三菱重工・ビーバーエアコンの調子が悪い時の対策法

作業費6,000円~対応中!
エアコン

今の時代は各家庭においてエアコンは欠かす事ができない家電となっていますが、その中で大切なことは各部屋に合ったエアコンを選ぶという事が大事です。エアコンといっても最近では各メーカーからたくさんのタイプのエアコンが販売されるようになりました。自分の目的に合ったものを選択するようにしましょう。

はじめに

エアコンを選ぶ際には何を重視して選んでいますか。機能や省エネなど考え方は各家庭において違いがあると思いますが、大切なことは色々なエアコンについて知ることが大切になってきます。

知識がないまま購入する事により、後で後悔してしまう事もあり、エアコンは安い家電ではなく長く使っていく事が出来るものなので特に機能などをしっかり把握したうえで自分に合ったものを選択するようにしましょう。

購入の際には機能だけでなく価格についてもしっかり比較することが大切で、様々な機能に関しては良いと感じますが、使いことがない機能が付いている場合もよくあります。快適に使いこなしていけるエアコンを選ぶことが大切で今回は、三菱重工・ビーバーエアコンについて紹介していきますので参考にしてみてください。

ビーバーエアコンとは

ビーバーエアコンとは、三菱重工業から販売されているエアコンブランドの名前となっています。昔から販売されていて家庭用ルームエアコンで多くの家庭で取り入れられているエアコンでもあります。

三菱重工・ビーバーエアコンは、少ない電力でも大きな風量で運転することが可能となっていて、均一な風を送り届けることができるジェット機能が付いていて、今の時代は空気中のウイルスや花粉などが気になっているというか多いのですが、しっかりと抑制して、除菌してくれるバイオクリア運転搭載で煙草やペットのニオイなどを脱臭してくれる再生脱臭フィルター機能まで搭載されています。

今の時代は外気が気になるという方も多くアレルギー物質などを避けたいと考えている方も多いのですが、そんな方には特におすすめできるエアコンとなっています。

ビーバーエアコンのトラブル事例

エアコンの内部

実際にビーバーエアコンを使っている中でトラブルなどが起きてしまった際にはどのように対応したらよいのか迷ってしまうという方も多いと思います。修理ではなく新しいものを購入するという方もいますが、先ずは業者に調査してもらうようにしましょう。

電源が入らなくなった

エアコンの電源を入れても運転ランプが点滅してしまい故障と思ったのですが、買い替えるには早いと感じたので業者の方に調査をお願いしました。

業者の方が駆けつけてくれて調査を行ってくれたのですが、室内機のセンサーが原因という事がわかり、修理をしてもらうと正常に動くようになり、買い替えずに修理で済んでよかったと思っています。

エアコンの取り付け

自分で三菱重工・ビーバーエアコンを購入したのですが、取り付けができなくて業者の方に依頼しました。すぐに作業に取り掛かってくれて丁寧に対応してくれて、エアコンも販売しているのか確認すると注文することが可能という事で、購入する前に相談するべきだったと自分で反省しています。

取り付け作業が終わって正常に動作するのを確認して工事は終了となりましたが丁寧な対応で業者の方に感謝しています。

冷えない

三菱重工・ビーバーエアコンを使っているのですが、昨日までは正常に動いていて問題なかったのですが、今朝エアコンをつけると風は出ているけど全く涼しくならず故障と思って業者に電話をしました。

その日に確認に来てくれて室内機は問題ないという事で室外機を確認してもらったのですが、ガスが漏れているという事が原因という事でガスをチャージしてもらったのですが、冷えるようになり良かったです。

また、買い替えを検討したことを話したのですが、室外機の周りに物を置かないようにとアドバイスしてくれて、フィルターの掃除も定期的に行ってくださいとエアコンを使っていくうえでの注意点なども教えていただいて、購入する時は安心できるので同じ業者に依頼したいと考えています。

途中で止まる

自宅で使用しているエアコンが運転ランプが点滅して途中で止まってしまう症状が出てしまい、夏の暑い時期という事もあり急ぎで業者に調査してもらえるように連絡しました。

買い替えた方がよいのかなとも感じたのですが、購入して数年だったので故障しているなら買い替えをと伝えたのですが、調査をしてくれて室外機に取り付けられている電源基盤が故障しているという事がわかり、新しい部品を注文して交換すればなおすことができるという事で、部品が届いて交換していただいて今まで同様に使えるようになって良かったです。

ビーバーエアコンの上手な活用法

エアコンを使う際には何よりも省エネを考えると思いますが、基本的なことを意識するだけで省エネでエアコンを使っていく事が出来ます。できることから取り入れてみるようにしましょう。

温度設定

暖めすぎや冷えすぎにならないように室温の調節をしっかりと行っていくようにしましょう。暖房を使う際には2℃低めの温度に設定して冷房を使う際には1℃高めの温度にするだけでも10%の省エネにつながります。

フィルターの掃除

フィルターの掃除といえば使う前に掃除をするというのが一般的だと考えている人が多いと思いますが、フィルターの目が詰まっている状態に関しては冷暖房の効果を弱めてしまうと言われています。そのために、2週間に1回程度フィルターの掃除を行うことにより電気代が5~10%安くすることができて無駄を避けることができます。

タイマーを使う

最近のエアコンに関してはタイマー機能が付いていますが、寝る時にはおやすみタイマーを使うことにより快適な睡眠時間を確保することができます。

夏は冷えすぎると寒くなりますし、冬は暖かい状態になるとのどが乾燥してしまったり布団を脱いで寝てしまい風邪の原因となってしまう事もよくあるので、タイマーを活用して快適な温度設定にすることにより、快適な睡眠時間で疲れを癒すことができます。

さらにお出かけの際には家に帰宅した時に、暑い、寒いという理由でエアコンをつけっぱなしにしてしまう人も多いのですが、出かける用事に合わせてタイマーを活用することにより無駄を省くことができます。

カーテンの利用

エアコンを活用する中ではカーテンは欠かす事が出来ません。冬の日中は日光を入れて、夜にはカーテンやブラインドを使うことにより熱の漏れを防ぐことができて、夏には直射日光を防ぐためにカーテンなどを活用する必要があります。

エアコンの選び方

実際に各家庭にエアコンがあるのが当たり前の時代となっていますが、大事なことは各部屋に合ったエアコンを選ぶようにしましょう。エアコンの選び方についてはメーカーや機能、特徴、種類、サイズなど豊富という事で選ぶ時に迷ってしまう事もよくあると思います。

エアコンを選ぶ時にはしっかりとカタログなどに記載されている冷房や暖房の畳数を確認する必要があります。また、鉄筋住宅や木造住宅でもエアコンの選び方が違ってきますのでそのことも視野に入れて検討する必要があります。

畳数を把握して部屋の広さとエアコンの能力があったものを選ぶ必要があり、部屋に対して小さい場合には冷えないという事で温度設定を下げて使う必要があるので、電気代が負担となってしまう場合も多いのです。

また、南向きやキッチンなどの温度が上がりやすい場所にエアコンに関しては、少し高めのスペックのものを選ぶ必要があります。


今の時代は、エアコンと一口で言ってもそれぞれのメーカーで特徴があります。カビが発生しにくい、暖房がききにくい、乾燥してしまうなどと空気を悪くしてしまうイメージがあった昔と違って、暖房機能に関しても強化していて、空気を綺麗にしたり、冷房以外の機能に関しても様々な機能が搭載されているエアコンが販売されています。

何よりも求めている機能が搭載されているエアコンを選ぶようにしましょう。機能だけ充実していても使わない機能は必要ありませんので自分がどのようなエアコンを求めているかという事をしっかりと条件として条件に合ったエアコンを選ぶようにしましょう。

エアコンのメンテナンス

埃まみれの内部

実際にエアコンのメンテナンスについては自分ではできないので、プロに依頼する必要があるという方も多いと思いますが、自分ができることをこまめに取り入れることによりキレイな状態で使うことができます。

エアコンのフィルターに関しては外す前に掃除機をかけるようにしましょう。その際にフィルターの周りやパネルなどのホコリも掃除機を使って吸うことにより、フィルターを外した時にホコリが落ちてくるのを防ぐことができます。

フィルターを外す際には、パネルを開ける必要がありますが、力を入れるのではなくしっかりと両サイドにパネルがあるので左右の力を均等にして開けることが大切になります。


エアコンは壁にかけて負担がかからないように軽く作る必要があり、プラスチックが薄くて割れやすいので丁寧に取り扱う必要があり、勢いや力まかせに引っ張ってしまう事によりホコリが落ちてくれるだけでなくプラスチックが割れてしまう場合もありますので十分に注意して取り外すようにしましょう。

取り外せたら、水で洗うようにしましょう。掃除機をかけているのである程度は汚れは落ちていると思いますが、裏側からシャワーなどをかけて洗っていく事がおすすめできます。汚れが頑固だと感じる場合には、柔らかいブラシなどを活用するようにしましょう。月に1回程度水洗いして日陰干しすることがおすすめできます。

洗剤などを使う場合には、スプレーが内部の部品にかからないように使う必要があり、汚れがひどい場合には水漏れの原因となってしまうのでしっかりと自分ができるメンテナンスを取り入れることにより、エアコンを使っていく中で負担にもならず快適に活用することができます。

エアコンの買い替え

エアコンの買い替えについてですが、三菱重工・ビーバーエアコンに関しての寿命は10年程度といわれています。そのために故障やトラブルが起こってしまった際には、業者に確認してもらい買い替えるか修理で済ませるか判断する必要があります。

エアコンの修理に関しては、古くなると様々な部品が故障してしまう可能性があり、その中で大切なことは自分で判断するのではなく、修理をする際にもどのくらいの費用が掛かるのかしっかりと見積もりを出してもらう事が大切です。


修理費用に関しては故障してしまう部位により違いがありますが、修理で安く済ませるのに購入するのはもったいないと感じますが、修理を何度も行っている場合には逆に買い替える方がお得になるケースもあり、自分で判断することができない場合には、業者の方に相談することにより、大体の寿命を知ることができますし、明確な修理費用を知ることにより、新しいものを購入したほうが良いと感じる場合もあります。

エアコンを上手に活用していく中では何よりも負担をかけることなく使っていく事が出来るようにしっかりと部屋に合ったものを選ぶことにより長く使っていく事が出来ますし、一般的な使い方よりも温度設定などを高くしたり、低くするような使いかだと負担となってしまい故障の原因となります。

大切なことは10年を超えているものは買い替えしたほうが省エネで電気代を安くすることができるという点もありますし、様々な機能についても進化しているので使い勝手も良いと思います。しかし、修理代が安いと感じた場合には、修理をする方がよいと思います。判断するのは自分ですが、業者の方のアドバイスなどに耳を傾けることにより良い判断しやすくなると思います。

まとめ

三菱重工・ビーバーエアコンはルームエアコンとしても人気となっていますが、実際に様々な機能が付いて年々進化しています。各家庭に合ったタイプのものを選択して選ぶようにしましょう。エアコンを長く使っていくためにも、故障やトラブルを避けるためにも大切なことは負担がかからないように使っていくという事が大切になってきます。

また、定期的にメンテナンスをしっかり行うことにより、エアコンにかかる負担を軽減することができると思いますので、ある程度は配慮してできるメンテナンスを日常で取り入れてみましょう。


大掛かりなメンテナンスは難しいと思いますが、フィルターをしっかり掃除する事はできる範囲だと思います。エアコンは高い位置にあるために、女性の方が難しいと感じる場合もありますが、フィルターの掃除に関しては、ホコリなどがない場合でも掃除をする事で部屋の環境に大きく影響してきますので掃除を取り入れるようにしましょう。

各メーカーによりエアコンの種類や特徴は異なってきますが、自分が求めている機能が搭載されているものを選ぶようにしましょう。エアコンに関しては安い家電というわけではありませんのでしっかりと悩んで比較して決めるようにしましょう。