があり、この場合は誤作動なのでその後は問題なく使用することがほとんどです。

③ガス給湯器の漏電の解消法

ガス給湯器の漏電については、漏電ブレーカーを交換するか給湯器を交換するという2つの工事が解決策となっています。その中で大きなトラブルにならないために早めに対処する必要があり、漏電は何度も繰り返す傾向にあり、ブレーカーを復旧させることにより短期間の間に同じように漏電が生じてしまうケースもあります。そんな場合には、給湯器の寿命として平均的に10年程度といわれていますので、給湯器を長く使っている場合には、給湯器の買い替えを検討するようにしましょう。実際に業者に依頼することにより、給湯器の状態を把握することができて、部品を交換するだけで使うことができる場合もありますし、新品の給湯器を購入するほうが良いという場合もありますが、専門業者の方としっかり相談することにより、解決することが可能となっています。

漏電ブレーカーに関しては、分電盤のアンペアプレーカーが入になっていることを確認して安全ブレーカーをすべて切ります。それから、漏電ブレーカーからスイッチを入れていきますが、1つずつ入れていく必要があり、問題があるものを入りにすると漏電遮断器が切れる仕組みになっているのでどこで問題が起きているのかを知ることができます。自分で難しいと感じる場合には、業者にお願いすることによりちゃんと調査を行ってくれますので、専門の方にお願いするのも良いと思います。

④漏電の対策

漏電に関しては、命の危険と伴うものとなっていますが、漏電が起きないようにしっかり対策を取り入れるためには、普段からアース線をしっかり設置するという事が大切になってきます。アース線がしっかり設置されているかどうかを確認することが大事です。

自分では把握できないという方も多いと思いますが、ガス給湯器に関しては毎日使うものなので、安心して使うために5年以上使っているものに対しては一度業者の方に点検をしてもらうことがおすすめできます。ガス給湯器の状態を知るだけでなく、漏電なども知ることができますし、交換などをする際にも相談に乗ってくれる業者に依頼することにより、安心して使っていく事が出来ると思います。

ガス給湯器に関してはすぐに買い替えるというものではありませんので長年使っていく中でしっかりとメンテナンスなどを取り入れることが大切で業者によっては、しっかりと定期的な点検を行ってくれる業者もありますので、相談しやすくてしっかりと対応してくれる業者で購入する事がおすすめできます。自分でできる対策もあると思いますが、業者の方がアドバイスや対策法をしっかり知っていますので、親身になりどのように活用していくべきか教えてくれる業者に依頼するようにしましょう。

⑤漏電ブレーカー

ガス給湯器の水漏れにより漏電ブレーカーが落ちる場合がありますが、入居者に水漏れを知らせてくれるサインとも言えます。漏電ブレーカーが落ちたら、水漏れ業者に電話をしてしっかりと状態を把握する必要があります。

漏電ブレーカーについては、水漏れを知らせてくれるものでブレーカーが落ちると早急に修理を行う必要があり、給湯器本体のカバーを外すと漏電ブレーカーが付いていますが、知識がない人が触るのは危険といえますので、施工業者か水漏れ業者に連絡して処置を依頼するようにしましょう。

リセットを押しても原因を解消する事が出来ず、何度も落ちるという可能性もあり、大きな故障に繋がってしまう場合もあり、水漏れ業者に依頼して修理をしてもらう必要があります。漏電ブレーカーが落ちてしまうという場合には、何かの原因が必ずあり、原因をしっかりと解消できない場合には、給湯器も使うことができないのでしっかりと原因を特定して修理を行う必要があります。

その中で漏電ブレーカーを交換しても直らないという場合もあり、そんな場合には、水漏れの業者ではなく電気やガス専門の業者に依頼することが大切になります。ガス給湯器に関しては、設置や修理に関しては資格が必要となりますので資格を持っていて安心して依頼することができる業者を探すようにしましょう。漏電ブレーカーが落ちてしまうという原因は、様々な理由がありますが、給湯器の故障に関しても関係しているので、長い年数使っている給湯器の場合には、修理ではなく交換を検討するようにしましょう。

⑥漏電の対策法

ガス給湯器を使っている中で漏電してしまうとブレーカーなどが落ちてしまい使えなくなってしまう事もありますが、何よりもそうなってしまう前に対策を行っていくようにしましょう。

6.1 アース線

ガス給湯器を使う中で漏電を対策する方法としてはアース線をしっかりと取り付けることが重要になります。アースとは地中に埋められたアース極と機器をアース線で結ぶ事です。アースは配線や電気器具などが万一漏電したときに漏れてしまった電気を大地に逃がしてくれるので完全の危険を少なくすることが可能となっていて、ほとんどの電気機器の外箱にアースを取り付けることが国の法令でも決められていますので日常の中で緑色のアース線がしっかりついているか確認することでガス給湯器の漏電を対策することが可能となっています。

6.2 漏電遮断器

漏電遮断器は、配線や電気機器に絶縁の低下が起こって漏電した場合に早急に電気を遮断して災害の発生を防いでくれる安全装置とも言えます。一般の家庭に関しては電灯盤に設置されていて、しっかり作動するようになっています。漏電遮断器については、電気回路の電圧や電流容量、電気使用の設備の規模に応じて行う必要があります。

6.3 その他の方法

実際にガス給湯器を活用する中で安全に使用していくためには様々な対策を取り入れる必要がありますが、無理なくできる対策を取り入れることが大切です。プラグにホコリをためないようにする事で、定期的に掃除を行うようにしましょう。また、濡れている手で触れると危険なので、掃除を行う際にも乾いた布を使うようにして、湿気の多い場所に設置するのは避けるようにしましょう。さらにコンセントに感電防止用のカバーを取り付けて、自分ではトラブルを起こした際に原因を把握できない場合には、プロの方に依頼して修理や交換を行うことが何よりも大切になります。

まとめ

ガス給湯器を活用する中で安全に使っていくためには正しい方法で使う必要があり、何よりも外に設置している場合には、定期的に状態を確認するようにしましょう。濡れてしまったり、汚れてしまっている状態では漏電してしまうケースもありますので、漏電を防ぐためには、定期的に確認を行って汚れている場合などは掃除をするようにしましょう。

ガス給湯器の漏電に関しては、自分で解決することができない場合がほとんどなので安心して使うためにはプロの業者に依頼して修理や交換を行う必要がありますが、漏電の原因を知ることにより、日常で自分が取り入れることができる対策を行っていきましょう。

電気関係などに詳しくないという場合には不安だと思いますが、ガス給湯器を取り付ける際に、メンテナンスや点検を行ってくれる業者に依頼することにより、ガス給湯器の状態をしっかり知ることができますので、大切な問題として設置する際の業者の選び方を慎重に行うことが大切になってきます。

今の時代はたくさんの業者がありますが、その中で選ぶのは難しいと感じる人も多いと思いますが、無料で調査や見積もりを行ってくれる業者を比較してみるようにしましょう。ホームページなどに様々な情報を記載している会社がありますので自分に合った業者を見つけて、トラブルなどを早急に対策することができる環境を作る必要があります。