【東京ガスTES】修理や交換はできる!? ガスエアコンのお悩み解決まとめ

作業費6,000円~対応中!
エアコンの故障と修理方法

古くなったガスエアコンTESはどうすればいい?

エアコンといえば、電気代がかかるイメージが強いですが、ガスを利用したエアコンもあるのをご存知でしょうか?ガスエアコンは、お湯を沸かして室内を温めることができるので効率が良く、電気代の削減にもなるエコな機器ですが、現在は家庭用のガスエアコンの製造は終了しており、新たに設置したり修理することが難しくなっています。

古くなったガスエアコンは、電気式のエアコンに交換することが推奨されていますので、今回は東京ガスのガスエアコンTESの交換方法についてまとめてみました。

ガスエアコンTESとはどういうもの?

まずは、ガスエアコンの仕組みやメリットデメリットなどについてご紹介します。

ガスエアコンの種類と現状

ガスエアコンにもいくつか種類があり、東京ガスのTES(テス)システムや、マルチエアコンと呼ばれる温水暖房システムが主流となっています。電気式のエアコンのように、壁掛けのもの以外にも天井埋め込み型や床置きタイプなどの種類があります。

かつては大手のメーカーからもいろいろな機種が販売されていましたが、家庭用に導入するには初期費用が高額すぎることなどの理由から、市場が広がることはなかったようです。そのため、メーカーとしても販売が見込めない製品の生産を拡大することもできず、値上げすることによって更なる消費者離れが加速することから、生産終了となってしまったようです。電気式のエアコンの性能が上がったことも、ガスエアコンが衰退していった要因のひとつといえるでしょう。

現在ではガスエアコンは病院やビルなどの公共施設、東京ドームや大学などの大型公共施設で導入されていますが、家庭用のガスエアコンの製造・販売は終了しており、故障時には部品を取り寄せることもできないため、修理することも難しくなっています。

ガスエアコンの仕組み

ガスエアコンの仕組みは種類によっても多少異なりますが、基本的な動力源をガスエンジンにしているものを指します。電気式のエアコンが電気でコンプレッサーを動かしているのに対し、ガスを動力として同様の動作が可能なため、大幅に電力使用量を抑えることができ、停電時にも動かすことができるなどのメリットがあります。

東京ガスが製造しているTESというガスエアコンの場合、ガスによる給湯器でお湯を沸かし、そのお湯を各部屋に循環させることによって効率よく室内を暖めることができます。

また、そのお湯を利用して浴室やキッチンの給湯として活用できるため、エネルギーを無駄なく使いこなすことができるようになっています。冷房の場合はGHP(ガスヒートポンプ)というシステムによって、液体が気化することによって生じる気温差を利用して室内を冷やしています。

ガスエアコンのメリット

ガスエアコンのメリットは、なんといっても電気代を節約できることでしょう。ガスエアコンによっては、冷暖房の仕組み自体は電気式のものとは変わらず、動力が電気からガスに変わるだけなので、長時間エアコンを使い続ける真夏や真冬でも電気代はごくわずかとなり、消費電力が1/10にまで抑えられるとも言われています。

もちろん、ガスを使用するためにはガス代がかかりますが、電気のみで稼働させるよりもお得になる確率は高くなります。また、電気式のエアコンはなかなか部屋全体が温まりにくいことも多いですが、ガスを利用したエアコンなら急速暖房が可能ですし、ガスエンジンの排熱を使用して霜取りもできるので、途中で暖房が止まってしまうこともありません。

さらに、電気の消費量を抑えながらクリーンな天然ガスを使用するため、二酸化炭素の排出を軽減して環境破壊の進行を遅らせることができるエコなエネルギーとしてのメリットもあります。

ガスエアコンのデメリット

電気代を抑えて出費を軽くすることができるガスエアコンですが、逆に光熱費が高くなってしまう危険性もあります。それは、都市ガスかプロパンガス(LPガス)のどちらを使用しているかによります。

プロパンガスは都市ガスと比べて2倍から3倍近く料金が高くなってしまうので、ガスエアコンを常時利用しているとガスの使用量が多くなり、料金もそれにつれて非常に高額になってしまうおそれがあるのです。自宅に引き込んでいるガスの種類によっては、ガスエアコンの使用は家計を圧迫してしまうので注意が必要です。

また、電気式のエアコンのようにフィルター掃除や定期的なメンテナンスが必要となりますが、対応しているメーカーも少なくなって、ガスエアコンの機能を維持するのが困難になってきています。

東京ガスのガスエアコンTESが壊れたら・・・

ここでは、東京ガスが販売していたガスエアコン、TESシステムの商品が故障した際の対処法についてご紹介します。

本当に壊れているのかチェック!

ガスエアコンがうまく動かなくなった場合でも、交換や修理を考える前に、不調の原因がほかにないかチェックしてみてください。意外なところに見落としがある可能性も高いですよ。

まず、電源が入らない、リモコンの操作ができなくなったという場合には、リモコンの電池切れを疑ってみましょう。リモコンに入れておいた電池は使っていなくても減っていきますので、定期的な交換をしないと、夏や冬などの使い始めのタイミングで電池が切れていることもあります。電池を交換して再度試してみてください。

 

また、冷房や暖房などの風が出てこないという場合には、エアコンのフィルターがホコリなどで目詰まりしている可能性があります。フィルターを掃除したり、室外機の排気部分に邪魔なものがないか確認してみましょう。

暖房を付けても温まらないという場合には、室外機に接続されているガスの元栓がしっかり開いているか確認する必要があります。エアコンの不調は室内側だけとは限らないので、室外機の周辺にトラブルがないかチェックしてみてください。

故障かな?と思ったらメーカーに問い合わせる

自分でできる対処法を試してみてもうまく作動しない場合には、東京ガスのホームページや取扱説明書を閲覧して、あてはまる項目がないか探してみましょう。フィルターのお掃除方法やお手入れ方法、リモコンが使えないときの動作方法などが記載されていますので、いざという時に役立ちます。

それでも解決方法が見つからない場合は、直接東京ガスやエアコンを製造していたメーカーなどに問い合わせをすると、故障しているかどうかや修理可能かどうか判断してもらえます。また、東京ガスにフィルターや部品の在庫があれば、交換したい部分だけ購入して取り換えることも可能です。

最新の電気式エアコンへの交換を検討する

ガスエアコンが普及していたのはおよそ20年前。現在では家庭用ガスエアコンの製造・販売は終了しているため、本体ごと新しくしたり故障した部品を交換したりするのは、ほとんどできないと言っていいでしょう。

修理が可能な場合は、専門の業者に依頼することもできますが、本体自身が20年以上経っているとすれば、さまざまな部分が劣化していることが考えられるので、部分的に修理するよりは全体的に交換したほうがコストパフォーマンスもよく、今後長期的に使い続けることができるでしょう。

ガスエアコンの使用によるメリットはたくさんありますが、最新の電気式エアコンなら、古い機種よりも効率よく冷やしたり暖めたりすることができるため、長い目で見て光熱費を抑えることにもつながります。最新の電気式エアコンに交換すると電気代がどのくらいかかるか、交換にはどのくらいの費用がかかるかなどもあわせて検討してみましょう。

東京ガスのガスエアコンTESを電気式のエアコンに交換するには

ガスエアコンに限らず、電気式のエアコンも古くなったり故障したりすると、新しいものと取り換えますよね。ただ、ガスエアコンの場合は、電気式のエアコンと違って交換するのが難しく対応している業者を探すことから始めないといけません。ガスエアコンを交換することが決まったら、以下のことを参考に業者を探してみてください。

ガスエアコンの交換は誰にでもできることではない

電気式のエアコンの場合、多少の手間はかかりますが、自力で取り外して交換することも不可能ではありません。しかし、ガスエアコンの場合は自分で取り外しや交換をするのはまず不可能といえます。

なぜなら、ガスエアコンの場合、ガス管が室外機から壁の中まで通っているため、素人はおろか、ガス工事をおこなうために必要な資格を持たない電気屋さんなどでも対応不可のことが多いからです。さらに、給湯器で沸かしたお湯を循環させて室内を暖めるTESシステムの場合、配管から水抜き作業などをおこなわなければならないので、さらに作業は困難になります。

そのため、一般的な家電量販店に依頼しても、ガスエアコンの撤去自体を断られることも少なくありません。とはいえ、壁を壊してガス管を撤去する必要はなく、専門の業者に依頼すれば、安全確実にエアコンの交換をしてもらうことができます。

ガスエアコンの交換に対応している業者の探し方

一般的な電気式エアコンを取り付ける場合、取り付け工事込みの料金でエアコンを購入し、その販売店のスタッフに取り付けてもらうことがほとんどでしょう。しかし、ガスエアコンから電気式のエアコンに交換する場合は、家電量販店のスタッフにはできないことも多いので、ガスエアコンの交換に対応している業者を探す必要があります。

そのためには、一般的なリフォーム業者などではなく、「エアコン専門業者」などを探すのが近道です。ガスエアコンの撤去だけ依頼することもできますし、新しい電気式のエアコンを購入して交換してもらうことも可能です。

 

どのような作業をおこなっているのか不安な場合は、ガスエアコンの交換や撤去の施工実績が豊富で、ホームページに施工過程などの写真をたくさん載せている業者を選ぶといいでしょう。

中には、「配管を撤去するために外壁を壊す必要がある」「作業が困難で費用が高額になる」などとふっかけてくる業者も存在しますので、対応してくれるところが少ないからと言って、悪徳業者に騙されないように気を付けてください。

撤去や交換の前に東京ガスに相談する

よくわからない業者に依頼するのが不安だったり、いい業者が見つからない場合には、TESシステムのガスエアコンを製造していた東京ガスに問い合わせてみるのもいいでしょう。温水管から水を抜く作業は、やり方がわかればある程度自分でおこなうこともできます。

そうすれば、業者に作業してもらう分の費用を抑えることもできますし、依頼できる業者も増えてくるでしょう。水抜きの方法については、取扱説明書を見ておこなうこともできますし、わからないことがあれば東京ガスに直接問い合わせてみてください。

また、東京ガスに依頼して水抜きをしてもらうこともできますが、その場合は大体1万円前後の費用が発生することが想定されますので、なるべく自分でできることはやっておいたほうがいいでしょう。

必ず事前に見積もりを取ってもらう

ガスエアコンの撤去・交換を業者に依頼した場合、設置されているエアコンの種類(壁掛けや天井付けなど)、室外機の周辺環境などによっても費用に差があります。相場としては、撤去だけなら5,000円くらい、撤去と取り付けのセットでエアコンを交換するなら、1万円前後となるようです。

ただ、その場合も水抜きは事前におこなっておく必要があったり、別料金が発生することがあるので、いざ工事を始める段階になって相場より高い料金を伝えられることもあります。そのため、撤去や交換いずれにせよ、事前に見積もりを取って料金がどのくらいかかるのかはっきりさせておくことをおすすめします。

 

ネット上で見積もりを依頼し、エアコンの設置されている箇所や室外機などの写真を撮って送れば、おおまかに見積もりしてもらうこともできますが、実際に自宅に来てもらって調査をしてもらうのがもっとも確実です。こういった現地調査や見積もりは基本的に無料ですので、面倒がらずに複数社で見積もりを取って最安値で工事してもらえるところを探すのもいいでしょう。

撤去だけでなく、取り付けもセットでおこなえば工事費用がお得になるところも多いので、取り付けも家電量販店のスタッフに頼むより、専門業者に依頼したほうが確実です。

まとめ~ガスエアコンはコストパフォーマンスを重視して交換するか決めよう

現在でも、引っ越した先の家にガスエアコンが設置されていたり、昔から家にあるガスエアコンを使用しているという人も少なからずいます。ガスエアコンは、エコロジーで火力が高く、うまく使えば古いものでも最新型のエアコンに負けないメリットのあるものです。

故障などがなく、光熱費も抑えられているのなら無理に交換する必要はありませんが、最近の電気式エアコンも省エネ性や機能性が高く、使いやすくなっています。エアコンの使用頻度や現在の光熱費などを見直してみて、交換にかかる費用などもあわせて、どちらが快適に使用できるかどうか検討してみてください。