アマチュア無線につきもののアンテナ工事!知っておくべきことは?

アンテナのイメージ
アンテナのイメージ

全盛期に比べるとその勢力は弱くなっているものの、今でも趣味の一つとして人気が高いものであるのが、アマチュア無線です。昨今ではインターネットなどが発達したことによってより簡単に多くの人とコミュニケーションを取れるようになりましたが、アマチュア無線にはアマチュア無線の、独特な魅力というものが存在しています。ただ、このアマチュア無線は始めるにあたって、やはり特別な知識というものがいくつか必要となります。ここでは、そんなアマチュア無線を始めるために必要となる知識について、いくつかのポイントから紹介します。
最初に紹介するのは、アマチュア無線がそもそもどのようなものであるのか、ということについてです。趣味として楽しむという場合、どのようなことが楽しみとなるのか、そしてどのようにして始める事ができるのか、ということについてここでは紹介しています。
次に紹介するのは、アマチュア無線を始めるにあたって必要となる「アンテナ」についてです。無線の送受信を行う関係上、専用のアンテナが必要となるわけですが、その設置設営をどのように行うのか、ということをここでは紹介しています。この2つを抑えておくことができれば、より安心してこのアマチュア無線という趣味を楽しむことができるようになるでしょう。それでは、具体的にアマチュア無線の楽しみ方の参考としてください。

そもそもアマチュア無線とは?

ここからはまず、そもそもこのアマチュア無線というのがどのような趣味であるのか、ということについて紹介します。アマチュアという単語が示していることから分かる通り、これはプロが行う仕事のためのものというわけではなく、あくまでも趣味として行うものである、というのがポイントです。ここから先では、そんなアマチュア無線についての基本的な知識をいくつかの項目から紹介します。
最初に紹介するのは「アマチュア無線の楽しみ方」についてです。まずはここが分かっていなければ、アマチュア無線を始めるべきかどうかも考えることができないでしょう。次に紹介するのは「用途に応じた無線設備」についてです。アマチュア無線の中にも目指すものがいくつかの種類あるため、それに応じて選択することになります。
次に「アマチュア無線の免許」についてです。これについては、免許が必要であるという話についてと、具体的にアマチュア無線の免許をどのように取得するのか、ということについてそれぞれ紹介します。そして最後に、「アマチュア無線が持つ社会的意義」についても紹介します。基本的には趣味として楽しむことになるアマチュア無線ではありますが、役に立つタイミングというのも確かに存在しています。

インターネットや電子メールとは違う!アマチュア無線の楽しみ方あれこれ

それではまず、アマチュア無線がどのような楽しみかたをするものであるのかについて紹介します。インターネットや電子メールの普及によって、不特定多数に対するコミュニケーションは十年二十年前に比べて非常に容易に行うことができるようになりました。しかし、このアマチュア無線の大きなポイントとなるのは、これで通信をする相手が、間違いなく趣味を同一にしている相手であるということです。相手もアマチュア無線を楽しんでいるわけですから、自動的にそれが達成できる、というのは強みの1つと言えるでしょう。
アマチュア無線にはQSLカードというものが存在しており、これが一種の名刺のようなものということになります。これを収集するような楽しみ方をすることもできるため、個性的なものを設定することによってコレクション的な楽しみ方を行うこともできます。近距離での通信を楽しむこともできれば遠く離れた場所との交信を楽しむ事もできる様になっているのが魅力的です。通信ができるようにしっかりと自分で整備を行い、それが思ったとおりに機能した時には他の趣味にはないような達成感を覚えることができるでしょう。

用途に応じた無線設備の選び方

引き続き、今度はアマチュア無線を楽しむにあたって必要不可欠となる設備に関することを紹介します。アマチュア無線にはいくつかの目的というものが存在しており、それに合わせて適切な設備を選択することが重要になります。アマチュア無線の楽しみ方には「近くのアマチュア局との交信」「車などからの交信」「日本中との交信」「海外との交信」というような目的があり、それに応じて適している設備には違いがあります。いずれの場合でもトランシーバーやアンテナを設置する必要がありますが、それぞれとしてどのようなものを用意するのが良いのでしょうか。
まず、前者2つを目的としている場合について、トランシーバーはVHFやUHFといったような帯域の周波数のものを使用することになります。重さが重要なポイントとなり、自宅で腰を据えて行う場合はともかく、出先で行いたいという場合についてはある程度小型のものを選択するのが良いでしょう。車から使用するのなら、車載用のものもあります。アンテナについては、トランシーバーに合致している周波数タイプのものを選択することになります。基本的には垂直型のもので構いませんが、より交信を高度なものとしたいのなら、八木型と呼ばれる種類のアンテナにアップグレードするのが良いでしょう。
次に、後者2つの目的でアマチュア無線を楽しみたいのであれば、周波数はより高いものであるHFタイプのものを選択する必要があります。全体的に高額なものとなりますがその分だけ性能が高いです。アンテナについては垂直型では十分ではないため、ワイヤーアンテナや垂直型と呼ばれるようなものを設置する必要があります。鉄塔を建設した上で、八木型の設営を行うのも1つの方法となります。

アマチュア無線を使うには免許がいるの?

上記の様な楽しみがあるアマチュア無線ではありますが、注意しなければならないポイントもあります。アマチュア無線を楽しむためには、免許を必要とするためです。より正確には、アマチュア無線は資格がなく、無線局による免許を受けていないものが、電波を出せる状態で設置を行っている、ということが不法無線局開設罪という罪に問われることになります。
このような場合でポイントとなるのは、では受信を目的としているだけのものであれば問題ないのか、ということです。この不法無線局開設罪における要点は「できるかできないか」であって「するかしないか」ではないことです。つまり、ボタン一つで電波を発射できるような状態になっているのであれば、たとえそれを使用していないとしても開設罪に問われることになってしまう、ということです。このようなことがないように、クリーンな状態で楽しみたいものですから、アマチュア無線の免許を取得することを最初に考えるようにしましょう。

試験不要?アマチュア無線の免許を取ろう!

それでは、アマチュア無線の免許を取得するためにはどのような方法があるのでしょうか。アマチュア無線の免許の取得のためには、2つの方法があります。1つは国家試験を受けて合格することです。この試験については、専門の知識を必要とするものであるため、電気無線工学の勉強をしている人でなければ合格が難しいでしょう。合格率は6割程度となっています。
対してもう1つの方法であるのが、アマチュア無線の養成課程講習会を修了することによって取得するというものです。その後で終了試験を受ける必要がありますが、具体的な勉強をしている上での試験を受けることができるため、合格率は大きく上がって9割を超えます。特別な知識を持っているという人でなければ、こちらの方法を選択する方が確実でしょう。

災害時にも通信できる?アマチュア無線の社会的意義

最後に、アマチュア無線が持っている社会的意義としてどのようなものがあるのかを紹介します。基本的には趣味であるアマチュア無線ではありますが、特に災害が起こっている際や非常事態の際などに、携帯電話やメールのような公共ネットワークの代わりに通信手段として使用することができるようになります。災害時の情報収集手段や、通信手段の一つとしてアマチュア無線を使用することができるようになれば、社会に貢献するような趣味として活躍を期待することができるのです。

アマチュア無線にアンテナ工事は必須?工事あれこれ

アマチュア無線を始めるためには、どうしても設備が必要となります。そんな設備の中でも特に重要なものであるのが、アンテナです。このアンテナとしてどのようなものを使用するのかによって、どのような交信を行うのか、ということも変わってくることになるためです。ここから先ではそんなアンテナについての情報をいくつかの項目から紹介します。
最初に紹介するのは「より遠くにより良い状態で届けるためのアンテナ」についてです。次に「電波は公共の資源」であるということについても紹介します。さらに「アンテナの種類」「タワー建設のための基礎情報」というようなポイントについても紹介していきます。より具体的に、実際にアマチュア無線を始めるのであればどのようなことが必要なのかについて学んでみて下さい。

電波をより遠くにより良い状態で送受信するためにはタワーの設置管理が大事

基本的に電波というのは、障害物による影響を受けることになります。周波数にもよりますが、特に遠くに対して電波の送受信を行いたいという場合、障害物による影響を受ける可能性が高くなります。そのため、できるだけ周辺の影響を受けることがないように、高い場所にアンテナを設置する必要があります。
日本各地や世界との交信を目的としてアマチュア無線をしたいのであれば、アンテナタワーの設営と管理を行う必要があります。これが送受信のクオリティを大きく変えることになるためです。
このような設営は、DIYでできるものもありますが、基本的には危険なものであるため、自分で行うことを考えるよりは適切な業者に依頼することを考える方がよいでしょう。

電波は公共の財産。アマチュア無線局の開局には近隣住民の理解を

アマチュア無線を始めるにあたって、しっかり考えておかなければならないのが、近隣住民の理解を得て行わなければならないということです。そもそも電波というのは、共有の財産とも言えるものです。帯域には限りがあり、この部分を使い切ってしまうことによって周辺住宅の電波に対する悪影響を与えてしまう可能性もあるためです。こういったことがないように、周波数の設定などについてはしっかりと行う必要があり、干渉を起こさないような事を考えていく必要があります。
電波については電波法という法律によって「電波の公平かつ能率的な利用を確保し、公共の福祉を増進すること」を定められており、このための努力ができないという場合にはアマチュア無線には向いていません。

アンテナにはどんなものがあるの?

それでは、アマチュア無線を行うためのアンテナにはどのような種類のものがあるのでしょうか。アンテナについては、まず接地型アンテナと非接地型アンテナと言う2つの種類があります。これはアースが必要なタイプであるかどうかによって決まることになります。
また、アンテナには指向性による分類もあります。基本的に指向性が高いアンテナというのは、特定方向に対して高い送受信能力を持ち、代わりにそれ以外の方向に対してはあまり効果を発揮しないことになります。代表的な指向性アンテナとしては八木・宇田アンテナと呼ばれるものがあり、高度なアマチュア無線となるとこのタイプが使用されることが多くなります。

タワー建設にあたっては建築確認と基礎工事をしっかりと

アンテナ設置のためにタワーを設営する必要がある場合については、いくつか注意しなければならないポイントがあります。まず注意するべきなのが、建築確認です。タワーは建築物の一部として扱われるものであるため、建築法に則ってその範囲内で行う事ができるかどうかを判断する必要があります。これについては、専門家によるサポートを得る必要があるため、建築士などに相談をするのが良いでしょう。その上で、タワーによる問題がないかどうかを確認するために、周辺住民に対する説明と同意を得るようにします。
タワーのように高いものを建設することになる場合、重要なのは基礎です。基礎が十分でなければ、危険な状態になってしまうため、そうならないように万全の注意を払うようにしましょう。

まとめ

それでは最後に、アマチュア無線についてのまとめを紹介します。アマチュア無線は独特な趣味の一つで、特別な技術や知識を必要とするものですが、多くの人と交信を行う事ができるという魅力を持っています。そんな魅力のある趣味ではありますが、特別な設備の設営を行う必要があるなどのポイントもあるため、これらの点についてはしっかりと勉強をして抑えておく必要があるでしょう。
更に注意しなければならないポイントの1つであるのが、アマチュア無線を始めるためには免許が必要であり、周辺住民に対して迷惑をかけることがないような配慮をする必要があることです。これらをしっかりと行って、後顧の憂い無く楽しめるようにしましょう。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

アンテナ工事の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。