コロナ製のエアコンの特徴と、万一不調になった時の原因および対処法

作業費6,000円~対応中!
エアコン

はじめに

リーズナブルでありながら機能性が高いとして人気のコロナ社製のエアコン。ご自宅でコロナのエアコンをお使いの方も多いのではないでしょうか。ここではコロナのエアコンの特徴と、エアコンによくあるトラブルおよびその原因と対処法についてご紹介します。

コロナ社について

まずは予備知識として、コロナがどのような会社なのかについて、少し知っておきましょう。

株式会社コロナとは

株式会社コロナは1937(昭和12)年創業・1950(昭和25)年設立の歴史ある会社で、本社は新潟県の三条市にあります。「誠実と努力」を創業の精神に、「あなたと共に夢…新たなライフシーン…を実現しお客様に喜んでいただけるコロナ 〜快適・健康で環境にやさしい心豊かな生活になくてはならないコロナでありたい〜」を企業理念に、独自の技術と発想で、使って満足できて、暮らす喜びを生み出せるような製品づくりを進めています。

取扱製品は、エアコンのほか、石油ストーブ、石油ファンヒーター、遠赤外線電気暖房機などの暖房機器、家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)、石油給湯機、ヒートポンプ式温水温風暖房システムなどの住宅設備機器などがあります。

コロナの歴史

実はコロナは、日本で初めて石油ストーブをつくった会社でもあるのです。コロナの歩みを簡単に紹介しましょう。コロナの創業者は、1904(明治37)年生まれの内田鐵衛さんという人です。三条市でガソリンコンロの販売を家業とする家に生まれた鐵衛さんは、東京の大学で電気技師の資格を取得しました。

大学卒業後は電力会社に入社するものの、4年で辞め、家業を手伝うことに。コンロの販売や修理を行いながら、鐵衛さんは「もっと良いコンロが作れるのでないか」と考え、研究を始めます。そして、1933(昭和8)年、軽油を燃料とした「加圧式液体燃料コンロ」を開発、特許も取得しました。

その後、実用化に向けてさらなる試行錯誤を行い、1937(昭和12)年に自宅裏に小さな工場を建て、内田製作所としてオリジナルの石油コンロの製造・販売を開始しました。これがコロナの創業です。ちなみにコロナという名前は、1935(昭和10)年に石油コンロの名前として『コロナ』を商標登録したのが始まりです。


内田製作所の石油コンロは飛ぶように売れましたが、1937年(昭和12)に第二次世界大戦が開戦すると、石油コンロの生産は一時中止を余儀なくされてしまいました。戦後の混乱が治まりつつあった1950(昭和25)年、石油コンロの生産を再開し、組織を株式会社内田製作所にあらため、鐵衛さんが初代社長になりました。

1952(昭和27)年には、より性能の高い「加圧式石油コンロ」の開発に成功。東京や大阪に出張所をつくり、内田製作所は石油コンロのトップメーカーになりました。次に鐵衛さんが取り組んだのは、石油コンロで培った技術を基盤にした石油ストーブの開発です。当時ストーブの燃料は薪や石炭が中心でしたが、1955(昭和30)年、省燃料、無臭気、強火力、簡単操作の「加圧式石油ストーブ」の開発に成功。

これが日本初の石油ストーブになりました。日本の暖房の歴史を変えたともいわれるこの商品は大ヒットを記録し、ストーブといえば石油ストーブという時代に突入していくことになりました。その後も、現状に甘んじることなく、改良を重ね、画期的な石油ストーブを次々に開発。多くのヒット商品を誕生させました。さらに新分野にも挑戦し、石油ファンヒーター、エアコンなど、暖房・冷房・空調・給湯の分野でさまざまな商品を開発し、独自の地位を築いています。

コロナのエアコンの特徴

コロナのエアコンのいちばんの特徴は価格の安さ。お店にもよりますが、3万円台から購入できます。また、6畳、8畳、10畳、14畳、18畳とサイズ展開が多彩なのもうれしいですね。機能は比較的シンプルなものが多く、操作も簡単なので、お子さまやシニアの方のお部屋などにも最適です。

そのほか、温暖な地域にお住まいの方や、冬場はストーブや床暖房などで十分という方には冷房専用のエアコンもラインナップしており、2万円台から購入できるものもあります。また、室外機不要で壁に穴を空けることなく簡単に設置できる、手軽なウインドエアコンのシリーズもあるなど、環境や目的に合わせて最適なエアコンを選ぶことができます。

コロナエアコンの主な製品

現在(2018年10月)発売されている、コロナ製の主なエアコンシリーズをご紹介します。

  • Wシリーズ
  • 寒くならない快適な「再熱除湿」と、爽やかで弱冷房としても使える「爽除湿」の2WAY除湿を装備。心地好い涼しさにこだわった冷房はもちろん、「暖房のコロナ」ならではのパワフル暖房も魅力です。

  • ZBシリーズ
  • 誰でも使いやすい、簡単・快適・省エネが自慢のコロナのスタンダードエアコンです。

  • Nシリーズ
  • 冷房・暖房・除湿の基本機能にこだわった、シンプル・イズ・ベストのエアコンです。

  • 冷房専用シリーズ
  • エアコンは冷房だけでOKという方のための冷房&除湿のみのエアコンです。

コロナエアコンが「故障かな?」と思ったら

エラーコードの確認

コロナ製のエアコンをお使いで、急に風が出なくなった、まったく冷えないなどの症状に見舞われたら、エアコン本体の表示部にあるランプを確認してみてください。ランプの種類、色、点滅回数によって、故障であるかどうか、どこが故障しているかの目安がわかります。

たとえば、運転ランプが1秒間5回点滅している時は室内送風モーターの動作異常、タイマーランプが1秒間に1回点滅している時はコンプレッサの制御異常、運転ランプとタイマーランプが同時に点滅している時は室外機の電気的異常といった具合です。

これらのエラーコードは機種によっても異なることがありますので、それぞれの取扱説明書をご参照ください。もし故障を知らせる点滅の場合は、運転を停止して電源プラグを抜き、エアコンを購入した販売店、またはコロナのサービスセンター、または専門の修理業者に連絡し、ご相談ください。

エラーコードが反応しない場合

エアコンに不具合を感じて上記のようなランプの点滅がない場合は、故障ではなく一時的に何らかの機能が働いているだけかもしれません。時間を置いて再度スイッチを入れると、元通りになる場合があります。なお、故障ではないものの、一時的に不具合を感じるケースには以下のような理由があります。

  • リモコンの電池切れ
  • 室内機のフィルターの汚れ・目詰まり
  • 室温が設定温度をクリアしている
  • セーブ運転、パワーセーブ運転にしている
  • リモコンの運転切換(冷房・暖房)の設定が間違っている 

上記の理由は問題ないにも関わらず、時間をおいても不具合が解決しない場合は、エアコンを購入した販売店、またはコロナのサービスセンター、または専門の修理業者にご相談ください。

コロナエアコンでよくあるトラブルとその原因

コロナのエアコンに限ったことではありませんが、エアコンに起こりがちなトラブルとして「エアコンの効きが良くない(冷えない・暖まらない)時」「エアコンから水漏れする時」の原因と対処法をご紹介します。どちらも起きてしまうと、大変困ってしまうトラブルです。ぜひ対処法を覚えておきましょう。

エアコンが冷えない・暖まらない

エアコンをつけたのに、全然冷えない、全然暖かくならない。そんなエアコンが効かないという症状には、いくつかの原因が考えられます。ご自身で対応できるものと、専門業者に依頼しなければいけないものがありますので、原因を突き止めて、しかるべき処置を行ってください。

  • 室内機のフィルターの汚れ
  • エアコンの室内機のフィルターにホコリが溜まっていると、風が通りにくくなるため、当然、エアコンの効きが悪くなります。その場合の解決方法は、フィルターを取り外して、掃除機でホコリを吸い取ってください。ホコリがなかなか取れない場合は、中性洗剤をぬるま湯に溶かし、フィルターを水洗いしてください。

    洗った後は、布等でやさしく水滴を拭き取り、日陰で十分に乾かしてから、本体に戻すようにしてください。また、数年に一度は、専門業者にクリーニングしてもらうことをおすすめします。素人には手が出せないところまで分解して清掃してくれますので、びっくりするほど風量が変わることがあります。

  • 室外機の設置場所
  • 室内の空気を外に排出する役割を持つ室外機も、エアコンの効きを左右します。室外機の周辺に鉢植えや自転車などを置いていると、室外機の動作効率が悪くなるので、室外機周辺にはものを置かず、風通しを良くしておきましょう。

    また、室外機に直射日光が当たっていると、熱が逃げづらくなり、エアコンの効きが悪くなります。直射日光が当たる場合は、すだれや鉢植えなどを使って、風通しが悪くならないように気をつけながら、日陰を作ってあげてください。また、目に見える範囲で構わないので、室外機まわりに付いたホコリやゴミは取り除くようにしましょう。

  • 冷媒ガスの不足
  • エアコン内には冷媒ガスという気体が充填されており、このガスが室内機と室外機を循環しながら熱を運ぶことで、空気を冷やしたり、温めたりしています。この冷媒ガスが漏れて不足すると、エアコンの効きが悪くなります。この冷媒ガスが漏れてしまう原因はいくつかあり、設置時の取り付けミスによって漏れてしまう、経年劣化により配管が腐食して漏れてしまう、室外機を動かそうとして配管がズレて漏れてしまうことなどが考えられます。

    ガス漏れはガスを補充することで解決します。設置時の取り付けミスの場合は、取り付け業者に連絡すれば、無償でガスを補充してくれるはずです。その他の場合は、専門業者に頼んで配管の腐食部分やズレた部分を修理してもらった上で、ガスを補充してもらいましょう。ご自身でガスの補充を行う方もおられるようですが、専門的な知識や技術が必要ですので、できるだけ専門業者に依頼することをおすすめします。

エアコンから水漏れする

エアコンのトラブルとして結構あるのが、水漏れです。まるで雨漏りのようにエアコンからポタポタ水が垂れてくると困りますよね。水漏れが起きる原因は、エアコンのどこかしらに詰まりがあることが考えられます。その原因と対処法は以下の通りです。

  • ドレンホースの詰まり
  • 水漏れの原因としていちばん多いのが、ドレンホースの詰まりです。ドレンホースとは排水用の管で、エアコンの室内機から屋外へ伸びているジャバラ式のホースのこと。室外機のまわりを見てみると、途中で切れているホースが見つかるはずです。このドレンホースは、管が細いため、室内機のホコリが水と一緒に排出されて詰まってしまったり、外のごみや落ち葉などが入り込んで詰まってしまうことがあります。

    そうすると、本来屋外に排出されるはずの水が逆流し、エアコンの室内機から水漏れしてしまうというわけです。その場合の対処法は、ホースの詰まりを取ることです。まず手近にできる方法として、割り箸や使い古しの歯ブラシなどをドレンホースの先から入れて、ごみなどをかき出してみてください。それでも詰まりが取れない場合は、掃除機を使いましょう。

    掃除機を使う際は、ドレンホースの中にどんな異物が詰まっているかわかりませんし、水が出てくる可能性もあるため、ホースの先端をガーゼや薄手のタオルなどの布で覆って輪ゴム等で留め、その上から掃除機で吸引してください。数秒吸ったら、布を外してホースから水やゴミを出し、それを数回繰り返しましょう。


    なお、作業中はエアコンの電源はオフにしてくださいね。こうした作業が面倒だという方には、ドレンホース内の詰まりを解消するためのドレン用サクションポンプを使いましょう。ホームセンター等で2,000円前後で購入できるはずです。これも掃除機同様に、ドレンホースの先端にポンプを押し当てて吸引するというもの。ドレンホース専用ですから、掃除機等に較べ、高い効果が期待できます。

    なお、ドレンホースの上に鉢植えや自転車などが置いてあったり、ホースの先端が水たまりに入っていたりすると、やはり排水がスムーズにできず、水漏れの原因になります。また、ドレンホースの劣化で途中に穴や亀裂ができている場合も同様です。ドレンホースの劣化で交換や修理が必要な場合は、専門業者に相談しましょう。

  • 室内機の内部の詰まり
  • エアコンの室内機の内部には、冷房運転で発生した水分を受け止めてドレンホースに導く、ドレンパンと呼ばれる受け皿のようなパーツがあります。そのドレンパンにホコリが溜まっていると、水分とミックスされてドロドロのヘドロ状になり、排水の妨げとなって、水漏れを起こしてしまいます。この場合の対処方法は、ドレンパンをきれいに清掃するということなのですが、内部にあるドレンパンを清掃するには、室内機の分解が必要になるため、できるだけエアコンしの修理またはクリーニングの専門業者に依頼されることをおすすめします。

  • エアコンの傾き
  • エアコンの室内機自体に傾きがあると、ドレンパンの水がドレンホースに排水されにくくなり、やがてドレンパンから水があふれて、水漏れしてしまいます。エアコンを正しく設置し直すことが解決方法になりますが、ご自身で行うのが難しい時は、応急処置としてエアコンの裏側に段ボールやタオルなどを挟んで、できるだけまっすぐになるように整えてみてください。しかし、無理にまっすぐにしようとすると、エアコンが落下してしまうこともありますので、できるだけ早く専門業者に相談しましょう。

  • エアコンの故障
  • 水漏れの原因が特定できない場合、または上記の対処法をすべて行ったにも関わらず、症状が改善されない場合は、エアコンの故障が疑われます。その場合は、専門業者に依頼して点検してもらいましょう。

最後に

価格はリーズナブルであるにも関わらず、基本性能がしっかりしているコロナ製のエアコン。故障を防ぎ、長持ちさせるためには、日頃のお手入れが大切です。エアコンが活躍する夏場や冬場は2週間に一度くらいの割合で、エアフィルターの清掃を行うようにしてください。シーズンオフの長期間使用しない時は、内部乾燥運転を行って、室内機の内部を乾燥させ、電源プラグを抜いておきましょう。

そのほか、細かいお手入れ方法などは機種によっても異なりますので、取扱説明書などをご参照ください。また、コロナのエアコンはユーザーによる洗浄剤等の使用を推奨していませんので、エアコンがフル稼働する夏前などには定期的に専門業者によるクリーニングを依頼されることをおすすめします。