フィルタ・ルーバー
即日対応中!

フィルタ・ルーバー6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

フィルタ・ルーバーの原因

ホコリの詰まり

フィルタがホコリなどで目詰まりすることで、エアコン本体が正常に風を送ることができないという状況に陥ります。なんだか風がいつもより弱いなと感じたら、まずはフィルタの掃除を行うようにしてください。フィルタに問題が見られない場合はユニットの故障が原因の可能性もあります。その際は、電気屋さんに診てもらいましょう。

大きなモーター音

エアコンを利用していると、普段よりも大きなブォーンという音がしているという状況があるかもしれません。これは、フィルタの詰まりが原因の可能性があります。本体が振動し、故障の原因となりますので、速やかにフィルタを掃除してください。掃除しても、音や振動のトラブルが解決しないという場合には電気屋さんを呼びましょう。

ルーバーが外れない

エアコンの吹き出し口に風向きを変えるためのルーバーと呼ばれるものが取り付けられています。掃除目的で取り外そうとしても外れないケースがあります。メーカーによって取り外し方が異なりますので、まずは説明書を読みましょう。それでも外せないなら修理業者などに依頼してください。力任せに行うと破損の原因となりますので注意しましょう。

ルーバーの破損

ルーバーが割れるなどの破損が生じたときには、エアコンの使用年月による劣化や何か外部的な要因が考えられます。解決するためには、新しいルーバーに取り換える必要があります。まずはメーカーなどに問い合わせするようにしてください。その上で、修理業者などに連絡し、修理してもらうようにしてください。

フィルタ・ルーバーの解決方法

修理・部品交換でルーバー破損のトラブル解決!

ルーバーの修理を行う作業員

劣化や破損で壊れてしまったルーバーは、修理で直すことができます。

ルーバー破損の修理の場合は、ほとんどが部品交換になります。メーカーに問い合わせることで代用品を入手できるほか、類似品での代用が可能です。メーカー保証期間内の場合は、無償での対応がほとんどなので、保証書を確認して問い合わせることをおすすめします。

保証期間外や発売から5年10年経つ製品はメーカーの対応が難しく、修理や部品交換が難しい場合があります。そうした際は本体の交換が必要になります。

フィルタ・ルーバーの料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査費用トラブルの内容に合わせて調査を行います。6,000円
エアコンが冷えない真空引き8,000円
冷媒ガスチャージ(充填)8,000円
フレア再加工3,000円~
フィルタクリーニング3,000円~
熱交換機クリーニング(簡易洗浄)6,000円~
熱交換機クリーニング(高圧洗浄)15,000円~
室外機バルブ19,000円~
エアコン交換エアコン取外5,000円~
エアコン取付18,000円~
配管設置10,000円~
スリムダクト設置10,000円~
エアコン取付外壁穴あけ10,000円~
コア抜き(コンクリート)25,000円~
隠蔽配管冷媒管延長20,000円~
隠蔽配管電線延長8,000円~
室外機天吊15,000円~
室外機壁吊り15,000円~
水漏れドレンホースつまり抜き6,000円~
ドレンパンの清掃10,000円~
エアコン室内勾配調整15,000円~
室内機から風が出ない室内機基盤交換18,000円~
室内機モーター22,000円~
室外機が動かない室外機基盤交換18,000円~
コンプレッサ交換30,000円~
室外機モーター20,000円~
リモコンで操作出来ないリモコン交換2,000円~
リモコン受信ユニット15,000円~
運転後、しばらくして止まる圧縮機30,000円~
ルーバ不良水平ルーバ13,000円~
室外機移設室内機移設5,000円~
室外機の風向きを変えたい室外機の風向き変更8,000円~

フィルタ・ルーバーの事例

フィルターの清掃

今回は、神奈川県横浜市の企業にお勤めしているN様からご依頼をいただきました。 N様よりお問い合わせいただいた内容は、「オフィスで使用しているエアコンが冷えなくなってしまった」といったものでした。使用されているエアコンの詳細をお聞きしたところ、ダイキン社の「SZZC80CBNV」という型番の業務用エアコンだそうです。吹出口が4方向にある正方形タイプで、4方向天井カセット形とも呼ばれています。このタイプは業務用エアコンの中で最も多く、70%以上に採用されています。また、部屋や店舗内のエアコンを目立たせたくないインテリア重視の方にもおすすめです。

エアコンが冷えなくなる原因は色々あります。室外機の施工・移設時のミスによる冷媒が漏れている、冷媒が古い、室内機のフィルタの汚れ、室外機の故障などがあります。ちなみに、室外機のファンの前に物を置いておくと、機器の寿命を締めてしまいます。 実際に現場にお伺いして調査することになりますが、その前にもう少し情報がほしいところです。そこで、お電話にてリモコンを使ってどこに異常があるか確認していただくことになりました。方法としては、リモコン側でとある操作を行ってもらいます。お電話口で手順をお伝えして実際に操作してもらったところ、パネルにエラーコードが表示されました。

リモコンの液晶にはエラーコードが表示され、そのコードを調べると、エアコンフィルタの清掃を推奨するコードだということがわかりました。つまり、エアコンフィルターに溜まったゴミや汚れで、エアコンが冷えなくなってしまっている可能性が高いということです。 エアコンのフィルタ清掃で使用する道具を用意し、現場までお伺いすることになりました。また、N様からは「お昼過ぎくらいに来て、16時までには終わらせてほしい」というご要望をいただきましたが、終了時刻を確約することは難しいです。特に不具合の原因が明確でない場合は、調査や修理に時間がかかってしまい、予定通りに終わらない場合もあります。

現場に到着し、早速エアコンの場所まで案内していただきました。エアコンのカバーを外して中身をみると、しばらく掃除をしていなかったらしく、大分汚れが溜まっていました。中のフィルタの汚れを丁寧に落とし、最後に元通りに組み立てます。その後、リモコンでエラーの確認の操作したところ、エラーコードは表示されませんでした。続いてエアコンを冷房運転させ、吹き出し口から冷風が出ていることを正常に出ていることを確認して、作業は終了です。

担当スタッフ

無事に冷えるようになってよかったです

神奈川県横浜市の企業にお勤めしているN様より、「オフィスで使用しているエアコンが冷えなくなってしまった」とのご連絡がありました。N様のオフィスではダイキン社の「SZZC80CBNV」という型番の業務用エアコンが使用されているそうです。 エアコンが冷えなくなる原因は色々あるので、まずはリモコンを使用して確かめていただくことになりました。エアコンフィルタの汚れが原因であることが推測できました。 早速、現場にお伺いしてメンテナンス作業に取り掛かりました。フィルタに溜まった汚れを掃除した後、他に不具合のある個所はないか確認しました。特になかったので、エラーコードが表示されないことと、吹き出し口から冷風が出ていることを確認します。 元通り冷えるようになり、N様を含め従業員の皆様は喜んでいるご様子でした。またお困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

フィルタ・ルーバーでの事例一覧

フィルタを清掃したらエアコンが使用できなくなった

埼玉県さいたま市の戸建にお住まいのI様より、「自分でエアコンのフィルタを掃除したら、元に戻せなくなった。エアコンが使えない状態なので、直してほしい」というご連絡がありました。出来る限り早く対応してほしいということでしたので、対応可能なスタッフが急行して修理対応しました。

業務用エアコンのメンテナンス作業

東京都文京区の企業にお勤めしているI様より 、「オフィスで使用している業務用エアコンから異音し、ルーバーの昇降の具合も悪いので修理してほしい」というご依頼をいただきました。ルーバーとは、エアコンンの風方向を制御する羽根状の部品です。早速お伺いして、メンテナンス作業を行いました。

エアコンフィルタを清掃してほしい

東京都江戸川区の企業にお勤めしているS様より、「オフィスに取り付けられている業務用エアコンのフィルタを清掃してほしい」というご依頼がありました。 リモコンのパネルに清掃時期だと案内が表示されているそうです。現場にお伺いして清掃作業を行いました。

家庭用エアコンの修理作業

神奈川県川崎にお住まいのN様より、 「自宅で使用している家庭用エアコンの電源が入らず、いつも点滅してしまい、その後止まってしまう」というご連絡がありました。N様はご自身でフィルタの掃除を行ったそうですが改善しないとのことでした。すぐに対応可能なスタッフが修理対応を行いました。