BS・CS(衛星)アンテナに異常が見られるときの対処法

作業費6,000円~対応中!
アンテナ

住宅にBS・CS(衛星)アンテナを設置している人も増えていますが、快適に見ることができる環境の時は良いのですが、トラブルを招いてしまい映らなくなってしまうケースもあります。その際にはどのように対処していけばよいのでしょうか。

はじめに

BS・CS(衛星)アンテナを設置する場合には自分で設置する方法と業者に依頼する方法がありますが、何よりも自分で設置した場合にはアンテナの強度が弱い状態で台風や地震などが発生することにより、アンテナがズレてしまって映らなくなってしまうケースが多いと言われています。実際に業者に依頼することにより費用は掛かりますが、故障やトラブルに関しても素人が設置するよりも万全に取り付けることが可能となっています。

①BS・CS(衛星)アンテナとは

BS・CS(衛星)アンテナ
BS・CS(衛星)アンテナ

BS・CS(衛星)アンテナとは衛星電波を利用して発信されているBS放送とCS放送のテレビを視聴する為に必要なアンテナのことです。放送内容に関しては運営会社も違ってきますが、放送を観たいと思っている人はしっかりとアンテナを設置する必要があり、パラボラアンテナとなります。赤道軌道上に打ち上がっている人工衛星からの電波を受信しやすくするためにお皿型やお椀型をしていて、受信角度が何よりも重要となっているのでちょっとしたズレでも見ることができない状態になってしまうために、しっかりと確認して設置する必要があり、業者に依頼することによりきちんと角度も間違えることなく快適にBS放送やCS放送を楽しむことができます。

②BS・CS(衛星)アンテナが映らない理由

不具合のあるテレビ
不具合のあるテレビ

実際にBS・CS(衛星)アンテナを設置している状態でも映らなくなってしまうというトラブルを招いてしまう事もありますが、どのような理由が挙げられるのでしょうか。理由を知ることにより映らない状態になった時に対処する際にもスムーズに行うことができると思います。

2.1 コンバーターの故障

BS・CS(衛星)アンテナは、テレビが突然映らなくなってしまったというトラブルとして多い理由はアンテナコンバーターの故障が挙げられます。コンバーターはパラボラアンテナの前面にある小型のアンテナです。コンバーター長く使うことにより劣ってしまいプラスティック部分が劣化して故障してしまうケースが多いと言われています。BS・CS(衛星)アンテナが映らなくなったというトラブルが起きた場合には、コンバーターの確認をしてみるようにしましょう。

2.2 アンテナの角度が悪い

パラボラアンテナは電波受信のための方向調整が難しいアンテナと言われていて、少しズレるだけで、まったく受信することができなくなってしまいます。角度に問題があると判断した場合には、BS・CS(衛星)アンテナの向きを変える必要があり、対象となっている受信角度対応表などを参考にして自分が住んでいる地域に対応している角度に調整されているかどうかきちんと確認してみるようにしましょう。

2.3 配線の接続不良

BS・CS(衛星)アンテナを設置しているのに映らにというような状態になった場合には、アンテナに問題があると考えてしまいがちですが、アンテナ自体ではなく、アンテナからテレビに繋がっている機器やケーブルのどこかが接触不良を起こしてしまっている可能性も考えられます。この場合には修理が必要となりますが、自分ではどの箇所で接触不良が生じているのか理解することが難しいために、業者に依頼する必要があります。業者に依頼することにより、テスターや電界強度計などを使ってどの部分が悪いのかしっかりと把握することができて、部品を交換したり配線を交換することによりしっかりと映るようになります。

2.4 アンテナが脱落した

今までは普段と同じように映っていたもの台風や大風が吹いた時から映らなくなってしまったというような場合もあります。地震で大きな揺れを感じた場合も同様でアンテナ自体がマストから外れてしまっている可能性もあり、アンテナが見える場所からアンテナの確認を行うようにしましょう。

③BS・CS(衛星)アンテナに見られる不具合

BS・CS(衛星)アンテナに関しては、映らなくなってしまうと焦ってしまいますがしっかりと落ち着いて行動することにより、解決することができるトラブルも多いと言われています。

3.1 テレビの調子

BS・CS(衛星)アンテナを設置しているのに放送が見れなくなってしまった場合には、テレビの調子が悪いという事で映らないという事もあります。このような場合には、テレビの電源を切って、全てのケーブルを一度抜きます。そして少しの間、放置してケーブルを挿し直してテレビの電源を入れてみましょう。ちょっとしたテレビの不具合の場合には簡単に直る場合もありますので試してみましょう。

3.2 アンテナがない

BS・CS(衛星)放送を見るためにはアンテナが必要になります。アパートなどにアンテナが設置されていない場合には見ることができません。そのために、アパートなどでBSやCSを楽しみたいという場合には大家さんなどにしっかりと確認をしてBS・CS(衛星)アンテナを取り付ける必要がありますが、自分が引っ越す際には破棄する必要もあり、取り付けと撤去する必要がかかるという事を考えてから行動する必要があります。

3.3 電源が供給されない

BS・CS(衛星)アンテナに関しては電気が供給されていない場合には機能されません。映らない原因としてはアンテナに電気が通っていない可能性があり、受信設定がオフになっている可能性もありますのでテレビの設定メニューからBS受信設定を選んで受信設定がオンになっているかどうか確認してみるようにしましょう。

3.4 配線やケーブルに問題がある

BS・CS(衛星)アンテナに関してはアンテナの配線やケーブルの不具合により映らなくなってしまうケースあり、配線に問題が起こってしまうとアンテナに電気が流れないので映らなくなります。アンテナのケーブルをテレビの裏側にあるBS受信端子に直接接続して映るかどうか確認してみましょう。その間に、入っているレコーダーなどを外して、映る場合には配線に問題があるという事が判断できますので、配線の修理や交換が必要になってきますので専門業者に依頼することにより早めに解決することができます。配線に関しては自分では修理や交換を行うことができませんのでしっかりとプロの方に依頼するようにしましょう。

3.5 気候

BS・CS(衛星)アンテナに関しては、雪が降ったり、新しいマンションが建つなどして遮蔽物ができるとアンテナが信号をキャッチすることができなくなる場合があり、雪が降ったり、マンションが建っている場合にはそれが原因となっている可能性が高いといえますが、そのような場合には、アンテナの位置、角度を再調整することにより映るようになります。素人ではアンテナの調節に関しては難しいので業者の方に相談することにより早急に解決することができます。また、台風や強風などにより角度がズレてしまうと電波をキャッチすることができません。アンテナは衛星がある方向に正確に向ける必要があり、1ミリズレるだけでも映らないと言われていますので、この場合もしっかり業者に依頼する必要があります。

④設置業者を選ぶ方法

BS・CS(衛星)アンテナの設置に関しては業者に依頼することによりしっかりと放送を楽しむことができますが、自分で設置すると様々なトラブルを招く可能性が高まるのでしっかり専門の方に依頼しましょう。

4.1 見積もり

BS・CS(衛星)アンテナを設置する際には、見積もりを行ってくれるかどうかを最初に確認する必要があり、設置場所により費用が異なってきますので訪問して見積もりを行ってくれる業者を選択する必要があります。また、BS、CSアンテナに関しては調整が必要となりますのでどの程度の費用が掛かるのか確認しておくことも大切です。実際にアンテナの設置については、家の形状や周囲の環境により左右されるために、同じ施工を行うということではなく、環境に合った設置が必要になってきますので訪問して現状を確認した後に見積もりを行ってくれる業者に依頼することがおすすめできます。

4.2 価格や施工内容の説明

BS・CS(衛星)アンテナを設置する際に、価格を気にする人が多いのですが、金額だけがすべてではなく、施工内容についてもしっかりと説明してもらうことにより、費用が高いと感じたり安いとおもったりすることがあると思いますが、サービスなどに関しても質問して、安全で信頼して依頼することができるかどうか確認しましょう。また、その時にしっかり明確にしておくことは、後で追加費用などが請求されないかどうかという事も聞いておくようにしましょう。

4.3 実績

今の時代は何よりも専門業者が多いのですが、アンテナの設置を依頼する場合には、きちんと実績があるかどうか確認しておくことも大切になります。今の時代は便利な時代で業者のホームページなどを見ると実績などが記載されていますので依頼する前に確認を行ってみるようにしましょう。口コミサイトなどで評価を見る事もおすすめしますが、どのような作業で取り付けるのかという事を確認する事で安心して依頼することができると思います。

⑤パラボラアンテナの取り付け

BS・CS(衛星)アンテナはパラボラアンテナと言いますが、取り付けに関しては難しいアンテナと言われています。実際にベランダに取り付けている人もいますが、中には屋根の裏に設置している場合もあります。パラボラアンテナについては自分で取り付けることが可能ですが、業者に依頼する方がおすすめできます。

その理由としては、アンテナは基本的に高いところに設置するものなので、高所からの落下やアンテナを取りつけていると自分が屋根やベランダから落ちてしまわないように注意する必要があり、部品などを落としてしまう場合もあり、下に人がいる場合には大惨事になってしまう場合もあります。そのためにしっかりと固定する必要があります。

部品をしっかり締めるネジなどが緩い状態ではパラボラアンテナを調整してもうまく映らないという状態になってしまう事もあり、パラボラアンテナは5㎜でも動かしてしまうとテレビが全く映らなくなってしまうという状態になってしまいます。風やちょっとした刺激でアンテナがズレてしまうと取り付けても放送を楽しむことができませんので、しっかりと固定して設置する必要があります。

BS・CS(衛星)アンテナは偏波角に注意が必要で偏波角早見表をしっかりと確認して従って設置する必要があり、地域より記載がない場合もありますが、一番近い場所に合わせるのがポイントになります。

このようにBS・CS(衛星)アンテナを自分で取り付ける場合には様々なことに注意しながら設置する必要があり、実際に取り付けたけど映らないという状態になってしまう事もあり、それから業者に依頼するという人も少なくありませんが、様々なことを意識して慎重に取り付ける必要があります。

業者に依頼することにより、ちょっとしたズレなども直すことが可能となっていますし、しっかりと角度に関しても認識しているので方向を間違う事もなく対応してくれます。また、屋根に設置する際もベランダに設置する際にも慣れているという事で、トラブルなどを引き起こすことなくスムーズに設置することができるという事が言えます。

BS・CS(衛星)アンテナを設置した後に関してもしっかり映りを確認してくれて、映る状態で完了となりますので安心して依頼することができます。自分で設置する場合には、映るかどうか確認しながら作業を行っていく必要があり、ちょっとしたズレでも映らなくなってしまいますので固定した後に、再度、角度を調整する必要がある場合もあります。

BS・CS(衛星)アンテナの取り付けを業者に依頼した場合には、工事費と本体で50000円~60000円程度が相場となっています。業者に依頼する際の注意点としては複数の業者で見積もりを行ったあとで自分に適している業者を選択するようにしましょう。

まとめ

BS・CS(衛星)アンテナを設置することで、BS放送やCS放送を楽しむことができて、自分が見たいチャンネルをしっかりとチェックして日常でテレビを上手に活用することができると思いますが、設置に関しては専門業者に依頼することがおすすめできます。素人が取り付けることにより、トラブルが多くなってしまう可能性がありますので、トラブルなく設置するためにはプロの方にお願いするようにしましょう。

また、日常で急に映らなくなってしまったなどのトラブルに関しては、先ずは自分が確認できる範囲で原因を調べてみるようにしましょう。意外と簡単に解決することができる場合もありますので、業者に依頼する前に、できる確認をしてどうしても解決できないという場合には、信頼ができる業者に依頼することがおすすめできます。

BS・CS(衛星)アンテナを設置する事で今まで以上に様々な番組を楽しむことができますが一軒家の場合には問題なく設置できますが、賃貸の場合には大家さんなどに確認する必要があり、引っ越しの際には実費で撤去する必要があるという事もしっかり覚えておく必要があります。